2020年01月09日

セロニアス・モンク アンダーグラウンド

51SFgNVViFL._AC_.jpg


セロニアス・モンク/アンダーグラウンド
(Columbia/ソニー)


「あーなんか体だりーなー、ゴキゲンなやつが聴きたいなー」

と、途方に暮れる気持ちが芽生えてきた時に、憂鬱への初期予防として、セロニアス・モンクを聴くということがよくあります。

常に独特のタイミングの”ズレ”を活かして鍵盤をガコボコピコパコ叩き付けるその”踊っているリズム”、わざと鍵盤の隣同士の音を叩いて調子っぱずれなファニー感を溢れかえらせるそのメロディー感覚。いやもう最高です。

セロニアス・モンクは1940年代初頭から早々とプロとしての活動を始め、早くからその天才的な煌めきを感じさせるピアノ・プレイが注目されておりましたが、1945年に麻薬不法所持の友人(バド・パウエル)を庇うために嫌疑をかけられ、逮捕された挙句にクラブや飲食店での演奏許可証を取り上げられてしまい、20代から30代の最も活動意欲に燃えていた期間を不遇のうちに過ごすこととなりました。

演奏許可証が再発行される1957年まで、生演奏で聴衆にアピールする事は出来ず、何とかBLUENOTEと契約してレコードを出すのですが、これが

「いや、モンク君の音楽は楽しいしわかりやすい!バド・パウエルよりもぼかぁ彼の方が売れると思うなぁ」

と、自信満々で2枚のレコードを送り出したブルーノート社長のアルフレッド・ライオンの思惑とは裏腹に、巷からは

「う〜ん、何かヘンテコ過ぎてついていけないなぁ」

「これ、難しいよ」

「ピアノの調律狂ってるような弾き方はわざと?」

と、その余りにも独創的なスタイルは、聴衆から一方的に「難解」のレッテルを貼られてしまい。

「でも、でも、彼のライヴは楽しいよ!ほれ、場が盛り上がったらいきなりピアノ弾くの止めて踊り出したりするし!!」

と、如何に擁護しようにも、肝心のモンクの楽しい生演奏は、演奏許可証がないので見せる事は叶わず、結局モンクは自宅に引き籠って誰に聴かせるでもない楽曲をただひたすら作り続けるという生活を送っておりました。

そして1950年代後半、ようやくクラブでの生演奏が出来るようになったことと、彼を敬愛するミュージシャン達が「セロニアス・モンクって人は本当に凄いんだ」と口コミを広め、実際レコーディングにも喜んで参加する事によって、彼の人気も上り調子となり、その独創的な音楽性もやっとのことで正当に評価されるようになってきます。

そして1960年代、そろそろ従来のモダン・ジャズの新しさに陰りが見え始めた頃、モンクの活動と人気を頂点を迎えることとなります。

具体的にはそれまで僅かな報酬とレコーディング時間しか得られなかったRiversideやPrestigeといったマイナー・レーベルを離れ、メジャーレーベルのColumbiaへの移籍が成功します。

ついでに、テナー・サックスのチャーリー・ラウズを中心とした、自身のレギュラーバンドでの安定した活動が出来るようになり、このバンドを率いてのコンスタントなツアーやレコーディングを行えるようになりました。


モンクの音楽性はどうなったかというと、スリリングで何が起こるか分からない緊張感を孕んだ50年代の演奏に安定と熟成が加わり、その持ち前の個性は変わらずに、60年代以降は元々持っていた「聴きやすい」「ノリやすい」部分がより前面に出た感じになりました。


だから60年代以降のモンクは、最初に言ったように最高な「ゴキゲンの補充」であり「憂鬱への予防薬」なのです。つまり素直にゴキゲンなものが多い。


アンダーグラウンド+3


【パーソネル】
セロニアス・モンク(p)
チャーリー・ラウズ(ts,ACE)
ラリー・ゲイルズ(b)
ベン・ライリー(ds)
ジョー・ヘンドリックス(vo,F)


【収録曲】
1.セロニアス (テイク1)
2.アグリー・ビューティー (テイク5)
3.レイズ・フォー
4.ブー・ブーズ・バースデイ (テイク11)
5.イージー・ストリート
6.グリーン・チムニーズ
7.イン・ウォークド・バド
(録音:1967年12月14日/21日,1968年2月14日/12月14日)


本日はそんなモンクの60年代「ゴキゲン」なアルバム群の中から、中身もジャケットも特にいい感じの『アンダーグラウンド』をご紹介しましょう。

手りゅう弾やらナチスドイツ親衛隊(?)の捕虜(!?)やら、酒瓶だか薬瓶やらが転がっている部屋で、自動小銃小脇に抱えてピアノを弾いているモンクの肖像が、あぁいかにもアンダーグラウンドの怪しげな何かみたいで良いですねこのジャケ。

これが何とグラミー賞の最優秀アルバムジャケット賞を受賞して、ジャズファン以外にも「セロニアス・モンクってイカすじゃない」と知らしめたとか何とか。

元々モンクは、1960年代にはもちろん真っ当な、でもちょいと風変りなジャズの巨人としての評価を不動のものとしておりましたが、60年代後半にはどういう訳かロックやフォークを聴く若者やヒッピー達から、アンダーグラウンドのカリスマという、ちょっと不思議な支持も得ておりました。

やっぱりその誰の真似でもない音楽と、世間の雑音などどこ吹く風な孤高の姿勢(インタビューの返しとかほんと最高だからどこかで見つけたら読んでみてくださいな)は、自由に媚びずに生きたい若者から見たら憧れだったんでしょう。

ほんで、メジャーレーベルというのはそういうとこほんと敏感なので、モンクの”そういうイメージ”で売り込んでやるぜどやーってジャケットにそれっぽいタイトルを付けて売り出したと。

アタシもこのアルバムに関してはジャケ買いです。アンダーグラウンドかどうかはともかく、モンクの音楽には楽しくてウキウキしながらも、その放つ音符の周囲には、どこか謎めいた不可思議な空気がまとわりつき、聴く側の想像力を豊かに刺激してくれる。このジャケットは正にそんな想像の一端を的確に表している。そんな気がすごーくすごーくするのです。

中身の方も、ピアノ・トリオ3曲、ラウズのテナー入りカルテットが3曲、そしてラストにジョー・ヘンドリックスのヴォーカルが入った1曲が入っていて、それぞれの編成がモンクのモンクたるゆえんの摩訶不思議ムードをそれぞれ違った形で盛り上げていて、塩梅が実に良い。

この時期のモンクといえば「無邪気に跳ねるピアノ+それぞ淡々とフォローするベースとドラム+全ての音を堅実な吹きっぷりで硬派に彩るラウズのテナー」というパターンが特徴的で、コレがピタッとハマればハマるほど安定したクセのない音楽に聞こえることが多く、初期の演奏が好きなファンからはちょいと物足りないという声も上がってしまうのですが、バンド全体が奇妙な音塊にまとまったサウンドが、スピーカーの中から丸まって「ぼよーん」とか「ぼかーん」とか来るこの感じ、やはり他では味わい難いクセになるものであります。

ほんで、このアルバムは登場する2曲目から、ラウズがやたら調子良く吹きまくっていて、60年代のいつものモンクな感じに丁度良い緊張感が加わって、アルバム通しての緩急が結構激しく付いていて飽きさせません。ラストにいきなり出てくるジョー・ヘンドリックスの、どこかすっとぼけた味のある、奇妙奇天烈なヴォーカルも、何だか楽しくて実に良いアクセント。楽しい、とても楽しい♪とキャッキャしながら深淵なるモンク沼にハマッてしまえるアルバムです。












”セロニアス・モンク”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:53| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

バンジャマン・アラール/J.S.バッハ:鍵盤のための作品全集Vol.1

51SFgNVViFL._AC_.jpg

バンジャマン・アラール/J.S.バッハ:鍵盤のための作品全集Vol.1
(harmonia mundi/キング・インターナショナル)


皆様あけましておめでとうございます。

いや〜、今年の年末は、よりによってクリスマス・イブの日に39度の高熱が出て、まー熱自体は1日で下がり、よしよしと思っていたのですが、その後もずっと咳が出て、30日にちょっとまた熱っぽくなったり、ええ、幸いインフルエンザではなかったのですが、咳が出なくなって4日、声が全然出なくて笑っております。

で、正月なんですが、元旦は実家で過ごし、2日から4日までちょいと旅行に行ってまして、えぇ、実に有意義な正月休みを過ごさせてもらいました。喉さえこんなじゃなければ多分もっと楽しめたのにー、と恨み言を申すのはナシにしましょう。全ては必然で巡りあわせです。

巡り合わせといえば、アタシには音楽以外の不思議な縁で繋がった遠方のお友達がおりまして、ご一緒しておりましたネット上の趣味のサークルから離れて以来、何年も連絡がなくなって(ネットというものはそういうもんでございますね)たんですが、昨年実に久々に連絡が来て、いやいやお元気でしたかー、いやいやほんと久しぶりですなぁ、とかそういう会話を交わして旧交を温めつつ、色んな分野の趣味の話になったのです。

そのついでに音楽の話になって、教えて頂いたアーティストが、今とっても注目されている若手パイプオルガン&チェンバロ奏者、バンジャマン・アラールです。

まず、クラシックの若手の注目演奏家といえば、大体ピアノとかヴァイオリンですよ。そこへきて『パイプオルガンとチェンバロ』っていうのがいいじゃありませんか。

しかも、このアラールさんは「ピアノも弾くよ」って人じゃなくて、プロとして活動を始める随分前から古楽、とくにJ.S.バッハに傾倒し、バッハの時代にバッハが演奏していた楽器であるパイプオルガンとチェンバロを「これだ!」と思って演奏することにしたというから、これはもうこのエピソードだけで、クラシックさほど詳しくないアタシのようなチンピラでも「よさそう!」と思ってしまうというものであります。

「これは素晴らしそうですねー」

と、お友達に言いましたらば

「素晴らしいですよ」

と、公開されている動画のいくつかを教えて頂き、その中で観たパイプオルガンの演奏

(!!)

これがもう凄かったのです。

パイプオルガンという楽器はそのほとんどが教会に付属する楽器であり、自ずと聖堂全体に音がよく響き渡る、荘厳さと清浄な雰囲気を醸す楽器ではありますが、アラールさんの演奏は、そういうのを軽やかに飛び越えて、優しい優しい音色が、まるで天国そのものから降ってきたものであるかのような、そういった安らぎを与えてくれるものでした。

その時もう私は

「あ、この人のCDは買う。絶対買う。つうか俺、この人のバッハ聴かないと成仏(?)できんわ」

と、そこまで思ったんです。

そう、これこそが巡り合わせであるよと。

詳しく情報を根掘り葉掘り調べたら、アラールさんは最初はピアノを習っていたけれども、幼少の頃に祖母に連れられて行った教会で聴いたパイプオルガンの音に衝撃を受け「あぁ、もうこの楽器を演奏出来るようになろう」と思ったとか。チェンバロに関しても同様で、その音楽に対するどこまでも純粋で静かに熱い想いは、よくある「習い事としてやって、エリートコースに乗っかって、国際的なコンベンションで派手は賞を取って、高名な演奏家に師事して」という、よくあるプロトタイプな”若手クラシック演奏家”のイメージからは良い意味で全然遠く、それはまるでロックが好きな少年が、エレキギターをアンプに突っ込んで「ジャーン」とやった時の感動そのままにバンドをやってデビューしたかのような、そういうピュアな衝動と同じ類のものを感じたアタシは、もうますます好きになってしまい、これは絶対にCD買って聴きまくって成仏(おい)しようと固く決意したのでありました。



ヨハン・セバスティアン・バッハ : 鍵盤のための作品全集Vol.1~若き継承者 (1699-1705) (J.S.Bach: Complete works for keyboard vol.1) [CD] [Import] [日本語帯・解説・歌詞対訳付]


ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750) : 鍵盤のための作品全集Vol.1 ~若き継承者 (1699-1705)

≪収録内容≫

Disc-1(オルドルフ時代)
≪ヨハン・ミヒャエル・バッハ≫
1.コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」
≪J.S.バッハ≫
2.ファンタジア ハ長調 BWV570
3.コラール「高き天よりわれは来たれり」ハ長調 BWV 700
≪ジローラモ・フレスコバルディ≫
4. ベルガマスク F12.46
≪ヨハン・クリストフ・バッハ≫
5. プレリュードとフーガ 変ホ長調
≪ヨハン・クーナウ≫
6.ソナタ第4番「ヒスキア王の病とその回復」
≪J.S.バッハ≫
7.コラール「古き年は過ぎ去りぬ」BWV 1091
8.コラール「わがことを神にゆだね」BWV 1113
≪ゲオルク・ベーム≫
9.コラール「天にましますわれらの父よ」
≪J.S.バッハ≫
10.コラール「キリストこそわが生命」BWV 1112
11.アルビノーニの主題に基づくフーガ ハ長調 BWV 946
12.フーガ イ長調 BWV 949
13.コラール「源泉を求めて」BWV 1119
14.コラール「キリストよ、受難せる汝に栄光あれ」BWV 1097
15.コラール「神の子は来たりたまえり」BWV 724
16.コラール「おおイエスよ、いかに汝の姿は」BWV 1094
≪ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー≫
17.カンツォーナ
≪ヨハン・パッヘルベル≫
18.コラール「バビロンの流れのほとりに」
≪ルイ・マルシャン≫
19.組曲 ニ短調よりプレリュード、サラバンド、シャコンヌ
≪J.S. バッハ≫
20.プレリュードとフーガ イ短調 BWV 551
≪ニコラ・ド・グリニー≫
21.グラン・ジューのポワン・ドルグ

Disc-2【リューネブルク時代】
≪J.S.バッハ≫
1.プレリュードとフーガ ニ短調 BWV 549a
2.コラール「ああ神よ、天よりみそなわし"」BWV 741
3.コラール「イエス、わが喜び」 BWV 1105
4.コラール「主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ」BWV 1092
5.コラール「目覚めよ、わが心よ」BWV 1118
6.コラール「神よ、汝の慈しみによりてわれを遇い給え」に基づくフーガ BWV 957
7.コラール「われ、心より汝を愛す、おお主よ」BWV 1115
8.カプリッチョ ホ長調(「ヨハン・クリストフ・バッハを讃えて」)BWV 993
9.ソナタ イ短調 BWV 967
10.フーガ イ短調 BWV 947
11.前奏曲とフーガ イ長調 BWV 896(平均律クラヴィーア曲集第2巻より)
12.コラール「主イエス・キリスト、汝こよなき宝」 BWV 1114
13.コラール「人はみな死すべきさだめ」BWV 1117
14.パルティータ「ああ、罪人なるわれ、何をすべきか」 BWV 770
15.コラール「神なしたもう御業こそいと善けれ」 BWV 1116
16.コラール「深き淵より、われ汝に呼ばわる」BWV 1099
17.コラール「いまぞ身を葬らん」BWV 1111
18.前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 531


Disc-3【アルンシュタット時代】
≪J.S.バッハ≫
1.ファンタジー ハ短調 BWV 1121
2.カプリッリョ 変ロ長調(『最愛の兄の旅立ちに寄せて』)BWV 992
3.第3旋法によるプレリュードとパルティータ ヘ長調 BWV 833
4.組曲 イ長調 BWV 832
5.アリアと変奏 イ短調 BWV 989
6.プレリュードとフーガ ト短調 BWV 535a
7.ソナタ ニ長調 BWV 963
8.フーガ イ長調 BWV 950
9.ファンタジー ト長調 BWV 571
10.プレリュードとフーガ ホ短調 BWV 533
11.プレリュード(ファンタジア)と模倣曲 ロ短調 BWV 563
12.アルビノーニの主題に基づくフーガ ロ短調 BWV 951a

【演奏】
バンジャマン・アラール(パイプオルガン、チェンバロ)
ジェルリンド・ゼーマン(ソプラノ)






で、そんなアタシの与太をお友達に正直にお伝えして

「何かCD出てないっすかね!?」

とぶしつけにも訊いてみたところ

「うむ、バッハの全ての鍵盤楽曲とオルガン曲を10年がかりで演奏するという壮大なプロジェクトを今やっていて、正に今そのCD第一弾が出ておるところじゃ」

と、教えて頂きました。

そう、これが正に先月の出来事。

鼻息も荒く買いました『J.S.バッハ:鍵盤のための作品全集Vol.1』。

何と、アラールさんは「バッハのスコアを細部まで徹底的に研究し尽くして、バッハが当時演奏していたニュアンスまで忠実に再現する」ということを生涯の目標にしている人でありまして、この壮大な(おそらく10年ぐらいかかるはず)プロジェクトは、そういう意味ではバンジャマン・アラールという個人の演奏プロジェクトという意義を超えて、バッハという偉大な作曲家であり演奏家の、限りなく原典に近い演奏が初めてこの世に残されるという、これは多分50年後とか100年後の音楽の未来に大きな影響と希望を与える意義がこれから出てくるんじゃないかなぁと思います。

さて、バッハという人は、今でこそ「楽聖」とか「音楽史上最大の偉人」と評価されておりますが、1600年代から700年代までのリアルタイムではドイツの地方の宮廷音楽家、宗教音楽家、オルガン演奏家、これ以上の評価はされておらず、世界のあちこちで活躍した息子達の方が実は知名度がありました。

でも、残された楽譜をハイドンやベートーヴェンといった音楽家達が「何という凄い音楽だ!」と、その緻密で計算された完璧な美しさを称え
、ようやく音楽に見合った評価をされるようになったのです。

本作はそんなバッハの10代前半から20代までに作られた楽曲と、大叔父であるヨハン・ミヒャエル・バッハやルイ・マルシャン、パッヘルベルなど、多感な頃のバッハに深く影響を与えた音楽家達の楽曲も収録されております。

何故、バッハの作品集にこれら他の作曲家の作品が収録されておるのかというと、実はバッハという人は、優れた即興演奏家であり、特に先輩作曲家達のテキストを物凄く読み込んで、そこに全く独自の解釈を加え、優れた即興演奏をこなせる人でもあったんです。

「えぇぇ!?クラシックに即興演奏?」

と驚かれる方もいらっしゃると思いますが、実はバッハの時代はこれが当たり前で、主に雇い主である王侯貴族や聖職者達の求めに応じて優れた即興演奏が出来る演奏家は高く評価されておりました。なのでここに収録されているバッハ以外の作曲家達の演奏も、全てバッハの解釈で仕上げられたものであり、貴重な「J.S.バッハ作品」と言っても差し支えはないでしょう。

軽やかで、譜面の奥底にある繊細な感情を、丁寧に丁寧に、まるで400年前の世界と対話しながら、その当時の空気感まで抽出し、現代に蘇らせているかのようなアラールさんのオルガンもチェンバロも天上の響きを有しております。そして曲によって参加しているソプラノ歌手ジェルリンド・ゼーマンの清浄な声も本当に美しい。至福の内で止まった時間のぬくもりを十二分に堪能できるCD3枚組です。













『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:07| Comment(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする