ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2014年10月14日

エルモア・ジェイムス ザ・クラシック・アーリー・レコーディングス1951-1957!

はい、そんなわけで戦後エレキ・スライドのパイオニア、「ブルースでスライドをやる!」と言ったらこの人を聴かないで何を聴くの。ぐらいの超大物中の大物でありますエルモア・ジェイムス。

ブルースって、とっても範囲が広い音楽(地理的にもスタイル的にも)なので、例えば「戦後シカゴ・ブルースの王マディ・ウォーターズ」とか「ミシシッピ・デルタ・ブルースのサン・ハウス」とかそういうカテゴリの枕詞が付く人多いんですが、エルモアの場合は、そういったカテゴリから完全に独立している。

いや、やってることは非常にシンプルなんですよ。代表曲の「ダスト・マイ・ブルーム」にしても、ロバート・ジョンソンの”あれ”をエレキ化したとはいえ、原型が見えなくなるぐらいぐっちゃぐちゃにいじくってる訳じゃないし、他の曲もいわゆる「ブルース」の基本に忠実過ぎるぐらいに忠実。

しかし、この人が演っちゃうと、どうしても破天荒/型破りなものに思えてしまうからあら不思議。

その最大の理由は、激しく歪ませたギター(エフェクターなんかなかった時代なので、とにかくアンプに付いているツマミを全部「最大」にした結果、音が破れてしまったんでしょうなぁ)と、喉も裂けよとばかりにシャウトするその絶叫型のヴォーカルにあります。

何かっつうと「はみ出すヤツ」って、別に音楽じゃなくても、日常生活の中でもおるじゃないですか。悪気はまったくないんだけど、ダイナミックなことしかできないヤツって・・・。エルモアは多分そういう人だったんでしょうね。

その昔、私がブルースにハマりたての頃、近藤房之助さんがセレクトしたエルモアのベスト・アルバムをよお聴いとりました↓

2.jpg

流石に我が国を代表するブルースマンの一人、近藤さんが気合いを入れて選んだとあって、初心者の私でも楽しめるバラエティに富んだ選曲がもう最高だったんですが、コチラは只今廃盤の模様。。。

まぁ、エルモアはその短いキャリアの中で残した作品はどれもキョーレツなものばかりなので、「全部聴きなさい」としか言いようがありませんが、現行盤で入手可能なものといえば、「ダスト・マイ・ブルーム」も含む初期音源集のコチラ↓が、とにかくオススメです。


114.jpg
Elmore James The Classic Early Recordings 1951-1957
(P-Vine)

【収録曲】
(Disc-1)
1.Dust My Broom
2.Please Find My Baby (version 1)
3.Hawaiian Boogie (version 1)
4.Please Find My Baby (version 2)
5.Hand In Hand
6.Long Tall Woman
7.Rock My Baby Right
8.One More Drink (take 1)
9.My Baby's Gone
10.One More Drink (take 2)
11.Lost Woman Blues aka Please Find My Baby (version 3)
12.I Believe
13.I Held My Baby Last Night
14.Baby What's Wrong
15.Sinful Woman
16.Round House Boogie aka Sax Symphonic Boogie - Bep Brown Orchestra
17.Dumb Woman Blues - Bep Brown Orchestra
18.Sax-Ony Boogie -featuring J T Brown
19.Kicking The Blues Around aka Flaming Blues -featuring J T Brown
20.I May Be Wrong - Little Johnny Jones & the Chicago Hound Dogs
21.Sweet Little Woman - Little Johnny Jones & the Chicago Hound Dogs
(Disc-2)
1.Early In The Morning
2.Can't Stop Lovin'
3.Hawaiian Boogie (version 2)
4.Make A Little Love
5.My Best Friend (take 1)
6.Make My Dream Come True (take 2)
7.Make My Dream Come True (take 3)
8.Make My Dream Come True (take 4)
9.Make My Dream Come True (take 7)
10.Strange Kinda Feeling (take 1)
11.Strange Kinda Feeling (take 2)
12.Strange Kinda Feeling (take 3)
13.Strange Kinda Feeling (take 4)
14.Strange Kinda Feeling (take 5)
15.Strange Kinda Feeling (take 6)
16.Dark And Dreary (take 1)
17.Dark And Dreary (take 2)
18.Dark And Dreary (take 4)
19.Quarter past Nine
20.Where Can My Baby Be (take 1)
21.Where Can My Baby Be (take 8)
22.Where Can My Baby Be (take 9)
23.Please Come Back To Me (Sho'Nuff I Do)
24.Session Talk & false start Sho' Nuff I Do
25.Sho' Nuff I Do (alt.take)
26.Sho' Nuff I Do
27.1839 Blues
28.I Got A Strange Baby (false start & chat)
29.Canton Mississippi Breakdown
(Disc-3)
1.Standing At The Crossroads
2.Late Hours At Midnight
3.Happy Home
4.Sunny Land
5.The Way You Treat Me aka Mean And Evil
6.No Love In My Heart
7.Dust My Blues
8.I Was A Fool
9.Blues Before Sunrise
10.Goodbye (Baby)
11.So Mean To Me (take 2)
12.So Mean To Me (take 3)
13.So Mean To Me (take 4)
14.Chat & False Start To Wild About You Baby
15.Wild About You
16.Wild About You (Baby)
17.Elmo's Shuffle (take 3)
18.Elmo's Shuffle (take 4)
19.Elmo's Shuffle (take 5)
20.Long Tall Woman
21.Long Tall Woman

3枚組で全71曲!それでいて捨て曲ナシ!どの曲も全力で「張り裂けているエルモア」の歌とエゲツなさの極みともいうべきギターが「やかましいわ!」とツッコミ入れたくなるほど暑苦しく存分に堪能できます。

もちろん彼の魅力はスライドだけでもなく、シャウトだけでもなく、聴き込んでいけばスライドじゃない単音ピッキングの渋いソロとか、ちょっと抑えたときの歌唱でジワッと沁みる味わいの深さなんかにも気付く訳なんですが、細かいことは後からでよろしい。まずはスライドと絶叫に撃たれてくださいな。

¥3000ちょいぐらいのプライスというのもよろしいですな。流石我が国が誇るP-vineレコードであります。



しっかしいつもエルモアの写真見て思うんですけど、アコギにピックアップ付けてあんなエゲツない音出るかぁ?絶対無理ですわあんなもん。と、思っとるのは私だけでしょうか・・・?









ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


posted by サウンズパル at 15:14| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: