2019年04月17日

オーティス・スパン・イズ・ザ・ブルース

img_1.jpg
Otis Spann Is The Blues
(Canded)


さあさあ、ブルース・ピアノの極上の煮汁が染み出る名コンピ『ブルース・ピアノ・オージー』を先日はご紹介しましたので、今日はせっかくだからその大トリを飾ったオーティス・スパンを勢いで紹介しちゃいます。

(昨日の記事はコレよ〜!↓)



オーティス・スパン。ブルースをよく知っている人ならもちろん知ってる。そんなに詳しくないよって人でも、実はブルースを聴く過程で、多分最初に出会う率ってのは凄く高いピアニストなんじゃないかと思います。

そう、ブルースといえば、戦後生まれの多くのブルースマン達、またはブルースに大きく影響を受けた黎明期のロック・ミュージシャン達が「リスペクトする人物」として必ず名前を挙げる、戦後シカゴ・ブルースの王者でマディ・ウォーターズという人がおります。

戦前の南部ミシシッピ・デルタの泥臭さや強烈なタメのビート感はそのままに、エレキギター、ピアノ、ハープ、ベース、ドラムスという基本編成のバンド・サウンドを先鋭化させることによって、それまでの

『都会のブルース=軽快で洒落た感じorホーンが揃ったビッグバンド形式のゴージャスなやつ』

という図式を見事ひっくり返したコアなサウンドを、大都会シカゴで響かせました。

はい、そのマディのバンドで、彼の忠実な左腕としてサウンドを支えたピアニスト、またはマディの所属するシカゴの名門チェス・レコードのスタジオ・ミュージシャンとして、黄金期シカゴブルースの名盤の数々にも参加しているのがオーティス・スパンなのであります。

ロック経由でブルースに興味持った人のパターンとして

「ブルース聴きたいな」

「やっぱりマディ・ウォーターズだな、ローリング・ストーンズがめちゃくちゃリスペクトしてる人らしいし」

「シカゴ・ブルースといえばチェスだよね」

「よし、チェスのマディ聴こう!」

というのがありまして、マディ・ウォーターズのチェス盤、つまり1950年代の初期マディのアルバムを聴いて、そこでオーティス・スパンのピアノ・プレイも自然と耳にするんです。

アタシもブルースとかよくわからん時に親父に「コレを聴け!」と貰ったマディのアルバムを聴きながら、スパンのピアノにも自然と親しんでおりました。


スタジオ・ミュージシャンが”主な稼ぎ”だったスパンは、マディのバンドではサイドマンとして黙々とピアノを弾いております。

派手に音を敷き詰めて、聴く人をアッと言わせるソロで驚かせるような奏法とは真逆の、シンプルなリフをひたすら刻んだり、ヴォーカルの隙間にコーラスのような絶妙な合いの手を入れたり、音数は少ない。けどその鍵盤を叩く指のアタックのパワフルなことパワフルなこと。

それも押しの一手ではなく、ガツッと叩き付けたかと思えば滑らかなメロディを芯を失わずに美しく紡いでゆく。単純に”弾くテクニック”云々じゃあなくて、まず歌ありきのブルースという音楽で、しっかりと歌をうたってる。つまりアタシの思うブルース・ピアノの理想が最初からそこにあるような気がした。

マディのブルースは独特の”間”が多く、まだパンクとかメタルとかの、ギンギンの音数とスピード感のある音楽に興奮してた十代のクソガキだったアタシの耳にも「このピアノはなんかよーわからんけど深い!」と思わせる、有無を言わさない説得力みたいなものがたぎってるような演奏でしたし、今も彼のピアノがチョロッとなるだけで条件反射でそう感じてしまいます。

抜群のコンビネーションを見せるマディには「オレの弟だぁ」と呼ばれていて、マディは周囲にもそう紹介してたようで、資料によっては年下の従兄弟と書かれてたりしますが、そこんとこはどうなんでしょ?と思っておりますが、確かにマディ独特のタイム感に”合わせる”ではく”自然に寄り添っている”感じのするプレイには、単なるミュージシャンとしての相性を越えた強い絆も感じてしまいますね。







Is the Blues

【収録曲】
1.The Hard Way
2.Take A Little Walk With Me
3.Otis In The Dark
4.Little Boy Blue
5.Country Boy
6.Beat-Up Team
7.My Daily Wish
8.Great Northern Stomp
9.I Got Rambling On My Mind #2
10.Worried Life Blues


1947年、17歳の時にミシシッピからシカゴへ出て来て、昼間は左官職人として仕事をしながら夜になるとピアノが弾ける場所でその凄腕を披露したスパン。実はお父さんがミシシッピではちょいと有名なピアニストだったらしく、小さい頃からピアノ演奏のいろはと音楽理論の基礎は叩き込まれておったようです。

50年代になるとマディのバンドに加入。若干ハタチそこそこで既にベテランのような貫禄と存在感で、マディのバンドにはなくてはならないメンバーになり、同時に当時新興だったチェス・レコードの専属ピアニストとしても頭角を現し、先も言ったように黄金期シカゴのバンド・ブルースを代表する数々の名盤に参加します。

ここでスパンは、スタジオ・ミュージシャン仲間として、ロバート・ジョンソンの義理の息子、ロバート・ジュニア・ロックウッドと出会います。

ロックウッドはギタリストでしたが、派手に前に出るタイプではなく、リーダーとの絶妙な間合いの測り方、音楽理論に裏付けられた効果的なリフやバッキングの組み合わせ、バンド全体をうねらせるグルーヴ感を武器に、これまた多くの名盤の誕生に貢献した職人肌の天才です。

チェスはあくまで彼らをスタジオ・ミュージシャン/目立つリーダーのサイドマンとして使っておりましたが、1960年代に

「オーティス・スパンとロバート・ジュニア、アイツらはタダのサイドマンじゃないよ、プロデュース次第ではリーダーとしても立派に出来る奴らだよ」

と、その才能を評価してリーダーアルバムの作成に燃える男がおりました。

気鋭のジャズ評論家であり「商業主義とは一線を画し、真にミュージシャンの表現欲求に応えるレーベルを!」という硬派なコンセプトを持つジャズレーベル”キャンディッド”の発起人でもある、ナット・ヘントフです。

ヘントフはスタジオにスパンとロックウッドを招き、ほぼ二人の声と楽器だけのアルバムを、初リーダー作としてレコーディングしました。

いずれも似た職人タイプのミュージシャン、恐らくヘントフは二人の実力を信じてスタジオで「自由にセッションしていい」とだけ指示したんでしょう。

おもむろに鳴らされるピアノ、それに乾いた情緒で見事絡みつくギター。

必要最小限の編成で、必要最小限の音をフルに使って見事にグルーヴする二人の演奏は、言うまでもなく極上であり、どこを切り取っても「これぞブルース!」と惜しみなく絶賛したくなる味わいと秘めた凄味のカッコ良さに満ち溢れております。

スパンとロックウッド、それぞれ交互にヴォーカルをとるんですが、スパンのハスキーで包容力のある声がまたいいんです。

このアルバムと一緒に酒を飲めば酒が美味くなる。誰かが「ブルースって会話みたいだな〜」と言ってたけど、これはブルースを極めた2人のホンモノによる、どこまでも深い会話です。






”オーティス・スパン”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:37| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

ブルース・ピアノ・オージー

img_1.jpg
ブルース・ピアノ・オージー
(Delmark/Pヴァイン】


大体アタシが金持ちだった事などないんですが、ハタチぐらいの頃はそりゃもう貧乏でした。

社会というものに放り出されたてホヤホヤの時期で、真面目に正社員の職なんてやっておる訳がないのですが、それでも自活するために仕事をせにゃあならん。


でも、元来が不器用なにで、自分が好きな仕事というよりは出来る事しか仕事に出来ません。

というわけでどこかレコード屋さんのバイトなんかないだろうかと、埼玉から東京エリアをあちこち物色してたんですね。

そんで運良く東京は中央線沿いにあるレコード屋さんに潜り込む事が出来ました。

フリーターというやつなんでしょうが、家業もCD屋だし、修行するには丁度いいなんて偉そうにしてました。

まぁそれでも最初のうちはそれ1本で自活するにはもう爪に火を灯すような生活をせざるを得ません。

何にせよ東京でカネがかかることといえば移動のための電車賃であり、一人暮らしでカネがかかるといえば、食費と光熱費でございます。

ここはとことん切り詰めました。

ほいでもって皆さんもそうだった(今、そうである)と思うんですが、ハタチなんて年の頃はレコードとかCDとか本だとかが一番欲しい時期ですよね。

しかもアタシの場合は職場がまずレコード屋で、駅前にある職場と、その駅の反対側にあった自宅アパートの間に、いい感じの古本屋があって、しかもここが丁度仕事が終わる頃の時間帯から表にワゴンを出して¥100〜¥300のセール品を放出する良心的なお店ときた。

月に何冊かセール品の古本(主に音楽本と哲学本と現代詩本)を買い、月に何枚か切実に欲しいCDやLPを、泣く泣く厳選に厳選を重ねて買う訳なんですが、買う訳なんですが、知識が増えると欲も増えるというのは本当で、知ってる事と「こんなのもあるんだ!」という新鮮な”知らない事”が増えると必然的に欲しいものが多くなってくる訳なんですよ。


そこでアタシはどうしたかというと、オムニバス盤を買いまくりました。

特にブルースは「この人知らない!」のオンパレードでしたので、まずは色んな人の音源がたくさん聴けるオムニバスを買って知ってみようと、個別のアルバムはそこで気に入った人のを買えばよろしかろうと。

それが結果的には泥沼への第一歩ではあったんですが、まぁ何せオムニバスというのは中古では単体アーティストのアルバムより常にちょいとだけ安かったりしたし、実際に重宝したんです。

とある日に国立のレコード屋さんで、ジャケットがすこぶるカッコいいレコードを見付けた。

それが1960年代のピアノ・ブルースマン達の名演を集めた『ブルース・ピアノ・オージー』でありました。

「オージーって何だ?オーストラリアのブルースか?まぁいいや、オーティス・スパン入ってるしジャケかっこいいしこれは買いだべ」

と、なけなしの¥980をはたいて中古の「ジャケットややスレあり」のレコードを買ったんです。



ブルース・ピアノ・オージーimportant; margin:0px !important;" />


【収録曲】
(スペックルド・レッド)
1.ブルース・ハート・マン・トング・トゥ・トーク
(ルーズヴェルト・サイクス)
2.ドレッサー・ドロワーズ
3.コンセントレーション・ブルース
4.キッキン・モーター・スクーター
5.(ニュー・イヤーズ)レソリューション・ブルース
(サニーランド・スリム)
6.マイ・ベイビーズ・カミン・ウィズ・ア・マリッジ・ライセンス
7.プア・ボーイ
8.エヴリ・タイム・アイ・ゲット・トゥ・ドリンキン
9.ディープレッション・ブルース
(リトル・ブラザー・モンゴメリー)
10.スタンダール・ストンプ
11.トレンブリン・ブルース
12.ノー・スペシャル・ライダー
13.ベース・キー・ブギー
(メンフィス・スリム)
14.ファイヴ・オクロック・ブルース
15.ナット・ディー・スペシャル
(カーティス・ジョーンズ)
16.ロンサム・ベッドルーム・ブルース
17.テイキン・オフ
18.ティン・パン・アレィ・ブルース
(オーティス・スパン)
19.スリー・イン・ワン・ブルース


ブルースっていえば大体がギターです。

中学の頃からぼちぼち聴いてはおりましたが、ロバート・ジョンソンにマディ・ウォーターズにミシシッピ・フレッド・マクドウェルにレッドベリーにブラインド・レモン・ジェファソンにバディ・ガイに・・・。と、十代までのアタシが知ってたブルースマンもまた、大体がギタリストでした。

でも、ピアノもカッコイイよね。ピアニストって誰がいたかな?リロイ・カーだね、リロイ・カーはいいぞ、ハウロング・ブスースだ。あとは・・・えぇとほら、マ、マディ・ウォーターズのバンドの舎弟頭みたいな・・・渋いけどすごく存在感のある・・・あのニューポートのライヴで最後に歌ってた・・・そうそうオーティス・スパンね。あとはえぇと・・・し、しまった、ほとんど知らんぞ。これは一大事、困ったもんだ。

というのがその頃のアタシの正直な心境でしたので、じゃあピアノ・ブルースを知って楽しむために何かを聴きましょうと、想い焦がれていたところにこのアルバム(というかジャケット)は、正に天啓でありました。


内容に関しては言わずもがな!戦前から戦後にかけて活躍した、ブルース・ピアノのえりすぐりの名手、ホント「ブルース・ピアノ」というタイトルでコンピを作るとしたら、絶対にハズせないメンバーで固めた凄い人選ですが、この凄い人達の音源を、このシカゴのマイナーレーベルだったデルマークが全部自前でレコーディングしてたってことでしょ!?と、内容とは別にデルマークというレコード会社のブルース愛にもシビレてしまいます。


まずは1曲目、ブギ・ウギ・ピアノの名人として、ブルース/ジャズ両方のファンをとりこにするスペックル・レッドのユルめのブギウギと力強いヴォーカルの『ブルース・ハート・マン・トング・トゥ・トーク』にド肝を抜かれ、戦前から両巨頭としてブルース・ピアノの王道の両横綱であったルーズヴェルト・サイクスとリトルブラザー・モンゴメリーの深い味わいが後からジワジワと染みてきます。

それから戦前南部〜戦後シカゴを股にかけて活躍したサニーランド・スリムの、全体の渋さとピアノプレイの豪快なタフネスもこれグッときますな〜。

戦後モダンなスタイルのピアノでエレキ化したバンドブルースにも対応したメンフィス・スリムやオーティス・スパンも、ここではグッと重心の低いソロ・ピアノのヘヴィなブルースを聴かせます。

特に最後の最後に入ってるオーティス・スパンはインストで、ガラガラと転がる左手のアタックの強さ「バーン!」と叩き付ける鍵盤の隙間から漏れてくる情感が、もう本当にブルースとしか言えないようなもので、レコードの針が上がった後もしばらく固まっておりました。

オムニバスで、それぞれ個性豊かなピアノマン達が、それぞれ違ったスタイルを聴かせるんですが「あれもありますこれもあります」のまとまりのないコンピではなく、ほぼ全員の演奏を、弾き語り中心の音数を絞った編成でまとめ、作品としてのまとまりも素晴らしい。

最初に聴いてからしばらくして、早速ルーズヴェルト・サイクスやリトルブラザー・モンゴメリー、サニーランド・スリムなんかは、食費を切り詰めに切り詰めてアルバムを買いに走った訳ですが、それらにシビレてもなお、このアルバムで聴けるそれぞれの演奏の味わい深さが薄まることはありません。

ピアノ・ブルースって本当に素晴らしいので、ブルースはギターを中心に聴いている人にもこのオムニバスはいい感じの気分転換になるとは思います。そしてジャズ好きの方が聴いたら色んな発見がもっといっぱいあるんじゃないかな〜と思っておりますよ〜♪







ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:24| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

在りし日のヴェトナム 1937-1954

img_1.jpg

在りし日のヴェトナム 1937-1954
(ライス・レコード)


「知らない音楽をYoutubeで探す」という事を覚えて、以後好きな音楽からの関連関連でずーっとサーフィンしながら色々聴いております。

そんなこんなである日、とってもオシャレでセンスのいいヒップホップを見付けたんですよ。

中国語のような、でも何か違う東南アジアっぽい感じのラップと、涼やかなトラックの相性の妙がこらもうすこぶるカッコ良くてですねぇ。

で、調べてみたらどうやらこのグループはベトナムのヒップホップユニットらしいぞという事になっております。

おお、ベトナムか。そういや東南アジアはそれぞれ複雑な歴史を抱えていて、その過程で音楽も根っからある民俗の強烈なやつと西欧のポップソングが入り乱れた、なかなか独自の凄いのが生まれておったよな。

と、その昔カンボジアのサイケ(クメールルージュに蹂躙される前のアメリカ文化からの影響を受けたロック)ってむちゃくちゃヤバかったという衝撃体験を思い出し、それならばベトナムはどうであったかという気持ちがムクムクと膨らみ、ワールド・ミュージックといえば何かと頼りにしているライス・ミュージックからのコンピレーション・アルバム『在りし日のヴェトナム』を聴いております。

結論から言いますと、1930年代から50年代半ばのベトナムの音楽は思っていた以上に先進的でヤバい!ということなんですが、まぁその前にちょいとこの国の歴史と地理をおさらいしてみましょう。

ベトナムという国は、インドと中国の間にぽっかり突き出たインドシナ半島の右側を南北に細長い領土を有して存在する国であります。

この国は古くから王朝が存在し、北は中国、南はフィリピンやインドネシアなどとも近い。つまり南北で文化風習が違ったりするのです。

古くは秦の始皇帝の時代に中国と深い関わりを持ち、高い文明の影響を受けながら独立した王朝が生まれたり、中国に服属しながら更に文化や経済システムを吸収したりと、長い歴史の中でしたたかに命脈を保ってきました。

やがて近代になるとフランスがこの地を植民地として支配し、第二次大戦の頃は日本軍も駐留するようになって、そこに社会主義勢力も密かに根付き、3者入り乱れの泥沼の果てに終戦。と思いきや、戦後はそのまま冷戦の更なる泥沼に巻き込まれ、最終的にはベトナム戦争を経て社会主義国として統一され、現在に至ります。

政治的な事はさておき、音楽的に見ると古代からの中国由来のものと、元々の東南アジア的なものが常にクロスオーバーしながら民俗音楽の下地となり、それが原型を保ちながらフランス経由でのヨーロッパ音楽を呑み込み、社会主義国としての統一を見るまでの間、ベトナムの音楽は他のどの地域にもない独自のクセの強いごった煮感を楽しませてくれる、実に楽しく奥深いものであったといえると思います。




在りし日のヴェトナム 1937〜1954

【アーティスト/収録曲】
1.アンサンブル・ホアイ・チュン/この古いチュニックをまとって
2.ゴック・バオ/ 爪
3.ゴック・カン&グエン・ティエット/月下の白米
4. マン・ファト/もしあの道を行くのなら
5.チャウ・キー/山国の女
6.ゴック・バオ/絹の糸、愛の糸
7.ホアン・トラン/帰路
8.ゴック・バオ/音楽万歳
9.ゾアン・マン/夢想
10.ゴック・バオ/香江の歌
11.ゴック・バオ/人生のために愛する
12.チュ・ヴァン・トゥック&ミン・リー/2つの家族の水牛
13.ウト・トラ=オン/亡命の怨恨
14.イエン・フー村のフオン・ジアト/経典
15.ナム・カン・ト/女戦士の親密な感情
16.アイ・リエン&キム・チュン/金雲翹


さぁ、こんな風にサラッと解説しても、その幅広く奥深い往年のベトナム音楽の魅力を伝えるには、なかなかに難しいものがありますので、これはぜひ皆さんにこのコンピレーションをちょろっとでも聴いて頂きたいものです。どの曲もLPより古いSP盤からの音源で「シャーシャー」と混じるスクラッチノイズが、ノスタルジックな想いを掻き立てます。

南曲か拾って解説します。

まずは1曲目、アンサンブル・ホアイ・チュンは、戦前に欧米で流行した男性複数による甘い感じのグループ・ヴォーカル。ゆったりしたのどかな曲調はアジアの田園地帯が似合いますが、アレンジはモダンなオーケストラで、ジャズっぽい洗練さも感じさせるなかなかに粋なもの。

続く2曲目はゴック・バオさん。全16曲入ってるこのコンピの中で5曲もセレクトされているところを見るに、戦前から戦後にかけて、恐らくはベトナムの国民的歌手だったと思うんですが、この人も声がとても素朴で優しく、聴いてるだけでほわ〜んといい気分になってきます。優しく語り掛けるような歌い口と、軽〜く弾むような曲調は、これはもう間違いなくフランスのシャンソンからの影響だと思うんですが、メロディやバックの楽器は実に中国歌謡っぽい。その全く正反対の持ち味が何だか合ってるから凄いんですね。ギターのみをバックにした11曲目『香江の歌』のじんわりと深い歌唱は世界レベルでファンが増えていいぐらいの名唱であります。

ゴック・カン&グエン・ティエット『月下の白米』は、びっくりしたんですがコレがラテン。でも、曲がアジアンで男女の掛け合い(女声メイン)のかな〜り怪しげなムードとか、バックで鳴ってるクラリネット(?)の醸すエスニックな雰囲気とか、あぁ、これこれこのテのアジアのコンピではこういうのを期待してたんですよ!と思わず握り拳にぎっちゃいます。

そして7曲目、ホアン・トランの『帰路』、おお、これは全く正統派なタンゴ!他の「〇〇風」な楽曲は、ことごとく”地”の感じが混ざってカオティックな良さがあるんですが、コチラは編成もバンドネオン、ピアノ、管弦楽団でむちゃくちゃ洗練された、カルロス・ガルデルみたいなアルゼンチン・タンゴの古典的なヤツみたいな上質なカッコ良さです。

いきなりハワイアン・ギターのようなラップ・スティールが鳴り響き、高音女性ヴォーカルが見事なアジア旋律を歌い上げる9曲目、ゾアン・マン『夢想』も、そのジャンルレス民族レスな響きがとてもいい感じに遠くへ連れていってくれます。こっちのヴォーカルはどこか詩的で聴けば聴くほどしみじみした良さがありますな。


後半はより民俗っぽいものが全面に出た曲が多く、圧巻はタイトル通りの仏教のお祈り、イエン・フー村のフオン・ジアト『経典』ウト・トラ=オンの『亡命の怨恨』。トリップ感強烈な2曲ですが、特に凄いのがウト・トラ=オンでしょう。

このコンピそのものが、西洋からの影響も織り交ぜたポップなもので成り立っているような感じがしますが、これに関してはバックの楽器(琴と胡弓?)も、それに合わせて「びよん、びよよん」と歌ってるような、語ってるような、いや、これこそ「朗詠」と呼ぶべきか。そんな不思議な不思議なウトトラおじさんの声の起伏は、耳で追いかけるうちに、確実に”ここでないどこか”へ誘われてしまいます。

ネットで調べれば色々と情報に出会える時代であり、ベトナム音楽もネットを通じて知ることが出来ましたが、ここに収録されているアーティストの情報は、実は日本語のネット検索ではほとんど出て来ません。うんうん、そういうのがいいんですよ。本当にまっさらの”知らない音楽”どんどん聴いて豊かになりましょう。







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:20| Comment(0) | 世界の民族音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする