ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年08月18日

ミルト・ジャクソン&ジョン・コルトレーン バグス&トレーン

3.jpg
ミルト・ジャクソン&ジョン・コルトレーン/バグス&トレーン
(Atlantic/ワーナー)


コルトレーン関連のアルバムの中には、強烈なインパクトこそ薄いけれども、格別な味わいの深さ故に「何かいいんだよな・・・」と、気が付けばお気に入りになってしまって、更に気が付けば、長年良い感じで付き合ってくれる良き友人のような存在になってくれるアルバムというものがあります。

ヴィブラフォン奏者ミルト・ジャクソンと組んで、上質な”大人の味わいのジャズ”を聴かせてくれる「バグス&トレーン」は、その最たるものでありましょう。

はい、コルトレーンはもちろんジャズを代表するビッグ・ネームですが、ミルト・ジャクソンは更にコルトレーンより先輩で、ジャズの世界において「ヴィブラフォン(鉄琴)」という楽器の奏法をモダンなものとして大成させた人。

いずれも超の付くほどの大物なんですが、この2人のカッコイイところは、こういう「大物同士の顔合わせ」で、これみよがしな派手な演奏に終始しないところ。

コルトレーンにしてみれば、この年(1959年)にようやく契約に漕ぎ着けたアトランティックは念願のメジャー・レーベル。

その記念すべき第一作目は、かつて自分がデビュー前に、同じバンド(ディジー・ガレスピー・グループ)で先輩としてよく可愛がってくれたミルト・ジャクソンとの共演作。

マイルス、そしてセロニアス・モンク(この人はミルトとは親友ともいえるほどの仲良しだった)のバンドで腕を上げ、自分のスタイルを立派に築き上げたオレを見てくれよ先輩、というはやる気持ちはコルトレーンにはバリバリあったでしょう。

しかしカッコイイのは

「オーケー、ジョン。皆まで言わずともお前がカッコイイってこたぁわかってるよ。それよりどうだい、久しぶりに一緒に演るんだ、気負わず楽にいこうぜ」

とばかりに、終始リラックスした雰囲気を醸して、コルトレーンをいい感じにクールダウンさせているミルト・ジャクソンの演奏の貫禄です。

個人的にその”落ち着き”がじんわり空間にしみていて「あぁ、カッコイイなぁ・・・」としみじみ思うのはブルース・ナンバーの@とかDとかで、これ、よくよくソロを聴くと、コルトレーン結構シーツ・オブ・サウンドを駆使した”吹きまくり”やってるんですが、ミルトのヴィブラフォンが「コォ〜ン」と一打鳴るだけで、演奏全体のバランスが奇跡的に整ったカッコイイジャズに仕上がるからあら不思議。




【パーソネル】
ミルト・ジャクソン(vib)
ジョン・コルトレーン(ts)
ハンク・ジョーンズ(p)
ポール・チェンバース(b)
コニー・ケイ(ds)

【収録曲】
1.バグス&トレーン
2.スリー・リトル・ワーズ
3.ナイト・ウィ・コールド・イット・ア・デイ
4.ビ・バップ
5.ザ・レイト・レイト・ブルース


コルトレーンのアルバムとしては、ミルト・ジャクソン、ハンク・ジョーンズ、そしてコニー・ケイ(この人がドラム叩くとどんなセッションでも一段上質なものになってるように聞こえます)と3人の”ジャズ紳士”の醸す、うっとりするようなクールで渋い雰囲気にほだされて、程よく緊張感を残しながら楽しくくつろいだ演奏が出来た、ガチのリーダー作ではなかなか聴けない仕上がりになっております。

それにしても恐るべきはミルト・ジャクソン、どんなクセのある共演者とやってもダレることなく相手の個性を活かして、かつ自分自身もちゃっかり楽しんで演奏出来てしまうその実力と肝の太さであります。






”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441123086

この記事へのトラックバック