2019年07月24日

ジョン・コルトレーン バイーア

625.jpg

John Coltrane/Bahia
(Prestige/OJC)

はい、しばらく60年代のコルトレーンについて書いてきましたが、今日は50年代後半のコルトレーンのお話をしましょうねー!

と、テンション高くなってしまいましたが、実はですね、ついこの間「ブログを読んでたらコルトレーン聴きたくなったっす」という嬉しいお言葉を読者の方より頂きました。

ここまではいい。

「でもー、よくブログで50年代のコルトレーンとか60年代のとか書いてあるじゃないですかー。アレがいまいちよくわかんなくて。あの、50年代のコルトレーンと60年代のコルトレーンどっちがいいですか?」

う〜ん、う〜ん、そぉかぁ、確かにコルトレーン全然聴いたことない人にとっては、50年代とか60年代とか、初期とか後期とか言われてもよくわかんないですよねー。こういう違いって、コルトレーンを聴き込んでいくうちになんとなーくわかってきて、で、それが分かり出してくるとすごーく楽しくなってくるもんなんですが、あぁでもそれはコルトレーンを一発で気に入らないとちょっと難しいですよねぇ。

う〜ん、う〜ん、ごめんなさい。全然聴いたことない人にコルトレーンの魅力を知ってもらうためのブログに少しばかり親切心が足りませんでした大いに反省・・・。

ではそこんとこ、ちょっとザックリ解説します。「コルトレーン全く聴いたことないよ、でも聴きたいよ」という方のために、細かいところはサックリ省きます。まずは「時期によってどんなサウンドなんだろう?」って疑問にお答えすることが先決ですので、細かいとこ省かないバージョンの解説は、また別記事にして書きましょう。




【初期コルトレーン=1950年代】

まだ自分のバンド持ってない頃、プレステイジ・レコードの専属としてレコーディングを行ってました。リーダー作も色々ありますが、特定のリーダーを決めずに行った、いわゆる”セッションもの”や、誰かのアルバムにサイドマンとして参加したものもあります。サウンドはモダン・ジャズ。つまり粋な雰囲気のストレートなジャズです。


【中期コルトレーン=1950年代末〜60年】

プレステイジからメジャー・レーベルのアトランティックに移籍して、いわゆるハード・バップと呼ばれるストレートなモダン・ジャズから、次の次元目指して色々と意欲的な試みをやっていた時期。コルトレーンは色々あって”モード”と呼ばれるクールでスタイリッシュなジャズ理論を、独自に編み出した高速吹きまくりフレージングでモノにしております。『マイ・フェイバリット・シングス』とかはこの時期。

【後期コルトレーン=1961年〜1965年】

亡くなるまで契約が続くことになるインパルス・レコードに移籍。アトランティック時代の最後にようやく結成することが出来た自分のバンドを使ってようやく「コルトレーンの音楽」ともいうべき激しくて荘厳なイメージの音楽性がこの時代に確立されます。アフリカ音楽や東洋哲学、世界のあらゆる宗教から受けた影響も出て来ております。

【晩年コルトレーン=1966年〜1967年】
「ジャズ」という表現からもっと自分自身の極限に挑みたくなったコルトレーンは、定型を崩したフリー・フォームな演奏へと飛び込みます。ついていけなくなったバンドからはメンバーが脱退。代わりに入って来たメンバー達の型破りなプレイに応じて叫びまくったり、精神の重たいコアの部分に沈み込んでゆくかのような、相当にヘヴィな演奏です。



とまぁ本当にザックリですが「それぞれの時期のコルトレーン」って、大体こんな感じです。

「どの時期がいいのか?」というご質問には、これはまぁ好みで、ストレートなジャズがいいなーって人は初期から中期のコルトレーンを、音楽で強烈な体験がしたいという方は後期から晩年のコルトレーンをお楽しみください。

アタシのようなコルトレーン信者になってきますと、好み通り越してその日の気分で時期をセレクトしております。

今日はですね、何か昼間は天気もスカーンと晴れておりますので、夜は初期の粋なジャズでかっ飛ばすコルトレーンです。



Bahia


【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts)
フレディ・ハバード(tp,@AD)
ウィルバー・ハーデン(flh,BC)
レッド・ガーランド(p,@B〜D)
ポール・チェンバース(b)
アート・テイラー(ds,@AD)
ジミー・コブ(ds,BC)

【収録曲】
1.バイーア
2ゴールズ・ボロ・エクスプレス
3.マイ・アイディアル
4.アイム・ア・ドリーマー
5.サムシング・アイ・ドリーム・ラスト・ナイト

(録音:BC1958年7月11日、@AD1958年12月26日)


このアルバムは、コルトレーン初期の方の最後付近のアルバムになりますね。

1958年に行われた、プレステイジ最後のセッションの音源から5曲収録の、まーコルトレーンファンにとっては大きなターニングポイントでありますとっても貴重なセッションのはずなんですが、どういう訳かプレステイジはリアルタイムではリリースせず、ずっとお蔵入りにしてたんですよ。

ほいでもってようやっとアルバムとして発売されたのが、何とレコーディングから7年経った1965年(!)

その頃人気絶頂にあったコルトレーン人気に目を付けたプレステイジが、わざわざスプラノサックスを吹いている写真を使って(58年の段階でコルトレーンはまだソプラノサックス吹いてません)、あたかもコレがコルトレーンの最新作であるかのように装って発売したんです。

えぇぇプレステイジ酷い!なんですが、内容がこれ「ジャズなコルトレーン」として本当に素晴らしい、ハイテンションとミディアム、そして美しいバラードとが互いに響き合う素敵な演奏と選曲のアルバムなんですよ。

えぇぇプレステイジ酷い!何でそんな良い作品をお蔵入りさせてたんだよー!と、やっぱり思いますよね。でもまぁプレステイジのそういういかにもアメリカのインディーズらしいとこ、嫌いじゃないです。

で、内容。BCが58年の7月で、フリューゲル・ホルンでウィルバー・ハーディン、ドラムがアート・テイラー。@ADがトランペットのフレディ・ハバードとドラムのジミー・コブとなっております。

バックの印象は実に堅実で間違いない感じですね。コルトレーンとはデビューの頃から勝手知ったる仲のレッド・ガーランドとポール・チェンバースは、コルトレーンがどんなプレイで吹こうが落ち着いたサポートで、見事に上質な”ジャズ”として全体を聴かせます。んで、ウィルバー・ハーディンとフレディ・ハバードは、コルトレーンと同じフロントの管楽器ですが、どちらかというと張り合って吹きまくるというよりは、優しく支えている感じの、ちょいと引いたプレイにとても好感が持てます。

そんなサウンドなので、おっかなびっくりで「コルトレーンってどんなだろー」って思ってる人も安心して聴けます。

全曲本当に粋な、もうジャズとしては最高にカッコイイ仕上がりですが、聴きものはやっぱり冒頭の『バイーア』と2曲目の『ゴールズボロ・エクルプレス』です。

まずは『バイーア』これはブラジルのサンバ曲です。ブラジル音楽っていうのは、1960年代にスタン・ゲッツがジョアン・ジルベルトと共演した『ゲッツ・ジルベルト』が大ヒットして、アメリカでの人気に火が点く訳なんですが、そのちょっと前に「よし、ブラジルの曲でいいのがあるんだよ」と持ってきたコルトレーンの感性は凄いし、アレンジがまたボサノヴァやサンバそのまんまじゃなくて、ややマイナー調のラテン風のオープニングから、アドリブに入ってキリッと締まった4ビートになるところなんか最高にカッコイイですよ。

で、『ゴールズボロ・エクスプレス』は、ピアノのレッド・ガーランドが抜けた、テナー、ベース、ドラムのトリオ編成。これはどういうことかというと、コルトレーン「さぁ、物凄いスピードで吹きまくるぞ」ということなんです。

実際演奏は「エクスプレス(特急)」のタイトル通り、とにかく速いテンポで息継ぎはいつやってるんだ!とばかりに吹きまくるコルトレーンのアドリブにただもう圧倒!卒倒の1曲であります。コルトレーンはこの時期”シーツ・オブ・サウンド”という独自の空間に音敷き詰めまくりの技を会得してて、ぜひともその威力を最大限にぶちまけたかったんでしょう。いや、突き抜けております。

この時期の演奏は「一人だけ違う次元に片足突っ込んでるコルトレーンとそれをひたすらサポートする他のメンバー」という図式が完全に成り立っていて、コルトレーンの凄さとジャズという音楽のカッコ良さをいいとこどりで楽しめるんですね。やっぱり捨てがたい独自の魅力です。



















”ジョン・コルトレーン”関連記事








『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 13:22| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする