ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2015年04月21日

サン・ハウス/チャーリー・パットン 伝説のデルタ・ブルース・セッション1930

1.1.jpg

サン・ハウス/チャーリー・パットン 伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
(Pヴァイン)


【収録曲(アーティスト)】
1.All Night Long Blues (ルイーズ・ジョンスン)
2.Long Ways From Home (ルイーズ・ジョンスン)
3.My Black Mama (Part1) (サン・ハウス)
4.My Black Mama (Part2) (サン・ハウス)
5.Preachin' The Blues (Part1) (サン・ハウス)
6.Preachin' The Blues (Part2) (サン・ハウス)
7.M&O Blues (ウィリー・ブラウン)
8.Future Blues (ウィリー・ブラウン)
9.On The Wall (ルイーズ・ジョンスン)
10.By The Moon And Stars (ルイーズ・ジョンスン)
11.Dry Spell Blues (Part1) (サン・ハウス)
12.Dry Spell Blues (Part2) (サン・ハウス)
13.Dry Well Blues (チャーリー・パットン)
14.Some Summer Day (Part1) (チャーリー・パットン)
15.Moon Going Down (チャーリー・パットン)
16.Bird Nest Bound (チャーリー・パットン)
17.Clarksdale Moan Flash
18.Mississippi Country Farm Blues

チャーリー・パットンとサン・ハウス。共にブルースの歴史の最初期に大活躍した伝説のブルースマンであります。

豪快なボトルネック奏法と、パーカッシヴなギター・プレイ、そして迫力溢れる荒々しいパンチの効いた歌声が与えた影響は数知れず(ロバート・ジョンソンやマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフといった大物達の、少年時代の大スターなのだ!)。

今も「伝説」として事ある毎に名前の出てくる2人に、デルタ地帯では知らない人がいなかったと云われるギターの名手、ウィリー・ブラウン(ロバート・ジョンソンの「クロスロード・ブルース」で名前が出てくるあのウィリー・ブラウンか?)と、その力強いタッチと男勝りの野太い唄いっぷりがカッコイイ女流ピアニスト、ルイーズ・ジョンソンといった物凄いメンツが1930年のある日集まって、同じ空間でレコーディングした、本当のホンモノの「伝説のセッション」なのであります。


ギターを打楽器のように叩き、ザラザラした声で吠えるパットンの演奏も、戦前の録音は本当に貴重なサン・ハウスの最高にパワフルでオドロオドロしい演奏も、パットンのサポートもよくこなす、デルタ一のギタリスト、ウィリー・ブラウンの珍しい弾き語りも、当時パットンの彼女だった女性ピアニスト、ルイーズ・ジョンソンの豪快でズ太い歌とピアノも、どれもブルースの生々しさがスクラッチ・ノイズの向こうから、ド迫力で迫ってくる、本当に凄まじいセッション。

どの演奏も生々しい質感と、恐ろしい程の気迫がみなぎっておりますが、やはり聴きモノはサン・ハウスが唯一1940年代以前に残した戦前録音の6トラック。

これはですね、もう戦後のあの「パワフルだけど良い感じに枯れた味わい」とはぜんっぜん逆の凄まじい破壊力にぶっ飛ばされます。もうね、声の”凄まじさ”がハンパないんですね。もうどんだけの情念が歌い手に乗り移ったらこんなに「ドカン!」と来る声になるのかと、身震いするぐらいの迫力です。

サン・ハウスは元々説教師としてスピリチュアルを唄ってたそうですが、ある日ちょっとした諍いが元で傷害事件を起こして逮捕されてそこからブルースマンに、いわば”堕ちた”身なんですが、その経歴も知ってしまうと、これはもう本当に「デヴィルズ・シャウト」としか言いようがない程の衝撃的なブルースです。録音マイクもこれ、完全にサンの生声の大きさに負けて完全に音割れてますもん・・・。


というわけで、ここで聴けるのはブルースの源流とも言われるミシシッピ・デルタの、正に「真髄」が聴けるこれ以上ないプリミティヴでハードコアなブルースです。

「ブルース」という言葉に少しでも興味のある方なら、ぜひ入手して家宝に致しましょう。






「デルタ・ブルース」関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 18:53| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: