2018年01月19日

ビリー・ハーパー ブラック・セイント

1.jpg
ビリー・ハーパー/ブラック・セイント
(Black Saint/SOLID)

アタシ達が”ジャズ”といえば、まずパッと思い付くのがモダン・ジャズ全盛期、1950年代のサウンドであり、ジャケットを見ただけで心がワクワクする名盤群でありましょう。

確かにジャズという音楽の人気がピークを迎え、その後人気は徐々に低迷し、70年代辺りになるとミュージシャン達もほとんど仕事に困って、よほどの人気者でない限り世界中のあちこちをツアーで回って、その間に細々と作品を作るという試練の状態が日常化したと言われております。

が、いつの時代も人気と中身の良し悪しがイコールな訳じゃない。すごく有名という訳ではないけれど、素晴らしく個性的な演奏をするミュージシャンは次々世に出ておりましたし、それに値する作品だって結構出てたんですよ。

特に面白いのは70年代。

この時代というのは、エレクトリックなサウンドを展開したマイルス・デイヴィスの影響下から派生していったフュージョン。フリー・ジャズに傾倒しながら、ジャズという音楽をよりスピリチュアルなものとして捉えたジョン・コルトレーンの影響を受けた先鋭的ジャズ、または民族音楽のようなテイストを取り入れた多国籍/無国籍なジャズ。はたまた流行のソウルやファンクでジャズをやってしまおうとハッスルしていたソウル・ジャズ/ジャズ・ファンク界隈の人達等、それぞれが試行錯誤の末の、独自路線な”ジャズの進化型”を聴かせてくれる作品というのが、メジャーなところからちょっとマイナーなところまで、掘れば結構ザクザク出てきたりします。

アタシにとっては特に

「うはっ!70年代ってコルトレーンに影響受けた人がいっぱいいて面白い!!」

でしたねぇ、理屈抜きに。

しかも、それぞれ「コルトレーンの影響受けてまっす!」という、パッと聴けばアタシみたいな少々鈍い人間でもアッと分かるスタイルなのに、それぞれが”まんま”の物真似じゃなく、晩年のコルトレーンが表現していたもの、または表現したかったものを一生懸命考えて、それに独自の味を加えて出したサウンドが、何というかとても硬派で親しみやすいものに思えました。

そんな中から「おっ、この人はいいなぁ」と思ったのが、本日ご紹介するビリー・ハーパーであります。

最初に90年代に出された『ソマリア』というアルバムを聴いて、そのヘヴィなアフリカン・テイストのサウンドに乗って、骨太なトーンでブリブリ吹いてるのを聴いて、カッコイイなと思っていたら、いつの間にか初期70年代のアルバムを買ってハマり、そのままズルズルと今も聴いている人です。

スタイルや音色、趣向する音楽性から、間違いなくコルトレーンに強い影響を受けた人でありますが、彼に影響を受けた黒人テナー奏者がことごとく精神的な深みのようなものを追究していったり、もっともっと過激な方向性を見出そうとしていた中で、この人はコルトレーンの音楽から重くのしかかるような精神性(のようなもの)を一旦取っ払い、トップギアに入って超高速で畳み掛けるように吹きまくる”シーツ・オブ・サウンド”の技法も使わず、ひたすら硬質な野太い音で、その表現の核にある部分のみをシンプルに抽出したような、実にサクッと分かり易い男らしさなんです。


【パーソネル】
ビリー・ハーパー(ts)
ヴァージル・ジョーンズ(tp)
ジョー・ボナー(p)
デヴィッド・フリーセン (b)
マルコム・ピンソン(ds)

【収録曲】
1.ダンス、エターナル・スピリット、ダンス!
2.コール・オブ・ザ・ワイルド・アンド・ピースフル・ハート
3.クロケット・バレー

(録音:1975年7月21・22日)


そんなハーパーの”良いところ”が見事に刻まれているのが、1970年代のデビューから数作。

この『ブラック・セイント』は、1975年にイタリアのインディーレーベル「Black Saint」からリリースされた(そして言うまでもなくこのアルバムタイトルが、そのまんまレーベル名になった)、ハーパー2枚目のリーダー作。

音楽の内容は、60年代中ごろのコルトレーンが、マッコイ、ギャリソン、エルヴィンとやっていたような「モード・ジャズ+気持ちフリー」な、重量級ジャズであります。

全曲、どれもミドル・テンポのやや似た感じの長めの演奏なんですね。特にキャッチーな”キメ”のフレーズが入ってる訳でもなく、アレンジに趣向を凝らした訳でもなく、アルバム全体に壮大なコンセプトがある訳でもない。

なんて言うと誤解を招きそうですが、そんな中で、ハーパーのテナー・サックスはひたすら硬派に吠え、有名とは言えないサイドマン達も、余計なことをしない、ビシッと気合いの入った演奏で黙々応えてる。そんな訳で「四の五の言わないで演奏を聴きやがれ!」なアルバムなんですよ。

サイドマン、特にリズム隊の力量はハッキリ言って平凡です。でも、その「淡々とアツい真面目な演奏ぶり」が、ハーパーの男気溢れるテナーの良さを引き立てているので、そこは問題じゃありません。聴く方も小難しいことを考えず、この”ジャズのアツさだけが入った演奏”に、グッと拳を握りながら没入すれば良い。そうすることによって「お、このフレーズいい!」「あー、今のブロウたまらん!」と、次々と鑑賞のツボが見付かる、不思議と言えば不思議なアルバム。

でも、この無駄のないカッコ良さ、麺とスープだけで勝負している老舗ラーメン屋のとんこつラーメンのような味わいの深さと確かな後味、これはクセになります。

「名盤」だけが決して愛聴盤になるわけじゃあありません、むしろこういう”何てことないカッコ良さ”をシンプルに聴かせてくれるアルバムを、後生大事に聴いていきたいと、硬派なハーパー兄貴のブロウを聴きながら思うのです。

70年代ジャズ、ええですよ。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:09| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。