2017年04月27日

リック・デリンジャー オール・アメリカン・ボーイ

5.jpg
リック・デリンジャー/オール・アメリカン・ボーイ
(ソニー・ミュージック)

さて、今日は「ロックンロール」というものについて、柄にもなく真面目に考えております。

ロックンロールとは?

言うまでもなくロックのルーツであり、そして言うまでもなくそれは、1950年代に隆盛を極めたエレクトリック・ブルースの”よりキャッチーで踊れる音楽”です。

はい、チャック・ベリーやリトル・リチャードらが、当初「リズム・アンド・ブルース」としてその新しいスタイルをレコード(ドーナツ盤)に吹き込みました。

それらは当時「レース・レコード」と呼ばれた黒人向けのレコードとして売られた訳ですが、これが何と刺激を求める白人の若者も手に取って次々購入するようになった。

これを受けて音楽業界側が

「黒人白人両方のマーケットにPRできる新しい名前を」

ということで付けた名前がロックンロール。

ほうほう

んで、そこから数年経て、ロックンロールはその中心であるチャック・ベリーや人気DJアラン・フリードの逮捕とか、エルヴィス・プレスリーが兵役へ行くことでシーンから一時消えたこととか、リトル・リチャードが牧師になるために大衆向けの音楽活動を停止したとか、バディ・ホリーが飛行機事故で亡くなったとか、とにかく様々な理由で一気に盛り上がったものが一気に下火になります。

そこからは再びアメリカの黒人と白人の若者は、また別れました。

しかし、一度ロックンロールで人種の垣根を越えた若者達は、それぞれを取り巻く社会問題や、それぞれのルーツと真剣に向き合うことに没入します。

これがソウル・ミュージックを生み、フォーク・リヴァイバルに火を付け、この流れが一旦イギリスへ渡って再びアメリカに帰ってくることによって「ロック」の大波となってゆくのです。

はい。で、ロックの時代になってロックンロールはどこへ行ったんだろう?

「ロックロックって言うけど、ロールはどうした?」

と言ったのは、かのキース・リチャーズでありますね。

そう、端的に言えばロックは60年代後半から70年代、そして80年代90年代と、どんどん先鋭的に進化して、ロックンロール独特のルーズなカッコ良さや、いわゆる”粘るグルーヴ”よりも、派手さや速さがサウンドにプラスされ、加速して炸裂する音楽になって行きました。

しかしまぁブルースの時代からの「クレイジーになれる音楽」というものを考えればこの進化は当然であります。

で「ロックンロールは死んだのか?消えてなくなってしまったのか?」といえば、実はそうじゃないんだよ、ということを今日は話したかった(長い!)。

はいすいません、ロックンロールですね。

実はアメリカでは、60年代も70年代も80年代も90年代も、ロックンロールというものはずーっとメインストリームで生きております。

アタシなんかがパッと思い浮かぶのは、やっぱりガンズ・アンド・ローゼスやモトリー・クルー、ニューヨーク・ドールズ、エアロスミスなんかは、ロックというよりも粘りのあるロックンロールです。

あと、アメリカではないけれどAC/DC!

これらはいずれも70年代以降のバンドです。

何が言いたいかというと、1970年代以降もロックンロールは多くの若者に愛され、そして演奏されてきたということなんですね。

で、ロックンロール・・・というよりも、1970年代以降の「新しいロックンロール」というものを語る時に、まずハズせない永遠の名盤を、今日はご紹介します。

はい!




(ギター・レジェンド・シリーズ)

【収録曲】
1.ロックンロール・フーチー・クー
2.ジョイ・ライド
3.ティーンエイジ・クィーン
4.チーフ・テキーラ
5.アンコンプリケイテッド
6.ホールド
7.恋と涙のエアポート
8.ティーンエイジ・ラヴ・アフェア
9.イッツ・レイニング
10.タイム・ワープ
11.スライド・オン・オーヴァー・スリンキー
12.ジャンプ・ジャンプ・ジャンプ


いえぇぇ〜い、リック・デリンジャー!


リック・デリンジャーといえばジョニー・ウィンターの初期バンド「ジョニー・ウィンター・アンド」の中心メンバーで、あの狂熱の名盤「ライヴ」でバリバリに気合いの入ったセカンド・ギターを弾きまくっておりますが、ソロ・アーティストとしてはこれが実にキャッチーで芯の強いロックンロールを聴かせてくれる人なんです。

本人はジョニー・ウィンターや、その弟のエドガー・ウィンターと長く活動して、プロデュースもやっておる、やんちゃなギターとは裏腹に、実はマルチな人だったりもするんですよ。えぇ、ついでに言うとルックスも良かったので、若干アイドルみたいな感じで売り出そうという動きもあったとかなかったとかなんですが、本人そういうのも上手に利用して「かっこいいロックンロールってのはこういうヤツ!」と、見事その後へのお手本を示したアルバムを、デビュー作として作り上げました。

それが「オール・アメリカン・ボーイ」であります。

まずはこの、カラッとした、実にノリの良いサウンドの中に、キラ星の如く輝く活きのいいナンバーやバラードを、なーんにも考えずに聴いてくださいな。

ジョニー・ウィンターを始め、ロックの色んな人たちがカヴァーしている「ロックンロール・フーチー・クー」や、アコギで弾かれる切ない風情のスライドと、いかにもカントリー・ポップなノリのグルーヴ、切々とした高めの声とのマッチング感が最高な「チーフ・テキーラ」、大人な雰囲気満載の楽曲に、泣きのギターが炸裂するバラード超大作「ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ」など、とにかくこのアルバム、70年代めちゃくちゃ売れたとか、超有名な人の大名盤という訳では決してないんですが、聴いてすぐに「あ、コレはゴキゲンだね」と思えるし、今でも多くのロッカー達に愛されている「ロック・カヴァーソングのスタンダード」がいっぱい入ってるんです。つまり、時代やスタイルを超えて誰もが楽しめるゴキゲンな音楽。あ、それがロックンロール♪

でも、ポップでキャッチーでも、ギターは相当に鋭いんで、そこんとこヨロシク♪




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック