2020年05月12日

アリス・イン・チェインズ Alice In Chains

51SFgNVViFL._AC_.jpg
アリス・イン・チェインズ/Alice In Chains
(Sony)

さて、連日のアリス・イン・チェインズのレビューもいよいよ佳境に入ってきました。

まずは個人的なことをお話しするのを許して頂けますれば、アタシにとってアリス・イン・チェインズというバンドは「グランジかって言われたら微妙だけどカッコいいヘヴィバンド」。

そう、グランジでもなければヘヴィメタルとも微妙に違った、もっとダークでドロドロしたラインにあるアリス・イン・チェインズのサウンドというのは、自分でヘヴィバンドとかいう新しい言葉を作って、そこで大切に聴くという感じでした。

でも、グランジというひとつの流行の枠で語られながらも、その音楽はそんな流行なんぞ知らん。ミーハーは勝手にやってろな、パンクな姿勢を感じさせるものであり、正直なところアタシはもしかしたらそのダークでヘヴィでうねりまくるサウンドよりも、その孤高の姿勢とか存在感とか、そういったものに最初惹かれたのかも知れません。

そんなこんな言ってるうちに流行はグランジからあっという間にメロコアなる、何だかよくわかんない明るく健康的な臭いのするパンクロックに変わりつつあった1996年、衝撃的なアルバムを彼らはリリースしました。

アリス・イン・チェインズの、オリジナル・メンバーでの事実上のラスト・アルバムである『アリス・イン・チェインズ』は、1995年に世界同時リリースだったのですが、3本足の奇形の犬や、俗に言うフリークスと呼ばれる人達の写真をあしらったジャケットや裏ジャケットのデザインが日本側の規定に引っ掛かり、1年後に「全て真っ白のジャケットにしてリリースする」というバンド側が妥協した形でのリリースが決まりました。

それがために国内でのリリースは1年遅れの1996年、世間ではもうグランジのムーヴメントは過ぎ去っておりましたが、それだけにあの名盤『ダート』よりも更に深淵の極みへ沈み込んだようなサウンドと、暗闇の中で何か救いのようなものを求めているかのようにギリギリのテンションで歌うレイン・ステイリーの声の純粋な美しさが、同じ時代の他のどの「ロック」とも違う、もう完全にオリジナルな何かとしてとぐろを巻いておりました。

当時の彼らといえば、アルバム『ダート』が大売れして、そのアルバムツアーでそれこそ世界中を回り、更なる人気と喝采を獲得した直後でした。アルバムは売れてツアーは大成功だったのですが、このツアーは元々繊細なレインの心身をかなり消耗させ、元々の悪癖であった麻薬に、更にのめり込ませる引き金となってしまいます。

レインの不調により、アリス・イン・チェインズは長いツアーが出来なくなってしまい、巷では解散説までささやかれました。

実際バンドはかなり危機的な状態だったと思います。そんな過酷な状況の中でレコーディングされたのが本作『アリス・イン・チェインズ』であります。




ALICE IN CHAINS

【収録曲】
1.Grind
2.Brush Away
3.Sludge Factory
4.Heaven Beside You
5.Head Creeps
6.Again
7.Shame In You
8.God Am
9.So Close
10.Nothin' Song
11.Frogs
12.Over Now


実際ツアー生活(と、多分レインを中心としたバンド内のギクシャクした雰囲気)に音を上げたベースのマイク・スターが脱退。新メンバーとしてオジー・オズボーン・バンドにいたマイク・アイネズが加入し、レコーディングは恐らく異様な緊張感が漂う中行われたことと思います。

楽曲はジャム・セッション風の「繰り返し繰り返しのリフとうわごとのようなヴォーカル」という、初期から見られた路線から更に徹底してキャッチーな要素や演奏の中でのアクセントとなる展開が削られ、即興性の強いものになっております。

実際楽曲も長く、全体を通して聴く側にも独特のヘヴィなプレッシャーを与える作りになっており、このプレッシャーこそが彼らのサウンドのコアな部分だったのだと、聴いているうちにジワジワと染みてくる、そんな”ならでは”の中毒性がこのアルバムにはあります。

もうひとつサウンド面で変化したのが、恐らくスタジオにこもって徹底的に自己の音作りに没頭したであろうジェリー・カントレルのギターであります。

この時期のメタリカやパンテラにも迫る、オクターバーやコンプレッサーを効果的に使用した、粒の揃ったディストーション・サウンドでザクザク刻まれるリフと、ワウやフランジャーで奇妙に輪郭がひしゃげた生き物のようなソロやオクターブ、はたまた重く透明なクリーン・トーンなど「エフェクトをかましたエレキギターサウンド」の理想的なサウンドが、アルバム全体で隙間なく鳴らされていて「やべ、このギターの音はメタリカ超えてる!」とか、勝手にわいわい盛り上がっていたものです。


そして、より陰惨で沈鬱な歌詞をうわごとのように、或いは呪詛のように吐き出すレインのヴォーカルも、地声とエフェクト音とをまるで幽霊のように浮遊したり這いずったりしながら行き来していて、コチラはジェリーのギターの力強いバケモノぶりとは真逆の、得体の知れない恐ろしさすら感じさせます。


どの曲も良い意味で聴く人を甘やかさない、尖った緊迫感とドロドロな感触しかない非常に厳しい音ですので、最後まで一気に聴くとドッと消耗する、本当の意味でヘヴィなアルバムです。

しかし、この妥協のないサウンド、救いも何もない荒涼とした壮大な心象が広がるアルバムは、アリス・イン・チェインズという他のどのバンドとも似ていないし、どんなジャンルにもその存在が綺麗に収まらない孤高のバンドの、孤高である所以が間違いなく刻まれた。ロックの核がこれ以上なく美しく刻まれた作品だと思うのです。


残念ながらアリス・イン・チェインズは、オリジナルのメンバーでのオリジナル作品をこの後リリースすることはなく、2002年にレインがドラッグのオーバードーズで、2011年には旧メンバーのマイク・スターが恐らくドラッグ絡みの事故でそれぞれ亡くなっておりますが、レイン・ステイリー在籍時の3枚のアルバムはどれも重く激しく、そして美しいです。






”アリス・イン・チェインズ”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:38| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

アリス・イン・チェインズ ダート

R-2055654-1396723735-4118.jpeg.jpg

アリス・イン・チェインズ/ダート
(Sony)


今日もアリス・イン・チェインズを紹介する訳なんですが、それが何故かというとこのバンドが持つ独特の中毒性というのは凄いものでして、自宅の掃除をしながら「アリス・イン・チェインズ懐かしい、久々に聴いてみようか♪」ぐらいの軽い気持ちで聴いてみたら、もうその懐かしいとかそういうつまらん感情がですね、そのグツグツたぎりながら沈んでいる怨念みたいな声とサウンドとリズムに完全に間接を決められてしまいまして、えぇ、すっかり何度目かのアリス・イン・チェインズ・ブームが絶賛襲撃中なんですね。


音楽というのは本質的に”体験”であります。で、アタシの中にはかれこれもう四半世紀ぐらいの昔に、このバンドにドップリとハマりまくった体験があります。

恥ずかしながらアタシはその”体験”を、ここ数年忘れていた。それぐらいアリス・イン・チェインズを最近聴いてなかったんです。

そしたらどうなったかというと、アリス・イン・チェインズの重くうねるサウンドが、まるで新しい体験のように激しく心に突き刺さって全身をゆさぶった。不思議な事に懐かしさは全然湧いてこなくて、その代わり18の頃に最初に聴いた時と限りなく近いんだけど、真新しい衝撃がどんどん湧いてきて、しばらく「わー!わー!」以外の心の声が出なくなり、困るぐらいでした。

こういう事ってほとんどないから、これはどういう事だろうと考えてみたら

「アリス・イン・チェインズの音って、今からもう25年以上昔の音なのに全然古くなってないね。刺激、強いね」

という事になりますか。や、これは好きとかそういうの以上に、もっと何かこう客観的でリアルな直観のようなものだと信じています。うん、あんまりこういう感覚的な話をすると戻ってこれなくなりそうなので、本日のアルバム紹介しましょう。

今日ご紹介するのは、アリス・イン・チェインズのメジャー・セカンド・アルバムの「ダート」です。

はい、このアルバムはもう言わずと知れた彼らの代表作で、多くのファンが最高傑作に挙げるし、実際このアルバムを聴いてアリス・イン・チェインズを知った、好きになった、という人も多いんではないかと思います。

前作「フェイスリフト」では、ベースとなるハードロック/ヘヴィメタルのヘヴィネスと、若いロックバンドならではのキャッチーな味わいがダークなサウンドの中でも活きていて、ある意味非常にバランスの良いアルバムだったのですが、極論を申しますとこのバンドの真の魅力というのは、そのバランスがぶっ壊れて極端な方向に偏った時にこそ発揮されるものであり、そういう意味ではより無駄を省き、サウンドを当時のロックの感覚でいえば「え?もっとリスナーを意識した方がいいよ」と言われてしまうぐらいに研ぎ澄まされたダークな、例えるならば曲間のMCしない、演奏終わった後もニコリともしないぐらいに冷徹な演奏が良いのです。たまらなくグッとくるのです。




Dirt

【収録曲】
1.ゼム・ボーンズ
2.ダム・ザット・リヴァー
3.レイン・ホエン・アイ・ダイ
4.シックマン
5.ルースター
6.ジァンクヘッド
7.ダート
8.ゴッド・スマック
9.ヘイト・トゥ・フィール
10.アングリー・チェアー
11.ダウン・イン・ア・ホール
12.ウド?


オープニングからほぼ楽曲はミディアム・テンポで統一され、ギター、ベース、ドラムの音はより硬質でシビアなものとなり、ヴォーカルは更に感情の抑制をヒリヒリ効かせた呪文のようになってゆく。

それでいてアリス・イン・チェインズの楽曲は、一本筋の通った美しさが貫かれたメロディの魅力というものがあります。

『レイン・ホエン・アイ・ダイ』の1音下げチューニングのヘヴィなベースのイントロがずっと尾を引く展開や、3拍子をズクズクザクザクと容赦なくたたみかける『シックマン』独自の狂おしい、押し殺された衝動が行き場なくさまよう『ダウン・イン・ア・ホール』など、ぐるぐるととぐろを巻きながらもどこかに”泣き”があるんです。

それは、衝動を炸裂させたり声やギターで泣き叫んでいるような表現よりも更に深刻で切実で、その深刻と切実に、聴いているコチラの気持ちまでも削られて行くような快感があります。

セカンドになって音楽性が完全に確立されたアリス・イン・チェインズですが、次の3作目でその「切実の美学」は更に研ぎ澄まされたものとなって行きます。














”アリス・イン・チェインズ”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 15:42| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

アリス・イン・チェインズ フェイスリフト

51SFgNVViFL._AC_.jpg
アリス・イン・チェインズ/フェイスリフト
(Sony)

1990年代に、洋楽ロックの勢力図を一気に塗り替えたオルタナティヴ/グランジ・ムーヴメントは、実際には1992年ぐらいから95年ぐらいまでの、ほんの2,3年程度の短いムーヴメントだったと思います。

それにしても当時10代のキッズだったアタシのような者にとっては、その音楽的なインパクトそのものよりも、全く個性も音楽性も異なる様々なバンドが「グランジ」というカテゴリから次々に出てくるので「次はどんなバンドのどんな作品が出てくるんだろう」と、夢中になって新譜をチェックしてましたし、同時に彼らが影響を受けた70年代とか60年代のロックなど、とにかくこのムーヴメントによってアタシはそれまで知らなかったたくさんの素晴らしい音楽を知る事が出来た。それが凄く有難かったなと思っております。

そう、一言で『グランジ』とは言っても、それはたまたまアメリカの西海岸のシアトルやその近辺で活動していた、インディーズのバンド達の個性豊かな音楽を商業ベースに乗せるために作られた言葉であり、実際その中でカテゴライズされていたバンドやミュージシャン達ってのは、パンクやガレージロックに強く影響を受けてたり、ハードコアがポップになったようなものであったり、ヘヴィメタルはハードロックを指向いていたりと、そのサウンドカラーは本当に様々でした。

で、アリス・イン・チェインズです。

ここまでアタシは散々「グランジ」についての講釈を垂れてきてこう言うのも何ですが、アタシの中でこのアリス・イン・チェインズというバンドほど、ムーヴメントであったグランジロックとすんなり結び付くバンドはおりません。

もちろんそれは彼らの音楽が、当初からハードロック/ヘヴィメタル系のヘヴィでソリッドなギターリフを主軸としたものであり、アタシが最初に知ったのも、彼らのセカンド・アルバム『Dirt』が、当時読んでいたBURRNだったかヤングギターだったかで結構良い感じにレビュー書かれていて、メタリカのジェイムス・ヘッドフィールドが彼らを称賛するコメントを、これまた何かの雑誌でやっているのを見たからでもあります。

つうか『Dirt』がリリースされたのは1992年で、その頃都会ではどうだったか分かりませんが、田舎の奄美では、まだまだグランジという言葉はおろか、オルタナティヴロックなどというワードも、ほとんどの人にとっては未聴のものであり、ロックといえばメタルかパンクかビートルズとかストーンズとかジミヘンとかジャニスとか、そういったものという感覚しかありませんでした。

92年ぐらいにニルヴァーナが大流行りして、その時「あ、これはメタルじゃないやつなんだな」と初めて意識する訳ですが、同じジャンルであるはずのアリス・イン・チェインズは、完全にメタルの流れのバンドとして、アタシは認識しておりましたし、その後グランジブームになった頃も、何となくブームに乗っかりたくない(と、言いつつちゃっかりCD買って集めてた)という生来の天邪鬼根性が発動して「アリス・イン・チェインズはメタルだもん!!」と、頑なに主張してた、なんてことも今思い出しております。

本当はアリス・イン・チェインズはグランジだろうがメタルだろうが、そんな事はどうでもよくて、あのとにかくヘヴィにうねるサウンドと、どこにも救いがなく容赦ないダークネスで意識を沼底へ引きずり込むレイン・ステイリーのヴォーカルの声にひたすらのめり込むように聴いてズドーンとした気持ちになれればそれで良い。とは思っておりましたが、何せリアルタイムで聴いていたのは10代の頃だったので、そういう事を言語化する脳味噌がなかった事が悔やまれます。




Facelift

【収録曲】
1.We Die Young
2.Man in the Box
3.Sea of Sorrow
4.Bleed the Freak
5.I Can't Remember
6.Love, Hate, Love
7.It Ain't Like That
8.Sunshine
9.Put You Down
10.Confusion
11.I Know Somethin (Bout You)
12.Real Thing


はい、そんな訳で少年時代のアタシを泥沼に引きずり込んで放さなかったのは、実は3枚目のアルバム『アリス・イン・チェインズ』だったんですが、アリス・イン・チェインズは最初からカッコイイということで、このブログでは順を追って紹介していこうと思います。

ギターのジェリー・カントレルとヴォーカルのレイン・ステイリーが中心となってアリス・イン・チェインズが結成されたのは1987年。デビュー前の初期の頃は、意外にもカラッしたLAメタルみたいなポップなハードロックを指向していたといいますが、重さを追求するうちに独特の翳りを持つレインの歌声が映える、ダークなサウンドになって行きました。

華やかさとは裏腹な新しい感覚を持つサウンドは、徐々に注目され、1990年にはメジャーデビュー。とはいえ、まだまだ「たくさんデビューしたうちの1組」に過ぎなかったアリス・イン・チェインズのアルバムは、最初はそんなに注目されていなかったようですが、メタリカやメガデス、スレイヤー、アンスラックスといった、大人気のスラッシュメタルバンドの重鎮達から、その媚びない音楽性を称賛され、91年にメガデス、スレイヤー、アンスラックスらによるツアー『CLASH OF THE TITANS』に抜擢され、続いてどういう訳かヴァン・ヘイレン(!)のツアーのオープニング・アクトに起用されて、その名はたちまち世界中のメタル好きに知れ渡ります。

そのメジャー・デビュー・アルバムが本日ご紹介する『フェイスリフト』であります。

アリス・イン・チェインズはデビュー後その音楽からどんどん贅肉がそぎ落とされたような、ハードなものになっていくんですが、このアルバムは激しくうねるグルーヴと呪術のようなヴォーカルの凄味が、ほんのりとキャッチーさが残る楽曲と共に、ガツンガツンと鳴っていて、彼らのアルバムの中では聴き易さと程よい中毒性が混沌の中で調和した作品となっております。

しかしまぁ1曲目『We Die Young』から、ズンズンとかっこいいギターリフがたまんないんですよねぇ。ロックバンドのデビュー作は大体良い意味で粗削りで試行錯誤のエネルギーが激しくスパークしているんですが、楽曲のクオリティは総じて高く、シンプルにヘヴィで思わせぶりで余計な演出がない。大体イントロなしかあっても短めで、展開をこねくり回さない骨組みだけのアレンジの中、声とギターとベースとドラムがうねうねしているうちにスパッと終わって次の曲へ行く、というこの硬派なカッコ良さ。やっぱりメタルとかグランジとかそういうんじゃなく、これは骨太なロックとして実にカッコ良いと改めて思います。














”アリス・イン・チェインズ”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 14:13| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする