2018年01月15日

キャロル・キング ファンタジー

1.jpg
キャロル・キング/ファンタジー
(ソニー・ミュージック)

昨日は70年代ニュー・ソウルの旗手、ダニー・ハサウェイの名盤『ライヴ』を紹介しました。

戦後アメリカが反映の影で抱えていた様々な問題は、公民権運動やベトナム戦争、ヒッピー・ムーヴメントなど、といった大きな社会的な動きの中で、その問題を大きく外に噴出させます。

これに大きな反応を示し、社会の動きをある方向からリードしていたのが音楽のシーンであります。

とりわけアメリカ北部、シカゴやデトロイトといった都市部での黒人ミュージシャン達は、人種差別や貧困といった、自分達の直面する問題にとりわけ真剣に向き合い、あらゆる形の問題提起を歌詞に込めた歌を作るようになりました。

音楽的には元々”ノーザン・ソウル”と呼ばれていた北部のソウル・ミュージックは、60年代から70年代にかけてその洗練を更に加速させていきます。

この非常に社会的知性の強い歌詞と、都会的な洗練を極めたサウンドというのは、これを好む多くの若いリスナーだけでなく、既にシーンの表舞台で活躍している、一流と呼ばれるアーティスト達からも憧れの対象として見られておりました。

ダニー・ハサウェイが1970年『Everything is Evreything』(邦題『新しいソウルの光と道』)をリリースしてソロ・デビューを果たした時、このレコードを夢中になって聴き、周囲のミュージシャン仲間達に「これは最高に素晴らしいからぜひ聴きなさい」と配って回ったシンガーソングライターが、キャロル・キング。

彼女のダニーへの傾倒は半端なものではなく、アルバム『つづれおり』に収録した『きみの友だち』をダニーに提供。この歌はダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラッグのデュオによるスマッシュ・ヒットとなり、もちろんダニー自身の持ち歌ともなります。

アタシなんかはどうしてもキャロルといえば『つづれおり』のイメージがあって、その完璧過ぎるほどに完璧なポップス。つまり爽やかで聴き易く、耳にスイスイ入ってくる究極に優しくちょっと切ない彼女の音楽が、その頃アタシの知っているソウルやR&Bと直接繋がらなくて「んん?」と思ってたんですが、それは違うんです。大きな勘違いだったんです。

アタシがキャロル・キング独特の”この感じ”と思っていた音というのは、実は60年代のノーザン・ソウルが下敷きになった、ソウル・ミュージックの延長線上にある音だったんです。

「ソウル大好き!」を公言してはばからなかったキャロルが、そういう意味で本当にやりたい音楽をやったアルバム、つまり目一杯「私のソウル」を歌ったアルバムが1973年リリースの『ファンタジー』でありましょう。




【収録曲】
1.ファンタジー・ビギニング
2.道
3.愛
4.涙の消える日はいつ
5.愛の日々をもう一度
6.ウィークデイズ
7.ヘイウッド
8.この手に平和な世界を
9.悲しみのシンフォニー
10.微笑にささえられて
11.コラソン
12.ヒューマニティ
13.ファンタジー・エンド
14.ビリーヴ・イン・ヒューマニティー(Live)*

*ボーナストラック


全曲作詞作曲、そしてバックにはデヴィッド・T・ウォーカー(ギター)、チャールズ・ラーキー(b)、ハービー・メイソン(ds)というリズム・セクションを軸にした、ソウル/ジャズ・ファンク系の腕利きミュージシャンで固めた完璧な編成。

そしてキャロル自身が「ファンタジーの世界なら黒くも白くも、男にも女にもなれるの」と高らかな宣言から始まり、貧困、人種差別、麻薬やシングルマザーの問題など、正にニュー・ソウルが提起していた歌詞が、キャロルの繊細なハスキー・ヴォイスと最高にメロウなグルーヴと共に、優れた物語のように空間を流れ、包み込み、消えた後にもヒリリと切ない余韻を残します。

例えば『道』(『You've Been Around Too Long』)の、クールに刻まれるハイハットの16ビートと、デヴィッド・T・ウォーカーが奏でる、上品な色気に満ちたギターの甘い甘いトーンが刻む絶妙な”裏”のカッティングといったらもう絶品です。

キャロル本人が言うように、これは黒人とか白人とかそういう表面的なことは全く関係ない、社会との軋轢に悩む全ての若者に向けて優しく優しく奏でられる最高のソウル・ミュージックであり、そして最高のポップスでありましょう。

この、ソウルへの傾倒が単なるミーハーなものではなく、その音楽的な美しさや思想の切実さに共鳴したキャロルの”本気”であることは、やや暗いトーンで切々と愛と平和を訴える『愛』(Being at War With Each Other)や、タメの効いたリズムとピッタリと息も音色も合わせた彼女のピアノがカッコイイ『ハリウッド』、そしてこのアルバムのハイライトであり、彼女が作った全ての楽曲の中でも屈指の名曲『ヒューマニティ』(Believe in Humanity)の妥協のない”アーバンなファンキーさ”で、心身両方の奥底で感じてください。

正直キャロル・キングは『つづれおり』が名盤で、それさえ聴けば後は一緒だろうと思っていたアタシ、もちろん『つづれおり』が彼女の代表作で20世紀のポップスそのものの究極形と言っていい珠玉の名曲揃いなモンスター・アルバムであるという認識は少しも揺らぎませんが、彼女が大好きな音楽を、理想のサウンドを奏でるメンバー達ととことんまで突き詰めたこの『ファンタジー』、どれが好きかと言われたら「コレが一番好き!」と即答で答えてしまう作品です。

『つづれおり』しか聴いたことない人はぜひとも、そうでなくてもソウル好きならば何が何でも(!)





”キャロル・キング”関連記事






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:17| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。