ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年06月14日

ライトニン・ホプキンス 雨の日のブルース

887.jpg

連日の、梅雨とは思えないカラッカラの夏晴れが一転、昨日からしとしとと、ようやく雨が降りだしました。

で、昨日の朝はドタバタで、出かける時用のCDを持ってくるのを忘れたんです。

これはいかんとカバンをガサゴソしたら出てきたライトニン・ホプキンスのCD、しまもこんな雨の日に『Rainy Day in Houston』。

余りにもナイスな偶然にあははとなって、終日聴いておりました。

録音は1955年から60年、そしてちょびっとだけ68と見事にバラバラですが、内容はエレキでバンド付き(基本ドラム、曲によってピアノやハーモニカも加わる)でダーティに唸るライトニンで、不思議な統一感があり、何より作品としてイイのです。

しかしライトニンのギター、バカみたいに歪んでいます。

特に前半、ダーティの度合いでいけば、あのドロドロで有名なヘラルド盤をも凌駕しそうな勢いであります。

1960年代前半はもちろん歪み系エフェクターなんて売られてないでしょうから、この歪みおかしいだろうと思思いますが、これは音量稼ぐためにアンプをいじくりまくって、意図せずして音が割れた結果の歪み。

そういえば50年代の時点でワシャワシャのディストーションみたいなギターを弾きまくっていたエルモア・ジェイムズやギター・スリムも、アンプの電圧とかをバカみたいにいじくっていて、彼らが弾いてるアンプというのは、いつ漏電したりショートしたりしてもおかしくない程の危険なシロモノだったそうですが、そんなこと分かってても誰も気にしてなかったというのが何というかアメリカらしいというか恐ろしいというか・・・。

アルバムレビューはこちらをごらんください↓






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450863156

この記事へのトラックバック