2019年12月29日

ジュゼッピ・ローガン The Giuseppi logan Quartet

51SFgNVViFL._AC_.jpg

THE GIUSEPPI LOGAN QUARTET
(Tompkins Square)

年末ですねー。ほんっと忙しかったり高熱出してうなされている間に年末ですわ。早いですねー、凄いですねー。

はい。

今日ご紹介するのは、ジュゼッピ・ローガンであります。

この人はですね、アタシからしてみればもう「ジャズの奇跡」とでも言いたいぐらい、他の誰とも似通っていない独自の音楽の世界観を創り上げた偉人の一人。それぐらい重要な人なんですけど、いかんせんメジャーなところでの知名度がほとんどなくて、名前を口にしてもほとんど反応してくれる人がいない、それぐらい知られていない人なんですよねぇ。

それもそのはずで、この人が1960年代の半ばにシーンに出てきて活動したのは僅か2年ぐらい。

しかも、リリースしたアルバムが、ESPという超アングラなマイナーレーベルから出ていたたったの2枚だけ(スタジオ盤1枚、ライヴ盤1枚)という事ですから、こりゃあ有名じゃないのも無理はない。

アタシも最初はそれこそ名前なんか全然知らないどころか、ジュゼッピ・ローガンの情報は雑誌やガイドブックの類にも全然なくて、ESPからのデビュー・アルバム『ジュゼッピ・ローガン・カルテット』を、ある日レコード屋さんで見かけて、その強烈に不気味でドロドロしているジャケットを見かけて

「じいゆせっぴ?ろがーん??知らないなぁ、でもこのジャケはヤッバいな〜。ESPレーベルだし絶対フリージャズっぽいから買っちゃえ〜♪」

と、衝動でジャケ買いをしたのが、そもそもこの人の事を知ったきっかけです。





ローガンのアルバムを出していたESPというアルバムは、それこそ60年代ニューヨークのフリー・ジャズやサイケデリックロック、実験音楽や音楽だか何だかよーわからん奇抜なパフォーマンスの人とか、とにかくもうあの時代のあの街の「ヤバい連中」ばかりをレコーディングして音源化していたような、そんなレーベルです。

んで、アタシは丁度その頃フリージャズを好きになって間もない頃で、アルバート・アイラーやサン・ラー、ファラオ・サンダースのレコードを出しているという事で、このレーベルに非常に好意を持っていて「こりゃあレーベル買いをしても結構面白いのが当たるかもな」と、完全に”信頼のレーベル買い”をしようとしていたその時。

ドロッドロのジャケットに完全に魅入られて購入したそのレコードは、実は思っていたような衝動の赴くままにぶっ壊れたような激しいフリーミュージックではなくて、あらゆるものが音楽になりそうな一歩手前で美しく崩壊し、その残骸がメロディを奏で、リズムの上で壊れたダンスを披露しているような。そんな、今まで聴いたことがない、どころかそれまで聴いたジャズの誰とも似ていない圧倒的なワン&オンリーの世界観に、その日のうちですっかり夢中になってしまいました。


その時買ったアルバムのライナーには『彼の創るものはどれも悲しく、そしてどれも美しい』と書いてあり、そこでまた鳥肌が立ちました。

ええ、本当に最初の音を聴いた瞬間にアタシはそんな風に思ったんです。

そして、ローガンは精神を病んでしまい、その名が広く知られる前に、音楽で完全な生計を立てられるようになる前に、突如シーンから・・・いや、完全なる行方不明になってしまいました。

上のレビューでも書きましたが、ホームレスをしてたとか、生活に困って麻薬の売人をして捕まってしまったとか、そういう”噂”は耳にしておりました。


そういう話というのは、ミュージシャンの悲しい末路としてよくあること。でも、本当に他の誰とも似ていないこの唯一無二の才能が余りにも悲しすぎる。もしどこかで生きているのなら、レコーディングは無理でもせめて楽器が演奏出来るぐらいの支援がなされて欲しい。

そう思っていたんですが、何と(!!)2008年に公園でホームレス同然の生活を送っているところを発見されました。

「オレはミュージシャンなんだがバスクラが壊れて修理するカネがない。誰か支援してくれないか」

と言っていたところ

「アンタは何ていうミュージシャンなんだい?」

と訊くと

「ジュゼッピ・ローガンだ。ジーアイユーエスイーピーピーアイ」

と言うので、発見者は大層驚いたと言います。




その後、彼が公園でアルトサックスやクラリネットを吹く姿がYoutubeで世界中に拡散され、過去のアルバムでその音楽を知るファンや、このいきさつに感激した新しいファンの間で話題になり、翌2009年には奇跡のカムバック作がレコーディングされるに至りました。





The Giuseppi Logan Quintet (Dig)

【パーソネル】
ジュゼッピ・ローガン(as-@BCD,ts‐AF,p-EG,vo-G)
マット・ラヴェール(tp-@DF,B-clB)
デイヴ・バレル(p-@〜DF)
フランソワ・グリヨ(b)
ウォーレン・スミス(ds)


【収録曲】
1.Steppin'
2.Around
3.Modes
4.Over The Rainbow
5.Bop Dues
6.Blue Moon
7.Freddie Freeloader
8.Love Me Tonight

(収録:2009年9月15日)



コチラがその復帰作!

正直アタシは、ヨレヨレのボロボロになっていようとも、かつてのようなオドロオドロしい引力が消え失せていようとも、ジュゼッピ・ローガンが演奏しているという事実だけが、録音という形で確認出来ればそれでいいと思っておりました。


ところが、このアルバムが予想の100倍ぐらい、音楽的に素晴らしく、聴いた後に「本当にいいものを聴いた」という暖かな感慨に溢れる美しいアルバムだったからもうアタシの涙腺は崩壊してしまいました。

もちろんローガン自身、長年のブランクと高齢による体力の衰えで、ズバズバ!と斬り込むような激しいプレイはしておりません。フラフラと、奇妙によじれたりすっ飛んでいったりしながら結局どこにも帰着しない、歪んだ抽象画のようなソロを、最初から最後まで延々と吹いております。

でも、考えてみたらローガンは60年代からそういうひたすら同じ場所を旋回しながらドロドロ溶けてゆくよーな、そういう得体の知れない生物のようなサックスやフルートやバス・クラリネットを吹いておったので、そこの所は全然気にならんです。音楽性は50年前とまっっったく変わっていない、やはりドロドロ系のフリージャズなんですが、特にアルトサックスの音色がとても柔らかで暖かなものに進化していて、その音色から、本当にジャズとか音楽が好きでたまらない、吹く事が出来てうれしい!っていう嬉々とした感情がね、ほわ〜んと伝わってくるんですよ。

特に美しいのが『オーバー・ザ・レインボウ』。アドリブはやっぱり奇妙に歪んでおります、でも、その歪んだ線が描く虹の何と淡く優しいことか。繊細な音が空の彼方に消え入りそうな余韻を残すひとつひとつのフレーズが、心に優しく響きます。

バックは60年代のものよりも、4ビートをどちらかというとキッチリ固めたオーソドックスなアレンジです。ピアノのデイヴ・バレルがぶっ壊れる時に激しくぶっ壊れて、美しくまとめる時は本当に端正なフレーズで演奏全体をキッチリとまとめ上げて実に好サポート。

あと、ラストでローガンは歌も歌うんですよね。これが酔ったおっちゃんが上機嫌でマイク持ったような感じなんですが、これが最後に入ってる事で、アルバムの特別感が引き立つんですよ。スタイルがどうとかそんなことはどーでもよくて、とにかくジャズとして、音楽として素晴らしく上質であります。














(公園でサックス吹きながらCDを売っております)








”ジュゼッピ・ローガン”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:07| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする