2017年07月18日

ジョン・コルトレーン 至上の愛

1.jpg

ジョン・コルトレーン/至上の愛
(Impulse!/ユニバーサル)

「至上の愛」

レコードで手に入れたジョン・コルトレーンの、この意味深なタイトル、更に意味深なモノクロの横顔写真のレコードを、何度繰り返し聴いたことでしょう。

そして、その激烈な演奏から見える、一言でいえばとことんへヴィでとことんピースフルな音楽の深みに何度引き込まれてクラクラしたことでしょう。

「アンタはコルトレーンに大分イカレてるようだが、コルトレーンの音楽って何がいいの?どんな音楽なの?」

と、今もよく訊かれます。

その都度アタシは

「う〜ん、コルトレーンは激しくて重たくて暗くて・・・でも聴いた後ココロがスカーっとするんです」

と答えます。

毎度陳腐な言い草で本当にごめんなさいなんですが、コルトレーンに感じる”特別な何か”は、これはもう聴いたことのない人には体験して、その理屈じゃない部分を感じて欲しいんですね。

コルトレーンはジャズの人で、初期、特にPrestigeやAtlanticというレーベルに所属していた頃は、どこからどう聴いてもかっこいいジャズをやっています。

だから「ジャズの巨人、ジョン・コルトレーン」とよく言われているし、実際その通りであるのですが、自分のバンドを組んでImpulse!レーベルからレコードを出すようになってからのコルトレーンを聴いていると、もう”ジャズ”という枠にはめて聴くのもどうかと思うほど深いんです。

や、たとえばマイルス・デイヴィスのようにロックビートを入れたり、エレキギターやキーボードなんかを入れて、ロックやファンクを意識したクロスオーバーな”新しさ”を感じさせる音楽をやっている訳ではまったくなくて、むしろ70年代までやっててもそういう路線には行かずにアコースティックなジャズを愚直に追及しそうな勢いでフリーフォームの20分とか30分の演奏を死ぬまで繰り広げているのが60年代半ば以降のコルトレーンなんです。

だから”新しい”とか”音楽の幅が広い”とかじゃなくて”深い”。コルトレーンがジャズという枠組みを大胆に超えているその原動力は、深さに一点集中した物凄いエネルギーなんですね。

よくガイドブックやネット記事でも名盤といわれる『至上の愛』ですが、このアルバムはコルトレーンがまだフリーフォームに突入する前に、定型をギリギリ保ちながら”ジャズ”を超える深みへ自身の音楽を到達させた一枚だと思うのです。





【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts)
マッコイ・タイナー(p)
ジミー・ギャリソン(b)
エルヴィン・ジョーンズ(ds)

【収録曲】
1.至上の愛 パート1:承認
2.至上の愛 パート2:決意
3.至上の愛 パート3:追求
4.至上の愛 パート4:賛美

(録音:1964年12月9日)


コルトレーンが紆余曲折を経て、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズという若手アーティスト達を揃えた自己のバンドを結成したのは、1960年から62年のことでした。

リーダーとしてやっと自分の思う世界を音楽で表現出来ると確信したコルトレーンが若いメンバー達を鍛えることおよそ2年から4年。

音楽だけでなく世界中のあらゆる民族文化、宗教や哲学思想にも深いインスピレーションを得ようとあらゆる書物を読みまくっていたコルトレーンは、激動の社会情勢なども目の当たりにして、真剣に「救済」について考えるようになり、メンバー達と共に連日の激しいギグやレコーディングを繰り返しながら、思想と表現を、まるで溶鉱炉で熱した金属を錬成するように練り上げていきます。

Impulse!から”ジョン・コルトレーン・カルテット”名義で立て続けにリリースされた60年代初頭のほとんどのアルバムは、どれもカッコ良く進化したモダン・ジャズでありながら、コルトレーンのサックスは定型を逸脱しそうなほどに激しく、バックも、特にエルヴィン・ジョーンズのドラムを中心にそれぞれ気迫の塊のような熱演でコルトレーンに応え、情念と情念が渦を巻いて高温で発熱しているかのようであり、そして楽曲は独特の荘厳な響きの中に、インドやアフリカといった(多分コルトレーンから見て)人類の根源の地に息付くリズムやメロディーの断片を深く埋め込んだ、やはり異様でいて特種なムードを醸すものでした。

『至上の愛』は、そんな異様でいて特種なムードを”神”というキーワードでまとめ、壮大なスケールの4部の組曲にしたものです。

”神”と言ったらアタシも含めたフツーの日本人は「むむ、何かウサン臭い宗教か?」と身構えます。

実際アタシも最初に聴いた時は、荘厳な雰囲気の中「ア、ラーヴ、シュプリーム・・・」と、低い男の声でボソボソと呟かれるタイトルにびっくらこいたものですが、コルトレーンに言う神というのは、キリスト教とかイスラム教とか、そういう特定の宗教の神様ではなく、もっと根源的な、人間の意識の内側に存在する摂理のような存在のことだとライナノーツに書いてあったのを読んで安心したという経験を持つのではありますが、演奏はこの上なくへヴィでアグレッシブで、もし”ハードコア・ジャズ”という呼び名が許されるのであればそう呼んで上げたいぐらい、意味深なタイトルとか組曲とかそういう難しそうなイメージとは裏腹の実にストレートなカッコ良さにみなぎったものでありまして

「いや、コルトレーンって演奏する前は神とか精神とかそういうことを悶々と考えてたんだろうけど、実際サックス吹いてアドリブに突入したらトランス状態に入っちゃって、それまで悶々と考えてたことなんか全部吹っ飛ばす人なんじゃね?」

というのが、20年以上何度も何度も聴いて、その都度「くー、かっこいい!」と打ち震えてきたアタシなりの現時点での結論です。

あと、ここから先は聴きながら感じて欲しい余談の部分なんですけど、前に誰かがツイッターで

「至上の愛ってラテン・ポップスだと思う」

と、興味深い発言をしていて確かに”ラテン”を意識して聴けば、特に1曲目、これは実にリズムの骨組みがキャッチーなラテンで、独特の重さや荘厳さを一旦耳から外して聴けば、いやこれほんとポップで踊れるアルバムなんじゃないかと、実は最近思っています。

そういえば60年代以降のコルトレーン、よく「難解だ難解だ」と言われてますけど、実際演奏面に関しては、言われるほど難しいことはしてなくて、むしろハードなブロウに徹した硬質でまっすぐな表現に舵を切っているような気がするんですがどうなんでしょう?







”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック