ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年02月24日

B.B.キング ザ・ジャングル

5.jpg
B.B.キング/ザ・ジャングル
(KENT/Pヴァイン)

誰もが認める”キング・オブ・ブルース”B.B.キングです。

ブルースが好きとか興味があるとか以前に「洋楽が好き」とか「ギター弾く」とかいうレベルの人なら、実際音は聴いたことなくても名前ぐらいは知っているほどの凄い巨人であります。

ほうほう、じゃあB.B.って何がどう凄いの?

と、お思いの方にはコレです。数あるスタジオ盤の中でも多くのファンが「これこそ最高傑作」と愛して止まない「ザ・ジャングル」です。



【収録曲】
1.THE JUNGLE
2.5 LONG YEARS
3.EYESIGHT TO THE BLIND
4.BLUE SHADOWS
5.THE WORST THING IN MY LIFE
6.BEAUTICIAN BLUES
7.AIN'T NOBODY'S BUSINESS
8.BLUES STAY AWAY
9.I STAY IN THE MOOD
10.I CAN HEAR MY NAME
11.GOT 'EM BAD
12.IT'S A MEAN WORLD


B.B.の人気が、黒人コミュニティのみならず、ロックを通じて全世界に「アレは凄い」と沸騰し始めた1967年のリリースで、当時30代半ばの脂の乗り切ったB.B.の、力強い声とギターにはち切れんばかりのブルース衝動が乗っかった、勢いと熱気の塊のようなアルバムです。

この頃にほぼ完成したB.B.のスタイルといえば、タメの効いたスロー・ブルースでの『泣きのイントロ→堰を切ったように出てくるフルヴォリュームのヴォーカル→そこに思いっきり被せてくる入魂のギターソロ』であります。

このパターン、今ではもうすっかりブルースの”お約束”みたいになっておりますし、実にシンプルなんですが、問題はそのシンプルな構造の中にどれだけの情感をブチ込むことが出来るかということなんですね。理屈抜きでイントロの「キュイーン」が鳴れば、聴いてる側の魂がもう全身総毛立つような感覚が、どの曲のどの演奏を聴いてもリアルに沸いてきてもう大変なことになってしまう。

もちろんB.B.のアルバムは年代毎にそれぞれ素晴らしい味わいがあるし、聴き込めばそれぞれのアルバムならではの「ここ、たまらんよ」が出てくるんですが、これほど理屈や知識的なもんをぶっ飛ばしてダイレクトに「ガガガ!」ってクるアルバムはないでしょう。アタシの場合はアルバムとして最初にちゃんと聴いたのが「ライヴ・アット・ザ・リーガル」で、「あぁ、いきなりこんな凄いライヴ聴いたらスタジオ盤なんか退屈だろうなぁ」とすら思ってましたがとんでもない、ライヴの熱気とはまた違う、中心にギュッと集まった音がスピーカーからダイレクトに飛んでくる凄いスタジオ盤、ここにありました。

はい、確かに多くの人が「最高!」と言う通り、このアルバムには特別な「何か」があります。

実はレーベル移籍のドタバタのさ中に作ったアルバムで、音源は1961年と62年の、主にカヴァー曲を集めたもので、詳しいレコーディングの日にちとかの詳細が不明だとか、オーバーダビングしたホーンのキメのタイミングが1曲目から大胆にズレてたり、スタジオ盤の理屈では色々と”完璧”とは言えないアルバムではあるんです。

しかし、そういった”ちゃんとした部分”でのマイナスを全部帳消しにして余りあるB.B.の凄まじいヴォーカルと、艶のある力強いトーンで響くギター(ルシール)の圧倒的パフォーマンスゆえ、多くの人に愛される名盤中の名盤として、今日まで聴き継がれてきているんだと激しく実感します。




ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446999222

この記事へのトラックバック