2016年09月25日

テキサス・ブルース(PCD-2519)

160924_224002.jpg
これこれ、これです。

アタシに深淵なるテキサス・ダウンホーム・ブルースの素晴らしさと、リル・サン・ジャクソンという、恐ろしく孤高のクソかっこいいブルースマンの魅力を教えてくれた名オムニバス。
テキサスのブルースはねー、やっぱりなんつうか渇いてるんですよ。あと、ギターものもいいけどピアノブルースも最高!

若い頃のライトニン・ホプキンスとコンビ組んでたサンダー・スミスとか、マーシー・ディーとか、タフに鳴り響くテキサス・バレルハウス・ピアノの濃厚な真髄を、コレで楽しめちゃうんです。

1989年に出た盤ですが、中古はまだ奇跡的にあるみたいです↓↓



posted by サウンズパル at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック