ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年03月16日

ミシシッピ・ジョン・ハート アヴァロン・ブルース

4.jpg

ミシシッピ・ジョン・ハート/アヴァロン・ブルース
(ソニー・ミュージック)

ミシシッピ・ジョン・ハートといえば、戦前にレコーディングを残し、いわゆる戦後に”再発見”されたブルースマンの中で最も人気があったと言われる人です。

その、流麗なアルペジオ奏法によるギターと、何ともほのぼのとしたハートウォームの声は「ブルース」と聴いて連想する、ガラガラで泥臭いイメージとはまるで対極に位置するものであり、長年ブルースファンというよりはフォークを愛好する人達によって愛され、多くの楽曲がカヴァーされてきた人でもあります。

その人となり、ミュージシャンとしての半生につきましては以前にココに書いてありますので、余りクドクドは申しませんが、とにかくそのフォーキーなスタイル(ブルース以前の音楽、つまりブルースから枝分かれしたカントリーの原型をそこに見るような感じ、といえばいいでしょうか)を、何の知識もなしに耳にした時は

「うぉ?コノ人はブルースの人なのにまんまフォークだぞ?どうしたんだ??」

と思ったんですが、実は話が逆で、1960年代以降にたくさん生み出されたフォークソング(実際のフォークソングは単純に”民謡”という意味ですので”フォーク・リヴァイヴバルの時のアコースティック音楽と思えばよろしい)のほとんどは、コノ人のスタイルから直接/間接を問わず大きな影響を受けている訳で、ザックリと、本当にザックリといえば

「戦後のフォークのスタイルは、そのかなりの部分がミシシッピ・ジョン・ハートが作ったもので出来ている」

と言っても、ちょっとしか言い過ぎでないのであります。

そして、ギターを弾く人には、さっきまで散々フォークフォークと言ってたくせにと矛盾を感じるかも知れませんが、ミシシッピ・ジョン・ハートのギターには、フィンガー・ピッキングでアコースティックなブルースを弾くには欠かせない基本テクニックの宝庫なんですね。

アタシが本格的にブルース・ギターを弾いてみたいと思った10代の頃の話です。

「戦前ブルースを弾けるようになりたい!」

と思ったものの、当時はネットもない時代、何をどう弾いていいのか分からず、とにかく必死になって耳コピをしておりました。

そんな時に楽器屋さんで、ステファン・グロスマンという人の、戦前ブルース教則ビデオを見付けたんですね。




はい、ステファン・グロスマンといえば、フォーク・リヴァイバル時の人気グループ「イーヴン・ダズン・ジャグ・バンド」のメンバーであり、シンガー/ギタリストとしての作品やジョン・レンボーンをはじめ、様々なミュージシャンとのコラボでも知られる人ですが、この人はハウ・トゥ・ギターの世界(?)ではとにかく有名な人で、なかんづくアコースティックなブルースの教本やビデオは物凄い量出しています。

戦前ブルースの、特にあの「ギターが2本同時に鳴っているように聞こえる奏法」をとにかく会得したいと思っていたアタシは、グロスマン氏の教則ビデオに飛びつきました。

教則ビデオは最初から最後まで通して観ても、何をどうやってるのかさっぱり分かりません。

しかし、最初にグロスマン氏が

「まずはこの曲をやってみよう、とっても簡単だからね」

と1曲目に持ってきていたのが「マイ・クリオ・ベル」。

これがミシシッピ・ジョン・ハートの曲でした。

最初は

「うぉう、オレはブルースが弾きてぇんだよ、こんなフォークみたいな曲やってられるかよ!」

と、突っ張ってみたのですが、それをすっ飛ばしてブルース曲をしようとしても全く歯が立たず。

悔しいのと情けないので、結構本気でイライラしましたが、ここは素直にグロスマン先生に従おうと、2週間ぐらい真面目に「マイ・クリオ・ベル」を練習してたんです。

そしたら、何となく、親指を「ボン、バン、ボン、バン♪」とやりながら、残りの指でそれっぽいオブリガードを入れることが出来るようになったんです(!)

それを皮切りに、他のブルース曲に挑戦してみたら、何と!完璧ではないけれど「何をどうすればいいの・・・?」という最初の頃のやや絶望感を伴った疑問もなく、分かる!・・・ような気がする!!

で、アタシのブルースギター人生はスタートしました。

ミシシッピ・ジョン・ハートの、アルペジオと親指のベース音弾きギターは、本当にフィンガー・ピッキングの基本も基本。この奏法をマスターしたら、後はシンコペーション(アクセントの置き方)で、ラグタイムやブルースのフィンガー・ピッキングが応用で弾けるようになるんです。


なのでこのブログをお読みの方で「うぉう、オレは戦前ブルースのギター弾けるようになりたいぜぇ!でも、何をどうやったらいいのかさっぱり分からないぜぇ♪」という方がいらしたら、ぜひともミシシッピ・ジョン・ハートの耳コピから始めてください。




【収録曲】
1.フランキー
2.ノーバディズ・ダーティ・ビジネス
3.エイント・ノー・テリン
4.ルイス・コリンズ
5.アヴァロン・ブルース
6.ビッグ・レッグ・ブルース
7.スタック・オーリー
8.キャンディマン・ブルース
9.ガット・ザ・ブルース
10.ブレスド・ビー・ザ・ネーム
11.プレイング・オン・ザ・オールド・キャンプ・グラウンド
12.ブルー・ハーヴェスト・ブルース
13.スパイクド・ライヴァー・ブルース


さて、アルバムを聴いてみましょう!

ジョン・ハートは戦後60年代に再発見されて大人気となり、ライヴ盤も含めると物凄い量の音源があります。

で、基本的に芸風の変わらない人ですので、どれもオススメではあるんですが、やっぱり聴きたいのは、彼の原点となり、実にその後35年の時を経て、多くの若者の心を掴んだ戦前録音を聴きたいものです。

彼の戦前録音は、この「アヴァロン・ブルース」に残された13曲が全て。過去にはPヴァインが「キング・オブ・ザ・ブルース4」というタイトルで、他のアーティストの楽曲をカップリングしてリリースしたり、戦前モノではジャケットの素晴らしさも含めて定評のあるYAZOOからリリースされたこともありますので、多少話がややこしいですが、どれも内容はほぼ一緒。強いていえば本盤がデジタルリマスタリングのお陰で音質がクリアになっているといったところでしょうか。

どこまでも優しく、鼻歌なんじゃないかと思えるぐらい軽やかな唄い方と、若い分だけハリのあるギターの美しいサウンドによる、芸術的なリズムとオブリガードの”一人掛け合い”これはもう至宝です。

ちなみに1曲目「フランキー」は、ボブ・ディランが90年代にリリースした弾き語り名盤「グッド・アズ・アイ・ビーン・トゥ・ユー」で素晴らしいカヴァーを披露しておりますので、興味のある人はぜひ聴き比べてみてください。


”ミシシッピ・ジョン・ハート”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447911728

この記事へのトラックバック