2019年04月29日

カウント・ベイシー カンザス・シティ・セヴン

img_1.jpg
カウント・ベイシー/カンザス・シティ・セヴン
(Impulse!/ユニバーサル)


ジャズを構成する最も大事なものとして「スイング(スウィング)」とか「スイング(スウィング)感」というものがあります。

ほんでもってアタシはよく、ジャズの初心者ですって方から

「あの〜、アンタさっきからスイングスイング言ってるけど、そのスイングってのの意味がわからん」

と言われます。

あちゃー、そうですよねー。ジャズ好きの間では当たり前に使われる言葉で、ついアタシも「分かってること前提」で当たり前に使っちゃいますが、いやいや、こういうのがいかんのです。だからジャズは難しいとか敷居が高いとか思われちゃう、うぅ・・反省・・・。

「スイング」ってのはですね、えぇと、アレですよ。ジャズのゴキゲンなリズムを聴いていると、自然と体が小刻みに揺れたり、指とか手とかがリズムに合わせて動いたりするでしょう。そう、それがスイングなんです(!)

ん〜、それでもよく分かんないという方には、スイングという言葉ひとまず置いといて、音楽全般で使われる「グルーヴ」ってヤツはどうですかね?それでもピンと来ない方にはバイブス!これでどうだ!!

つまり「スイング」ってのは、言葉ではうまく説明できないけど、音楽からは確実に感じる事の出来るノリのことだと思って頂ければ結構です。

ジャズって音楽は、誕生してから大体100年経ちますが、その間新しい演奏法が次々と生み出されたり、周辺の色んな音楽の要素を取り入れながら、複雑に進化してきました。

が、元々は夜の歓楽街で「そこにいる人達をいかに楽しませ、踊らせる事が出来るか?」という事を第一に考えなければならないパーティー・ミュージックだったんです。

で「かっこいいジャズを聴きたいけどどういうのを聴けばいいか?」という、究極の問いに関してなんですが、それにはアタシ、こう答えます。

「てなわけで、聴いててスイングを感じるものがいいんですよ」

と。


つまり要するに

「難しいことさておきで、聴いて心地良くなるやつ、ウキウキでノれるやつが一番♪」

という訳ですね。


何だかとっても漠然とした、禅問答のような話に思えるかも知れませんが、実はジャズの世界には、この

「スイングすること」

に関しては並ぶ者がいない達人がおります。

カウント・ベイシーです。

ベイシーといえば、戦前からの「ビッグバンド/スウィング・ジャズ」を代表する名バンドリーダーで、凄腕のピアニスト。

とにかくもう「ビッグバンドといえば?」という問いには、デューク・エリントンと並んで必ず名前の挙がる凄い人なんです。


ベイシーの何が凄いのか?それは一言でいえば

「みんながみんな派手な足し算でノリやムードを演出していた中、一人だけ引き算の必要最小限の音とリズムで、ノリノリのサウンドを出す事に成功したこと」

でありましょう。


ベイシーは、リズムの基本であるリズム・セクション、つまりドラムとベースとピアノが刻むビートというのを、物凄く重要視しました。

ベイシー楽団の演奏は、そのリズムを聴いてるだけで十分に”曲”として聴けるぐらいにリズムが音楽してるんですが、派手にどんどこやっていたのではなく、むしろその逆で、リズムは無駄をとことん省いた「チーッチキ、チーチッキ」のシンプルな4ビート。

ドラムもホーンが入った”ここぞ!”という時以外はこれを絶対に崩さないし、ベースもルートを脱線しません。

おまけに本人が弾くピアノも、かなり音が少ない(!)でも、この隙間だらけ、空間だらけのリズム・セクションの音がギュッと中心に集まって、芯のある強靭なビートを生み出すんですね。そして、隙間と空間が、サウンドの一部として全体を心地良く揺らす。

で、ベイシーの凄い所は、このリズム・セクションを、ギターを加えて更に補強しているところです。

フレディ・グリーンという「リズムしか刻まない」職人ギタリストがいるんですね。この人はたった1枚しか出していない自分のリーダー作でも一切ソロ弾かずに黙々とコード弾いてるという、ちょっと常人には想像の付かない思考の持ち主なんですが、隙間だらけのベイシー・リズム・セクションにこの人のギターが加わったらもう凄い。

何が凄いかって、この人の黙々とコードだけを刻むギターが入る事によって、シンプルなリズムが更にシンプルに聞こえちゃう(!!)

えぇ、そこなんですよベイシーの凄い所は。音を足してるはずなのに、色々な楽器を加えれば加えるほど、演奏自体の質感が拡散せずに中心に凝縮されて、リズムの快感と個性的なソロイスト達のプレイがより単体でカッコ良く目立っているように感じる。

もちろんビッグバンドだから、ホーンのアンサンブルがド派手に「ぶわぁぁああん!!」と鳴り響く瞬間はベイシー・バンドにもあります。

でも、そこは「ここだ!」って時の本当に究極の必殺技で、実際はイントロとかでちっちゃく鳴ってるリズム・セクションの音を聴いて「何だこれすげー!」と心くすぐられる事がほとんどです。




カンザス・シティ・セヴン

【パーソネル】
カウント・ベイシー(P,org)
サド・ジョーンズ(tp)
フランク・フォスター(ts)
フランク・ウェス(fl)
エリック・ディクソン(ts,fl)
フレディ・グリーン(g)
エド・ジョーンズ(b)
ソニー・ペイン(ds)

【収録曲】
1.オー・レディ・ビー・グッド
2.シークレッツ
3.アイ・ウォント・ア・リトル・ガール
4.シュー・シャイン・ボーイ
5.カウンツ・プレイス
6.セナター・ホワイトヘッド
7.タリー・ホー、ミスター・ベイシー
8.ホワッチャ・トーキン

(録音:1962年3月21日/3月22日)



はい、リズムについて、スイングについて、語り出せばキリがありませんので、ややこしい説明は後にして、今日は「そんなベイシーの凄いスイングがギッシリ詰まった名盤」をご紹介します。

ベイシーといえばビッグバンドなのですが「引き算で完璧に作り上げられたグルーヴの凄さ」といえば、ビッグバンドから選りすぐりのメンバーを集めた”カンザス・シティ・セヴン”という7人編成のこのアルバムを、まずは聴いてみてくださいな。


録音は1962年、世間はビッグバンドどころかマイルスやコルトレーンが「モダン・ジャズよりずっと新しい音楽を作るぞー!」と張り切っていた時代です。

そんな時代に、大ベテラン、ベイシーの「おう、世間はどーか知らんが、コレが粋なジャズってもんだぁ♪」っていう余裕の声が聞こえてきそうなくつろぎの音楽。いいですねぇ。

7人編成といえば、それでもまだジャズ・コンボの人数といえば多い方でありましょうがそこはベイシー、自分も含めて4人のリズム・セクションは派手な展開に一切走らない堅実な”刻み”に集中し、3人のホーン奏者には「音を必要以上に重ねず、ソロでしっかりと聴かせるべし」と指示したのか、大人数(ビッグバンドに比べたら少ないけど)ならではのけたたましさが全くありません。

実はベイシーは、この”カンザス・シティ・セヴン”というバンドを、ビッグバンド率いる前からちょくちょくやっています。

それには多分、まだビッグバンドやってなかった頃にその前段階としてお試しのコンボをやってみたとか、40年代は第二次大戦による徴兵とかでのメンバー不足や戦争不況による問題とかで、ビッグバンドの運営そのものが厳しかったという物理的な事情もあったっぽいですが、その時代からベイシーの”ビッグバンドじゃない編成のバンド”は、群を抜く素晴らしい演奏を聴かせ、レスター・ヤング等の優れたソロイストの魅力を世間に存分に伝えました。

1962年のこのアルバムの空気は、実は戦前録音の”カンサス・シティ・セヴン”よりももっと”間”が心地良いくつろぎ感に溢れていて、更にクリアな録音で、ベイシーのピアノの”タメ”の効いたカッコ良さ、やっぱりフレディ・グリーンの刻みが効いてるリズムのしなやかな強さ、そして前でソロを吹くサド・ジョーンズ、フランク・ウェス、フランク・フォスター、エリック・ディクソンの洗練されたアドリブのメロディーが、どれも不可欠の響きで優しく絡み合います。

戦前の単なる懐古ではなく、リズムも上モノも、モダン・ジャズの時代に対抗するかのように、より無駄を省いた核の部分の味わいで”聴かせるプレイ”に進化させているところがまた良いのですよ。

「スイング」というのは言うまでもなく”ノリ”のことですが、このアルバムはガツンと来るテンションの高いそれではなく、穏やかな雰囲気に心地良く酔ってるうちに自然とウキウキさせられる、そんな至芸が詰まっております。











”カウント・ベイシー”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 16:11| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ザ・ポリス アウトランドス・ダムール

DYn21eUU8AAAXmz.jpg
ザ・ポリス/アウトランドス・ダムール
(A&M/UMSジャパン)

さて、今日はポリスです。

このブログでこんな有名過ぎるぐらい有名なバンドを取り上げると、よく数日後に知り合いから「どうしたんだ!?」とツッコミが入ったりするんですが、いやいや、有名とかマイナーとかそんなのは関係ないですよ。

音楽を、特に洋楽を手探りで聴き始めた中学の頃ってのは、当然そのジャンルの成り立ちとか、バンド同士の関連とか、そういう難しい事はよく分からないので、例えば雑誌とかで「パンク」だったらパンクと一括りにされて掲載されているものを、割と片っ端から聴いてました。

とある雑誌のパンク、ニューウェーブ特集みたいなページにポリスも載ってました。

その頃(1990年前後)といえば、スティングですね。えぇ、このバンドのヴォーカルベースだった、あのスティングが、ポップスとして多くのヒットを放つスターとして、テレビとかにもちょこちょこ出てて、アタシみたいな頭の悪い中学生から見たら、何だかオシャレで大人〜な感じの歌を歌う人として「へぇ〜」という感じだったんです。

で、そのスティングがまさか”あの”ポリスのスティングだったとは、思いもよらなかった訳です。

個人的にはポリスってバンドは「警察」って名前を付けるぐらいだから、そらもうさぞかしトンガッてて、反権力で、あっぶないバンドなんだろうと。


当然聴きたくなりますよね。

勝手にピストルズとかクラッシュみたいなのを想像して「パンクバンドはファーストだ!」という、これまた勝手な基準でもって、名曲と呼ばれる『ロクサーヌ』が入ってるファーストを、ウキウキで買いました。

正直な感想としては、パンク特有のあのゴリゴリした感じも破れかぶれでヘタクソな感じもさほどなく「あれ?何か俺間違えてポリスじゃなくて違うの買っちゃった?」というものでありました。

で、がっかりしたか?と言われたら実はそんなことはなかったんです。

1曲目『Next To You』は、モトリー・クルーのような、明るく疾走感があるゴキゲンなロックンロールで、しばらくはコレがお気に入りになって

「ふんふん、ポリスはパンクじゃないけど、かっこいいロックだね〜」

と、割と軽い感じで淡く好きになりました。

ポリスというバンドは、その後のスティングのポップス・シンガーとしての大成功も含め、実にメジャーな存在であります。

大抵のロックバンドは、街の不良が不良仲間とツルんでロックバンドを結成して、アンダーグラウンドな場所からメジャーに這い上がるというイメージがありますが、ポリスの場合は学校の先生をしながらジャズバンドでベースを弾いていたスティングと、ヘンリー・パドゥーパというギタリストに、プログレッシブ・バンドのカーヴド・エアーでドラムを叩いていたスチュワート・コープランドで結成され、後にアニマルズでギターを弾いていたアンディ・サマーズが加入して、ヘンリーが脱退。

メンバーそれぞれの経歴を見ても、非常に異質です。

パンクロックというよりは、やっぱりプログレなどの大人なロックをやった方がしっくりきそうな経歴のメンバーが揃ってますが、メンバー達がそう思ったのか、それともレコード会社の意向か、ポリスは当時流行だったパンクのスタイルで売り出されることになりました。




アウトランドス・ダムール


【収録曲】
1.ネクスト・トゥ・ユー
2.ソー・ロンリー
3.ロクサーヌ
4.ホール・イン・マイ・ライフ
5.ピーナッツ
6.キャント・スタンド・ルージング・ユー
7.トゥルース・ヒッツ・エヴリバディ
8.俺達の世界
9.サリーは恋人
10.マソコ・タンガ


その頃は演奏が上手いとかそういう事は全く分からなくて、とにかく1曲目がカッコイイし、名曲と呼ばれてる『ロクサーヌ』は、張り裂けるように切ないギターのカッティングとスティングの美しいハイトーン・ヴォイスがグッサリ胸にきて、なるほどやっぱりいい曲、と素直に感動しておりましたが、アタシがポリスの本当のカッコ良さに気付くのは、やっぱり自分がギター持って楽器やるようになってからです。

ポリスの曲は、とっつき易いメロディーのポップさと、3ピースというシンプルな編成が生み出す無駄のないノリの良さにあると思うのですが、ともすればスカスカになりがちなこの3ピースという編成の中で、薄くならずにしっかりと芯のあるサウンドが気持ち良く響くのは、8ビートからレゲエまで、どんなビートも凄い小技をサラッと盛り込んでしっかりと刻むスチュワート・コープランドのドラムと、ヴォーカリスト、スティングが弾く、実はズ太く鳴ってるメロディアスなベースラインにその真髄がありました。

特にスティングのベースは「ベースといえばドドドドダダダダとルートを刻むもの」と思っていたアタシの常識を覆すほどにヴォーカルと呼応してて、時にすごくセンスのいい”時間差のオブリガード”なんかもこれまたサラッと入れて、聴けば聴くほど凄いんですよ。

で、アンディ・サマーズの「歪み」よりも「響き」を重視した、限りなくクリーンなセッティングのギターが、カッチリしたリズムの上を心地良く浮遊したり、鋭く突き抜けたりする。

「ポリスはパンクか?」という問いは、アタシの中では最初から今も頭のどこかでぐるぐるしていたりするんですが、演奏だけを素直に聴けば、ロックの”当たり前”をやってないという意味でパンクだと思います。

何よりも彼らの誠実に練り上げられたポップな曲は、曲単体としての魅力が凄いですよね。歌詞もどこか文学的な物語な質感に溢れ、これまた日を追う毎に好きになっております。











『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:21| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

ジェシー・フラー フリスコ・バウンド

img_1.jpg
Jesse Fuller/Frisco bound
(Arhoorie)


ブルースという音楽は、その100年の歴史の最初の30年ぐらいのうちに、徐々に形を整えていきました。

初めてブルースがレコードに録音されて人々の耳に届いた頃の1920年代という時代は、それこそ演奏する人歌う人が、それぞれ思う「これがブルースだ」というスタイルがあり、それがまたゆっくり弾かれたりガツガツとリズムを強調してワイルドに弾かれたり、例えば同じ曲を同じコード進行でやるにも、それぞれ違った解釈の演奏が楽しめて、良い意味で実に自由なんです。

加えて、古い世代のブルースマン達は、形式としての”ブルース”だけを歌うのではなく、ブルース以前のどちらかといえばフォークとかカントリーとかに近い感じのバラッドと呼ばれる民謡や、スピリチュアルと呼ばれるゴスペルの原型の曲、はたまたフィドル(ヴァイオリン)やバンジョー、マンドリンといったちょいと変わった楽器などもバックに付けたり、歌ってるのは思いっきりブルースなのに、コルネットやクラリネットを加えてのジャズ・アレンジ(そう、昔のジャズは戦後ほど複雑ではないので、ブルースとも自然と合うのだ)もやったり、何もかもが戦後のエレキギター+ベース+ドラムスのようなバンド形式のブルースとは、何もかもが違う感触だったりもするんですが、アタシなんかはそこに何とも言えない本質的なアナーキーさを感じたりしておるんですよ。

で、本日ご紹介するジェシー・フラーです。

ブルース聴き始めの頃にガイドブックに書かれていた

「12弦ギターとハーモニカとカズーと自作の足踏みベースを同時に操る」

という一文に、意味不明の凄味を感じ、更に意味不明な演奏写真を見て、アタシ一目惚れしたブルースマンです。


th4QQ9IKEU.jpg


見てくださいこの写真(!)


「12弦ギターとハーモニカとカズーと自作の足踏みベース」

どころか、左足の所にはドラムセットに付いてるハイハットらしきものまであって更に訳が分かりません。


何でこういう訳のわからんスタイルになったのか?という問いへのジェシーさんの答えがまたいい。

「バンドでやりたかったけど、一緒にやってくれるヤツがいなかったんだ。だから自分で全部やることにしたんだ」

おお、これぞDIY!アタシの大好きな初期ハードコアのスピリッツではないですか(!!)


しかも、このジェシーさん、1896年頃の生まれで、さっき言った「自由でアナーキーなブルース誕生初期」の空気を肌で身に付けているお人。

戦後のフォーク・ブルース・リヴァイバルの中で発見されて、本格的なミュージシャン活動をして若者に大人気になった人。

本格的な活動を始まる前は何をやっておったのかというと、南部ジョージアで生まれて、何か楽しそーだなという理由だけで、南部一帯を巡る旅芸人一座やサーカスに付いて回り、そのまんま一座の演奏家になったんですね。

こういう一座の演奏家ってのはアレです、客からブルースやれと言われたらブルースやるし、ノリノリの流行歌と言われたら当然やるし、ラグタイムやってくれと言われたらラグタイムをやる。つまり自然と持ち歌も芸の幅も増えて物凄い名人になっていくパターンが多いんです。

その芸の凄さについては後程言及しますが、とにかくジェシーさん、旅回りをしているうちに西海岸のサンフランシスコが気に入ってそこに住み着きます。

西海岸といえばハリウッドという巨大映画産業のある映画の都であります。

根っからの芸人ですから、まぁそういうのにのっかって食い扶持を得ようと思ってた訳です。

という訳でジェシーさんは

「えぇと、人が集まる所で歌えばいいんだな」

と、割とカラッと考えて、撮影所の前で靴磨きをしながら芸人としての自分を売り込むための商売を始めます。

撮影所に出入りする有名スターや業界のお偉いさんに

「旦那、いい靴を履いてますね。あっしが磨きやしょう」

と、声をかけ、靴を磨いている最中に

「いえね、あっしも実はここに落ち着くまでずっとサーカスと一緒に旅してましてね」

とやる訳です。

ついでに

「お望みの曲があれば何でも歌いやすぜ、ギターも弾きましょう、ハーモニカだって吹ける。おっと、こんなところにたまたま偶然ギターが!」

とやってるうちに


「お前面白いやつだなぁ、オレは気に入った」

と、戦前の大スターであり、脚本家プロデューサーとしても超大物だったダグラス・フェアバンクスという人に目をかけられて可愛がられ、何と映画にまで出演してしまいます。

やったぁ!これで俺もハリウッドスター

・・・という風にはなりませんでしたが”ギターと何でも一人で演奏する芸人”としては徐々に知られるようになり、1950年代にはクラブなどでの仕事もぼちぼち入るようになっておりました。

ラッキーなのは、この時代のサンフランシスコという街が、時代に反抗する若者達のカウンターカルチャーの聖地であり、その中でルーツ・ミュージックに対する再評価の機運が盛り上がって来たこと。


白人の若者の間では、ジェシーさん達が当たり前に歌っていた南部の古い民謡が「フォークソング」と呼ばれる新しいトレンドとなり、ジェシーさんのような人は彼らの尊敬の対象になり、若者が集うカフェや大学のコンサートに引っ張りだこになってレコードも録音できるようになります。





Frisco Bound


【収録曲】
1.Leavin' Memphis, Frisco Bound
2.Got a Date at Half Past Eight
3.Hump in My Back
4.Flavor in My Cream
5.Finger Twister
6.Just Like a Ship on the Deep Blue Sea
7.Cincinnati Blues
8.Just a Closer Walk With Thee
9.Motherless Children
10.Amazing Grace
11.Hark from the Tomb
12.As Long as I Can Feel the Spirit
13.I'm Going to Sit Down at the Welcome Table
14.Together Let Us Live
15.Memphis Boogie
16.Footdella Stomp
17.Crazy About a Woman
18.99 Years
19.Stranger Blues
20.Bill Bailey, Won't You Please Come Home
21.Preacher Lowdown
22.San Francisco Bay Blues


ジェシーさんは、南部に住む伝説のブルースマン達が再発見され、レコーディングをするのに先駆けて、1950年代に何と2枚のアルバムをリリースし、76年に亡くなるまで、結構な量の作品を残しています。

そのどのアルバムでもバラッド、ブルース、スピリチュアルなどを自由自在に歌い、弾き、吹き、叩く究極の”ひとりバンドスタイル”の至芸が楽しめるんですが、個人的にアタシの思い入れがあるアルバムは、1968年にアーフーリーからリリースされた『フリスコ・バウンド』です。

あのですねこの人が作った曲で『サンフランシスコ・ベイ・ブルース』という曲があるんです。

エリック・クラプトンがアンプラグドでカヴァーして有名になり、アタシもクラプトンのヴァージョン最初聴いた時うひょうと喜んだクチなのですが、実はアタシが最初に聴いて感激したのがジャニス・ジョプリンが2枚組のアルバム『ジャニス』で聴いた彼女のデビュー前のアコースティック・セッションのヴァージョンで、ほいでジャニスで知ってクラプトンを聴いた後にオリジナルが入ってるぞということでこのアルバムを買いました。

やや鼻をつまんだような素朴な声で、12弦ギターをチャカチャカ鳴らし、おもむろに軽快なハーモニカやカズーを吹く。何というか美しい”土着”を感じさせる原曲のカッコ良さには素直にヤラレましたが、ここへ至るまでの収録曲21曲がまぁ凄いんです。

リズミカルなラグタイムやスライドギターで奏でるブルース、カントリー調のバラッドなどなどなど、大体こういう”ひとりバンド”の人ってのは同時に色んな楽器をやるもんだから、ギターはシンプルなぶんちゃかのコードストローク一発で全曲通しそうなもんですが、まぁ何をどうやってるのか、よくよく聴くとぞれぞれ違うスタイルの曲で、細かくアプローチを変える、相当なテクニシャンぶりも発揮しております。

それでいて全体的に「ほんわかで賑やかで楽しい雰囲気」を醸せるのは、やはり長年の芸人生活で身に付けた凄味というものでしょう。ブルースは大好きですが、この人を「ブルース」という狭い枠で語るのは、何だかもったいない気がします。















(一人で同時に色んな楽器を演奏するワンマンバンドスタイルといえば、ジェシーさんとはまるでスタイルの違う、ロッキンなこの人もお忘れなく!)



ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:59| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする