ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年07月10日

ビッグ・ジェイ・マクニーリー ライヴ・アット・シスコズ

4.jpg

ビッグ・ジェイ・マクニーリー/ライヴ・アット・シスコズ

(Atlantic/ワーナー)


さぁみなさん、お待たせしました!今日は皆さんの大好きなホンカーの大将、ビッグ・ジェイ・マクニーリーですよー!!!!

えーーー!誰それ?

とか言うなかれ!

いや、知らなくてもいいし言ってもいいんですねどね、あーたホンカーを知らずして人生は楽しめないという古いことわざがアメリカにありますように、これはもうさいっこうに楽しい音楽なんです。

えぇ、そんなことわざなんか例によってないんですけれどもね。でも、1940年代にアメリカ南部のテキサスから”テキサス文化圏”ともいえる西海岸で流行ったのが、ブルースもジャズもR&Bも、そして後にはロックンロールもすべてブチ込んだ、ジャンプ・ミュージックというゴキゲンな音楽です。

ジャンプ・ミュージックのバンドっていえば大体がビッグバンドで、カッコいいスーツに身を包んで、ホーン隊が演奏中に立ち上がって踊ったりするのね。

「何だ、そんなのジャズじゃないか」


と思うなかれ、ジャズの場合はそういうエンターテイメント性がありつつもやっぱり「聴かせる」方に何だかんだ行く訳ですが、ジャンプの場合はそのベクトルが全く逆。ちょいとウケたらところん「踊らせる」方向に演奏は行っちゃうってぇ寸法なんです。 


「盛り上がれば何でもOK」ってことでエレキギターなんかもガンガンフィーチャーして、歪んだ音で弾かせてるし、場がノッてきたら曲の途中から全部手拍子と合唱でも全然構わない。そういう音楽の中身も客席とステージも厳密に区別しない、いかにもアメリカ南部の豪快でおおらかなノリのものが多いんですね。

そんなジャンプ・バンドの花形といえば、テナー・サックスでありました。

音響機器もまだまだ未発達の時代に、生音のソロでいかにデカい音を出していかに客を沸かせるかを真剣に考えて色々と「わぎゃー!」という叫び声のような音を出したり、吹きながら客席になだれ込んだりステージの上でのたうち回るアクションをしたり、とにかくもうソロタイムになると音と派手なアクションで、まるで怪獣のごとく現れては常識外れな音とアクションで大暴れして演奏を興奮のるつぼに巻き込むテナーサックスを持った生き物、そいつらが「ホンカー」と呼ばれ、当時はそんじょのジャズマンよりも現場人気を博していたんです。

有名なジャズマンでもホンカー出身はいっぱいおります。

多いのはやっぱりテキサスで、テキサス・テナーのアーネット・コブとかブッカー・アーヴィン、アレサ・フランクリンやサム・クックのバックでも有名なキング・カーティスなんかはそうですね。それから意外にも若い頃のコルトレーン、この人は反対側のニューヨークですが、食うためにR&Bのバンドでテナーを吹いて、バーのカウンターを練り歩きながらぶおーぶおーと吹いておった。そういうホンカーの真似事なんかをしておったみたいです。

1950年代ぐらいまでは、レコードはまだまだ一部の金持ちの道楽で、ほとんどの一般大衆はラジオやジュークボックスに小銭を入れて音楽を楽しんでおりました。

ジュークボックスが置いてあるのは、酒場とか遊技場とかそういった、とにかく人が集まってワイワイしてるところですよね。だからそういう場で好まれるのは、自然とみんなで盛り上がれる曲で、つまりそういう場では芸術性の高いものよりも、ポップでノリが良くて親しみやすいジャンプやR&Bだったんですね。

そしてアメリカのヒットを支えていたのが、このジュークボックスでリクエストされる音楽でした。

ジュークボックスにコインを入れるのは、主に労働者や若者層であります。

当時のビッグ・ジェイらジャンプのスター達がどれぐらい人気だったかといえば有名なこの写真

5.jpg

熱狂の余りステージに寝っ転がって吹きまくるビッグ・ジェイを見る白人若者のこの顔(!!)

ヤラセではありません、ビッグ・ジェイのステージは実際にこんなもんではなく


『ビッグ・ジェイが物凄い音でソロを吹くと会場からコールの大合唱が起きる。んで、彼は客席を練り歩きながら吹きまくるんだが、その熱狂の凄まじさの中でいつの間にかいなくなってる。おかしなことになったと思ってもバンドも客も止められないぐらいにヒートアップしてそのまんま盛り上がってた。しばらくしてクラブに警察から電話がかかってきて、バンドのヤツを出してくれと言うから何だろうと思ったバンマスが電話を替わると”道の真ん中でおかしなヤツが地面をのたうちまわりながらサックスで雄たけびみたいな騒音を出している、危ないし迷惑だから迎えに来い”と』

何か前に紹介したギタースリムの話と似てますが、まぁ50年代のイカレたブルースマン達のノリといえば普通にこんなもんだったでしょう。

とにかくビッグ・ジェイの吹き倒すテナーといえば、小細工やテクニカルな技を披露すること微塵もナシ、ず太くまるでファズかディストーションが効いたような割れた音(これはですのぅ、グロウトーンといってサックス吹く時に”ウー”っていう声を混ぜると出せるんですが、普通にここまでの音は出らんです)でブオーとかギャー!!とかひたすら破壊力のある一音をぶっ放つ。

曲はブルースというよりもほとんどロックンロールに近い8ビートシャッフルで単純明快、バラードとかもやるけど、そしてそれはそれで実に味があって素晴らしいんだけれども、アップテンポでのテナーの「ボギャギャギャーーー!!」で情緒とか感慨とかセンチとかいったものが全部吹っ飛んでしまう。

雑誌には「元祖ヘヴィメタ」って書いてあり、アタシはそれを見て「昔のしかもリズム・アンド・ブルースでどれほどのものか」と、若干ナメてたんですが、もうその「ぼぎゃーー!」で完全に土下座です。「アンプとかエフェクターなしでよくぞここまでやってくれまました本当にすいませんでした」です。




【収録曲】
1.ビッグ・ジェイズ・シャッフル
2.ペルディード
3.ユー・ドント・ハフ・トゥ・ゴー
4.ビッグ・ボーイ
5.ビッグ・ジェイズ・カウント
6.シスコズ
7.サンセット
8.ディーコンズ・ホップ
9.ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード
10.シェク・イット、シェイク・イット、ベイビー
11.ザ・パーティーズ・オーヴァー

で、そんなビッグ・ジェイは、やはりというか何というか、日本ではジャズファンとかよりも、どっちかというとロカビリーとかロックンロールとか好きな人に人気が高い。そりゃそうですよね、ムードは完全に50'sのそれで、随所に唄(ほとんどサビの掛け声)もあるしブライアン・セッツァー・オーケストラなんか好きな人が聴けばもう一発撃沈みたいなグレイトなサウンドですもんね。

アルバムはもうほんと「出てるものは全部いいから全部買え」と言いたいぐらいに、どれも見事な狂乱のクオリティを維持してます。でも、ようやくこうやって1963年という旬な時期のライヴ盤がようやく国内盤でしかもかなりハッピーな価格で出てくれたんでこれを聴きましょう。

最後に、ビッグ・ジェイはただめちゃくちゃにサックス吹いてる・・・んですが、決してデタラメをやってるんじゃなくて、音楽の基礎をちゃんと真面目に習って習得した人なんです。

クラシックを教える音楽学校で割と真面目な生徒だったみたいなんですが、真面目〜にクラシックばかりをやっていたら、自分のサックスの音がだんだん綺麗で優しいものになってきたから「これはいかん」と音楽学校を辞めて夜の世界へ飛び込んだんだと。うん、やっぱり頭オカシイ。ちなみに御年90を超えて今も現役で、流石にステージでは座ってることが多くなったけど、そのサックスからは相変わらずな「ボギャー!」がマイク要らんのじゃないかこれ?って音で出てくるんだと。


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック