2016年11月28日

サニーボーイ・ウィリアムスン(T) The Original Vol.1

4.jpg
The Original Sonny Boy Williamson (4CD Box Set)

(JSP)


え〜と、はい、先日のサニーボーイ・ウィリアムスンの記事で「本家本元のオリジナル・サニーボーイがいる」とかいきなり書いてしまって、読者の皆さんには「え?何それ??」と、戸惑った方も多いかと思います。

で、記事を書いている途中に

「え〜と、コノ人が戦前最初に”サニーボーイ・ウィリアムスン”として活躍したオリジナルでございます」

と、リンクを貼ろうとしたんですが、いけません、アタシとしたことが、サニーボーイ・ウィリアムスン(ライス・ミラー)のCDは3枚も紹介しておきながら、コチラのオリジナル・サニーボーイの方はまだ1枚も紹介しておりませんでした。お詫びして紹介いたします。

887.jpg

サニー・ボーイ・ウィリアムスン、本名ジョン・リー・カーティス・ウィリアムスン。

1914年(もしくは1916年)テネシー州ジャクソン生まれで、1934年にシカゴへ出てきたこのブルースマンは、紛れもなく本家本元の”サニーボーイ・ウィリアムスン”でございます。

5.jpg

よくブルースの世界では、ややこしい2人を区別化されるために、このジョン・リー・サニーボーイを”サニーボーイ・ウィリアムスンT世”、アチラのライス・ミラーを”サニーボーイ・ウィリアムスンU世”と呼んで区別しておりますので”T世”ときたら戦前〜戦時中〜戦後すぐの時期に活躍したこのサニーボーイだと思ってやってつかあさい。

887.jpg

さて、サニーボーイ(T世)なんですが、戦後になってから結構長い間活躍して作品も入手しやすい形で結構出しているサニーボーイ(U世)とは対照的に、シカゴにやってきて第一線のブルースマンとして活躍していたのが1937年から1946年までと、僅か10年にも満たない期間だったのに加え、レコーディングはSP盤でしか出していなかったので”アルバム”というものがなかったので、復刻版のLPやCDもなかなか入手しづらかったということで(アタシもサニーボーイT世が欲しい一心で、輸入盤を探しまくってたものです)、知名度はU世に比べて大分劣ります。

おまけに、U世の方も色々と胡散臭い(まだ言うか)キャラではありましたが、実力の方は負けず劣らずの”ホンモノ”であったため、ブルースに目覚めた人達のほとんどは、U世の超ダウンホームで実にイナタくトッポいブルースに感動して、ついついT世を聴くのを後回しにしちゃってそのまんま忘れてしまうということも結構あるみたいで、あいやこれは、という状況がここんとこずーっと続いておったりします。

でも、この人こそが、ブルースにおける「ヴォーカルとハープの基本スタイル」というものを戦前に大成させたイノベイターであり、実は戦後に大活躍したリトル・ウォルタージュニア・ウェルズといったモダン・ブルースハープの巨人達は、実際こぞってサニーボーイ(T世)のスタイルから多大な影響を受けており、その流麗で様々なニュアンスに富んだフレージングを懸命にコピーすることからキャリアをスタートさせておるんですね。

サニーボーイT世がシカゴでスターになった頃というのは、実はハープというのは、軽い伴奏楽器的なポジションの楽器でありました。

これは例えば戦前のデルタ・ブルース系やメンフィスのジャグバンドとかを聴いてみれば分かると思うんですけど、唄とギターの間を取り繕うかの如くプワプワ鳴っているものが多い。

ハープというのはキィに合わせて持ち替えることは可能ですが、穴が10個しかないので、単音でメロディアスなフレーズを繋げて行くのは実際本当に難しかったりするんですよね。

サニーボーイ(面倒くさいので”T世”は省略!)がシカゴに出てきて、凄腕のギタリストやピアニスト、またはジャズ・ミュージシャン達が百花繚乱状態だった時、彼は「じゃあオレのハープを、演奏の中でソロが吹けるぐらいまでに地位を上げてやんよ♪」と決意し、ヴィブラートやベント(舌を使って半音階など微妙な音程を出す裏技)を鬼のように鍛え上げ、次々と新しい奏法を確立させました。

シカゴといえば大都会です。

大都会の人達は何につけても最先端を求めますから、この時代のシカゴ・ブルースは、バンド・スタイルでジャズの影響を前面に押し出した、非常に洗練されたものでした。

こんな中で、同時代の南部で演奏されていたような、泥臭く牧歌的な音楽なんかやろうもんなら「ダサいヤツ」のレッテルをあっという間に貼られてつまみ出されてしまいます(実際シカゴのクラブを仕切っていたのはマフィア達だったので、演奏するにも命がけだったんです)。

サニーボーイの革新的なハープは、洗練されたシカゴ・ブルースの、その都会的なサウンドと驚くほどピッタリと合いました。

また、底抜けに陽気で愛嬌たっぷり、更にどこか不思議な、つっかかって引きずるようなオリジナリティ溢れるヴォーカルも、何とも言えない魅力でありますが、実は彼は吃音、つまりしゃべる時どもってしまうハンデがあったのですが、それも逆手に取って素晴らしい芸風に変えてしまう辺り、やはり並みのブルースマンではありません。

さて、1948年に不幸にも自宅に入ってきた強盗にアイスピックで頭を刺されて、短いキャリアに終止符を打ってしまったオリジナル・サニーボーイ。自分が作り上げたブルース・ハープの新しスタイルを、その後の電気化されたシカゴ・ブルース・サウンドに乗せることは叶いませんでしたが、その代わり戦前から40年代末までの生楽器を主体としたシカゴ・ブルース・サウンドに、その究極をことごとく刻んで残しました。

かつては入手困難だった音源も、このように素晴らしい質量詰まったCDで、今はそのほとんどをまとめて聴けます。↓




(Disc-1)
1.Good Morning, Little School Girl
2.Blue Bird Blues
3.Jackson Blues
4.Got the Bottle Up And Gone
5.Sugar Mama Blues
6.Skinny Woman
7.Tough Luck
8.Prowling Night-Hawk
9.Sweet Pepper Mama
10.I Know You Gonna Miss Me
11.Rootin' Ground Hog
12.Brother James
13.I Won't Be In Hard Luck No More
14.Up the Country Blues
15.Worried Me Blues
16.Black Gal Blues
17.Collector Man Blues
18.Frigidaire Blues
19.Suzanna Blues
20.Early In the Morning
21.Project Highway
22.My Friend Has Forsaken Me
23.Mean Black Cat
24.Brickyard
25.Mamie Lee
26.Take It Easy Baby

(Disc-2)
1.I Have Spent My Bonus
2.CNA
3.Lose Your Man
4.All I've Got's Gone
5.A Ramblin' Mind
6.Now I Stay Away
7.My Little Cornelius
8.Decoration Blues
9.You Can Lead Me
10.Moonshine
11.Miss Louisa Blues
12.Sunny Land
13.I'm Tired Trucking My Blues Away
14.Down South
15.Beauty Parlor
16.Until My Love Come Down
17.Katy Fly
18.Big Boat
19.Only Boy Child
20.Lonesome Man
21.Mean Actin' Mama
22.Stuff Stomp
23.J.L. Dairy Blues
24.Rachel Blues
25.Lake Michigan Blues

(Disc-3)
1.I'm Wild And Crazy As Can Be
2.Honey Bee Blues
3.My Baby I've Been Your Slave
4.Whiskey Headed Blues
5.Lord, Oh Lord Blues
6.You Give an Account
7.Shannon Street Blues
8.You've Been Foolin' Round Town
9.Deep Down In the Ground
10.When You Feel Down And Out
11.Texas Tommy
12.It's All Over
13.My Mind Got Bad
14.Get Your Head Trimmed Down
15.Peach Orchard Mama
16.Haven't Seen No Whiskey
17.Goin' Up the Mountain
18.You Got To Fix It
19.Number Five Blues
20.Christmas Morning Blues
21.Susie-Q
22.Blue Bird Blues - Part 2
23.Little Girl Blues
24.Low Down Ways

(Disc-4)
1.Goodbye Red
2.The Right Kind Of Life
3.Insurance Man Blues
4.Rainy Day Blues
5.Next Door Neighbor
6.Big Apple Blues
7.Freight Train Blues
8.Good Gamblin'
9.Bad Luck Blues
10.My Little Baby
11.Doggin' My Love Around
12.Little Low Woman Blues
13.Good For Nothing Blues
14.Sugar Mama Blues No.2
15.Good Gravy
16.T.B. Blues
17.Something Goin' On Wrong
18.Good Gal Blues
19.Joe Louis And John Henry Blues
20.Thinking My Blues Away
21.I'm Not Pleasing You
22.New Jail House Blues
23.Life Time Blues
24.Miss Ida Lee
25.Tell Me, Baby



何と4枚組で¥2000ちょっとという恐ろしいCDです。入門用としても「一気聴き用」としても、今のとこコレがベストでしょう。

神憑りなハープの至芸と、ビッグ・ビル・ブルーンジィ、ビッグ・ジョー・ウィリアムス、ブラインド・ジョン・デイヴィス、ビッグ・メイシオ、エディ・ボイドら、当時を代表する凄腕のギタリストやピアニストがガッツリ脇を固め、すこぶるな名演でフォローする究極のアコースティック・シカゴ・スタイルにとことんシビレましょう♪



(代表曲はいっぱいありますが、個人的にはこの”シュガー・ママ”好きですねぇ。スローブルースなのに深刻過ぎないノリがイイ♪)

”サニーボーイ・ウィリアムスン”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック