ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年12月30日

リトル・クリーチャーズ 未知のアルバム

4.jpg
リトル・クリーチャーズ/未知のアルバム
(Chordiary)

「知る人ぞ知る実力派」とかいう言葉が好きです。

そいでもって「その時代の流行と無縁」とか「正直どこからの影響でこんなサウンドになったのか分からない」という言葉も好きなアタシは、日本において、90年代初頭にデビューしたバンドで大好きなのがリトル・クリーチャーズ。

はい、この人達こそ「知る人ぞ知る」じゃないですか。ほいでもってその当時の流行と無縁というか、最先端のオシャレでカッコイイ音は作ってきたけれども、いわゆる渋谷系と近いようで本質的なものが何か全然違う。全曲英語の歌詞で、浮ついたところの一切ないクールな音楽性は、とても斬新で刺激的だったものです。

はい、かく言うアタシも90年代は激しい音楽ばかり求めて聴いていましたので、デビュー当時のリトル・クリーチャーズ、あんま知らんかったんです。ウチの奥さんが大大大ファンで、付き合った当初に教えてもらい。

「うそぉ!?あのバンドブーム最後の賑わいの時にこんなことやる日本人バンドいたんだー!!」

と、かなりびっくりして以来、特別に注目しています。

彼らが世に出てきたのは1990年、あの有名なオーディション番組「いかすバンド天国(イカ天)」で19代キングに輝いてからなんですね。

もうイカ天最後の方でしたが、この番組は、色んな意味でアクも個性も強くてカッコいいロックバンドをたくさん世に送った番組です。

ギラギラにトンガッたバンドや、サウンドもヴィジュアルも激しく自己主張していたバンドだらけだったイカ天で、ジャズや60年代ノーザンソウル、カントリーポップ(いずれもリアルタイムではそういう音楽だとは気付かなかった)などをサラッと消化して、しかも演奏がめちゃくちゃ上手い。その上手さも派手に弾きまくるとかそんなんじゃなくて、最小限の音で的確にグルーヴする、聴かせる上手さというか、まだ10代だったはずなのにその音楽性にも演奏にも不思議な熟練と、とても上質なアメリカン・ルーツ・ミュージックのエスプリが演奏全体に漂っておったんです。


(初期の彼らはこんな感じ)

それからリトル・クリーチャーズは大ブレイクすることもなく、コンスタントに良質な作品を作り続け、メンバー3人は、それぞれソロやセッションマン等で別個に活動をしながら音楽性をひたすら磨いてきました。

普通、バンドメンバーが、それぞれ外で色んなジャンルの音楽をやってきて、自分達のバンドの作品を作ると、幅が拡がったカラフルな作品が出来そうな気がするのですが、このバンドの凄いところは、それぞれ外で活動して、再び集まって作品を作る毎に、無駄な音がどんどん削ぎ落とされて、統一感のある作品が出来上がるんです。




【収録曲】
1.海原
2.未知の世界
3.夢ならば
4.絡めとられて
5.かんちがい
6.声なき者
7.月の顔
8.嘘の朝
9.赤いスカート
10.隼飛ぶ
11.わずかばかり


「未知のアルバム」は、5年という期間を置いて制作された7枚目のフル・アルバム。


「最小限の音数で、如何にグルーヴするか」ということに、ストイックにこだわったかのように、ギターはループする中毒性の高いリフを刻み、ベースはうねりながら微妙な緩急でサウンドを冷静にコントロールし、ドラムはひたすら乾いた音で、まるで打ち込みのように、厳選された打撃を重ねます。

リトル・クリーチャーズといえば、とにかく曲調とか展開とかよりも豊かに、楽曲に込められたストーリーを語る、青柳拓次、鈴木正人、栗原務の3人がそれぞれ持っている音色の豊かさに尽きるんですが、今回は本当にギター、ベース、ドラムという3つの楽器の音だけで、実に歌っています。

パッと聴くと、洗練を極めていてミニマルな要素で組み立てられた楽曲は無機質に聞こえなくもないはずですが、聴いてて心踊るしじんわりくるし、何よりも音楽そのものが暖かい。ジャンルで言えば何?って訊かれると非常に説明に困るのですが、これは間違いなくアナタの心を豊かにしてくるグッド・ミュージックです。

あと、これまでずっと英語で歌詞を付けてきたリトル・クリーチャーズが、今回全ての歌詞を日本語で唄ってます。これも意味と響きが不思議な次元で調和していてとってもとっても深いです。



(とてもスマートなシティ・ポップ。人力なのにどこかマシーンっぽいドラムもいいんです♪)



”リトル・クリーチャーズ”関連記事

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック