ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年01月24日

パール・ジャム VS

887.jpg
パール・ジャム/VS
(Epic/ソニー・ミュージック)

80年代のハードロック/ヘヴィ・メタルのブームから、徐々に周辺の色んなジャンルを取り込みながら独自の進化を遂げて、主に80年代後半から90年代前半にかけてシーンに登場したバンドのことを「オルタナティヴ」と呼ぶようになりました。

なかんづく、シアトルから出てきたバンド達のことが、特別に「グランジ・ロック」などと呼ばれるようになりましたが、リアルタムではそこんところは結構微妙なタイムラグがあったように思います。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズやビースティ・ボーイズなど、いわゆる「ヘビメタじゃない激しいロック」の斬新で刺激的な新作に夢中になっているうちに、ニルヴァーナが出てきて全てを塗り替え、その後にソニック・ユースやダイナソーJr.、スマッシング・パンプキンス。更にハードなものを求める向きに人気だったのがサウンドガーデン、アリス・イン・チェインズ、そしてパール・ジャムといったところだったでしょうか。

とにかく当時の高校生だったアタシらは

「次々出てくる声が高くないけど激しいロック」

の音を浴びるように聴きながら

「すげーすげー!こういう音楽って何て言うんだ?とにかくすげぇ!」

と、ヨダレも垂らさんばかりにハアハア言いながらCDを追っかけたり、耳にしたギターリフをコピーしようと躍起になったりしてました。

「そういうのってオルタナっていうらしいぜ」

と、知ったのは大分後のこと。

まぁその、アタマも実に悪かったので「オルタナティヴ」の意味とか分からんかったもんで、全てノリと勢いでカッコイイだの悪いだの、勝手な聴き方をして楽しんでおりました。

そんな夢中の中で、ニルヴァーナは別格として、特に人気が高かったのがパール・ジャムでした。

全国的にはどうだったか分かりませんが、大体ニルヴァーナ聴いたヤツは「次、パール・ジャム」というのが多かった気がしますね。

アタシは実はその時、パール・ジャムを聴いてはいましたが「何か全体的にゴワゴワしててあんまりピンと来ないなぁ・・・」というのが正直な感想でしたが、「いや、でも何かクセになるぞコレ」という友人の言葉をまぁ信じることにして、しばらく集中的に聴いてみたら、10回目ぐらいから「ほんとだ!!何じゃこれ!!」と、そのラフで暴力的な横ノリのグルーヴにヤラレるようになりました。

その時最初に聴いて「ゴワゴワしてピンと来ないなぁ」と思ったのは、彼らのファースト・アルバムで、友人に聴かされたのが、セカンド・アルバムの「VS」でした。





【収録曲】
1.GO
2.ANIMAL
3.DAUGHTER
4.GLORIFIED G
5.DISSIDENT
6.W.M.A.
7.BLOOD
8.REARVIEWMIRROR
9.RATS
10.ELDERLY WOMAN BEHIND THE COUNTER IN A SMALL TOWN
11.LEASH
12.INDIFFERENCE

正直言うと、最初に「あぁこれはクるな・・・」と思ったのは、ヴォーカルのエディ・ヴェーダーの声。

くぐもってざらついた、重い吸引力のある声に、最初アタシは惹かれます。

ロックといえば、メタルもパンクも、ヴォーカルは声を張り上げて絶叫するもんだと思っていたアタシに、そのシャウトしても重暗い声は、セカンドでよりソリッドになった音とバリエーションを増した楽曲の中で、一際パワフルで禍々しい存在感を放っております。

そこに横ノリのグイグイくるグルーヴです。

疾走する曲こそありませんが、だからこそ余計に後を引きます。