ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年12月12日

クレイジーケンバンド 香港的士

887.jpg

クレイジーケンバンド/香港的士
(ユニバーサル)

はい、昨日まではオーティス・レディングとサム・クックを気合いを入れて追悼しておりました(それぞれ12月10日、11日が命日)のと、ここ2週間ほどストーンズの「ブルー&ロンサム」が本当に素晴らしくて、もう頭ん中が濃厚極まりない”ソウル・ブルースモードに入っておりました。

う〜ん、このままでは日常生活に深刻な影響を及ぼしかねない!(いや、いいんですよ、ウェスカムですよ♪)ので、本日はユルりとクレイジーケンバンド♪

この夏(2016年)にリリースされました17枚目のフル・アルバム「香港的士」が、「おぉ〜、これは新作」と思って聴いたら、何と横山剣さんのミュージシャン生活35周年記念のアルバムとかで、剣さんがこれまで世のため人のために提供した楽曲をセルフカヴァーしているアルバムというじゃないですか。

イイーーーーーーーネ!!

そうなんです、イイんですよ。

剣さんはもちろんクレイジーケンバンドのフロントマンで、素晴らしいヴォーカリストで、また圧倒的な存在感を有するパフォーマー&エンターティナーであり、お茶の間の人気者です。

ところがそのキャリアの初期から、作詞作曲に非凡な才能を発揮して、色んなアーティストに素晴らしい楽曲を書いている作家さんでありました。

クレイジーケンバンドでのブレイクは、長年作詞作曲で培ってきたものを「じゃあ自分達の演奏でドーン!」と、炸裂させた結果のものなんですね。えぇ、素敵です。

バンドとしてデビューした当初から、彼らの楽曲のテーマには「歌謡曲」というひとつの巨大なコアがありました。

同時に「昭和」というキーワードもあって、でもそれは単なる懐かしさや、古い文化を面白おかしく再現するものではなく「歌謡曲」という戦後日本が生み出した全く新しい音楽の中にルーツとして存在する、古き良きアメリカの音楽(ジャズ、ソウル、R&B、ロカビリー、ロックンロール、ラテン、ボサ・ノヴァ等々・・・)のエッセンスを、最高にイカしたセンスとズバ抜けた演奏力でもってきちんと表に出すことにいつだって成功しているし、いつだって「イイーーーーーーネ!!」なんです。

はい、クレイジーケンバンドという最高にカッコイイ人達についてひとつだけ確実に言えることは

「この人たち本当に音楽が好きなんだ」

ということです。







【収録曲】
1.香港的士 -Hong Kong Taxi-(神崎まき)
2.本牧ソウルレディ(MOONDOGS)
3.タイムトンネル(TUBE)
4.退屈な日曜日(SMAP)
5.T字路/duet 野宮真貴(小泉今日子&中井貴一)
6.女ともだち(和田アキ子)
7.欧陽菲菲(グループ魂)
8.eye catch 湾仔巴士站 -Wan Chai Bus Stop-
9.バスが来る(神崎まき)
10.オヤコのマーチ(松崎しげる)
11.アルゼンチン逃避行(ジェロ)
12.第三京浜(渚よう子)
13.茶番劇(一青窈)
14.eye catch 本牧中央駅 -Honmoku Central Station-
15.TOTSUZEN CAR CLUB(CKB出演映画「イイネ!イイネ!イイネ!」挿入歌)
16.モトマチブラブラ(横浜元町チャーミングセール TVCMソング)
17.BABY BABY BABY(ダックテイルズ)
18.PLEASE(ダックテイルズ)
19.シンデレラ・リバティ(クールス)


アタシがごちゃごちゃ言うよりも、そりゃ聴いた方が早い!怒涛のセルフカバーいきますよー!!

上の曲名の横に()で書いてあるのがそれぞれの曲を提供したアーティストなんですけど、凄い名前が並んでいて壮観です。

しかし!

ここでクレイジーケンバンドによって新たにアレンジされ、演奏されているヴァージョンは、紛れもなく「クレイジーケンバンドの曲」になっていて、改めてクレジットを見返して「あれ?この曲確かアレだったよね!?」と、ようやく思い出すほど。

それぐらいクレイジーケンバンドのオリジナリティというのは圧倒的で、揺るぎない世界があるんですよね。ほら、じゃ〜んと一音鳴るだけで、ふわぁ〜っと夜の歓楽街のネオンとか、真夏のビーチとか、仲間とワイワイやる街の溜まり場とか、そういう風景が広がるんです。

個人的には後半に畳み掛けるダックテイルズ、クールスのナンバーに熱くなるものを感じましたが、いやいや、どの曲も演奏と歌詞が素晴らしい。

結婚する女友達を同性の立場から祝福するE、「これまでのパパはどこかフラフラしてたけど、君を授かることで、ここに生きる自信ができたよ」と"お父さん"の正直な本音をポロッと切なく唄うIとか、ユルく聴くつもりが、その本気の切なさとホロ苦さに引き込まれて、車の運転中にかなりヤバイことになりました(涙腺がね)。

あとDでデュエットしている野宮真貴さんの歌声は、本当にエレガンスの天国から降りてきた人の声だと思います。



”クレイジーケンバンド”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック