2020年05月18日

リンク・レイ The Rumbling Guitar Sound Of LINK WRAY

51SFgNVViFL._AC_.jpg

The Rumbling Guitar Sound Of LINK WRAY
(Not Now Music)

ロックンロールの元祖と呼ばれる大物でありながら、どんなにベテランになっても一切丸くならないその姿勢から「永遠の不良少年」と呼ばれ、その鋭利でワイルドなギター・プレイから「切り裂きジャック」と恐れられたリンク・レイ。いやぁカッコイイ、ロックンロールからロック、ガレージ、パンク、メタル等、ロックミュージックは電気化のテクノロジーの物凄い速度での発達と共に、そのサウンドも表現手法も、どんどんラウドで激しいものになって行ったんですが、そんな新しめのロックをどれだけ聴いても、ふとこの人のギタープレイを聴くと「うわぁやっべぇ音・・・」と驚愕してしまいます。

実際、この人は1950年代にようやく普及し始めたエレキギターを、単なる「音量の増幅器」としてではなく、よりワイルドに歪んだ音をジャカジャカ鳴らして空気を震わせるという、それまでのギター(アコースティックやフルアコ)とは全く別の楽器としての演奏法を生み出したイノベイターであり、今じゃ誰もが知っている、ロックギターの「ジャーン!」というコードカッティングを作った人でもあります。

なので、後のパンクやガレージ、ハードロックやヘヴィメタルまで、彼の熱狂的な信奉者としてリスペクトを口にするギタリストは、今でも世界中に数限りなく存在するんですね。

1929年にアメリカ南部にほど近いノースカロライナ州で白人の父親とチェロキーの血を引く母親との間に生まれます。小さい頃に旅芸人一座に居た黒人からスライドギターを聴かせてもらった事が、彼のギター体験の原点でした。

しかし、戦前から戦後に至るまでのアメリカには、まだまだ厳しい人種差別がハッキリと存在し、音楽にも「ブルースは黒人の音楽、白人がやるなんてとんでもない」という偏見に基づいた不文律がありました。なのでレイも活動の最初の頃は、地元のカントリーバンドで演奏しておりましたが、ブルースへの憧れは捨て難く、カントリーの曲もR&B風にアレンジして演奏したりしておったようです(といってもカントリーも元々はブルースから強い影響を受けているので、本当は近い音楽なんです)。

レイに転機が訪れたのは、1950年。朝鮮戦争が勃発した事によって徴兵され、戦地へ行ったのですが、ここで結核を患ってしまって除隊。

その結核は片肺切除という深刻なダメージをレイの体に残しました。これにより失意のうちにヴォーカルを諦めてギターに専念することになり、友人らとインストゥルメンタルのカントリー・グループを結成します。

このバンドがウエスタン・スウィングからR&Bまで何でも出来ると評判になり、テレビ番組のレギュラーバンドとして、ゲスト出演する大物達のバックを務めるというなかなかにラッキーな仕事を得る事になるのですが、当然レイはそれだけでは満足しません。

ある日聴いたエルヴィス・プレスリーの躍動的なノリのロカビリーに衝撃を受け

「何てこった!オレが本当にやりたいのはこういうやつだ。でもオレならもっとこのノリに合ったクレイジーなギターが弾ける!」

と、新しい時代の音楽”ロッカビリー”に合うギターのサウンドや弾き方を探求した結果

アンプのスピーカーに付いているコーンに鉛筆で穴を空けると音が割れる

というとんでもねぇ事を発見し(ちなみに同時代のブルースマン達は更に先を行ってて、電圧を勝手にいじくって上げるというロクでもねぇ事を発見していた模様)、これによって得られた「ごわんごわんした音 」※まだ歪み系エフェクターはおろか、アンプのゲインすらなかった時代の人達の正直な感想※でもって、6本の弦を全部鳴らすというコードも簡略化して「上の低い音の弦だけを握るように押さえて鳴らす」という、今でこそロックの奏法では当たり前になったパワーコードというものを発明し、それをあえて「じゃーん」と雑にストロークする事によって、ルーズで不良な響きをエレキギターで出す事に、これまた史上初めて成功した訳です。

この「じゃーん」こそが言うまでもなく、ロックのシンボルであるあのオープニングやエンディングの「ジャーン!」であります。ザ・フーのピート・タウンゼントが長い腕をぐるんと振り下ろしてやるアレ、ミッシェルガン・エレファントのアベフトシがやるアレ、ギターウルフのセイジがやるアレ。エレキを持てば誰もがやる、必ずやることの基本中の基本のほとんどを、1950年代既にリンク・レイ一人が生み出したんです。

そしてエルヴィスのブレイクによって、白人の若者達は、それまで公言出来なかったブルースやR&Bへの憧れを隠すことなく音楽表現で出すようになりました。レイは元々テレビ番組の専属バックバンドとしてファッツ・ドミノなどのR&Bのスターやドゥー・ワップ・グループのバックなども務めておりましたから「ほれみろ、オレがやってたこたぁ正しかったんじゃねぇか」と思ってもおったでしょう。

という訳で「オレはロックンロールだ、ブルースだろうがカントリーだろうがカンケーねぇ。おゥ、クレイジーな音楽やるんだぜぇ」とばかりに、ブラック・ミュージックへの傾倒を更に強めて行きます。

ある日、人気のドゥー・ワップ・グループ”ザ・ダイアモンズ”のバックを務めたレイは、彼らのヒット曲『ザ・ストロール』をギターのインスト・ヴァージョンにアレンジして弾いていたところ、ケイデンスというレコード・レーベルをやっていたアーチー・ブライヤーという人の耳に留まり


「いいじゃないか!何というかチンピラの喧嘩(ランブル)みたいだねぇ。そうだ!この曲をランブルってタイトルで売り出そうじゃないか」

という展開となって、1958年、後に代表曲である『ランブル』がリリースされました。

この曲は、インストにも関わらず若者にバカウケ!当時アメリカで最もアツいチャートとされたR&Rチャートを爆心。しかも「タイトルと曲調が反社会的であり若者に悪い影響を与える」として放送禁止となったにも関わらず、その事がかえって話題を呼び、その人気は遠く海を越えたイギリスにも飛び火しました。



The Rumbling Guitar Sound Of Link Whay [Import]
【収録曲】
(Disc-1)
1.Rumble
2.Raw - Hide
3.Comanche
4.Slinky
5.Right Turn
6.Hand Clapper
7.Pancho Villa
8.El Toro
9.Dance Contest
10.Radar
11.Run Chicken Run
12.Alone
13.Rendezvous
14.Lillian
15.Golden Strings
16.Poppin' Popeye
17.Big City Stomp
18.Ramble
19.Studio Blues
20.Black Widow

(Disc-2)
1.Jack The Ripper
2.Ace Of Spades
3.The Swag
4.The Outlaw
5.The Stranger
6.Tijuana
7.Caroline
8.Dixie - Doodle
9.Teenage Cutie
10.Trail Of The Lonesome Pine
11.Mary Ann
12.Ain't That Lovin' YouBaby
13.I Sez Baby
14.Got Another Baby
15.Hold It Link Wray
16.Big City After Dark
17.Vendetta
18.Roughshod


『ランブル』のヒット後も、レイはひたすら硬派にギター・インストの道を突き進みました。同年代のライバル的存在であったエルヴィスや他のロカビリーシンガー達がスター的存在になってポップで洗練された曲を書こうが、世の流行が移り変わろうがオレはカンケーねぇとばかりに、革ジャンにリーゼントのスタイルでひたすらトンガッたフレーズをガリガリやる。世間にはひと昔前のロカビリーの人と思われ、徐々にレコードのヒットから遠ざかってもほんなもんカンケーねぇとばかりに積極的に、ほとんどドサ回りに近いツアーを重ね、多分満足に食えない時期もあったでしょうが、その都度彼からの影響を口にするロック界の超大物ギタリスト達によって絶賛と共に紹介され、90年代には奇才映画監督クエンティン・タランティーノによって彼の楽曲が映画のあちこちに使われ、ガレージやモッズに憧れる若いファンも多く獲得しました。

それでも彼は「おぉそうか」とクールな反応で、相変わらず革ジャンにリーゼントのスタイルでひたすらギターをガリガリ弾き倒すスタイルとドサ回りのツアー生活をブレることなく続け、2005年に滞在先のデンマークにおいて76歳で亡くなりました。

その音楽と生き様は、一言『ロックンロール』であります。という訳でアルバムを聴きましょう。

色々と素晴らしいアルバムは出ているのですが、やはり初期の音源からピックアップされたこの2枚組ベストは外せません。ザラついた鋭いサウンドと、ギラギラに乾いてテカッたフレーズには、先鋭的なロックの原型であることはもちろんですが、やはり濃いネイティヴの血がそうさせたかのような「アメリカ音楽」の原点すら感じさせます。とりあえずどういう聴き方をしても生々しいカッコ良さに溢れた音楽であることに変わりはありません。














『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:12| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする