2019年03月24日

ミルト・ジャクソン、ジョー・パス、レイ・ブラウン BIG3

img_1.jpg

Milt Jackson , Joe Pass , Ray Brown/Big3
(Pablo/OJC)


アタシはこのブログがある日突然なんかの天変地異で消えて無くなってしまうまで、言い続けたいことがいくつかありますが、そのひとつが

「おい、ミルト・ジャクソンって人はほんとにすごいぞ」

ということであります。


ミルト・ジャクソンという人は、ジャズを代表するヴィブラフォン奏者で、戦後すぐぐらいの時期から50年代にかけて、ジャズを一気に進化発展させ、モダン・ジャズと呼ばれる音楽を作ったパイオニアの一人といわれていて、一説によると夜な夜な腕自慢がステージに上がるニューヨークのクラブで、この人やセロニアス・モンク、チャーリー・パーカーにディジー・ガレスピーといった人達が「腕自慢のやつらをステージから引きずり下ろすため」に、コードチェンジをものすごく複雑にしたり、テンポを恐ろしく早めたり、とにかく難しいアレンジをして遊んでたところから、後に”ビ・バップ”と呼ばれるモダンジャズの原型が生まれたなんて話もあります。

とにかくまぁそんな大物でありますが、凄いのはこの人が単なるテクニック一辺倒の人ではなくて、コーンと1音鳴らすだけで豊かに拡がる底なしのブルース・フィーリングを持っていて、その味わいの深さで多くのジャズファンを唸らせ、ジャズにそんなに興味ない人にまで「この鉄琴すごくいいよねー」と言わせ続けてきたことにあります。


「どんな人でも安心して聴けるジャズ・グループ」として、長く世界的人気を誇ったMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)の中心メンバーとしてフロントを張りながら、自身のリーダー作とおびただしい数のセッション参加作を世に出し、90年代まで長く活動をつづけました。

大体キャリアの長いミュージシャンというのは、時期によってノッてる時期とそうでない時期があったり、また「若い頃は勢いあったけど、歳取って落ち着いた」なんてこともまぁよくあるのですが、この人は時期や作品によるムラが一切ない。どの時期のどのアルバムでも華麗なマレットさばきで内なるブルース・フィーリングを、最高に粋なフレーズでもって心地良く聴かせてくれる。

おまけにおびただしい数の共演盤では、自己のスタイルが究極に完成されている一流中の一流どころ、ザッと名を挙げるだけでもセロニアス・モンク、マイルス・デイヴィス、カウント・ベイシー、コールマン・ホーキンス、ウエス・モンゴメリー、オスカー・ピーターソン、ソニー・ロリンズ、ケニー・バレル、ジミー・スコット、レイ・チャールズ(!)、ジョシュア・レッドマン(!!)まで、世代も個性も違う人達との共演をあっさりこなすだけでなく、共演者の良さを最大限に引き出しながら自分の持ち味もその中で最高に発揮するという、何というかもう才能とかセンスとかいう言葉でも補えないぐらいの素晴らしい立ち回りを演じていて、かつどのアルバムもジャズをジャズたらしめている空気の最上級のそれが全編に漂っている。

それゆえにアタシなんかは「ミルト・ジャクソン!もう全部最高っ♪」とキャッキャしてしまうんですよねぇ。






Big 3


【パーソネル】
ミルト・ジャクソン(vib)
ジョー・パス(g)
レイ・ブラウン(b)


【収録曲】
1.Pink Panther
2.Nuages
3.Blue Bossa
4.Come Sunday
5.Wave
6.Moonglow
7.You Stepped Out Of A Dream
8.Blues For Sammy

(録音:1975年8月25日)


さて「自分もソロで輝いて、共演者の個性も見事に引き出すミルト・ジャクソン」ですが、どれも絶妙なバランスで聴かせる名作の中で、共演者の腕前と気遣いのセンス共に最高なアルバムといえば、本日オススメの『ザ・ビッグ3』であります。


ミルト・ジャクソン、というかジャズの場合は、ベースとドラム(とピアノやギター)のリズム隊があって、フロントと呼ばれる管楽器がいるのが通常編成なのですが、ミルトの操るヴィブラフォンという楽器は、どちらの役割もこなせます。

だからミルトはその楽器の特性を最大限活かしてソロでは最高に輝くし、個性的なフロントマンを引き立てるリズムセクションの働きも完璧と言っていい程心得ておるんですね。

で、このアルバムです。

楽器の編成はヴィブラフォンとギター、ベース。

つまり、見方によってはここにはフロントの楽器はおらず、しかもリズムセクションの中心となるドラムもいないという、かなり変わった編成なんです。

え?そんなんで大丈夫?音、しょぼいんじゃない?と普通は思うところですが、ミルトが希代のギター、ベース2人の才能を最高に引き出して、フロントやドラムのあるフルバンドと同等かそれ以上に厚みと深みのあるサウンドを生み出しているんです。

まず、ベースのレイ・ブラウンとギターのジョー・パス。この2人が単独でも十分に凄い人達なんです。

レイ・ブラウンはアタシが思うにジャズ・ベーシスト中屈指の”豊かな木の鳴り”を響かせる達人。とにかくこの人は指が常人の2倍ぐらいあるんじゃないかと思うぐらい、ベースの音が太いんです。そのぶっとい音でグイグイと演奏全体をドライブさせる、とにかくこの人が参加してベースを弾いているアルバムは、演奏全体のグルーヴが違う。加えてミルトとは活動の初期の頃にディジー・ガレスピー楽団に共に在籍して、60年代は共同リーダーという形でバンドもやっていた、つまりは互いに良い相棒と呼び合える仲。

そしてギターのジョー・パスもまた、ジャズ・ギター界屈指のテクニックの持ち主です。

単音での細かいフレーズを高速のままどこまでもメロディアスに繋いでゆくテクニックはもちろん、その単音に絶妙に和音を絡めて、1本のギターでまるで歌と伴奏を同時にやっているように聞こえる奏法も編み出し、ソロでもヴォーカリストのバックでも大活躍。ミルト・ジャクソンよりちょい年下で、若い頃からその才能を期待されていた人ですが、麻薬中毒のため本格的なデビューは30過ぎてからという遅咲きの人でありましたが、中年になってから60年代以降の「ジャズ・ギターの最先端」を切り開いていった功績と、後のジャズやフュージョンのギタリスト達に与えた影響は果てしなくデカい人であります。


そう、このアルバムにはフロントを派手に彩る管楽器とリズムの中核であるドラムこそいませんが、ミルトの事なら他のミュージシャンよりもずっとよく分かってるレイ・ブラウンと、技の引き出しが多く、ミルトとは似たようなタイプの「派手も堅実も出来るギタリスト」のジョー・パスの3人がガッツリ組んで、完全にひとつの音を出しているようにスイングしてグルーヴしている三位一体のある種の究極が聴けるスグレものなのです。

ミルトとジョー・パスの両名は、派手に弾きまくればいくらでも派手に出来る人達。ところがここでその”派手”のカッコ良さが炸裂するのは『Blue Bossa』のみ。まずはコレが最高なんですが、アルバム全体ではスローやミディアムテンポで互いを支え合ってじっくり聴かせるナンバーが主です。

ボサ・ノヴァ曲の『Wave』など、涼やかにコーンと響くミルトのフレーズに丸みを帯びた優しい音色のジョー・パス、その両者のプレイにふくよかな低音で花を添えるレイ・ブラウン。演奏はこのパターンを堅持して進行して行きますが、普通に聴いていれば心地良く、意識して聴けばそんなさり気ない展開の中でやっている”実は凄いこと”の凄さに震える名人芸が仕込まれていて奥深いです。

ミルト・ジャクソンの素晴らしさ、まだまだ語り尽くせませんが今宵はこの辺で、以下に「ミルト聴くんならこれもいいよ」というアルバムのリンクも貼っておりますので、どうか併せてご覧ください。↓













ミルト・ジャクソン”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:58| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。