2014年10月16日

ジュニア・マンス・トリオ ジュニア




ジュニア・マンスの、いや、ジャズ・ピアノ・トリオ永遠の名盤「ジュニア」でございます♪

「名盤」と書きましたが、う〜ん・・・ド派手で革新的な盤では全然ないんですよ。むしろ端正で絶対にハズさない渋〜いピアノです。

選び抜かれた音を”ポン”とさり気なく奏でる中に、不動の”粋”と存在感が薫ります。

だから最初から”ズバッ”とくるというよりも、聴き込んで行くうちにその尽きせぬ味わいがジワジワと染みて「うん、やっぱりコレを聴かないと”ジャズ聴いてる”って気がせんのぅ」と、静かに”やみつき”になってきます。

ピッタリのシチュエ−ションは「(焼酎かバーボンの)グラス片手にコタツの中で」です!

これから徐々に寒くなってきます

そんな季節の夜長の共にぜひ♪


BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


ラベル:ジャズ ピアノ
posted by サウンズパル at 05:01| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: