2019年05月06日

スリーピー・ジョン・エスティスの伝説

img_1.jpg
スリーピー・ジョン・エスティスの伝説
(Delmark/Pヴァイン)

突然ですが皆さん「ブルース」と聞いてイメージするものってありますか?

「渋いおっさん」

「ギターかな」

「ガラガラ声」

「しみじみした感じ」

「その日暮らしの渡り鳥」

「お金がない」

とかいう感じで、アンケートを取ると、ほとんど全ての人が、割と的確にブルースという音楽のイメージを答えてくれます。

ところがブルースっていう音楽は、誰もがそのイメージは知っていても、実際にアーティストの作品を聴くに至る人というのが極端に少ない音楽です。

ぶっちゃけて言ってしまえば売れないんですね〜。

だからアタシはこのブログでも一生懸命「ブルースは素晴らしいよ!」という事を、声を大にして言っておるのではありますが、まぁその、いいかげんな人間が細々と書いておる音楽ブログなんで、世界的どころか世間的な影響力もほぼないでしょう。

そんな与太はどうでもいいんです。アタシはブルースという本当に人間の根源に触れるこの素晴らしい音楽の魅力をもっと色んな人に伝えたいんです。

はい、ブルースという音楽は、決してバカ売れするような音楽ではないという事を書きましたが、実はそんなブルースの中でも奇跡的に売れて、何と日本のオリコンチャートに顔を出したアルバムというのがあったんです。

それこそが本日ご紹介します『スリーピー・ジョン・エスティスの伝説』であります。

オリジナルは1962年にアメリカで発売になりましたが、10年後の1972年に初めて日本国内盤として流通した時にこれが売れに売れた。

ほぉぉ、日本人はジャズに関してもエラく盛り上がってたというから、やはりブルースに対しても貪欲にレコードを聴いたりして詳しくなっていたのか〜。

いいえ、そうではありません。

むしろその頃の日本には、ジャズのレコードはたくさん出回っていたし、大物からややマイナーなミュージシャンまでコンサートに来ておりましたが、ブルースに関しては全然遅れていて、ファンは輸入盤を海外からメールオーダーで取り寄せて、到着を何ヶ月も待つような状況だったと言います。

実際に60年代から70年代前半が青春時代だったウチの親父に訊いても

「ブルースのレコードはあんま売ってなかったなぁ、あの時代”ブルース”って言えばレイ・チャールズとかダイナ・ワシントンとかだったなぁ。チェスのレコードをビクターが帯付けて出すようになったのはずっと後よ。」

ぐらいな状況だったようです。

そんな日本で60年代から70年代にかけて流行った音楽といえばフォークです。

日本語フォークの歌詞の中には「ブルース」という言葉は頻繁に出て来るし、彼らが敬愛するボブ・ディランやピート・シーガーなどはもっと具体的に、インタビューや文章の中で「ブルース」という音楽について多くを語っております。

それ以前にもジャズが流行した時に

「ジャズの前にブルースがあるらしいぜ」

って事は、ジャズ好きは何となく知っておった。

更に歌謡曲でも「〇〇ブルース」って曲は昔からあり、そんな中で「ブルース」という音楽の具体的なサウンドよりも先に「ブルース」という音楽のイメージが、日本国民の中で何となく形成されていたんでしょう。

そのイメージというのが、最初に挙げた


「渋いおっさん」

「ギターかな」

「ガラガラ声」

「しみじみした感じ」

「その日暮らしの渡り鳥」

「お金がない」

これなんです。

そのイメージに、正にドンピシャでハマッたのが、このアルバムのジャケット、「涙なしには聴けない悲痛なブルース」という帯のキャッチコピー。そして、本当にその通りだったスリーピー・ジョン・エスティスの悲惨なエピソード、更にヴォーカルとギターとハーモニカ、数曲でピアノが入るのみのシンプルなアコースティック編成で演奏される「ブルース」の、人生の重みが凝縮されたような深い味わいの内容が、初めて聴いた日本人の心を次々と虜にしました。



スリーピー・ジョン・エスティスの伝説

【収録曲】
1.Rats In My Kitchen
2.Someday Baby
3.Stop That Thing
4.Diving Duck Blues
5.Death Valley Blues
6.Married Man Blues
7.Down South Blues
8.Who’s Been Telling You, Buddy Brown
9.Drop Down Mama
10.You Got To Go
11.Milk Cow Blues
12.I’m Been Well Warned


スリーピー・ジョン・エスティスは、戦前に活躍し、人気を博したブルースマンです。

1920年代にメンフィスで初のレコーディングを行い、これがそこそこ評判となったのでシカゴに移住。

移住先のシカゴでは、地元の仲間だったハミー・ニクソン(ハーモニカ)、ヤンク・レイチェル(マンドリン)とバンド形式で演奏することが多く、この明るいノリのカントリーブルースは南部出身者が多いシカゴでも人気が出て、ライヴもレコーディングも順調に行っていたんですが、やがてシカゴでは段々と田舎臭いカントリーブルースよりも洗練されたものが好まれるようになってエスティスらの活動も徐々に下火になり、失望したエスティスは故郷の南部へ帰って、小作農の傍ら細々と音楽を続けていましたが、40年代、50年代にはほとんど演奏活動をやっておらず、消息不明の状態が続いておりました。

60年代になるとアメリカでフォーク&ブルース・リヴァイバルが起き、戦前に活躍した伝説のブルースマンがあちこちで再発見されてシーンにカムバックします。

エスティスも1962年にリサーチの末ようやく発見されたのですが、その時は電気もガスもない掘っ立て小屋のような家に奥さんや多くの子供達と住んでいて、元々悪かった目が栄養失調によって完全に見えなくなっていて、それはもう悲惨なものだったそうです。

「音楽はもうやめた」

とは言うものの、全盲では畑仕事や季節工などの肉体労働が出来ません。

家族を食わせなきゃいけないけれど、南部の貧しい黒人には肉体労働以外の仕事があろうはずもなく、人生に絶望しながらあばら家の中でただ死を待つだけのような状態だったエスティス。

発見されたその年に製作されたレコードに写った本人の、くたびれた帽子に汚れてヨレヨレになった服、そしてギターにはめている鉛筆で代用したカポタストという姿は、リアリティを出すための誇張でも何でもなく、その当時のエスティスの、本当にリアルな姿だったんです(それでもこれは撮影用に選んだ目一杯の上等な服だったと思います)。

そしてこのアルバムの素晴らしい所は、イメージやエピソードに、やっぱり中身の音楽が全然負けてないということなんですよ。

一曲目は「ネズミが台所で走り回ってるぐらいみじめな暮らしだぜ」って事を歌ってる曲なんですが、エスティスの最初に張り上げる「ウォウ!!」って叫びがもう、枯れに枯れた声を、渾身の力と魂で振り絞っております。正直歌詞の意味なんて分からずとも、このシャウトだけで全てが理解出来てしまうほどの深い引力。

元々はバンドスタイルの賑やかな曲も得意だった人ですが、その話はまた次回にたっぷり致しましょう。ここでは半分以上を占めるスローブルース、その枯淡の味わいの中に渦巻くすさまじい情念があり、それを終始内側からえぐり出すように歌うエスティスの声に、ブルースの何たるかをたっぷりと感じてください。









ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:18| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

キング・オリヴァー The Complete1923 Jazz Band Recordimgs

img_1.jpg


King Oliver/The Complete1923 Jazz Band Recordings
(Archeophone Records)


皆さんこんばんは、いつの間にやら時代は平成から令和に代わり、いつの間にやらゴールディン・ウィークでございますねぇ。

まとまった休みだからガッツリ旅行とかイベントとか行くよって人もいらっしゃるでしょうし、のんびり静かに過ごしてる人もおられるでしょう。「休み?んなもん関係ないよ!」という人もいらっしゃる。はい、アタシもゴールデン・ウィークとは言いながら、休んだり仕事に出たり、何だかんだドタバタしておりました。

そんな中、家でのんびり聴いていたのは、古き良き時代のジャズです。

おっと、アタシは個人的に「古き良き」って言葉が実はあんまり好きじゃない。

今の時代はそりゃあ世知辛いけど、昔は昔の苦労や不便があったはず。

それを思うと「今が全部ダメで昔が全部良かった」なんてことは無責任には言えません。

でもね、古い音楽を聴いてると「あぁ、いい時代の空気が流れて鳴ってるなぁ〜♪」って無条件に思えてくるんですよ。

これはもしかしたら、時代がどうこうというんじゃなくて、その音楽をやってる人達が、その時代の一番いい空気を集めてそれを音にしていたからなんじゃないかって思えるから、そして逆にその「自分が生きてない時代の空気」ってのが、古いも新しいもなく、とてもカッコ良く穏やかに刺激的なものだったりするもんだから、えぇ、こと音楽に関してだけは、この「古き良き時代」って言葉、今後も使おうと思っております。


で、今日は「古いジャズを聴こう」ってなった訳ですね。

ジャズってもしかしたら皆さんは、1960年代とか50年代のモダン・ジャズでも「十分古い音楽じゃな〜い」って思われるかも知れませんが、今日アタシが昼間自分ちの畳に寝っ転がって、ほへ〜っとヨダレ垂らしながら聴いていたのはそんじょの古さじゃありません。何と、日本で言えば大正時代の1923年のジャズであります。

1923年といえば、レコードがブ厚く思いSP盤に録音されて、それなりの数が流通するようになった最初の頃、そんな時代に「ジャズ」という音楽がブルースと共に

「最新のイカした音楽だぜぇ♪」

と、世に出回るようになったんですね。

最初にそのジャズっていう音楽を誰が考えて演奏したのか、その辺りはよく分かってはおりませんが、大体1880年代の終わり頃には、西洋音楽のメロディーを、黒人が独自のアクセント(シンコペーションってやつです)でもってリズミカルに演奏したラグタイムという音楽が出来上がっていて、それがジャズの原型と言われております。

ほんで「ジャズ誕生の地」と飛ばれる軍港の街ニューオーリンズでは、歓楽街に立ち並ぶいかがわしいお店でもって、このラグタイムに軍隊のマーチングバンドとか黒人音楽のブルースとかを織り交ぜたものが景気演奏されていて、これが「イカすぜ!」って意味と「いかがわしいぜ!」って意味の卑猥なスラングをもじった「ジャズ」っていう言葉で呼ばれるようになったんだとか。

そんなこんなの1905年頃、そんな中に一人のコルネット奏者がニューオーリンズに現れて、それまではバンドが「せーの」で調子を合わせた合奏をしていたこの音楽で「自由にアドリブで演奏する」ということをおっぱじめた。

バディ・ボールデンと名乗る、このクレオール(黒人とフランス系白人の混血)男のコルネットは、自由自在な即興演奏はもちろん「ミシシッピ川の向こうからも聞こえる」と言われる程のデカい音。

更にそのパフォーマンスが酒を浴びるようにかっくらいながら、動き回ったり楽器を放り投げながら吹きまくる、しかも仕事が続く時は全く寝ないで何日もぶっ続けで(!)夜通しやっていたと。

こんなもん狂人じゃないか!と思ってたら、やっぱりバディ・ボールデンという人は大酒を飲みながらそんなパフォーマンスをやってるうちに本当に発狂して、それから生涯精神病院で過ごさざるを得なくなったみたいです。

この人は、その革新的なコルネット・プレイで「初代ジャズ王」と呼ばれた程なんですが、残念ながらレコードを残しておりません。

う〜ん残念、でもバディ・ボールデンが築いた原初ジャズの形式を受け継いで、更に完成度の高い音楽へと発展させた”2代目ジャズ王”の演奏は、しっかりとレコードに残されておりまして、現在誰もが聴いて楽しむ事が出来ます。

そう、アタシが聴いていたのは、このキング・オリヴァーの初期の1923年録音のアルバムだったんです。

いや〜、これいいですよ。細かい事はどうでもいいって人は、もうこれから先はぜひ読まずに下のリンクをポチっとやって聴いて欲しい。天気のいい日にのんびり聴くには最高の、カラッと明るく景気のいい、グッド・オールド・ミュージックなんですよね〜。




King Oliver

【パーソネル】
キング・オリヴァー(cornet)
ルイ・アームストロング(cornet)
オノレ・ダトリー(tb)
ジミー・ヌーン(cl)
ジョニー・ドッズ(cl)
ジョニー・センシア(banjo)
リリアン・ハーディン(p)
ベイビー・ドッズ(ds)

【収録曲】

(Disc-1)
1.Just Gone
2.Canal Street Blues
3.Mandy Lee Blues
4.I'm Going Away To Wear You Off My Mind
5.Chimes Blues
6.Weather Bird Rag
7.Dipper Mouth Blues
8.Froggie Moore
9.Snake Rag
10.Snake Rag
11.Sweet Lovin' Man
12.High Society Rag
13.Sobbin' Blues
14.Where Did You Stay Last Night
15.Dipper Mouth Blues
16.Jazzin' Babies' Blues

(Disc-2)
1.Alligator Hop
2.Zulus Ball
3.Workingman Blues
4.Krooked Blues
5.Chattanooga Stomp
6.London (Cafe) Blues
7.Camp Meeting Blues
8. New Orleans Stomp
9. Buddy's Habit
10.Tears
11.I Ain't Gonna Tell Nobody
12.Room Rent Blues
13.Riverside Blues
14.Sweet Baby Doll
15.Working Man Blues
16.Mabel's Dream
17.Mabel's Dream
18.Mabel's Dream
19.The Southern Stomps
20.The Southern Stomps
21.Riverside Blues


アタシがキング・オリヴァー知ったのは、ブルースをこれまた原初的なスタイルで唸る神懸かりな天才シンガー、テキサス・アレクサンダーのアルバムで、地の底から響くような沈鬱なアレクサンダーの横で「ぷわぁん、ぷわわぁん♪」と、何とも腰の砕ける呑気な音のコルネット吹いてるのを聴いて「あ、これ好き」と思ったのが最初の最初です。



「ジャズ」って言うと、何だか都会の夜の音楽みたいなイメージがあって、特に戦後のモダン・ジャズは確かにそんな雰囲気に満ち溢れているんだけど、キング・オリヴァーら戦前の名手ののどかな音を聴けば、まだジャズもブルースも同じ場所で仲良く演奏されていた時代の、明るい陽射しが降り注ぐ、アメリカ南部の真昼の大地が、何とも言えないエスプリと共にふわぁ〜っと思い起こされます。

で、キング・オリヴァーの、オリジナル・バンドでのジャズが聴けるのが、この1923年録音集です。

音を聴く前に、若き日のルイ・アームストロングとか、その奥さんになるリリアン・ハーディンとか、最初期のジャズ・クラリネット2大巨匠と呼ばれるジミー・ヌーンとジョニー・ドッズが2人共参加してたり、ディキシーランド最高のバンジョーマン、ジョニー・センシアがフツーに居たりと、まずはそのメンバーの豪華さにビビりますね。

特にこのレコーディングは、ルイ・アームストロングにとっては記念すべきデビュー録音なんです。

さて、肝心のキング・オリヴァーの音楽なんですが、彼は影響を受けたとされるバディ・ボールデンのようにクレイジーに吹きまくるタイプではなく、作曲家/編曲家として若い頃から評価されていただけの事はあり、まずバンド全体のサウンドをキッチリまとめた完成度の高い演奏を聴かせる音楽家です。

その上で自分自身のメロディアスなコルネットを始めとする各人のソロや、アレンジの中で際立つ個性をしっかりとピックアップする達人で、どの曲も不足なくゴキゲンな雰囲気で、最初から最後までテンションを下げる事なく楽しく聴かせます。

そう、この「楽しい」ってのが、キング・オリヴァーの一番の持ち味ですね。

もしかしたら精神がぶっ壊れるほどの激しい演奏を目の前で繰り広げていたバディ・ボールデンを見て「あ、こんなことやってたら死ぬか狂うかしかないわ、だったら俺はこの人がやってる事をもっと音楽的に完成されたものにしよう」と、オリヴァーは理知的な方向へ早々と舵を切ったのかも知れません。

そこに純粋にバディ・ボールデンのプレイに憧れて、でっかい音でアドリブをガンガン吹いてやるぞ!と意気込む若いルイ・アームストロングを加えた事によって、穏やかさと溌溂とした元気との絶妙なバランスが取れた仕上がりになっております。

この時代のアドリブは、もちろんその後のジャズのような長尺のスーパープレイではないのですが、きっちりとまとまった上質なオールド・ジャズのアレンジの中でコルネットやクラリネット、そしてピアノそれぞれのプレイをじっくり聴けば「譜面のあるラグタイム」から「譜面にないジャズのアドリブ」の間を行き来する黎明期の雰囲気を、楽しみながら味わえることでしょう。や、まずはコイツをツマミに一杯やってね〜と言いたくなる最高のゴキゲン音楽ですよ♪








”キング・オリヴァー”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:57| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

テッド・ニュージェント 閃光のハードロック

DYn21eUU8AAAXmz.jpg
テッド・ニュージェント/閃光のハードロック
(SMJ)


音楽を意識して聴くようになった最初の頃は、とにかく知識とか深い思い入れとかは当然のようになかったので、耳に入る”激しいもの”は手当たり次第何でも聴きまくっておりました。

最初にハマッのはパンクロックでしたが、パンクと他のロックの違いなど、何となくしか分かるはずもなく、髪の毛が立ってようが長かろうが、その当時アタマの悪い中学生だったアタシには大体同じです。

ただ、その頃(1980年代末から90年代頭ぐらいの時期)流行ってた邦楽のロックは何で髪の毛短かったりおっ立てたりしてんのに、洋楽は何でロン毛なんだろうという疑問がうっすらとありました。

ほんで「ロン毛のやつら」というのは、あれはハードロックとかヘヴィメタルとか言うんだという事を、雑誌とかで見て知って、何となく覚えて行く訳です。

で、こういう事で何かよくわからんくなったら、親子である以上に音楽の先輩であるウチの親父に訊くのが一番でして(何せ恐ろしく雑だけどそれ故に核心を突く答えを与えてくれるんで)、「ハードロックとヘビメタってどう違うのよ?」と、尋ねてみたら。

「それはアレよ、ハードロックっちゅうのが古くて、メタルは新しいのよ」

と、恐ろしく雑で核心を突く一言で返してくれたので

「ほうほう、じゃあハードロックにはどんなバンドがおって、メタルにはどんなバンドがおるのよ?」

と、訊くと、ハードロックにはレッド・ツェッペリンとかディープ・パープルとかモーターヘッドとかいて、ヘヴィメタルはジューダス・プリーストとかメタリカとかがカッコイイ。モトリー・クルーはどっちかわからんが良い。

という事を言っておりました。

なるほど、じゃあ俺に合うのはハードロックかなとぼんやり思って、レッド・ツェッペリンのベスト・アルバムを中学校卒業と同時に入手して、ディープ・パープルは深夜のテレビ番組から(!)カセットテープに録音して聴いてました。確か「ハイウェイ・スター」と「スモーク・オン・ザ・ウォーカー」か何かだったと思います。

正直その頃のハードロックに対する感想は

「うむ、好きな曲は好きだけど、全体的にはよくわからん」

でしたが、分からないなりにその気骨のある硬派な感じは好きでした。

で、それからしばらくして親父がサンプルのカセットを「これ良かったぞ」と持ってきてくれたんです。

「これ何?」

と訊けば

「これがハードロックよ」

と。

それはダム・ヤンキースという、全く名前を聞いた事もないバンドのアルバムでした。

凄いメンバーが集まった凄いバンドという事でありましたが、当然分かりません。

曲調はどっちかといえば明るく大人な感じのアメリカン・ロック。

ハードロックと言うには余りにもあっさりとして心地良い感じ(バラードのいい曲も結構ありましたからね)でしたが、ところどころ凄く野太くてパワフルに鳴り響くギターが、群を抜いた存在感を放っていて、その豪快なプレイには素直に惹かれました。

親父に

「このギターがカッコイイなぁ〜」

と言えば、待ってたかのように

「だろが!このギターが一番凄い訳よ。コレがテッド・ニュージェントじゃ」

と、急に興奮し出しました。




閃光のハード・ロック

【収録曲】
1.ストラングルホールド
2.炎の突撃隊
3.ヘイ・ベイビー
4.命がけのロックン・ロール
5.蛇皮服のカウボーイ
6.モーター・シティ・マッドハウス
7.狂っちまった人生
8.ユー・メイク・ミー・フィール・ライト・アット・ホーム
9.森の女王


テッド・ニュージェント、実は60年代のサイケ/ガレージバンドの時代から活躍するベテランで、70年代にはソロ・ギタリスト(たまに歌も歌う)としてデビュー。

一貫してエフェクターを使わず、セミアコとかフルアコをアンプに直でぶっこんで、弦を思いっきり掻き鳴らす、ソロは力の限り引っ張りまくるチョーキングをかます。

セミアコやフルアコというギターは、エレキギター初期の構造ですので、生音でもある程度響くように、ボディの一部が空洞になって、バイオリンみたいなFホールっていう穴がオシャレに空いてます。

見た目すごくカッコイイんですけど、歪ませたりアンプのボリュームを上げると、この空洞部分が共振し過ぎて、音は割れるし「キィィン!」というハウリング・ノイズが発生するんですね。

テッドのギターは、そんなセミアコフルアコの「ワイルドな木鳴り」と「ハウリングしてもそれを効果音として使えるタフネス」が、ぶっとい音になってガンガンのギンギンに響いております。

正直大音量での扱いは非常に難しい種類のギターを、こんな風に歪ませた音で「ズン!」と鳴らすだけでも相当なテクニックなんですが、そういう小賢しい事すら考えさせてくれないワイルド極まりないアメリカンハードロックギター、ほんとカッコイイです。

アルバムは、70年代以降のソロ名義、ほんで、実はソロとやってることそんな変わんない初期のガレージバンド『テッド・ニュージェント・アンド・ザ・アンボイ・デュークス』の3枚のアルバムもどれもオススメですが、とりあえずソロ・ファースト・アルバムの『閃光のハードロック』を。

これもうズ太いギターとタフに粘るビートを聴きながら「く〜、たまんないね!」と言うだけのアルバムです。ロックは気合い。







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:16| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする