2019年06月16日

ヒアズ・リトル・リチャード!

625.jpg

リトル・リチャード/Here's Little Richard!
(Specialty)


さて、今日も元気にまいりましょう!

・・・はい、とは言いつつもアタシは絶賛夏バテ中のカラ元気なんですが、病は気からと昔から言うように、せめて気持ちぐらいは毎日ゴキゲンなグッドミュージックを聴いて盛り上げたいものでございますよ。

という訳で、昨日はまったりとダウナーなボサ・ノヴァの名盤などをご紹介しましたが、今日はアレですよ〜、皆さん大好きなロックンロールですよ〜♪リトル・リチャードですよぉ〜♪

リトル・リチャードといえば何と言ってもその単純明快なカッコ良さとド迫力に満ちたシャウトであります。

ロックンロールといえば、よく並び称されるのがチャック・ベリーでありますが、チャックの場合はヴォーカルはそんなシャウトせず、あくまで甘くスタイリッシュにキメてるのに対して、リチャードのそれは

「とりあえず元々持ってるセンスの良さとかオシャレさとか、音楽的な知識とか、そんなもん全部投げ捨てて叫ぶ」

みたいな。

「まー、みんなよく聴きなさい、ほれ、そこの音楽とかあんま知らん、興味とかない、別にどーでもいいというアンタ、そんなアンタでも・・・いぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええええい!!」

で、どんな気分の人をも巻き込んでノリノリにさせちゃう、そういう有無を言わさぬ強烈なもんを持っておるのがリトル・リチャードなんです。


アタシが中学とか高校の頃も、よく50年代のロックンロールとかロカビリーとかのCDをみんなで聴いてた時、80年代とか90年代の、音数が多くてギターとかもガンガンエフェクターかけて歪ませたような音に慣れた耳には、正直チャック・ベリーなんかよくわからんみたいな声が圧倒的だったんですが、リトル・リチャードに関しては、音楽性とかサウンド云々以前に

「コイツの歌ヤバイ」

「いきなり裏声で”フォォォ!!”とか叫んで頭狂っとる」

とか、訳も分からず「何かヤバイぞコイツは!!」という反応が結構ありましたし、アタシもこの年代の音楽では珍しく、リトル・リチャードだけは「最初から良さがガツンときたアーティスト」でありました。

とかくブルースとか、50年代や60年代の古い音楽というものに、アタシ達は意味とか深い何かを求めがちです。

でも、その当時の人にしてみれば、その時代の音楽こそ、小難しい意味だとかうんちくだとかそんなものを忘れて、バカみたいに踊り狂うためにあるもの。そんなだよ、そんなだぜべいべーイイェェェェエエエエエエエイ!!と、リトル・リチャードはその前しか向いていない、もしくは手前の頭上にしかツバを吐かない豪快かつキョーレツなシャウトでもって、アタシの頭をガツンガツンとやってくれるのであります。


ロックはよく「若者のフラストレーションの発露」と評される事があり、アタシもその言葉の信奉者であります。

たとえばヴォーカルのシャウトやエレキギターのやかましいジャンジャカギュンギュンも、端的に言えばそれであります。そして、ロックの元祖、ロックンロールの生みの親であるリトル・リチャードのシャウトというのは、もしかしたら「社会的フラストレーションに対して一番最初に挙げられた”叫び”の純化されたもの」であったのだろうと、いや、細かく言えばブルースの時代からそれはあるのかと思いますが、そう思わせるだけの徹底ぶりが、この人の唱法には感じられてならないのです。

アメリカ南部の厳格なクリスチャンの家庭に生まれながら、いや、だからこそその反動で非行に走り、かつ同性愛者であったことから家におれなくなって10代で家を飛び出して、最初メディスン・ショウの旅芸人一座に潜り込み、やがて聖歌隊で鍛えられた歌とピアノの腕前を活かして安酒場で演奏する日々。

何と16歳でラジオ番組のオーディションに合格し、レコードデビューを果たすも、当時流行のジャンプ・ブルースの”ありきたり”を脱することが出来ず、再び夜の街へ。

これだけでもう相当に屈折したエネルギーの有り余る若者の、ドラマチックなストーリーですが、リトル・リチャードの凄いところは、レコード・デビューが一度挫折してからの立ち直りの早さなのですよ。


Here's Little Richard

【収録曲】
1.Tutti-Frutti
2.True, Fine Mama
3.Can't Believe You Wanna Leave
4.Ready Teddy
5.Baby
6.Slippin' And Slidin'
7.Long Tall Sally
8.Miss Ann
9.Oh Why?
10.Rip It Up
11.Jenny, Jenny
12.She's Got It



1955年、23歳になったリチャードは、昼間はレストランで皿洗いのアルバイト、夜は女装バーで接客の仕事をしながら虎視眈々と次のチャンスを狙っておりました。

そんな時に飛び込んできたのは、彼がデモテープを送ったいくつかのメジャー・レーベルのうちのひとつ”スペシャリティ”が「ニューオーリンズでレコーディングをやらないか?」と声をかけてきます。

「きゃー!やったわ!レコーディングしてアタシ今度こそスターになるのよーーーー!!」

と、喜び勇んでニューオーリンズへと向かったリチャードでしたが、レーベル側の「これまでにないような新しいR&B」というリクエストに行き詰まり、作業はなかなかはかどりません。

あんまりにもイラついたリチャードは、スタッフやメンバーに当たり散らしたり、悪態をついて馬鹿にした歌を歌ったりしておったんですが、この時に「ラッパパルバ〜ドゥ・ワッパッパー」という意味不明な歌を、プロデューサーが

「それいいじゃないか!!」

と気に入り、気に入られたリチャードも

「ホント?やだアタシったら天才!!」

と一気に上機嫌になり

「そうだ、ここはニューオーリンズだから、ニューオーリンズのこの独特の転がるようなリズムとジャンプ・ブルースの激しいノリを組み合わせたらオシャレなのが出来るんじゃないの?やだアタシったら天才!!」

と、次々曲を思い付き、これがオシャレで野性的なノリを持つ新しい音楽「ロックンロール」が、名付けられる前の原石のような素晴らしいものとして、レコード盤に刻み付けられたのです。

アップテンポのシャッフルビートに「エェェェェエエエエ!」「アォウッ!」というクレイジーなシャウトと、叩き付けるピアノの3連譜が重なれば、もう石をも踊り出すってなもんで、その理屈抜きに激しくアッパーなサウンドは、あっという間に全米を席捲。チャック・ベリーやボ・ディドリーなどの「新時代ブルース・サウンド」や、黒人音楽に強く影響を受けたエルヴィス・プレスリーやジェリー・リー・ルイスら南部の白人勢が合流、50年代半ばから人種の壁を始めて越えた若者共通の流行であるロックンロールが世界中を揺るがすこととなるのであります。

ひゃー、それにしてもリトル・リチャードのシャウトは凄いですねぇ。ブームから半世紀以上経っても未だに生々しいライヴ感があるんですけど何ですかコレ・・・。









『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:22| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ジョアン・ジルベルト AMOROSO(イマージュの部屋)

625.jpg

ジョアン・ジルベルト/AMOROSO(イマージュの部屋)
(ワーナー)


恐らくは体調の問題だとは思うのですが、夏になると大体いつも頭がボーッとなって、耳に入ってきてしっかり届く音楽とそうでない音楽の境界というものが曖昧になってきます。

えぇ、いきなり「何を言ってるんだ?」「お前は大丈夫か?」とお思いの方すいません。要するに頭がボーッとするんです、そいでもっていつもは「あぁいいな」って思って聴いている音楽が、何だか遠くでボワボワ鳴っているように思えてしまう。

例えばロックの熱狂も、ジャズの享楽も、陽炎の彼方でゆらゆらと揺れて、その中に飛び込んで行こうとすれば遠ざかる。そんな感じ。うん、よくわかりませんね。

もっと簡単に言えば「感動するために音楽を聴いているのに、何かこう感動の手前で自分の感覚が淡くなってしまって感動出来ない」という状態とでも言いましょうか、人にこんな話をしたら「そりゃお前、軽い鬱だよ」と言われることうけあいですが、あぁそう言われてみればそうかも知れません。

とにかく由々しき事態ですので、急遽普段好きで聴いている音楽から「ボーッとしてても耳にガツンと入って来なくても、心がおのずと淡い感動で潤うような音楽」をチョイスして処方しております。

そんな都合のいい音楽なんてあるのかお前と言われそうですが、これがあるんです。

ボサ・ノヴァです。

あぁそうね、ボサ・ノヴァって心地良いし、軽くてオシャレだし、サラッと聴けるよね。

違います。

何というかボサ・ノヴァっていう音楽は、アタシにとっては凄い切実なもので、かつ「今聴いとかないとヤバイ気がする!」っていう危機感を、心地良く麻痺させて、その麻痺の隙間からジワジワと快楽を送り込む、ヒジョーにヤバい音楽なんです。

とりわけジョアン・ジルベルトです。

ジョアンについてはもう何をか言わんや、アントニオ・カルロス・ジョビンと並ぶ、ボサ・ノヴァの生みの親であり、戦後のブラジリアン・ミュージックを代表するシンガーソングライターであり、彼の周囲から一気に「オシャレで爽やかで心地良いボサ・ノヴァ」というのが、今なお生まれては増殖を繰り返しておるのでありますが、その輪の中心のコアの所に居るこの大御所が持つ、得体の知れない程のディープな存在感というのが、いまなお少しも薄れてゆく気配すらない、その歌や音楽の表面的な佇まいは、あくまで知的で穏やかのに、一度その魅力の深い所にはまり込んだ聴き手に対しては、何かこう絶対的な畏怖に近い感情で、グァ〜っと五感を圧迫してくる。

えぇ「ジョアン・ジルベルトの歌が気持ちいい」というのは、その圧迫によって完全に麻痺させられた五感と六感と阿頼耶識が覚える快楽でありまして・・・アタシは一体何を言ってるんでしょうねぇ。




AMOROSO(イマージュの部屋) <BRASIL SUPERSTAR 1200>


【収録曲】
1.ス・ワンダフル
2.夏のうた
3.チン・チン・ポル・チン・チン
4.ベサメ・ムーチョ
5.波
6.十字路
7.トリスチ
8.白と黒のポートレイト


ジョアンに対してはもう「偉大なる〇〇」とか「ボサ・ノヴァの立役者」とかいった陳腐な賛美の言葉など、何ら無力のような気も致します。4の5の言わずにその作品に収録された、独白のような柔らかな声の底無しの魅力に憑かれてしまいましょう。

今日はバックに配されたストリングス・アレンジの美しさも相俟って、ジョアンの歌声がどこかアタシ達の住んでいる世界とは根本的に違う次元でゆらいでいる、1977年リリースのアルバム『AMOROSO』であります。

1960年代にアメリカでブレイクした事がきっかけになったボサ・ノヴァ人気は70年代になっても衰えを知らず、むしろジャズ、フュージョン、AORなどのアメリカ音楽の最先端を取り込んで消化しながら、その表現領域をどんどん拡げていきます。

ボサ・ノヴァは元々ジャズ・テナーサックス奏者のスタン・ゲッツとジョアンの共演盤『ゲッツ/ジツベルト』で世界に知れ渡った訳ですが、それは土着のブラジル音楽であるサンバをもっと洗練させたいと願った当事者達の意識と、ヨーロッパ系アフリカ系、原住民系の血が複雑に入り混じるブラジルという土地柄の宿命が必然を呼び起こして生まれた音楽としての在り方を現すものだったのかも知れません。

さて、このアルバムでは、ジョアンの声を幽玄で彩るストリングス・アレンジを、クラウス・オガーマンという人が取り仕切っております。

クラウス・オガーマンという人はですね、50年代からジャズ/ポピュラーの歌手やバンドのバック・アレンジをこなしつつ、60年代にはビル・エヴァンスの『ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』や、ウェス・モンゴメリーの『テキーラ』、更には80年代に空前の大ヒットとなったジョージ・ベンソンの『ブリージン』などでオーケストラやストリングスの指揮とアレンジをキメ、関わる多くの作品を「名盤」の仲間入りさせた凄い人です。

この人のアレンジの特徴は、バックそれのみで聴いてもうっとりするほど美しい情感に溢れた綿密かつ躍動的なところなんですね。

で、60年代にブラジルに行き、そこでボサ・ノヴァという新しい音楽を試行錯誤の末形にしていたアントニオ・カルロス・ジョビンと出会い、その音楽的な完成度の高さとリズムの繊細さ、楽曲の美しさに感動し「よし、アンタのアルバム作るんだったらオレもいっちょう貢献してやるぞ」と賛同してボサ・ノヴァを代表する1枚『波(Wave)』が後に生まれたりしたんです。

で、ジョビンとの仕事などでボサ・ノヴァの仕組みみたいなのをしっかりと熟知したオガーマンと、存在そのものがボサ・ノヴァみたいなジョアンとの共演でありますから、これが悪くない訳がない。

大体音楽は、他のジャンルと接触する過程でそっちに寄りつつ進化して行くのでありますが、ボサ・ノヴァ、特にジョアンのそれは美しく他ジャンルと溶け合いながらも本質を一切変えず、歌という形で悠久の響きをそこに生じさせておるのです。

そう、経験と楽理と全神経と全感情を総動員して、ジョアンの音楽をバックアップしようと、これまでになく研ぎ澄まされた幻想美で彩られたオガーマンアレンジのオーケストレーションに対し「余計な音などいらない、俺は俺でいい」とばかりに、淡々と一定の距離を置きながら内へ内へと沈み込んでゆくジョアンとの、緊張感に満ちた交感が、ただの””気持ち良さ”に終わらない、冷たくも美しい幽玄の世界を淡く描いております。

これが夏の暑い日に聴くと、もう大変なんです。温度すら存在しないかのような世界へ意識はふわっと飛ばされます。ジョアン・ジルベルト、本当に麻薬です。






”ジョアン・ジルベルト”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:43| Comment(0) | ラテン/ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

ロン・カーター オール・ブルース

625.jpg

ロン・カーター/オール・ブルース
(CTI/キングレコード)


今の時代「音楽を聴く」っていう行為そのものが、向き合う事より自分とちょいと離れた所に流してそれを眺めるといった感じに近いものになっているような気がします。

えぇ、いきなり何を言ってるのかよくわかんない感じですいません。


アタシの場合は、音楽とはなるべく正面からガップリ四つに向かい立って、その衝撃も何もかも、正面から受け止めたい派です。あんまり「流して聴く」って事はしないかも知れない。

もちろんこれは、人それぞれです。どっちが正しいとか偉いとか、そういう問題じゃあないのは当たり前です。

暑い夏に暑苦しいブルースとかロックとかジャズとか聴いて

「ぬほぉぉ!うぐぅっ!!」

とか言ってるのは、そりゃ楽しいんですが、まぁそうですねぇ、たまに疲れてきてしまいますね(汗)


そういう時に、重宝しているのが、ある年代のジャズであります。

「ある年代」ってのは、1970年代ですね。

この時期にジャズという音楽は、それまでのガッチリした4ビートのチーチキなモダン・ジャズがあんまり受けなくなってきて、試行錯誤して色んなスタイルが生まれたのですよ。

その中で一番受けたスタイルが「ちょっと軽めのサウンドで、真面目に聴いてもいいし、もうちょっと肩の力を抜いて聴いてもいいような感じのジャズ」というやつです。

後にノリやすいビートやサウンドの軽さと、フレーズの洗練というのがひとつの型として出来上がったものが「フュージョン」と呼ばれるようになるのですが、まだこの時代はそこまで行かない。

ビートとかは確かに新しいし、アレンジにも電気ピアノやイージー・リスニング調のストリングスとかを加えちゃったりして、随分とポップな感じがあったりするけど、それを演奏しているのが、50年代とか60年代にバリバリの4ビートなモダン・ジャズをやってた人達だったりする。そいでもって演奏の骨組み自体はしっかりとジャズの硬派な部分を残しているという。

そんな”不思議な中間”を専門にやるレーベルとして、CTIというレーベルがありまして、今日皆さんにご紹介するのは、その中の一枚。ロン・カーターの『オール・ブルース』というアルバムです。

ロン・カーターといえば、今やジャズを代表する”ミスター・ベースマン”でありますね。

あのマイルス・デイヴィスのバンドで、ウェイン・ショーターやハービー・ハンコック、トニー・ウィリアムスら、同年代の才能溢れる凄腕のメンバーの一角として、いわゆるアコースティック・マイルスの時代の最後の黄金期を飾ったという事もありますが、その長身でいかにもジャズマン!っていう風貌と、細身の体にピタッと合った洒落たスーツ姿の、まぁ一言でいえば「オシャレ」なカッコ良さで、あれは確か80年代のバブルの頃だったと思うんですけど、ウイスキーのCMに出て、それが”ジャズの人ロン・カーター”の知名度を、お茶の間レベルにまでグッと高めたんだと思います。


今も割とお茶の間レベルで人気者のロン・カーターなんですが、本人のベース・プレイそのものは、割とお茶の間の人達がイメージするような「正統派モダン・ジャズ」のそれじゃなくて、実は結構際どい。

よく言われるのが「サウンドが不安定」ということで、ハッキリと言ってしまえばチューニングがズレてるのか、フレットを押さえる左指の押さえ方が独特なのか、よくわかりませんしご指摘も別に要りませんが、パッと聴いた感じでもそれとわかる独特の”ズレ”が音程にあるんですね。


で、初期のロン・カーターって人は、その”ズレ”から来る特有の不穏でダークなフレーズがうねうねぐにゅぐにゅしているプレイでもって、割とジャズの主流から外れたアンダーグラウンドな風を持つ人達と一緒にプレイしていた。

ミンガスのバックで、フリーフォームから戦前風のブギウギピアノっぽいことまで派手に弾き散らかしていた、ピアノの怪人ジャッキー・バイアードとか、後はアタシの大好きなエリック・ドルフィーのバックとか、とりわけアタシは最初に聴いたエリック・ドルフィーのアルバム『アウト・ゼア』が、ロン・カーター初体験の盤で、このアルバムでの空間捻じ曲げ系のチェロには「うひゃー、何じゃこりゃ!」と、かなり衝撃を受けて、何度も何度もアホみたいに聴いたものです。





そう、アタシの中ではロン・カーターという人は、初めて聴いた時からずっと『ジャズベースのダークヒーロー』であり、どの音源で弾いている時も(自分のリーダー作ですら!)、心地良い異物としてのカッコ良さを教えてくれる人でありました。

大好きな”正統派”のジャズ・ベーシストといえば、やっぱりチャック・イスラエルだし、オスカー・ペティフォードとかポール・チェンバースとか、レイ・ブラウンとか、ベースだけ聴けば十分に王道なチャールス・ミンガスも実にいい。それとリロイ・ヴィネガーにレジー・ワークマン、あぁキリがありませんが、これらアタシの好きなベーシスト達と、色んな意味で「何だか違う」「どうも浮く」ロン・カーター、それゆえにアタシは”特別”を感じます。



オール・ブルース


【パーソネル】
ロン・カーター(b,piccolo-b)
ジョー・ヘンダーソン(ts,@B〜D)
ローランド・ハナ(p,@ACD)
リチャード・ティー(el-p,B)
ビリー・コブハム(ds,@〜D)


【収録曲】
1.フィーリング
2.ライト・ブルー
3.117スペシャル
4.ルーファス
5.オール・ブルース
6.ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン


(録音:1974年10月24日)


昨日からですね、実はこのアルバムをボケーっと聴いておりました。

これはですのぅ、ロン・カーターが色んな濃い連中とやって、マイルスのバンドもやり終えて、ようやくソロとしての活動を本腰入れて始めるようになった、1970年代半ばの頃のアルバムですね。

ちょいと過激なのもオーソドックスなのも一通り経験してきた彼が、CTIというちょいとライトな聴きやすさが売りのレーベルでリリースした、オーソドックスなモダン・ジャズ・アルバム。

テナー・サックスに、60年代”モード・ジャズ”っていう、一言で言えばキメと不確かの間をほよほよした、非常に未来的なスタイリッシュさ(で、いいんだべか)を持ったスタイルの同志であるジョー・ヘンダーソン。ピアノは端正でカチッとした、かつ華やかさのあるプレイにかけては抜群のローランド・ハナ。ドラムスは基本的に4ビートなんだけど、ファンクやフュージョンなどの新世代感覚も持つ若手のビリー・コブハム。それと1曲だけエレキピアノ(フェンダーローズ)のリチャード・ティーが参加しております。

つってもよくわからん人には「何だそれ?」だと思いますが、この人選はですね、割と伝統派なピアノと、ちょいと前の世代の最先端と、これからの時代のスタイルを持った人達という、意見バラバラなスタイルを持つ人達がロン・カーターのベースの元に集まったという、おいおいどうすんだこれ、まとまるもんもまとまらんだろーと思わせる、はい、あくまで「思わせる」メンバー構成なんですね。

世代もスタイルも、サウンドのクセも全くバラバラのメンバーが、ロン・カーターのベースを中心に、びっくりするぐらいしっかりと個性を発揮しながらまとまってるんです。

まぁそのー、「誰とやっても俺節」なジョー・ヘンダーソンはともなく、誰の音とも喧嘩しないジェントルマン中のジェントルマン、ローランド・ハナだし、ビリー・コブハムがどこか新しい4ビート(3曲目だけしっかりファンクビート)で先輩達に必死に呼びかけてるのが分かるぐらい頑張ってるし、このアルバムはみんなが素晴らしいってのは判るんです。

で、ロン・カーターのベースは、キッチリと「カッコイイ異物」をやっておりまして、まるでプラモデル作った時の接着剤の如く、うっすらとどの展開でも気持ち良くはみ出してるんですね。

ところがそこらへんは、流石に場数を踏んできたセンスでありまして、カッコイイんですよ。独自開発の、ベースよりちょい高い音が出るピッコロベース(この発想自体がもうはみ出すこと前提でイカすんですよー)をベンベン弾きながら、メンバー達のスタイル的な距離感にジワジワとロンのプレイが染み渡って、結果その距離をしっかりと溶かして埋めている。

全員が一丸となってゆらぎながらキメてゆく1曲目の『フィーリング』、リチャード・ティーのエレキ・ピアノとベースも溶け合って響き合うゆんわかファンクの『117スペシャル』なんかも実にオシャレだと思います。

そして、個人的に最高なのが、やっぱりローランド・ハナのシャキッと美しい音色と弾力のあるベースが不思議と寄り添う『ライト・ブルー』『ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン』の心地良さが絶品です。

アルバム全体として、とても良い塩梅で「ふつうなものとそうでないもの」が豊かに響き合う空気感は、やっぱりロン・カーターのベースでしか味わえないオツなもんだと思いますし、それなりにクセのあるものを上手に聴きやすいものにしてしまう、CTIというレーベルのセンスの良さも光っております。







”ロン・カーター”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:33| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする