2016年10月31日

浮世絵のタコ

今日は某所で土方をやってきました。

あの〜、皆さんは百葉箱ってのをご存知ですか?

学校に、何だかよくわからない、白い木で出来たこういうのあったでしょう。

o0744105313612351619.jpg

はい、これです。

これ、組み立てるのはそうでもないけど、穴掘って足場を水平に保つのがすごく時間がかかります。

ツルハシとシャベルでガッツンガッツン堀まくったので今日は背中と二の腕バッキバキ。

ふぅ。。。

違う、百葉箱のことを書きたかったんじゃないんだ・・・(悩)。

今日はハロウィンです。

ハロウィンについてはドルイド起源の何ちゃらということ以外は、実はアタシはよくわかっとらんですが、「仮装」というものについてちょいと気になることがあってネットを調べておりましたら、実に意外なところから素敵なものと出会いました。

3.jpg

1.1.jpg

4.jpg

江戸時代のハロウィン!!

違う!!

これはですのう「二十六夜待」という行事の様子です。

それは一体何かというと「十五夜祭り」と同じような”月見のお祭り”なんです。

文献によりますと旧暦の1月と7月の26日に出る月は、夜中遅くに非常に神々しい光を放ち、これが阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩という三尊の有り難い仏様だということで、みんなこの日の月を出るのを待って、外に出て月を拝むわけなんですが、冬場は流石に寒いということで、7月の「二十六夜待ち」が盛んに行われるようになりました。

廿六夜待 高きに登り、又は海川の辺酒楼等に於て月の出を待つ。左に記せる地 は、分て群集する事夥しく、宵より賑へり。
 芝高輪・品川 此両所を今夜盛観の第一とす。江府の良賎兼日より約し置て、品川高輪の海亭に宴を儲け、歌舞吹弾の業を催するが故、都下の歌妓幇簡女伶の属(たぐい) 群をなしてこの地に集ふ。
 或は船をうかべて飲宴するもの尠からずして、弦歌水 陸に喧し。
 築地海手深川洲崎、湯島天満宮境内、飯田町九段坂、日暮里諏訪ノ社辺、目白不動尊境内、西南に向て月を看るに便りあしけれど、此辺の輩は集へり。


ちょいと難しい文章ですが、要するに二十六夜の日は、みんな高い所に上ったり、飲み屋で月が出るのを待ってた。夜中には街の通りは群集で埋め尽くされるぐらいの賑わいだったんだと。

特に芝・高輪・品川界隈は、大変な盛り上がりで、みんな飲めや歌えや踊れやの大宴会でワイワイ盛り上がっていたそうです。

で、仮装。

これについては文献を探してみるも、記述がありませんでしたが「楽しいし、どうせだから仮装しちゃえ!」というノリでやってた様子ですね。

しかし何故にタコ・・・。

末広がりの”八”という数字に験を担いでなのか、それとも魔除けの意味合いか(そういえば奄美のケンムンもタコが嫌いでしたね)、多分どっちもだと思いますが、タコのコスプレってなかなかにハードル高いぞ(!)


最後にオマケ↓
LightninHopkins_cr_David%20Redfern_1978.jpg

鈴付けて全力疾走する大根です。

大根・・・。




posted by サウンズパル at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック