ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年09月28日

玉置浩二 Gold

4.jpg
玉置浩二/Gold
(Saltmoderate)


最近ね、凄くいいんですよ。

いや、何がって、玉置浩二ですよ。

いや、ホント。

ここ数日「大人になって改めてその良さがしみじみと分かってきた音楽」というテーマで、あれこれ聴いてるんですが、主にオーソドックスなジャズとか、60年代〜70年代のソウル、同じ時代のいわゆるアメリカン・ポップスなんかを聴いてるんですけどね、詰まるところこの時代の音楽の良さってのは何だろう?と考えた時に

「そりゃあ歌ですよ、歌としてグッとくるか、思わず一緒に唄ってしまっているか、そういう音楽がいいんですよ」

という、自分なりの結論がひとつ出ています。

ほぉん、唄かぁ・・・。

と、ぼんやり考えておったのが、3年前ですか。確か2013年頃だったと思うんですが、ボーッとテレビ見てたら、玉置浩二がドラマに出演してたんですよ。

不器用でクレイジーで、とっても優しいお父さんを演じてた「東京バンドワゴン」というドラマだったんですが、そのドラマの中で、しみじみといい味を出した演技を見せながら、ちょくちょくドラマの中で玉置浩二が唄うんですよ。

それが何というか、シーンとかセリフとか、登場人物達の心情に、どれもいちいちピッタリで、あの・・・狙ってスポット当ててはい唄〜って感じじゃないシーンばかりなのに、何でこんなに惹かれるんだろうと思ったんですよね。

そしてドラマのエンディング曲の「サーチライト」が、また凄く良かった。

どうしようもない人間の”孤独”みたいなのがあって、それに苛まれたり、傷付けられたりするんだけど、それでも僕は心を照らすサーチライト(愛しい存在の人の優しさ)を信じていたし、そうなりたいと思ってる。

という意味の歌詞を、この人独特の「ふをぉ〜ん」というハラー(叫ぶのでなく、ふくよかに張り上げる歌唱)をたっぷり交えた、そのサウンドといい、声の質感といい、物凄く奥底からくるブルース・フィーリングを、アタシなりに感じたんですね。

安全地帯の頃はアタシは小学生で、化粧してニューウェーブなサウンドを「面白い」とは思っても、真剣に聴くまでではなかったし、ソロになって「田園」ですごく売れた時は、バリバリの洋楽小僧で、日本のヒットチャートなんかには完全に背中向けてたんで、さほどの感慨は正直なかったんです。

そこへきて2010年代の”玉置浩二”これがとにかくグッときたんですよね。理屈でなしに。。。

「サーチライト」これは運命の一曲だと思って、アルバムを聴きました。



【収録曲】
1.それ以外に何がある
2.いつの日も
3.サーチライト
4.セコンド
5.かくれんぼ featuring.金子マリ
6.TOUCH
7.宙
8.泣くなひまわり
9.屋根の下のSmile
10.GOLD


というのも、さっきもちょっと触れましたが、ブルースやソウル、ゴスペルといったブラック・ミュージックが好きなアタシは、この玉置浩二のヴォーカルに、限りなくそのフィーリングを感じたんです。

フィーリングってのは「そういう風にやろう」と思ってもなかなか滲み出るもんじゃなくて、とにかく自分自身と、自分自身の持っている内側の”うた”を、どれほど濃密にリンクさせるかだと思うんですが、ほとんどの曲が統一された深い色合いを持つこのバラード・アルバム(あえてそう言おう)には、ハッキリとアタシの好きな60年代70年代ソウルのフィーリングを”玉置浩二のフィーリング”にした、一人の凄いシンガーがおりました。

アタシは昔からのファンでもないし、自分の好きな音楽を通じてしか玉置浩二を語れませんが、現在進行形の日本のポップスの、しかもかなりメジャーな位置に、こういうディープ・ソウル・ミュージックがあるというのは、素晴らしいことだと思います。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442331450

この記事へのトラックバック