2016年11月28日

サニーボーイ・ウィリアムスン ダウン・アンド・アウト・ブルース

5.jpg

サニーボーイ・ウィリアムスン/ダウン・アンド・アウト・ブルース
(Chess/ユニバーサル)

”有名アーティストの名前を勝手に名乗って活動してたら、気が付けばオリジナルよりも有名になっちゃってた”

といえばサニーボーイ・ウィリアムスン(U世)。

え?ニセモノだって?とんでもない、語り口調のような軽妙なハープに、同じく軽妙だけどしみじみと唄わせれば何とも味のあるやや濃い口のヴォーカルに、戦後シカゴブルース一流のバンドを率いて、R&B調の曲だってトッポくキメる。しかし心はいつだってディープ・サウス!どんなにモダンなサウンドをひっさげても、魂の奥底から無尽蔵に出てくる熟成に熟成を重ねた味わいのブルース・フィーリングは尽きる事がない。

人生の苦楽の全てを豪快に呑み込んで、悲哀に満ちた深い眼差しで彼がハープを泣かせると、老いも若きも男も女も、黒人も白人も関係なく、誰もがぐっと息を呑み、ジュークジョイントの暗がりの中から南部の闇の大空へ消えてゆくその音の行方を、消えてなくなるまでずっと無言で見守った・・・。

887.jpg

う〜ん・・・・

4.jpg

う〜ん・・・・


ごめんなさい、途中から嘘です!!

だってサニーボーイだもの、どんなにカッコ良く文章を書いても、山師そのもの・・・少なくともカタギには見えないこの飄々とした胡散臭さ漂う写真を見せたら、誰だって「騙された!金返せ!!」ってなるじゃないですかー。

という訳で本日は

「いやだからサニーボーイ(U)のカッコ良さはそこなんだよ、後輩のマディとかウルフとかが、お互いナンバーワンを目指して、それこそシノギを削っていた時に、自分一人だけ”おぉ、やってるかぁ〜”ぐらいの飄々っぷりで、んでもって勝手にいいメンバーを揃えたバンドを従えて、マイペース極まりないブルースを演奏してたところなんだよ。でもって60年代にロックの連中からブルースが注目されたら、その流れにしっかり乗って、しぶとくブルースし続けたところなんだよ」

という話をしたいと思います。

でもってサニーボーイ・ウィリアムスン。

戦前から活躍を続ける、実際凄腕のハープ吹きであり、個性派なヴォーカリストであるブルースマンです。

そしてこの人のブルースには、飄々としていながらも、聴く人の「何かカッコイイんだよね心」をくすぐって止まない最高な魅力があるんです。

生まれた年はよくわからない、多分1900年代の初め頃で、ブルースマンとしては限りなく第一世代に近い。

ブルースマンになる前は何をやっていたかほとんど不明だが、みんなが気付いた頃には"ライス・ミラー"(本名はアレックス・ミラーというらしい)の名前で、ハープ片手にジューク・ジョイントに現れて、演奏しておりました。

有名な話は「ロバート・ジョンソンの臨終に立ち会った」という話ですがこれは得意のホラ。でも無くなる前のロバート・ジョンソンとは演奏もして、一緒にカウンターで呑んでたことは紛れもない事実。

この時"ライス・ミラー"は30代、しかし彼がブルースマンとしてその本領を発揮するのは実はこっからで、40代になってから地元の製粉会社が持っていたラジオ番組のDJの座を、多分上手いこと言って手にするんでしょうが、この時大都会シカゴで人気だったハープ吹きの名前『サニーボーイ・ウィリアムスン』をいきなり名乗ります。

もちろん無許可で。

ややこしいのは"サニーボーイ"を名乗ってやっていたラジオ番組が、南部一体で大ブレイクしてしまったこと。

これにムカついた本家本元の"サニーボーイ・ウィリアムスン"が「てめ、いつか覚えてろよ!」と思ってたといいますが、本人は「あ?文句があるならいつでも南部来いや、ヘラヘラ」とニヤついてるうちに、本家サニーボーイが、自宅に入ってきた強盗に刺されて死んでしまう。

それからしばらくして、サニーボーイはラジオの仕事をギター弾きの少年(後のB.B.キング)に「じゃあよろしく」と丸投げして、何とシカゴへ乗り込むのです。

あろうことか『サニーボーイ・ウィリアムスン』を名乗ったまんまで。

シカゴにやってきたライス・ミラー、いやサニーボーイ・ウィリアムスンは、既に上京してきた南部の後輩達(マディとかウルフとかその辺の超大物)に、やあやあとテキトーに近付いて、ほいでもってチェス・レコードの経営陣にも上手いこと言ったんでしょうな。まんまと契約にこぎつけてレコードデビューもちゃっかり果たします。

つっても普段はヘラヘラして実に胡散臭くて調子のいいオッサンですが、ミュージシャンとしての実力は超一流だし、そこらの若い新人と違って20年以上も南部の凄まじくディープな現場で百戦錬磨してきたベテランです。上手いこと言わんでもそこは実力で勝ち取れる話なんです。

で、1955年にマディ・ウォーターズ(ギター)、ジミー・ロジャース(ギター)、フレッド・ビロウ(ドラムス)という、当時のシカゴ・オールスターズをバックに従えて、チェス・レコード初のセッションを行い、翌年、翌々年と、セッションを重ねてゆくのですが、途中からまだ若いルーサー・タッカーと、南部から出てきたばかりのかつての盟友ロバート・ジョンソンの義理の息子、ロバート・ジュニア・ロックウッドという二人の気鋭のギタリストが加わって、バンド・サウンドはどんどんバリエーション豊かなものになって、強烈なサニーボーイのキャラクターそのままの、タフでラフでユーモラスなものへと仕上がって行きます。





【収録曲】
1.ドント・スタート・ミー・トゥ・トーキン
2.アイ・ドント・ノウ
3.オール・マイ・ラヴ・イン・ヴェイン
4.ザ・キー
5.キープ・イット・トゥ・ユアセルフ
6.ディスサティスファイド
7.ファットニング・フロッグズ・フォー・スネイクス
8.ウェイク・アップ・ベイビー
9.ユア・フューネラル・アンド・マイ・トライアル
10.“99”
11.クロス・マイ・ハート
12.レット・ミー・エクスプレイン
13.アイ・ドント・ノウ(別テイク)
14.ファットニング・フロッグズ・フォー・スネイクス(別テイク)
15.ユア・イマジネーション
16.レット・ユア・イマジネーション・ビー・ユア・ガイド
17.トラスト・ミー・ベイビー
18.バイ・バイ・バード
19.マイ・ヤンガー・デイズ

「サニーボーイの代表作」

「50年代のシカゴ・バンド・ブルースのお手本のような傑作」

「ジャケットで寝そべっているのはサニーボーイではありません」


と、ブルースファンの間ではそれこそ至宝の如く語られているアルバム「ダウン・アンド・アウト・ブルース」は、正に1955年から58年までの、サニーボーイがシカゴに来て行った最初期のセッションがしっかりと収録されております。


サニーボーイのハープは一貫してアンプを通さない生ハープなので、バンドの音がすこぶるモダンでも、どこか濃厚な"戦前南部のブルースの香り"がして、これがもーたまらんのですよね。海千山千ぶりが実によく顕れた歌の魅力もまた、病み付きになって止められない味わいの固まりです。

あと、50年代のチェス・レコードは音の録り方、特にドラムの録音がとても素晴らしいんです。フレッド・ビロウの、空気をたっぷり含んで「シュバッ!」と鳴るスネアの音、これがもー最高なんですよねー♪





(アルバム冒頭の”Don't Start Me To Talkin` いや実にイナタい♪)



”サニーボーイ・ウィリアムスン”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック