2019年06月22日

ロックンロール・サーカス

o0480085410959467616.jpg
ザ・ローリング・ストーンズ/ロックンロール・サーカス
(ユニバーサル)


ロックという言葉について色々考える事が多いです。

それこそ誕生から半世紀以上、ロックというのは様々な音楽を呑み込み、また、時代に合わせて物凄い速さで進化しております。

アタシがロックというものを最初に意識したのは1980年代の後半でしたが、その頃ですら既にロックを一言で「ロック」と呼べないぐらい、巷には様々な「ロック」が溢れておりました。

パンクもあればメタルもある、ヴィジュアル系もおればミクスチャーもあり、とまぁそういうカオスこそがロックといえばロックなのではありますが、アタシは頭が悪いので、考えるのが大好きっ子なんです。今日も無駄に「ロックって何だろう」と考えておりました。

ほんで、頭悪いなりに考えて出た「ロックの定義」ってのがありまして、つまりは

・不健全で

・いかがわしくて

・反社会的で

・意味もなくワクワクする

というものであります。


つまりは「世の中をクソつまらんものにしているよーな連中が嫌がるような素敵なこと」がロックでいいと思います。

ワクワクドキドキするようないかがわしさといえば、やっぱり際立ってロックだなぁとアタシが思うのがローリング・ストーンズ。

そりゃあロックというものがまだちゃんと形になっていない1960年代半ばから、ブルースやR&Bのレコードを聴きまくって、試行錯誤してその中から「いかがわしいエッセンス」を抽出しつつ自分達のオリジナルな表現としてそれを昇華させていった立役者だけあります。

とは言いつつもアタシは10代の頃は、激しい音楽と、とことんなルーツ探究のために古いブルースばかりを聴いていて、その中間にあった一番大事な60年代、特にブリティッシュロックは聴いてなかったんです。

特にストーンズとビートルズに関しては「まぁそのうち聴くだろう」と思いつつ、友達からアルバム借りたり、好きなバンドがカヴァーしているストーンズの曲を「カッコイイなー」と聴いてたぐらいでありました。

そんなアタシがストーンズ本気で「やっばい!カッコイイ!」と思ったアルバムというのがありまして、それが本日ご紹介する『ロックンロール・サーカス』であります。

時は1996年、アタシが東京のレコード屋さんで丁稚をしていたら、先輩達が荷物の入った箱の周りに集い「おぉ、これか・・・」「来たね」とざわついておりました。

「ストーンズ?新作ですかい?」

と訊くと。

「馬鹿野郎、お前は何にも分かっていない。コイツは1969年にストーンズが企画したライヴ番組で、今までずっとお蔵入りになってた凄いやつなんだ」

「ストーンズだけじゃねぇんだぞ、ビートルズ辞める直前のジョン・レノンとクラプトンが共演してたり、フーも入ってたり、とにかくすげーメンツが集まった。ある意味ウッドストックとタメ張るぐらいのブツだコレ」

と、一通り罵倒混じりの説明を受けて、ぼーぜんとするアタシをよそに先輩達は

「ジェスロ・タルも入ってんだ!」

「マリアンヌ・フェイスフルもいる、やべー」

と、キャッキャはしゃいでおりました。

そう『ロックンロール・サーカス』とは、1969年にローリング・ストーンズが企画した、長時間ミュージック・プロモーション・ビデオの事で、サーカスをイメージしたコンサートを行って、その様子を撮影した作品として世に出そうと企画した画期的な試みの事であります。

しかも、それは単なるライヴ映像ではなく、テント小屋の中に客を集めて(客も同じデザインのカラフルな帽子とポンチョのような上着を着ている)、ロックの演奏の合間に実際のサーカスの出し物をしたり、出演者もサーカス団員やピエロのような仮装をしているという徹底ぶり。

今でこそミュージック・ビデオや音楽のライヴドキュメントとかは普通になりましたが『ロックンロール・サーカス』は、正にその先駆けですね。

それはさておきで、早速見本盤CDの封を開けて店内で流してみたら、ガツンと耳に入って来た曲があり、それが『悪魔を憐れむ歌』でした。




ザ・ローリング・ストーンズ ロックン・ロール・サーカス

(Disc-1)
1.ロックン・ロール・サーカスの紹介
2.グラディエイターの入場
3.ジェスロ・タルの紹介
4.ソング・フォー・ジェフリー
5.ザ・フーの紹介
6.クイック・ワン
7.観客のウェイヴ
8.エイント・ザット・ア・ロット・オブ・ラヴ
9.マリアンヌ・フェイスフルの紹介
10.サムシング・ベター
11.ザ・ダーティ・マックの紹介
12.ヤー・ブルース
13.ホール・ロッタ・ヨーコ
14.ザ・ローリング・ストーンズの紹介+ジャンピン・ジャック・フラッシュ
15. パラシュート・ウーマン
16.ノー・エクスペクテーションズ
17.無情の世界
18.悪魔を憐れむ歌
19.地の塩

(Disc-2)
1.チェッキン・アップ・オン・マイ・ベイビー
2.リーヴィン・トランク
3.コリーナ
4.レヴォリューション (リハーサル)
5.ウォームアップ・ジャム
6.ヤー・ブルース (テイク2)
7.ジュリアス・カッチェンの紹介
8.火祭りの踊り
9.ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545 第一楽章



この曲は言うまでもなくストーンズ60年代を代表する1曲で、収録されているアルバム『ベガーズ・バンケット』ももちろん代表作と呼ばれるアルバムです。

で、アタシは映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ』の主題歌としてガンズ・アンド・ローゼスがカヴァーしているヴァージョン聴いて、ベガーズ・バンケットも友達に聴かせてもらい、その印象もなかなかに良いものでした。

しかし、この『ロックンロール・サーカス』に収録されているライヴヴァージョンは、何と言ったらいいんでしょう。この曲が持つドロドロした感じ、卑猥でいかがわしいフィーリングのようなものが、スタジオ・ヴァージョン以上に際立っていて、これはもう歌がどうとかギターのフレーズがどうかとか、そういうものじゃなくて、もっとこう本質的な禍々しさのようなものがスピーカーから迫ってきて、もうその濃厚な空気のヤバさというのは、触れてしまって思わず絶句する。そういった類のものでありました。

一説によるとこの音源、とても素晴らしい内容にも関わらず、30年近くもお蔵入りしていたのは、ミック・ジャガーがこの時の演奏に満足してなかったとかいう説もあるらしいですが、いやいやいや、ラフでドロついて野性の危なさ満載のこのストーンズの演奏、全然カッコイイですぜ。

実際、多くの出演者がいて、その間の出し物をいっぱいあったこの日の収録は、昼過ぎにスタートしてストーンズの演奏が始まったのは翌日の明け方近くだったという事で、ストーンズのメンバーの披露は頂点に達していたという事を後にアタシも知るんですが、披露が頂点に達した異様なテンションですね、これは。

ストーンズ以外にも、レッド・ツェッペリンの代役として急遽出演が決まったジェスト・タルのジャズとファンクとロックが妖しく交錯するパフォーマンスや、生粋のライヴバンドとしてキレッキレのテンションで凄まじいステージングを繰り広げるザ・フー(これもこの人達のライヴでは屈指の素晴らしさ)、ジョン・レノンにキース・リチャーズ、クラプトン、そしてジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマー、ミッチ・ミッチェルによる即席バンド『ザ・ダーティ・マック』の素晴らしいブルース。そこにオノ・ヨーコが加わって周囲を唖然とさせたという絶叫パフォーマンス。ソロ・アルバムではのどかなアコースティック・ブルースを歌う人ですが、コチラではバンドをバックにギンギンのシャウトを聴かせるタジ・マハールなどなど、聴きどころは本当にたくさん。


最後はクラシックのピアニスト、ジュリアス・カッツェンのピアノソナタでエンディングなんですが、最初から最後までこのコンサートに漂っているのは、ロックがロックであるゆえんであるところのヤバさと混沌といかがわしさです。








コチラはブルーレイ↓





”ローリング・ストーンズ”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:50| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

エロール・ガーナー ミスティ

625.jpg
エロール・ガーナー/ミスティ
(Mercurry/ユニバーサル)

ここんとこ突っ走り気味でしたので、今日はジャズの美しいピアノ曲でも紹介して落ち着きたいと思います。

ジャズのスタンダード曲で『ミスティ』という美しい曲がありまして、サラ・ヴォーンという凄いヴォーカリストがいるのですが、この人の歌うヴァージョンが大ヒットした事で、色んな人が歌ったといういわくのある曲なんですね。

ミスティってのはつまり霧の事なんですけどね

『私はアナタにこんなにも夢中で、こんなにもこんなにもときめいているのに、アナタは私の気持ちに全然気付いていない。私はこんな霧のような想いの中できっと迷子になってしまうんだわ』

という歌詞だったと思います。

前半は恋にときめく気持ちをウキウキで描写してるのに、後半はそれが片想いであるという切なさが、切々と歌われる。それも絹のような儚い浮遊感の溢れるメロディーで。という、えぇ、とても美しい曲なんです。


この曲の作曲者が、ピアニストのエロール・ガーナーであります。

1921年生まれで、1940年代から活躍。つまりジャズという音楽のスタイルが、戦前のスウィングからいわゆるモダン・ジャズと呼ばれるビ・バップへと変わる丁度その直前ぐらいにデビューして、モダン・ジャズの全盛期に戦前の陽気でハッピーなスタイルで演奏しておった人であり、後のピアニスト達に与えた影響もかなり大きい。

バラードでは、その粒立ちの整った美しい音色で、淀みなく出て来るメロディアスなアドリブでどこまでも上品に音を紡ぎ、アップテンポの曲では、両手をダイナミックに躍動させて、リズムとメロディを惜しみなく繰り出す!はい、間違いなく実力者です。一流のピアニストであります。

エロール・ガーナーはお父さんと兄弟が全員ピアニストという家に生まれ、何と3歳からピアノを弾いていたそうです。

これはもうよっぽどのキチンとした英才教育を受けた人だと思いきや、親がどんなに基礎や譜面からピアノを弾かせようとしても一切従わず、独学でポンポン弾いてるうちに、何と譜面が生涯読めないまま、驚異的なテクニックを身に付けた。

というのも、この人はものすごく耳が良かった。エロールが若かった頃のピアニストの仕事といえば、酒場とかラウンジとか、そういう人の集まる所でお客さんの「あれ弾いてくれ」ってリクエストに応えて弾く事が多かったんです。

だからリクエストされたら、ジャズでもブルースでもポップスでも何でも弾けなきゃいけない。でも弾ける弾けない以前に言われた曲を知ってて覚えてなきゃいけないという問題がここで生じるんですが、エロールは天性の耳の良さと、同じぐらい驚異的な記憶力で、どんな曲でもほとんどスラスラ弾けたという話もありますね。




ミスティ

【パーソネル】
エロール・ガーナー(p)
ワイアット・ルーサー(b)
ユージン”ファッツ”ハート(ds)

【収録曲】
1.ミスティ
2.イグザクトリー・ライク・ユー
3.ユー・アー・マイ・サンシャイン
4.恋とは何でしょう
5.フラントナリティ
6.アゲイン
7.いつかどこかで
8.ラヴ・イン・ブルーム
9.スルー・ア・ロング・アンド・スリープレス・ナイト
10.ザット・オールド・フィーリング

(録音:1954年7月24日)



ほんで、話は『ミスティ』に戻るんですが、エロールはこの曲のメロディを飛行機の中で移動中に思い付いた。ところがエロール、譜面に落とせないので、記録が出来ない。もちろん彼の時代にはボイスレコーダーとかそんなものはありません。

そんな状況でエロールどうしたのか?移動中の何時間もの間、そのメロディをずーーーーーーーっと口ずさんで覚えていたらしいです。

で、家に帰って「あぁぁピアノピアノ!」と、大慌てでピアノに向かって演奏し、オープンリールテープにそれを録音したところ、何とも幻想的な美しい曲に仕上がった。

で、友達にそれを聞かせたら「何だか霧の中にいるようなぼんやりした曲だねぇ」と言われ、それでもってタイトルを「ミスティ(霧)」にしようと思ったところでこの名曲が完全に生まれたんだと。

はい、アタシはずっと『ミスティ』の話してて、この曲の話だけで今回はレビューを終わろうと思います。

このアルバムはその『ミスティ』のオリジナル・ヴァージョンが収録された記念すべき作品ですので、ジャズ好きピアノ好き、そして音楽好きの皆さんは、ぜひこの美しい曲を一度彼のピアノトリオで演奏されたヴァージョンのカッコ良さに撃たれてください。



あのですね、実はエロールには、バラードだけじゃない「ノリノリの曲の凄さ」もあって、アメリカとかではそっちの評価が凄く高いんですが、それはこのアルバム中盤からの凄まじくグルーヴィーな展開があって、そっちで体験できます。「ノリノリなエロール・ガーナーの凄さ」は、何かアタシがごちゃごちゃ言うより、体験してもらった方が良いような気がします。バラードとノリノリの両方で撃たれてください。
















『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 00:30| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ドン&デューイ ジャングル・ホップ

o0480085410959467616.jpg

Don&Dewey/Jungle Hop
(Specialty)


さて、リトル・リチャードですっかり血圧が上がってしまいましたので、本日もゴキゲンな50年代元祖ロックンロールなR&Bをご紹介します。


ロックンロールはチャック・ベリーやリトル・リチャードの大ブレイクで全米で爆発的な人気を博し、そこに南部メンフィスから黒人音楽に多大な影響を受けたエルヴィス・プレスリーやジェリー・リー・ルイス、ビル・ヘイリーなどの白人勢も加わって、人種の壁を越えた若者の音楽となったのです。

何故そうなったのかというと、これは才能豊かなミュージシャン達がたまたま偶然世に出てきたからというだけでなく、ラジオの力もありました。

白人のティーンエイジャーの間では、実は割と早くから黒人の音楽、すなわちジャズやブルースやR&Bを聴く行為がカッコイイとされていたんです。

当時はまだまだ差別もあり、親の世代は「黒人音楽なんてあんなもん聴いたら不良になる」と、嫌な感じで見下しておったんですね。

でも、若者にとってみれば

「不良になる?おい聞いたか、黒人の音楽聴いたら不良になれるんだってよ。ラジオ聴いてみようぜ・・・おおお、何だコイツは!めちゃくちゃゴキゲンじゃねぇかおい!」

てな具合で、親達の目を盗んでは”ヒップな”ブラック・ミュージックを溜まり場で聴いたり、ダンスパーティーで爆音で流して踊り狂うなどして楽しんでいるうちに、50年代には白人の若者達の間でも、R&Bという音楽が、密かに最新の流行音楽になっておったという訳なんです。

これに目を付けたのが、ラジオのDJをしていたアラン・フリードという人で、この人は白人若者向けの自分の番組でビートの激しい最新のR&Bを、50年代初め頃からガンガンにかけておりました。

で、曲の合間のおしゃべりの最中に「コイツはイカすぜ、ロックンロールだ!」と注釈を付けた訳なんですね。

ロックンロールという言葉は元々は黒人スラングで、かなり卑猥な意味として使われる言葉でありましたが、アラン・フリードは青少年向けに、そういう意味を匂わせながら「ハイになって大騒ぎできる音楽だ」みたいな感じでR&Bを紹介しました。

ゴキゲンなビートやシャウトといった特有の表現とこの若者達にとっては全く未知の新しい単語は、いつしか「そういった音楽そのもの」を指す言葉として定着します。

そうこうしているうちにロックンロールという音楽が大ブレイクして、多くのイカしたR&Bが「ロックンロール」として市場に送り込まれる訳でありますが、そんな中、リトル・リチャードが所属するスペシャリティ・レコーズが、同じく強烈なシャウトを武器にしたアーティストを次々デビューさせるのですが、その中でもとりわけ強烈なインパクトを持って若者に衝撃を与えたのが本日ご紹介するドン・シュガーケイン・ハリスとデューイ・テリーによる強烈激烈シャウティングなデュオ『ドン&デューイ』であります!

甘いマスクでキリッとオシャレさんな2人なので、アタシはてっきりムーディーなバラードでも歌うんだろうと思ってレコードを買った訳なんですがね、まさかこんなにもワイルドで勢いのある芸風だとは正直思いませんでした。

とにかくまぁリトル・リチャードよりも更に濁ったダミ声でがなるがなるがなる!バシバシと痛快なアクセントの8ビートに乗って、シャウトをハモらせながら歌う2人の声だけでもうノリノリ、最高にグルーヴィーなんです。



Jungle Hop

【収録曲】
1.Jungle Hop
2.A Little Love
3.Hey Thelma
4.Baby Gotta Party
5.Miss Sue
6.Good Morning
7.Leavin' It All Up To You
8.Jelly Bean
9.Sweet Talk
10.Farmer John
11.Just A Little Lovin'
12.The Letter
13.When The Sun Has Begun To Shine
14.Bim Bam
15.Day By Day
16.Koko Joe
17.Justine
18.Little Sally Walker
19.Kill Me
20.Big Boy Pete
21.Farmer John
22.Pink Champagne
23.Jump Awhile
24.Mammer-Jammer
25.Get Your Hat


50年代から60年代初頭の活躍を一枚に収めたベスト盤が出ております。基本はダミ声でまくしたてながら疾走するアップテンポがこの2人の真骨頂。タイトル曲の『Jungle Hop』や『Baby Gotta Party』は、唾と汗でも飛んでこようかという熱い暑いナンバーで、激しさで言えばこの時代ぶっちぎりであります。

一方でこの2人、単なるヴォーカリストではなく、デビュー前からそれぞれソングライターとしての才能を買われており、加えてピアノにギター、ドラム、ヴァイオリンまで、楽器は何でもこなすマルチ・アーティストだったんですね。

なので一見ストレードに思える楽曲の数々も、決して一本調子ではなく、ミディアム・テンポのブルースや、無駄なく聴かせどころを押さえたアレンジでも「のせること」と「聴かせること」の両方をしっかり押さえてて飽きさせません。

がならずに伸びのある声で、デューイが切々と聴かせるバックで、ドンがエレキヴァイオリンで実に渋いソロを炸裂させるスローブルース『Pink Champagne』とか、何度聴いても心の奥底からグッとこみあげるものを感じてしまいます。

ドン&デューイは残念ながらロックンロールのムーヴメント終了と共に解散しておりますが、ドン・ハリスは”シュガーケイン・ハリス”名義でエレキヴァイオリン奏者として、ジャズやブルースをインストで演奏する味わい深いアルバムなどをリリースしており、デューイ・ハリスの方はゴスペルライク、或いはファンクまで自在にこなす本格的ソウル・シンガーとしていずれも活躍しております。

デュオを解散してからの2人は、シャウトを抑えた深みのあるミュージシャンになっていて、それぞれのアルバムもいずれかの機会に紹介しますね。とりあえずドン&デューイ、最高にゴキゲンです。












『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 14:52| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする