2019年07月06日

ブラームス 間奏曲集4つのバラードより&2つのラプソディ(グールド)

625.jpg
ブラームス 間奏曲集4つのバラードより&2つのラプソディ(グールド)
(SMJ)


この時期になりますと毎年言ってるような気がしますが、調子が悪いです。

あの〜、気温と湿度が上がりますと、頭がのぼせてボーッとなるでしょう。それが元々の自律神経の乱れみたいなのと合体して、体調はおろか気分まで落ち込んでくるからいけません。


さて、ここから健康番組みたいな展開になりますが、体が重い、気分も何だか盛り上がらない。そんな時はどんな音楽を聴いたらいいでしょう?

ある程度元気があれば、ガンガンに元気の出るような、ポジティブな音楽を聴くのもいいかも知れません。

でも、本当に調子悪くて、端的にいえば誰とも会いたくないような時は、どうなんでしょうね。心が出所不明の悲しみに覆われて、ふさぎこんでしまう、そんな時はアタシの経験上ですが、とことん静かに悲しみに沈ませてくれる音楽が良いです。

「沈み込む」ってのは悪いことじゃあないんです。とことん沈んで、沈んで沈んでいくうちに、自然と癒えることもありますし、沈み込んだその先で、悲しい部分に繋がった美しい何かを見付ける事もあります。

アタシは一体何を言ってるのでしょう。まぁ「あーコイツ暑いからいよいよ頭おかしくなった」と思われても結構です。話をつづけましょう。

音楽の素晴らしい所は、自分自身の悲しい気持ちだったり、イライラだったり、そういうどちらかといえば日常生活にとっては厄介なものになるようなネガティブ、つまり負の感情と結びついて、それらと共鳴して発散させたり浄化させてくれるものがあるという事です。

心身共にキツイとき、アタシは沈み込むためにピアノを聴きます。

ジャズにせよクラシックにせよ、ピアノという楽器はちょっと繊細な人を演奏家として惹き付ける楽器であるようで、色んな意味でシンパシーを感じる人や演奏がたくさんあります。

で、グールドです。

グレン・グールドといえば、クラシックの世界のみならず、あらゆる音楽好き、ピアノ好きにとって、これはもう象徴的な存在でありましょう。

自己の演奏を徹底的に研ぎ澄ます事にその繊細過ぎる神経の全てを注ぎ込み、それゆえに世間から見て「奇行」と思われるような行動も多く、かくいうアタシも彼の演奏よりも、そのエピソード(寒さを極端に恐れ、真夏でもマフラーとブ厚い手袋をしていたとか、コンサート活動からの引退を宣言して、以後はスタジオに引き籠っての創作活動のみをしていたなどなど)に興味をくすぐられて、それこそ興味本位で知った人ではあったのですが、試しに聴いてみた彼のバッハがんもぅ素晴らしく心に染みて、以来「落ち込んだ時の友」だと勝手に思っているんです。

グールドのバッハというのは、一言でいえば「感情」が鍵盤に活き活きと乗っている。聴いているといつの間にか、その美しく研ぎ澄まされた音に仕込まれた喜怒哀楽の揺さぶりに、こちらも気持ち良く巻き込まれてゆく快感があります。

で、バッハ以外のグールドがどうなんだと思って、バッハ以外を物色していたアタシの琴線に物凄い勢いで突き刺さったのがブラームス。

あのですね、グールドの弾くバッハというのは、さっきも言ったように、喜怒哀楽の全てで、芸術表現として完璧なものだと思うんですよ。これがブラームスになると、喜怒哀楽というよりも徹底して”悲哀”に特化した、いわば人類の悲しみのためにあるような音楽のように思います。

ブラームスという人はですね、いわゆるロマン派という、モーツァルトがそのきっかけとなって、ベートーヴェンが大成させた、人間の感情表現に特化したクラシック音楽の流れにおる人なんですが、ドラマチックで非常に繊細な起伏を持つ曲を作る一方で、バッハを敬愛し、古典的な技法の中にあるエモーショナルな部分というのも丁寧に抽出して、独自の美意識がたゆたう音楽を生み出した人でもあるんです。

その音楽に対する姿勢というのが、これがストイック。過大に評価されることを好まず、自分が作った曲も最初に起こした譜面は全て「これは完全ではない」と廃棄する程の完璧主義者だったようです。

また、楽曲が認められ、知名度もあって金銭的にも恵まれる状況になっても質素なアパートに住み、余分なお金はほとんど親戚や若い音楽家への援助に充てていたほどに、音楽一筋の人でありました。

ここら辺が、同じように「音楽が全て、というよりも他の無駄なものは一切必要ない」という姿勢を生涯貫き通していたグールドから見ても、大いにシンパシーを感じるものであったのではないでしょうか。




ブラームス:間奏曲集、4つのバラードより&2つのラプソディ(日本独自企画盤)


【収録曲】
1.間奏曲集 間奏曲変ホ長調 作品117-1
2.間奏曲集 間奏曲変ロ短調 作品117-2
3.間奏曲集 間奏曲嬰ハ短調 作品117-3
4.間奏曲集 間奏曲変ホ短調 作品118-6
5.間奏曲集 間奏曲ホ長調 作品116-4
6.間奏曲集 間奏曲イ短調 作品76-7
7.間奏曲集 間奏曲イ長調 作品76-6
8.間奏曲集 間奏曲ロ短調 作品119-1
9.間奏曲集 間奏曲イ短調 作品118-1
10.間奏曲集 間奏曲イ長調 作品118-2
11.4つのバラード 作品10より 第1曲 ニ短調
12.4つのバラード 作品10より 第4曲 ロ長調
13.2つのラプソディ 作品79 第1曲 ロ短調
14.2つのラプソディ 作品79 第2曲 ト短調


これ聴いてください。1曲目の『間奏曲変ホ長調 作品117-1』からもう凄いんですよ。

美しく澄み切った音、はもちろんですが、音が現れる前の空気すら、すんと澄み渡った”祈り”の空気にすら感じられます。たまに「最初の1音が出て来る前から”あ、これは凄いかも”と思わせる作品」というのがありますが、このアルバムは正にそれ。

この『作品117-1』は『子守唄』というタイトルが付いております。本当に無駄のない美しいメロディが、しんしんと心に降り積もってゆくような自然な音の連なり、ほんの少しでもリズムが崩れたら全てが儚く消えてしまいそうな繊細な構造。ブラームスの曲って「うわぁ・・・」と溜息が出るような美しさを持つ曲が本当に多いのですが、これはもうその究極。何ですかこれは、華美な装飾が全くなくて、無駄のない悲哀とそれに裏付けられた優しさだけが、これほどまでに人の心を激しく揺さぶるとは!


はぁぁ、冷静になってアルバムを紹介しますね。

このアルバムは前半の間奏曲が1960年、後半のバラードとラプソディが1982年の録音です。

つまり若い頃と、晩年の亡くなる直前の演奏を合わせたものですが、凄いのは若い頃と晩年の演奏の間に変化やブレが一切なく、ひたすら自分の感情を脇に置いて、ブラームスと真摯に対話をして、彼が表したかった感情のみを指先に集めて紡ぎ出している、その趣が最初から最後まで徹底しております。だから余計な装飾が一切なく、純粋な悲しみと哀しみだけしかここにはありません。

グールドは本当に凄いなぁ「感情表現」ってのは演奏家の持っているそれだけじゃなくて、作曲家の・・・というよりは音楽そのものが持っている微妙な揺らぎを感情として汲み取って、それを表現出来てるんですよねぇ。人間の感情というのはどんなものでも強くて粗いのですが、音楽そのものの精妙な揺らぎって、繊細でそこはかとない。でもこういうのは、心の一番奥にある部分に優しく届きますね。


















『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:11| Comment(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。