2015年11月23日

ドライブで聴く音楽@

さてさて、サウンズパルのブログを以前のアメブロからこのseesaaに移転してはや1年半。

その間正業を辞めたり手術をしたり、就職活動をしたり、新しい正業に就いたり、まぁ本当に思い返してみれば色々なことがありましたが「良い音楽を紹介するんだぞー!」という一念で、これはもう執念の塊と化して、色々と書きまくって、今ようやく記事数が670になろうとしております。

ところどころ小ネタや日記も挟んできましたが、このサウンズパルのブログは基本的にアルバムレビューです。

アタシが実際に耳で聴いて「コレはイイぞ!」と感じたものを、まージャンルかんけーなく(つっても主にブラック・ミュージックとロック中心ですが)書いてきました。

読者の方々がどのように呼んでいらっしゃるのかは分かりません。それぞれ「面白いなぁ」とか「いや、サウンズパルはこう書いておるんだけど、オレはちょっと違う風に思ってんだよね」とか、感じながら読んでくださればこれに尽きるものはないと思っております。

記事を更新したらツイッターやフェイスブックにそのお知らせを上げているんですが、ここへきて「反応」もあります。

嬉しいですね。

そんな中、とあるお客さんからこんなリクエストがありました。

「ドライブで聴きたいCDベスト20をブログで書いてほしい」

と。

いぇい♪ 今ちょうど仕事が配達関係なので、車でガンガン音楽聴いてます。これはいい企画を頂きましたねー。

とりあえず「20」のお題を頂きましたが、一気に20枚書くのは大変ですぐにネタが尽きてしまいます(笑)

なのでちょっとづつ紹介していきましょうね。

今日のところはアタシが車ん中で「とても頻繁に聴いている絶対にハズせない5枚」をみなさんにご紹介したいと思います。

順位はつけません、あくまでも”愛聴盤”ですから♪。






まずいっちばん聴く、ホントに聴く、飽きても聴く。そんぐらいの頻度でガンガン聴いてるのはチャック・ベリー。その中でもアルバムといえばコレだろうという「フロム・セントルイス・トゥ・リバプール」ノリノリごっきげんのロックンロール聴きながら運転するのって、実に楽しい。たとえその日の仕事内容やスケジュールがウルトラハードでも、チャック・ベリーのスコーンと抜けた声とギターの明るさに全てふっとびます。

詳細レビューはコチラ



つづきまして頻度でいえば「チャック・ベリーの次」ぐらいに聴いてんのがクレイジーケンバンド。いや、剣さんは正直どれでもいいんですよ「車を愛する気持ち」がね、もうこの人とバンドの音からビュンビュン伝わってきますし、特に古いアメ車や昭和40年代ぐらいまでの高級国産車の体感速度(いや、乗ったことないけど)を「あぁ、こんななんだろーなー」と夢想しながら歌の世界に没入するのがよろしいんでございます。アルバムで好きなのはやっぱり「パンチ!パンチ!パンチ!」かな〜。いや、剣さんはどれでもいーんですが(^^

レビューはコチラ



「ハズせない」といえばやっぱりジョニー・キャッシュ兄貴なわけで、とにかく「どこまでもアメリカな感じの音楽」が「車」という乗り物にはピシャッとハマるんですよね。何というか、手前は日本のしかも離島の全然狭い道を走ってるくせに、広大な道を走ってるような錯覚をしてしまうぐらいの。そういう「果てしない何か」を兄貴は持っている訳でして、とりあえず車のエンジンかけてCD再生して一発目にスピーカーから「ハロー・アイム・ジョニー・キャッシュ」というあのMCが聴ければそれでいい。その日の気分は最高なわけです。「あー、そろそろ疲れてきたな〜・・・」と思うタイミングでふっと静かな曲になったりするタイミングが、ハンドル握ってると「ふっ」ときて、これもまた不思議なんですよね〜・・・。

レビューはコチラ



4枚目はミッキー・ベイカーです。やっぱり車乗ってる時に一番しっくりくるのは50'sの音楽なんですけど、ブルース、R&B、それプラス「何かいろいろ」が混ざってる音楽が、車との相性がよろしいようです(チャック・ベリーもクレイジーケンバンドも、要は”ごった煮”の魅力でありますから)。で、ミッキー・ベイカーはこれ一応「ブルース」のカテゴリに入ってるかも知れませんけど、オール・インストでその中にブルースもカントリーもジャズっぽいのもラテン臭いのも、後の”テケテケ”の要素も全部入ってて、良質なラジオ番組を聴いてるみたい。しかも音質が”カラッ”としてるのがよろしいですね。ドライブに”じとっ”は合いません”カラッ”がよろしい。

レビューはコチラ




んで、今日の”シメ”はサン・ラーの「シングルス」です。仕事柄「遠出」もございます。そん時はガッツリ2枚組の聴き応えあるものがよろしいです。で、やっぱり奄美の田舎道を「しゃー」っと走る時はどうしても50'sテイスト香る音盤を聴きたくなるもんで、サン・ラー様がドゥー・ワップとかブルースとかやってやんや盛り上がってるこのアルバムが、うん、これはもう「至高」であり「至福」です。え?「ipodにたくさん入れて聴けばいい?」そんなハイテクなことはおじちゃんはよくわからんよ(笑)

レビューはコチラ


てなわけで、とりあえずドライブに欠かせない愛聴盤5選(第一弾)やってみましたが、みなさんどうでしょう?参考になりましたか?何かやってみて面白かったんで、この企画またやりたいと思います。てか、書いてるうちに「あれもこれも・・・」ってなっちゃったんですね(笑)


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 11:59| Comment(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: