2020年01月17日

ハンニバル・マーヴィン・ピーターソン トリビュート・ハンニバル

51SFgNVViFL._A.jpg


ハンニバル・マーヴィン・ピーターソン/トリビュート・ハンニバル

(Baystate/ソニー・ミュージック)


正月2日から鹿児島へ旅行へ行ってきまして、天文館の地理もよーわからぬままフラフラしていたら、ちょっと疲れてきた頃にジャストなタイミングで『モッキンバード』というレコード屋さんを見付けて入ってみました。

店内には棚に置かれたたくさんのエサ箱の中にレコードレコードレコード♪

いや嬉しいです、実に久しぶりのこの感覚。

とりあえず「欲しいものを探す」のはひとまず置いといて、隅から隅までエサ箱を漁るところから始めました。

今じゃポチッとやって、欲しいCDもレコードも買えてちゃう時代ですが、やっぱり特に狙っているものもなく、サクサクと箱や棚を漁って、思いもよらぬ良い盤との出会いがあるから、やっぱりお店で買うのがいいな。ていうか心おきなく一人でエサ箱を漁ってるこの時間、最高に幸せだな〜。と思いながら、30分ぐらい漁っていたでしょうか。


ザッと見た中で「これ、欲しいな」と目星を付けたいくつかのレコードのうち「今日は2枚だけ買おう」との決定に従って選んだ2枚が、フランキー・ライモンとハンニバル・マーヴィン・ピーターソン。

や、他にも欲しいのはいっぱいあったのですが、この2枚だけは何か強烈な一期一会を感じて選びました。決まったらもう即レジへ持って行き、そこからホテルに帰る前にある喫茶店でやりましたよアレ「収穫ブツを喫茶店でしげしげと眺めるというアレ」を。おっほっほ♪


さて、フランキー・ライモンの方は、過去にそういえばレビューを書きました。『ロックンロール』というタイトルは、全く未聴のアルバムかと思ったら、実はCDで持っていたこの↓アルバムの後半部分(CDは2in1だったのですね)でしたので




アルバムレビューは上記リンクを読んで頂くとして、本日はハンニバル・マーヴィン・ピーターソンです。


ハンニバル・マーヴィン・ピーターソンという人は、ジャズのトランぺッターであります。

ただ、1948年生まれ、ということはチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーらが、モダン・ジャズの初期の革新的なスタイルである”ビ・バップ”を生み出してイケイケでシーンを賑わしていた丁度その頃に生まれた彼は、ジャズマンとしては、例えば有名なマイルスとかコルトレーンとか、更にその下のハービー・ハンコックやチック・コリアなんかよりも全然若い。

ジミ・ヘンドリックスよりも5つ年下なので、ジャズの人としてはとにかく若い世代なんです。

だから、本格的にソロ・アーティストとしてデビューしたのが1970年代になってから。その頃はもういわゆるモダン・ジャズの時代が過ぎ去り、ジャズは電気楽器や流行のファンクビートなどを取り入れた、フュージョンが新しいポピュラー音楽として人気を得ようとしていた頃でした。

ところがこの人は、そんなどちらかといえばソフトでメロウなジャズが流行だった頃に、そのけたたましく吠えるトランペットと生楽器でガッツリと固めた編成のバンドを武器に、まるでそのちょい前にあの世へ行ったジョン・コルトレーンの魂を継承したかのような、硬派でスピリチュアルなジャズを頑として演奏し、一部で強烈に支持されました。


アタシはといえば、ギル・エヴァンスの有名な『ギル・エヴァンス・プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』というジミヘン曲のジャズ・アレンジっていうすんげぇカッコいいアルバムがあるんですけど、コレに入ってる「Crossingtraffic」っていう曲で、めちゃくちゃソウルフルでカッコいいヴォーカルがフィーチャーされてたんですよ。

「うおぉ!このヴォーカルの人ヤバい!!すっげぇ有名なソウルシンガーに違いない。なになに、ハンニバル・C・マーヴィン・ピーターソン?おお、ヴォーカルだけじゃなくてトランペットとコト?コトってあの琴!?へー、この人のアルバム出てたら聴きたいな」

と、衝撃を受けて、アルバムを探したんです。

ほんで、MSPというレーベルから出ていたアルバムを見付けて「お、これだこれだ♪」と、そのファンキーでソウルフルなヴォーカルと、恐らくはバックをゴキゲンに盛り上げているであろうジャズファンクサウンドを期待して、CDを再生しました。

そしたら何と・・・(!!)

そのサウンドは思っていたようなそれとは180℃違った、激しく荘厳で、最先鋭のフリー・ジャズとインドやアフリカ音楽のような”繰り返し”のリズムやバッキングのトランス感が耳を通り越して五感全部をごっそりと別世界に持って行くようなその、この世を超越した演奏に、更にアタシは衝撃を受けました。

いやいや、まさか60年代の大好きなフリー・ジャズの大物達以降の世代でこんな凄い人がいるなんて、これはハッキリ言ってアタシは全然物をしらなかったとさえ思いました。






トリビュート・ハンニバル(紙ジャケット仕様)

【パーソネル】
ハンニバル・マーヴィン・ピーターソン(tp)
ディードレ・マレイ(cello)
マイケル・コクレーン(p)
エロール・ウォルーターズ(b)
マカヤ・ントショコ(ds)

【収録曲】
1.イーヴン・スティーヴン
2.ダホメイ・ダンス
3.セントルイス・ブルース
4.ウェル・ユー・ニードント
5.ミスティ

(録音:1976年1月16日)


鹿児島の素敵なレコード屋さんで見付けたハンニバル・マーヴィン・ピーターソンのアルバムは、正式タイトル『トリビュート・ハンニバル』ですが、喫茶店でライナノーツを見たらば『セントルイス・ブルース』という国内盤再発時独自のタイトルが付いておりました。

おお、セントルイス・ブルースといえば、戦前にブルースの皇后ベッシー・スミス他、色んな人にカヴァーされ、愛された実に古典的なスタンダードです。

ハンニバルのバイオグラフィを見れば、1948年アメリカ南部のテキサス生まれで、ジャズ・ミュージシャンとしてデビューする前は、テキサス・ブルースの巨人、Tボーン・ウォーカーや、エタ・ジェイムスなど、ブルース/R&Bのバンドのホーンセクションとして、ブラック・ミュージックの基礎をしっかりと叩き込まれており、その後ファラオ・サンダースやアーチー・シェップなど、敬愛するコルトレーンの愛弟子とも言えるジャズマン達のバックで先鋭的な表現を直に学び、個性を確立させていったとあります。

だからきっと古典的なブルースをやっても、そのフィーリングをしっかりと表現しつつも、きっと研ぎ澄まされた刺激的な演奏を聴かせてくれるに違いないというアタシの期待は、実にその通り叶えられた素晴らしい『セントルイス・ブルース』でありました。


アルバムは全体的にやはり激烈。レコードでいえば『セントルイス・ブルース』はB面で、A面の前半2曲が、いわゆる激しくて荘厳でトランスとトリップふんだんのスピリチュアル・ジャズのかなりハードなノリが炸裂。ハンニバルのトランペットは激しく吹きまくる時は本当にけたたましくて、背骨にビンビンくる程ですが、時折見せる丁寧なフレーズがまた、ほどよくグラングランにされたコチラの感覚にジワジワ〜っと染みてきて、これがまた中毒性高いのです。端的にいえばキます。


















『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 00:06| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする