2015年04月18日

ジョアン・ジルベルト 声とギター

1.1.jpg
ジョアン・ジルベルト 声とギター

(Verve/ユニバーサル)

【収録曲】
1.サンバがサンバであるからには
2.思い知るがいいさ
3.エクリプス
4.ナォン・ヴォウ・プラ・カーザ
5.ジサフィナード
6.バイーア生まれ
7.コラサォン・ヴァガブンド
8.罪の色
9.秘密
10.想いあふれて


ボサ・ノヴァの生みの親の一人であり、ブラジリアン・ミュージック界において最高のシンガー・ソングライターでもあるジョアン・ジルベルト。

1931年生まれにして、現在も精力的な活動を続けている彼が、2000年、69歳にしてリリースしたソロ・アルバム「声とギター」。

アルバム・タイトルが示す通り、歌と彼自身が奏でるギターだけの”必要最小限の音”で奏でられるボサ・ノヴァやサンバ。

空気のように心地よいジョアンの声と、シンプルだからこその音楽的な深さに酔いしれる絶品であります。

個人的な思い出としては、このアルバムリリース前後ぐらいに、ようやく「ボサ・ノヴァのカッコ良さ」に気付いた私としては、ジョアンさんの声とギターが鳴り終えた後の(例えばフレーズとフレーズの隙間の無音部とか)どうしようもない哀愁のゆらぎと、絶対に表には出ないけど、恐らくは底知れぬ狂気の部分までを感じさせてくれるこのアルバム、例えば文章書きながらとか、本を読みながらとか聴いていると、自然に”持っていかれそうになり”ます。

誤解のないように申し上げておきますが、このアルバムは心地良いボサ・ノヴァ・ミュージックの、最高に上質な部分が濃縮されたアルバムであることは間違いなくて、「今日は何となくボサ・ノヴァ聴いてのんびりしたいな〜♪」という方にはもちろん「やっぱりジョアンいいよね〜♪」と、満足させるに十分なクオリティの、21世紀ボサ・ノヴァ、いや、ブラジリアン・ミュージックを代表する名盤であることも間違いありません。

しかし、この穏やかで透明で爽やかな音楽の絶対に出ない”裏”にある狂気を、これはボサ・ノヴァ・ファンではなく、広く音楽全般の”ヤバさ”を求める方にはぜひ感じて頂きたいなと、私は切に願っております。

ヤバいよコレ、ほんと・・・。









『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:22| Comment(0) | ラテン/ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: