2019年08月17日

ブルー・ワールド(またしてもコルトレーン未発表出る!)

625.jpg


コルトレーン、またしても未発表音源発売の大ニュースです(!!)


昨年はインパルスでレコーディングされて全く世に出てなかった『ザ・ロスト・アルバム』がいきなりリリースされて、ファンのド肝を抜きました。



ええ、これは単なる「余りもんテープをてきとーに編集した」とかそんなんじゃなくて、丸々ガッツリアルバムだったので、しかもその内容がやっぱり素晴らしく中身が濃くて充実したものだったために、1年経った今では未発表だった云々はまるで関係なく、フツーに「60年代前半のコルトレーンの作品のひとつ」としての愛聴に耐えるものとして聴いております。

で、今回なんですが、今回のは流石に「発売されずに放置されてたままの未収録テイクか未発表セッションだろう」と思ったんですが、どうやらちょいと毛色の違う”作品”のようなんです。

コルトレーンは、1964年にカナダ国立の映画製作庁から『Le chat dans le sac』という映画の音楽を依頼されており、そのための音楽がレコーディングされ、実際に映画で使われたそうです。

この映画、日本では未公開なのですが、放映されたようです。で、その中で『ナイーマ』や『トレーニング・イン』『ライク・ソニー』『ヴィレッジ・ブルース』といった、コルトレーンの愛奏曲が流れてました。

資料によると、当時の人達はこの映画に使われている曲は、コルトレーンの過去のアルバムに入ってる演奏を使ったものだろうと思ってたそうなのですが、何とこれが、使い回しではなくてこの映画のために新たにレコーディングされたもので、それが録音から55年を経て、やっとリリースされる事になるんだということです。

つまりこのアルバムは、コルトレーン初の「映画のサントラ盤」ということでまずびっくりなんですが、50年代とかに別のメンバーでやっていた曲を、黄金のカルテットのメンバーで、しかもフリー化する直前の『至上の愛』のちょっと前の時期の演奏って言いますから、もう中身が重厚で熱いことは保証されたようなもんでしょう。


発売は2019年9月後半、CDとレコードが出る予定であります。

↓↓↓↓↓















”ジョン・コルトレーン”関連記事








『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:12| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする