2020年05月22日

メンフィス・スリム U.S.A

R-2055654-1396723735-4118.jpeg.jpg

メンフィス・スリムwith.マット”ギター”マーフィー/メンフィス・スリム U.S.A
(United/Delmark/Pヴァイン)


全開サニーランド・スリムについて書いたら、やはりこの”スリム”についても語らない訳にはいきますまい。という訳で今回はブルース界におけるスリム”伊達男”の一人であり、サニーランド・スリムと同じくピアニスト、そしてサニーランド・スリムと同じく戦前と戦後を股にかけて活躍したこの人、メンフィス・スリムであります。

1916年にその名の通りメンフィスで生まれ、その後メンフィス、ウエスト・メンフィス、アーカンソーなどのバレルハウスで腕を磨き、1939年にはシカゴへ移住し、そこですぐさまビッグ・ビル・ブルーンジィとコンビを組んで、戦前のシカゴ・ブルース・スタイルを生み出す事にも貢献します。

この頃のシカゴ・ブルースといえば、いわゆるシティ・ブルースというやつで、洗練されたピアノとギターのコンビが小粋で哀愁の効いたブルースを歌うというやつだったんですが、南部ミシシッピ生まれでかつ超絶技巧のラグタイムの名手でもあったビッグ・ビルは、小粋で洗練された中に、よりリズムパターンの幅を広げ、泥臭い南部のフィーリングもそのリズムの中で隠し味的に効かせる事で、それまでの悪く言えば平坦なシティ・ブルースのスタイルに一石を投じました。

そんなビッグ・ビルのリズムの冒険を支えたのが、南部のバレルハウス上がりのスリムのタフなブギウギ・ピアノでありました。

40年代のビッグ・ビルの音源なんかを聴いてみれば彼のおおらかな歌と小技の効いたギターのバックで強靭なスリムのピアノ、そのベースラインがスローブルースでも「ガラゴロッ!」と転がってたまんないグルーヴになっているのが凄く分かるんです。これにサニーボーイ・ウィリアムスン(T世)のハープが入ったらこらもう最高にカッコイイ!うぉう!!

・・・おっと、今日はビッグ・ビルと組んでいた初期の話ではなく、ソロのブルースマンとして独立してからのメンフィス・スリムの話をする予定ですので、あんまりここで盛り上がり過ぎてはいきません。冷静になって話を戻しましょう。。。


メンフィス・スリムの初のソロ・レコーディングは1941年に行われました。コチラはウォッシュボード(洗濯板)などを入れたいかにも戦前のスタイルで、録音自体もスリムのというよりも気楽なセッションという感じです。

正規の形での「メンフィス・スリムのソロ」が初めて録音されたのは、それから8年後の1949年。

この頃になってくると、まずはジャズの世界で新しいスタイルであるビ・バップが出てきて、ブルースもまたホーン・セクションを多く従えたジャンプ・ミュージックと呼ばれるゴージャスでノリノリのものが流行り出してきます。

そういうノリの良い新しいブルースであるという意味で「R&B(リズム・アンド・ブルース)」なんて言葉も使われるようになったのも丁度この頃であり、そのウキウキオラオラした感覚ってのは、多分に南部の荒っぽいシーンから出てきたスリムの心を思いっきりくすぐったんだと思います。そんな訳でこのデビュー本格的デビュー音源は、ドラムとギターを付けずベースと2本のサックスを加えたという面白い編成のもの。

えぇ、そうなんです。実はメンフィス・スリム「オレぁ自分のバックにギターとかハーモニカ付けるのが嫌ぇなんだよ」と公言してはばからなかった人で、自分のレコーディングにはギターは要らん、しっかりしたリズムを刻むベースかドラム、後はパーッと派手に装飾音付けてくれるホーンがおれば良い、当初は頑なに思っていたみたいなんです。

えぇ!?最初の頃にビッグ・ビル・ブルーンジィっていう最強ともいえるギタリストと、サニーボーイ・ウィリアムスン(T世)っていう、コチラも当代きっての名手と組んで素晴らしい音楽作ってたのにどういうこと!?なんですが、真相は分かりません。この2人の余りにも素晴らしいプレイに満足しきって「他の奴らに務まるはずがない」と思っていたのか、それともビッグ・ビルとサニーボーイが余りにも凄すぎて、ギターとハープが加わったら、きっと自分のプレイが目立たないまま終わってしまうんじゃないかと思ったか、どちらかなんでしょうが、とにかく1950年代になっても「やだ、ギターはいらんもんね」と、プンスカしてたみたいなんです。

が、1954年、スリムは自身の「ギタリストきらーい」を撤回せざるを得ない程の優れた腕を持ったギタリストと出会うことになるのです。

彼の名はマット”ギター”マーフィー。1929年南部ミシシッピで生まれ、その後スリムの出身地であるメンフィスで本格的な活動を行ってギタリストとしての腕を磨きます。

スリムがメンフィス出身ということと、南部育ちでありながらTボーン・ウォーカーの洗練された奏法に影響を受け、ジャズも出来るし音楽理論にも強い。しかも性格が”ぶっちゃけいいやつ”で、間違ってもリーダーを押しのけてワシがワシがで歌おうとしない。そもそもの志向が

「あー、自分ソロでやってくっつうよりも色んな人のバックで弾いてかっこいいバンド・サウンド作るとかそういうのの方が興味あるっす。それにソロシンガーとかで一発当てるより、バックの安定した仕事いっぱいあった方が食いっぱぐれなくないっすか?」

ということだったので、頑固なスリムも「はいお前合格〜」と、なったのではと思います。




メンフィス・スリムUSA【初回限定生産】

【収録曲】
1.Memphis Slim U.S.A.
2.Sassy Mae
3.Little Piece of Mind
4.Got To Find My Baby
5.Banana Oil
6.Blue And Lonesome
7.Two Of A Kind
8.She’s Allright
9.Blues All Around My Head
10.Wish Me Well
11.Four Years of Torment
12.Got To Find My Baby (Previously unissued)
13.Slim Was Just Kiddin’
14.Jive Time Bounce
15.Backbone Boogie
16.Memphis Slim U.S.A. (alternate) (Previously unissued)
17.She’s Allright (alternate) (Previously unissued)
18.Blues All Around My Head (alternate) (Previously unissued)
19.Blue And Lonesome (alternate) (Previously unissued)


メンフィス・スリムとマット”ギター”マーフィーといえば、このアルバムから3年後の1957年録音の『アット・ザ・ゲイト・オブ・ホーン』というのが、代表作どころか50年代のブルースを代表する1枚である超名盤と知られておりますが、いやいやこの2人の初顔合わせである本作も、演奏のヘヴィ級のインパクトとコンビネーションの見事な掛け合いという意味では全然負けておりません。

スリムはシカゴで長く活動を続けていても、そのピアノの力強さから生まれ故郷南部のドス黒いフィーリングが薄まることがありませんでした。

通常これは、洗練を旨とする流行音楽では敬遠されるんですが、ブルースの場合は戦後になって大量にシカゴに移住してきた南部の人達が、洗練よりも荒々しいフィーリングとそれを増幅するテクノロジーを求めたんですね。それはイコール、スリムのタフでワイルドなピアノと、マットの縦横無尽なエレキギター・サウンドだった訳です。

で、タフでワイルドなピアノと縦横無尽なエレキギターが絡むとどうなるのかというと、スリムのブルース自体がものっすごくモダンで奥深いものになったんですね。

このアルバムは『アット・ザ・ゲイト・オブ・ホーン』とその後のヨーロッパ移住後の戦前スタイルのピアノ弾き語りものをちょろちょろ聴いてて「まーこんな感じだろー」と思ってたアタシにとっては、それはそれは素晴らしい不意打ちでした。

や、まさかここまで凄いとは思わなかったんです。のっけからピアノはガシガシと岩みたいに強靭なフレーズを繰り出してくるし、マットのギターは洗練されてかつ凶悪(!)そして50年代ならではのエコーがかかったスリムの声がもうワルでワルで「求めてたブルースこれだ!!」とさえ思いました。

これはちょっと細かく色々語るよりも一発聴いて欲しいなーと思ってます。ブルース・イズ・サ・フィーリングということで、あのですね、スリムもちろん凄いんですけどね、後半のギター主役のインストが・・・。ええ、ヤバいです。












『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:35| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする