ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2015年03月17日

俺と悪魔のブルーズ





『俺と悪魔のブルーズ』(1)〜(4)平本アキラ著


伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンをモデルにした漫画があったなんて(!)コレを読んだ時は衝撃を受けました。

主人公は”RJ”は、アメリカ南部ミシシッピに住む青年。

ブルースマン(サン・ハウス)に憧れ、彼らの前で演奏するも「ヘタクソ」と馬鹿にされる。そしてスーツ姿の”悪魔”と出会い。。。

ロバート・ジョンソンの人生と”伝説”、そしてフィクション(実在のギャング、クライド・バーロウとの出会いと旅)とが絶妙に絡み合いながら読む人をグイグイ引き込みます(リンチの話とかホント生々しい。でも、実際こんなだったんだろうな・・・)。

残念ながら連載が事実上打ち切りとなったため、4巻までしか出ていませんが、それでも読む価値アリの名作です。

コレできっかけでブルースの魔力に取り憑かれる魅力に目覚める若者も、結構多いんですよ♪

てなわけで


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
ラベル:漫画 ブルース
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: