2019年08月27日

コルトレーンのソプラノサックスについて


o0640048012224949803.jpg

コルトレーンといえばテナー・サックス奏者でありますが、コルトレーンをそんなよく知らない人でも知っているという、彼の代表曲『マイ・フェイヴァリット・シングス』で彼が吹いているのはソプラノサックス。



元々はミュージカル『サウンドオブミュージック』の劇中歌で、とってもキュートな曲なんですが、コルトレーンの演奏はといえばどこかエキゾチックな異国情緒漂うもの。

実はサウンドオブミュージックの映画の公開が、コルトレーンのレコード発売のちょいと後だったため、映画で流れた時は「あれ?これってコルトレーンのあの曲なんじゃない?」と思った人もちらほらいたとかいう話もありますな。

ほんとかどうかはわかりませんが、こういう話が出るほどコルトレーンの『マイ・フェイヴァリット・シングス』は、コルトレーンの演奏として完全に血肉化されていたんだなと思います。


アタシが最初に手に入れた『マイ・フェイヴァリット・シングス』は『ライヴ・アット・ザヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン』のやつで、ギタギタに解体されたかのようなフリー・フォームなアレンジの中で超音波のように飛び交うソプラノと、ノイズ発生器と化したファラオ・サンダースのテナーの咆哮に撃ち抜かれて、正直曲どころではなかったです。




それからしばらくしてオリジナルのアトランティック盤マイ・フェイヴァリット・シングスを聴き、そのふんわり香るエキゾチズムに酔わされて、曲としてとても好きになりました。

そう、エキゾチズム。コルトトレーンの吹くソプラノは、いわゆるサックスの音っぽくなくて「ベー」っという独特の響きが、たとえばインドのコブラ使いなんかが吹いているあの笛みたいな感じで鳴ってるんです。


ジャズにおけるソプラノ・サックスは、初期のディキシーランドジャズで活躍した、クラリネットの後継楽器でありました。そのオリジネイターであるシドニー・ベシェも元々クラリネット奏者で、彼のソプラノサックスのプレイは目いっぱいのビブラートがかかったトーンをふくよかに鳴らすスタイルで、コルトレーンのスタイルとはまるで違います。


それ以降のソプラノサックス吹く人のプレイも、基本的にソプラノという高音の特性を活かした、スマートで透明感のあるものが多いのですが、コルトレーンはどうもこの楽器の特性とか長所とか、そういったものを知りつつも、わざと硬い音の出るメタル製のマウスピース(セルマーのメタル)を使って、透明感を出さないようにしていたんじゃないかと思わせるフシがあります。

その証拠に、コルトレーンはソプラノであんまり、というかほとんどバラードを吹いてないんです。

コルトレーンのバラードといえば、テナーサックスの中から高音域を活かしたものです。つまりコルトレーンはバラードでは高い音を求めてたはずなのに、もっと高い音が出るソプラノサックスでバラードをほどんどやらなかったというのは、つまりソプラノサックスをサックスではなく「民俗音楽の楽器みたいな位置付け」で捉えていたのではないでしょうか。

そういえば、60年にコルトレーンがソプラノをレコーディングで使うようになって以降、彼のレパートリーには民族調な曲が一気に増えました。そしてインパルス・レコードと契約してからは、その民族調が普段のジャズと上手い事結び付き、その「荘厳で重厚」と言われる独自の音世界が揺るぎなく確立されて行きました。


その音世界の形成に、ソプラノサックスという楽器が大きな影響を与えてるとアタシは思ってますが、みなさんはどうでしょう?またしばらくコルトレーンがソプラノを吹いている曲を聴きまくって核心に迫りたいと思います。










”ジョン・コルトレーン”関連記事
posted by サウンズパル at 22:46| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。