2020年07月23日

ウィルバー・ハーディン&ジョン・コルトレーン メインストリーム1958

51SFgNVViFL._AC_.jpg
ウィルバー・ハーディン&ジョン・コルトレーン メインストリーム1958
(Savoy/日本コロムビア)


初期50年代のコルトレーンのアルバムでは、ドナルド・バードやアイドリース・シュリーマン、リー・モーガンやフレディ・ハバードといったトランぺッター達が代わる代わる参加しております。

で、アタシは今名前を挙げたトランぺッターの中では一番無名かも知れませんが、ドナルド・バードと同じぐらい参加が多いアイドリース・シュリーマンの演奏が大好きなんですよ。

えぇ、気鋭の若手としてガッツある演奏を聴かせてくれるバードやリー・モーガン、はたまたフレディ・ハバードなんかに比べると、アイドリース・シュリーマンのプレイは一見地味です。でも、硬質な音色でバリバリに吹きまくるコルトレーンのソロの後に、トランペットよりも柔らかくどこか儚い質感のフリューゲル・ホルンの音色が出てくると、他のサイドマンの演奏を聴いている時には感じられない妙な安心感が感じられて、何とも言えない至福な気分になります。




前回ご紹介した『スターダスト』は、特にバラード・プレイで美しいメロディを誠実に噛み締めるように吹いてゆくコルトレーンと、それを受けて丁寧な旋律を柔らかく柔らかく繋いでゆくハーディンとのやりとりから生じる香気のようなものがもう格別で、アタシにとっては長年の愛聴盤なんですが、今日ご紹介するアルバムは、今度はコルトレーンがサイドマンとして参加しているハーディンのアルバムであります。


その前にハーディンなんですが、彼は1924年生まれでコルトレーンの2歳年上のほぼ同世代。生まれはアメリカ南部アラバマ州でありますが、R&Bが盛んなミシガン州デトロイトで、R&Bバンドのトランぺッターとしてキャリアをスタートさせてから、1957年にユセフ・ラティーフのバンドのサイドマンとして参加し、本格的なジャズ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせております。

さて、デトロイトといえばモーターシティであり、後にモータウンサウンドが大ブレイクしてソウルの都と呼ばれるようにもなったのですが、ジャズの方はやはりニューヨークの方が盛んであり、仕事もいっぱいあったので、デトロイトで一緒に頑張っていたトミー・フラナガンやケニー・バレル、ダグ・ワトキンスといった仲間達は早々にニューヨークへと住まいを移し、そこで次々と頭角を現して行ったのです。

「いいなー、俺もニューヨーク行って活躍してぇなー」

と、ハーディンも思っていたに違いありません。そんな折

「ニューヨークにおいでよ。仕事、あるよ」

と、かつての仲間達と共に、何故かコルトレーンから呼びかけがありました。

何故デトロイトには住んでいなかったコルトレーンからハーディンに親しい呼びかけがあったのかは分かりませんが、コルトレーンは若い頃からデトロイト出身のポールチェンバースやトミー・フラナガン、ケニー・バレルなんかとは仲が良く、演奏以外でもよく一緒に飲みに行ったり色んな話で盛り上がる仲間で、言ってみればコルトレーンは「ニューヨークにいるデトロイト人脈」の中に入って楽しんでた。そんな感じだったようなんですね。

で、彼らからハーディンの事は聞いていた。或いはツルんでいるうちに何度か会ったり電話や手紙でやりとりなんかもしておったんでしょう。そしてハーディンという人は恐らく”ぶっちゃけいい奴”だったので、年も近いコルトレーンはすっかり彼に好意を抱いて「一緒に演奏したいなぁ」とか思っていたのかも知れません。

そして1958年、コルトレーンも(どういう訳か)含むデトロイト人脈の仲間達の呼びかけに応じる形でハーディンはニューヨークに到着。早速ライヴ活動も出来てサヴォイというレコード会社とも契約出来て、順風満帆に思えるニューヨークでのジャズマン生活をスタートさせます。

しかし、彼のニューヨークでのジャズマン生活は長くは続きませんでした。

1960年のカーティス・フラーとのレコーディングを最後に、彼は忽然と音楽の世界から姿を消してしまいます。詳しい事情は謎でありますが、彼は元々繊細で、ニューヨークに来た頃は既に精神の病を患っていたとも、契約したサヴォイ・レコードの待遇の余りの酷さに絶望してプロとしての音楽活動そのものに情熱を持てなくなったとも言われておりますが、プレイを聴く限り優しく繊細なハーディンのような人が生きるには、ニューヨークという大都会の生き馬の目を抜くような音楽シーンは余りにも過酷で、そのプレッシャーに耐えられなくなったのではなかろうかとは思います。





メイン・ストリーム1958


【パーソネル】
ウィルバー・ハーディン(flh)
ジョン・コルトレーン(ts)
トミー・フラナガン(p)
ダグ・ワトキンス(b)
ルイス・ヘイズ(ds)

【収録曲】
1.ウェルズ・ファーゴ
2.ウエスト・42ndストリート
3.E.F.F.P.H.
4.スナッフィ
5.ロードマグネチックス

(録音:1958年3月13日)


さて、本日ご紹介するアルバムは、ハーディンがニューヨークへやってきて最初に行ったレコーディング・セッションであります。

メンバーはハーディンと、彼に熱心なラブ・コールを送ったコルトレーン、そしてトミー・フラナガン、ダグ・ワトキンス、ルイス・ヘイズという勝手知ったるデトロイト人脈で固められた、安心と極上のくつろぎに満ちたアルバムに仕上がったおります。

まずはバックを固めるフラナガン、ワトキンス、ヘイズのトリオが素晴らしいですね。軽やかで華やかなリズムの内側から滲み出るフラナガンの奥深いフレージングの美しさに、ワトキンスのぶっといベースの存在感、ヘイズの職人的燻し銀の小技が実に冴えております。この3人のトリオだけでの演奏でも、恐らくは大満足なぐらいのハイセンスな作品になるかと思いますが、その上質なリズムの上で華麗に舞うのがハーディンのフリューゲル・ホルン。

楽曲はミディアム・テンポの小粋なナンバー『ウェルズ・ファーゴ』から、ややテンポ早めの『ウエスト・42ndストリート』カラフルなルンバのリズムが効いた『E.F.F.P.H.』一転シャープにスウィングする『スナッフィ』からそのままの勢いのアップテンポ『ロードマグネチックス』と、実はバラードがないんです。でも、、ハーディンのプレイはひとつひとつの音を丁寧に丁寧に意味を込めて語るように染み込みます。

そのソロを受けて”シーツ・オブ・サウンド”で吹きまくり、演奏全体をガラッとハード・ドライビングなノリにしてしまうコルトレーンのソロがまた好対照で、もうどこから聴いてもこの2人は名コンビという他ありません。

そして、ハーディンは作曲家としても非常に優れた人でありました。

何とこのアルバム、全ての曲がハーディン作曲のオリジナルなんですが、どの曲も聴いた瞬間に味わいとコクがじわ〜っと溢れ出る見事なハードバップ曲で、例えばこの人がブルーノート辺りと契約していたら、もしかして作曲家として多くのスタンダードを残していたのではないかと、つくづくその才能が早くにジャズ界から消えた事が惜しくてなりません。


シーンを去ってからのハーディンは、療養施設に入って1969年にはひっそりとこの世を去っております。本格的な活動は僅かに1年という悲しさでありますが、それでもその間に残した彼の演奏はどれもジャズのカッコ良さと特有の”どうしようもなさ”に溢れた美しいものばかりです。











『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/







posted by サウンズパル at 23:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする