2020年10月28日

ジェイムス・ブラウン THINK!

51SFgNVViFL._AC_.jpg
James Brown/Think!
(King/Polydor)


私の好きな「笑い」のジャンルに物真似というものがあります。

物真似というのは、巨匠コロッケが言っていたように「対象へのリスペクトがないと全然面白くない」という、それはそれはシビアなジャンルなんですね。

で、物真似の良い所は「それによってそんなに知らないオリジナルの歌手や俳優などを知って好きになれる」ということ。

80年代90年代のものまね四天王全盛の時代に、ちあきなおみや美川憲一、村田英雄といった素晴らしいシンガー(いずれも子供の頃テレビで観ていたはずだけど、まぁ子供だったから特に意識もしていなかった)達のカッコ良さというものを、思えば物真似の芸人さん達が極端にデフォルメした姿を通じて意識し、実物を別の場所で観て「いや、確かに物凄く特徴捉えてて物凄く似てたけどカッコイイよ、むしろ凄いよ!」

と、ようやく音楽というものを意識して聴くようになった頃とかにオリジナルの素晴らしさに気付く訳です。

邪推ではありますが、あぁもしかしてこういうのって物真似をやっている芸人さん達が「俺がものまねしてるこの人カッコイイから聴いてよ、そのためにあえて俺はおもしろおかしくやってんだよ。みんなに知って欲しくてね」と内なる声みたいなものを発してるからなんじゃないかなぁと思ったりもするのです。

そうです、リスペクトです。

リスペクトといえば、海外の芸人さんでもエディ・マーフィーという、この人はもうアタシの十代後半の多感な時期のヒーローのような人がおりまして、この人がですね、出演している映画でちょこちょことジェイムス・ブラウンの物真似をしたり、小ネタとして挟んで来たりするんですよ。

『48時間パートU』という素晴らしい映画があるんですが、この映画の冒頭のシーンで、釈放のための護送車に乗って上機嫌でイヤホンで音楽聴いてるエディ・マーフィーがバイクの殺し屋に襲撃されてバスは大破横転、聴いていたウォークマンもぶっ壊れて怒り狂うシーンがあるんですが、その護送車の中で聴いていて一緒にノリノリで歌ってたのがジェイムス・ブラウン。

散々な目に遭って怒るエディが「オレのJB!」と叫ぶシーンがたまんなく良いのです。

18の時に初めてこの映画を友人と一緒に観て大爆笑しておりましたが、何というかこのシーンには、単純にコメディとしての面白さもさることながら

「アメリカの黒人の(ちょいとワルな感じの)若者にとって、ジェイムス・ブラウンってのは正に”俺達のジェイムス・ブラウン”と言っても良いぐらい圧倒的なカリスマだったんだ」

と、観ている人間に思わせるに十分な説得力というものが、このシーンから感じられました。

アタシがジェイムス・ブラウンの頭に「俺達の」と冠して呟いたり文章を書いたりするのは、そんな『48時間PART2』のシーンに触発されたからなんです。


それで、あぁ、これを思い出したのはつい最近なんですが「そういやエディ・マーフィーは他にもジェイムス・ブラウンをネタにした映画とかあるんだろうか?」と、Youtubeで探してたんですね。


そしたらまー出てくるわ出てくるわ、テレビ番組やライヴでのジェイムス・ブラウンの物真似や、他の映画での見事なジェイムス・ブラウン祭り(!)

どの映像もあの独特の喋り方からキレッキレのダンスまでもう”そのまんま”なんですよ。そう、パフォーマンスのクオリティには異常なほどのこだわりを見せるジェイムス・ブラウンの”そのまんま”が出来るってことは、エディ・マーフィーがそのクオリティそのものをモノにするために、尋常ならざる努力を重ねたであろうことは想像に難しくありません。

エディ・マーフィーもまたプロとして、ジェイムス・ブラウンのプロフェッショナルへのリスペクトを、最高の芸で表明してるんですよね。だからどの動画も最高に面白くてそしてカッコイイ。

さあさあそんな事を考えておりましたらすっかり盛り上がってしまって、家にある”俺達のジェイムス・ブラウン”のCDを色々と物色して、実に何年かぶりにひっさびさに聴いて大盛り上がりしたのがコチラ↓




Think
【収録曲】
1.Think
2.Good Good Lovin
3.Wonder When You're Coming Home
4.Ill Go Crazy
5.This Old Heart
6.I Know It's True
7.Bewildered
8.Ill Never Let You Go
9.You've Got the Power
10.If You Want Me
11.Baby, You're Right
12.So Long


よく物真似されたり、カヴァーされたりするのは1960年代半ば以降の、ファンクの帝王となってからのジェイムス・ブラウンで、もちろんその時期のアルバムはもう本当にワン・アンド・オンリーのキレとグルーヴに溢れた、最高に最高の内容揃いなんですが、個人的にアタシは”俺達のジェイムス・ブラウン”、その歌唱力の素晴らしさは、原点となる50年代から60年代初頭にかけてのR&B時代で味わうに限るような気もするんです。

つまりは「いぇーい!今日はJBでガンッガンに踊りまくるぜぇ!!」と思う時は70年代のバリバリのファンク時代のアルバムを聴くのですが「うん、今日はジェイムス・ブラウンをじっくり聴きたい!」と思う時は、アタシは初期のアルバムを聴いている事が多いです。

初期50年代といえばアルバムとして1作目の『プリーズ・プリーズ・プリーズ』という絶対的な名盤がありますね。




最初に手にしたジェイムス・ブラウンの初期盤がやはりこの『プリーズ・プリーズ・プリーズ』で、”ファンクじゃないJB”のその圧倒的な歌唱力に「うぉ、すげぇな!」と感激したので、「これも初期の名作」と評判が高かった『シンク!』も勢いで買ってみたら、これがもー素晴らしかった。

フル・アルバムとしては3枚目。1960年のR&Bチャート7位を叩き出したタイトル曲の『THINK!』そして間髪入れずに始まる2曲目の『Good Good Lovin』のノリは完全に50年代R&Bのトッポいノリの明るいナンバーで、もう完全にノックアウトです。

そして一気にシリアスなマイナースケールでクールダウンさせるバラード『Ill Go Crazy』で得意の高音シャウトを伸ばしに伸ばして、ここまででアタシは完全に引き込まれましたね〜。ロッキンなブルース/R&Bナンバーとバラードの波状攻撃で、しかもどのトラックも間を空けずに切れ目なく流れるライヴ感のある構成で、スリリングな味わいの妙が楽しめるという意味では『プリーズ・プリーズ・プリーズ』よりももしかしたら上かも知れません。

このアルバムはジェイムス・ブラウンのアルバムとしては実質3枚目。自動車窃盗の罪で少年院に服役していた頃に知り合った仲間であるボビー・バードと結成した『フェイマス・フレイムス』を従えての、後年のキッチリと統制の取れたリーダーぶりとはまた違った「俺達で天下獲ってやるぜ!」というギラギラした野望に燃えているその気迫みたいなものがサウンドの隅々にまでみなぎっていて大変に熱いです。





↓アナログ盤



”ジェイムス・ブラウン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:23| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする