2019年04月22日

モンクス ブラック・モンク・タイム

img_1.jpg
MONKS/BLACK MONK TIME
(Polydor)


パンクロックの直接の先祖となるガレージロックの存在を知ったのがハタチそこらの頃。

丁度オルタナやグランジブームが一通り落ち着いた後に60年代のリバイバル的な動きがロックの一部にあって、その頃ギターウルフやMAD3、ルルーズマーブルといったカッコいいバンドを知り「ガレージって良いな」と思っておりました。

で、ガレージの本場アメリカにはどんなバンドがいたんだろうと興味を持ち始めたそのタイミングで『ナゲッツ』というガレージロックのコンピレーションが発売になりまして、これがまた有名無名織り交ぜた(つうかその当時ほとんど知らないバンドばかり)、いい感じに雑多で混沌とした素晴らしいアルバムでした。

「ガレージ」と一口に言っても、その実は「アメリカのキッズ達が、”これがかっこいいロックだろう”というそれぞれのイメージを衝動にまかせて音にしている」という側面がありまして、爆音でファズギターをガンガン響かせながらがなりたてる、パンクロックのご先祖みたいなのもあれば、ビートルズをもっとポップにしたようなものもあったり、本当に色々なんです。

さて、そんな60年代の、ロックが正にアメリカで生まれておぎゃあと産声を上げているその瞬間を記録したような素晴らしいナゲッツBOXに、見た目も音を強烈な異彩を放っているバンドがおりました。

コレですよコレ。


DYn21eUU8AAAXmz.jpg


全員がキリスト教修道士の格好をして、しかもご丁寧にワシら日本人が「ザビエルカット」と呼んでいるあのてっぺんを剃り上げた髪型をしている(!!)


そんなイカした奴らのバンド名が、修道士(日本ではよくお坊さんと訳される)を意味する『モンクス』!

つっても彼らがホンモノの修道士な訳がなく、まぁ単なるジョークか、ロック一流の反骨精神の現れとして、こんな格好をしておったんじゃあなかろうかと思います。

まずアタシは、ナゲッツのブックレットに貼られた彼らの写真を見て大笑いすると共に、音を聴く前からファンになってしまったんですが、肝心の音の方は、良い意味で素人臭さのある他のバンド達よりもグッとまとまって力強く、楽曲のクオリティも相当高いような気がしました。

音はファズギターとやんちゃなオルガンを軸にした、いかにもハードなロックンロールといった感じで、シャウトするヴォーカル共々実に鋭く耳に刺さってくる硬派なサウンドの質感は、特にその時求めていた”ガレージ”のイメージにピッタリと合って、すっかりこのバンドには夢中にさせられてしまったんです。

もう見た目からして本当にアンダーグラウンドでマイナーなカルトバンドかと思ったら、実はデッド・ケネディーズやビースティ・ボーイズといった大物バンドの口から賞賛の声が出ていたり、元祖パンクと実験的ロック・ミュージックを繋いだバンドとして、意外やその後のミュージシャン達を中心に、実に真面目に高い評価を受けてた凄いバンドだったんですね。

モンクスの場合は、その経歴も実に個性的です。

まず、この人達は元々アメリカの兵隊さんです。

駐留軍としてドイツに赴任してきてバンドを結成、当初は基地内で流行のR&Bなどをカヴァーして演奏するバンドでしたが、やってるうちに段々楽しくなってきて、遂には任期が終わって本国へ帰る段になると

「何か楽しいからこっち残るわ。軍?あぁ当然辞めるね」

とアッサリ退役して本格的な音楽活動を始めたといいますから大したもんです。おじちゃんはこういう話大好きだ。




BLACK MONK TIME

1.Monk Time
2.Shut Up
3.Boys Are Boys and Girls Are Choice
4.Higgle-Dy-Piggle-Dy
5.I Hate You
6.Oh, How to Do Now
7.Complication
8.We Do Wie Du
9.Drunken Maria
10.Love Came Tumblin' Down
11.Blast Off!
12.That's My Girl
13.I Can't Get over You
14.Cuckoo
15.Love Can Tame the Wild
16.He Went Down to the Sea
17.Pretty Suzanne
18.Monk Chant (Live)


奇抜な出で立ちでまず人目を引いて、R&B仕込みの確かな演奏力でオーディエンスの耳をかっさらうモンクスは、ドイツを中心にカルト的人気をすぐに獲得しました。

そして当時はイギリスで、アメリカのブルースやR&B、ロックンロールなどに影響を受けたバンドがそれらを独自に練り上げたロックを次々生み出していた、俗にいう”ブリティッシュ・インヴェンション”勃興の時代。

モンクスはそんな音楽シーンの移り変わりの空気も敏感に取り入れ(イギリスで観たキンクスに強い衝撃を受けたそう)、激しく荒々しいサウンドを、英国流のキャッチーな楽曲で次々料理し、仕上がった音楽がこれまた典型的なアメリカンガレージでもブリティッシュ・ポップでもない、全く独特のロックだったという事で、その存在は本国アメリカから遠く大西洋を隔てたヨーロッパで、ますます異彩を放つことになります。

アルバム『ブラック・モンク・タイム』は、彼らの異彩に目を付けたドイツのメーカーがケルンでレコーディングした唯一のメジャーアルバムです。

アルバム全体を聴いてみると、コンピで収録されていた断片では分からなかった彼らの楽曲バリエーションの豊富さと、ひとつひとつの楽曲の完成度の高さ、そこに絡むファズギターやオルガンのぶっ飛んだプレイの凄まじさに驚きます。

彼らの評価としては「破壊衝動とポップさが絶妙なバランスで昇華した」とか「アメリカのガレージバンドにはないポップな曲作りが凄い」とかいうのがあって、それは確かにそうなんですが、例えばレッド・ツェッペリン登場より前に、高音を張り上げてシャウトするゲーリー・バーガーのヴォーカルとか、サイケデリックに先駆けて即興性が高く、既にソロやバッキングのあちこちで大胆にスケールアウトするオルガンとか、ポップさがブリティッシュのそれでは完全になく、後のドイツを代表する実験バンド「CAN」とも通じる、明るいんだけどどこかあやうい方向に行ってしまいしょうな狂気を孕んだものであったりとか、とにかく色んな要素がイギリス、アメリカ、ドイツなどの同時代のバンドと比べて”早い”んですよ。

加えてモンクスには「そのサウンドアイディアはどっから?」とか「この楽曲は誰から影響を受けた?」と思わせるような、妙な突然変異ぶりがあって、最初は「きゃーかっこいいー!ぶっとんでるー!」と思って聴いてたのに、いつの間にか深い闇の奥底に引き込まれるように真剣に聴いてしまうようになります。

再結成してライヴなどもやっていたようですが、2014年にヴォーカルのゲーリー・バーガーが亡くなってからの活動は不明。アルバムのブックレットには、いい感じのおじいちゃんになってもやっぱり修道士の格好をして楽しそうに演奏している彼らの写真が付いていたりして実にゴキゲンであります。






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:01| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする