ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年03月02日

サン・ハウス ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース

5.jpg

サン・ハウス/ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース
(ソニー・ミュージック)

とにかくもうジャケットが素晴らしくありませんか?

白いシャツに紐ネクタイをキッチリ占めた老ブルースマンが、ナショナル・スティール・ボディ・ギターを構え、歳月が深く刻まれた皺だらけの顔と尋常ならざる深い目付きで真っ直ぐに前を見据えている。あぁ、これがブルース。

いや、これがブルースのレコードのジャケットじゃなかったら、一体何をブルースだと言えばよろしいのかと・・・。

本音を言えばこのアルバム

「はい、このジャケにブルースを感じた人は買いなさい。あとはアタシがガチャガチャ言うまでもねーから」

とだけ殴り書きして終わりにしたい。

だって中身はジャケット通りの100%ピュアな、混じりっ気なしの見事なディープ・ブルース。

つうかこれがブルースじゃなかったら何をブルースと(以下略)なんでございますが、せっかく今からブルースの深い泥沼に沈み込んでやろうと思っているこのブログの読者さん(いるのか本当に)に対してあまりに不親切なので、はい、ちゃんと中身をご紹介します。

サン・ハウスは、俗に「ブルース発祥の地」とも言われるミシシッピ・デルタ地方にて"デルタ・ブルースの父"と呼ばれ、同じく"デルタ・ブルースの創始者"と崇められるチャーリー・パットンと共に、ブルース第一世代の傑出したシンガー/ギタリストとして、独特のパーカッシブで荒々しいスタイルのミシシッピ・デルタ・ブルースの基本型を作り上げました。

「バカバカ叩き過ぎて木製のギターだとすぐにボディが割れてしまうから」

という凄まじい理由で金属ボディのギターを持ち、弦を激しくバチバチ弾きながら背骨をえぐるかのような強烈なスライドを放ち、また、腹の底からブルースが溢れているかのようなパワフルなヴォーカルは、戦前南部では圧倒的な存在感を放ち、聴く者をことごとく引きずり込んでいたといいます。

ちなみに彼やチャーリー・パットンを直に見て引きずり込まれ、ブルースの道へと突き進んだのが、若き日のロバート・ジョンソン、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフらであります。

個人的には特にマディ・ウォーターズのとことん泥臭いタフなボトルネック奏法は、サン・ハウスの"直系"であると思っとります。

サン・ハウスは、1902年に生まれ(諸説あり)、熱心な教会信者だった両親の影響で、幼い頃から教会で唄い、やがて一人立ちしてからは、ギター片手にあちこちで神の教えを激烈なスピリチュアル(ゴスペルの原型)と共に解く説教師として活躍しておりました。

「えぇ!デビルズ・ミュージックの元締めみたいなブルースマンが説教師!?」

と、アタシも思いましたが、これには深い訳があって、実は彼は説教師時代にタチの悪い絡み方をしてきた男に殺されそうになり、反撃して相手を殺してしまいます。

正当防衛とはいえ、殺人は宗派的には大罪ですからサンは破門。同時に説教師としての職を失い、刑務所に服役します。

その時の態度がとても殊勝であると、なんとたった1年のお務めで釈放されたサンは、出所してしばらくは農場や鉄道工事などの肉体労働者として働いていますが、やはり音楽への想いは絶ち難く、ドッケリー農場で出会ったチャーリー・パットンやウィリー・ブラウンらと共に、さすらいのブルース人生を送ることを決意するのであります。

1930年代はミシシッピ近郊では「知らない人はいない」とすら言われ、パットンらとレコーディングも行います(「伝説のデルタ・ブルース・セッション」)。

更に1941年から42年にかけては国会図書館用のレコーディング・セッションもこなすなど、一見順調そうに見えた音楽人生でしたが、パットンとのレコードは結局リアルタイムで陽の目を見ることはなく、国会図書館用の音源も単なる資料であり、彼の存在を広く世に知らしめることはなく、ラジオから次々流れるレコード・ヒットの勢いに押し流される形で、ブルースマンとしてのサン・ハウスは、40年代後半にもなると、いつの間にか過去の人になっておりました。

いくらミシシッピの片田舎で唄っても唄っても、何ら報われない生活に嫌気がさしたサンは、故郷と音楽を捨て、ひっそりカタギとして生きていくことを選びます。これが1948年のことであります。

それからおよそ15年、サンはニューヨーク州のロチェスターという、およそブルースとは縁のない街で、日雇い労働者、調理人、動物病院の補助係などをしてひっそり暮らしておりました。

ここでやって来るのが、おなじみの60年代フォーク・ブルース・リバイバルです。

熱心な白人青年らが、アメリカ南部中を探し回って、活動休止中の伝説のブルースマン達を次々"再発見"してはライヴやレコーディングに引っ張り出していた、あのムーヴメントによってサンも1964年に再発見されるのですが、皆が「生きてるとしたらミシシッピ近辺に住んでいるだろう」と思い込んでいたために、彼だけがかなり発見が遅れたと言われております。

サンを発見した3人の青年達は、最初不審がって話も聴こうともしない彼に昔の演奏のテープを聴かせてこう言いました。

「ミスター・サン・ハウス、僕らはもう一度こういう素晴らしい衝動にうち震えたブルースが聴きたいんだ。そして僕らと同じようにこういうホンモノのブルースが聴きたいと願っている若者がたくさんいる」

サンの中で、必死に圧し殺し、無理矢理忘れ去ろうとしていたブルース衝動が沸き上がり

「オレに出来るかって?小僧共、目の前に誰がいると思ってるんだ」

と、鋭い目付きのブルースマンの顔になって言い放つのに、そんなに長い時間はかからなかったといいます。




【収録曲】
1.デス・レター
2.パーリーン
3.ルイーズ・マギー
4.ジョン・ザ・レヴェレーター
5.エンパイア・ステイト・エクスプレス
6.プリーチン・ブルーズ
7.グリニン・イン・ユア・フェイス
8.サンダウン
9.レヴィー・キャンプ・モーン


サン・ハウスがニューヨーク州ロチェスターから、3人の白人青年によって再びブルースの世界へ飛び出したその年の1964年、最大のコンサートである「ニューポート・フォーク&ブルース・フェスティバル」に出演。

"生きた伝説"の、伝説に違わない壮絶な演奏を目の当たりにした聴衆はもちろん大熱狂、サンは演奏の後のステージ裏で、満足に酒を煽り、煙草を吹かしておりました。

そんな彼を、一人の巨大な、多くのブルースマン達の中でも一際目付きが鋭く、凶暴なオーラをまとった男が立ち尽くして見ています。

サンは彼が、かつて南部で自分やチャーリー・パットンの周囲でちょこまかしていた若者だとすぐに気付き、緊張で固くなっている彼にスタスタ近付いて行って、ニヤリと笑って言いました。

「よぉクソガキ。俺達が夢中で追っかけていた南部の双子のべっぴんは今どうしてるだろうな?」

緊張していたその男、いや、今やシカゴブルースの一画を束ねるビッグボスとなっていたハウリン・ウルフは、最初緊張していましたが、サンのその言葉に満面の笑みを浮かべ、それからしばらく和やかに昔話で盛り上がったそうであります。

そしてそのステージ裏での話が

「あのハウリン・ウルフがそんな風になったサン・ハウスって一体何者だ!?」

と更に伝説となり、皆がアルバムを心待ちにしていた1965年、伝説のブルースマン、サン・ハウスの初めてのレコードである本作「ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース」が遂に世に出されました。

このジャケット、そして「フォークブルースの父」のタイトルの素晴らしさを凌駕するコレが素晴らしい内容なんです。

63歳という年齢に蓄積された深い深い、というよりも、どうあがいても体から剥がれずに、どれだけ逃げても逃げ切れない強烈なブルース・フィーリングがです。

全身から激しく振り絞った声、全力でブッ叩かれて弦とボディが「バカン!ビキン!」と硬い悲鳴を上げるギターによって弾き出されるモノホンのデルタ・ブルースは、もう息をするのもはばかられるような、重く濃密な空気を聴く人に突き付けます。

「お前のブルースはどうなんだ?」

と。

「朝起きたら"急げ急げ、お前の女が死んじまった"って書かれた手紙がきた」

と、ヘヴィな死を唄う「デスレター」や、恐らくは実体験に基づいているであろう日雇い労働と恋人との別れがえぐるようなスライドとともに切々と唄われる「レヴィー・キャンプ・モーン」等の看板曲はもちろん、伴走は手拍子だけの強烈なスピリチュアルソングの「ジョン・ザ・レヴェレーター」、キャンド・ヒートのアル・ウィルソンによるサイドギターとの絡みが重厚なデルタ・ビートを生み出す「エンパイヤ・ステート・エクスプレス」いやもう曲がどうとかではなく、この盤から叩き出されるサンの声、ギター、そして荒々しいブレスなどの全てが異様な程の緊迫感と生々しさに満ちています。

これ聴いた時、アタシは感動はもちろんしましたが、同時に聴いてはいけない類いのヤバいものを知ってしまったとも思いました。

奇しくもライナノーツにサン・ハウスの言葉があって、これがまたすごく一言でこのアルバムを言い表してる言葉にだったんで、シメに引用します。


『ブルースというのはひどく感情的な、ゾクゾクさせるスリルに過ぎない。君たち坊やがそれを一度も経験したことがないなら、絶対に知らないままでいた方がいい』

ーサン・ハウス










”サン・ハウス”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447495475

この記事へのトラックバック