2019年08月31日

今年もありがとうございました(コルトレーンのソプラノサックスを聴きながら)

625.jpg



夏が終わります、終わってしまいます。

そして、今年も大コルトレーン祭終了です。

今年は色々と心身共に消耗する夏でありましたが、そんな中で集中的にコルトレーンを聴き、その音楽の深みにハマることで養われる英気ってのは、例年に増してあったような気がします。

最終日に聴いていたのは「中期」と呼ばれるアトランティック時代のアルバム『コルトレーン・サウンド(夜は千の眼を持つ)』。

アトランティック時代のコルトレーンのアルバムには、独特の”明るさ”があって、その前のPrestige、その後のImpulse!時代とは全然違う爽やかさに「おっ」となって、時々取り出してはその明るさや爽やかさに浸っておりますが、このアルバムはとりわけ爽やかで実はキャッチーな良曲がいっぱい入っている隠れ名盤なのです。






前の記事で「コルトレーンがソプラノサックスを使って演奏しているバラードはほとんどない」と書きましたが、このアルバムに入っている『セントラルパーク・ウエスト』という曲が、何とコルトレーンがソプラノで吹いている貴重なバラード曲です。

https://youtu.be/rz3Q1efswzU


コルトレーンはまだソプラノ・サックスを扱い始めたばかりで、その丁寧なノン・ヴィブラートの吹き方は、この新しい楽器の鳴りをひとつひとつ確かめているかのようにも思えます。後年のバリバリに操りまくってる演奏に比べるとたどたどしい感じは確かにするのですが、でもこういう朴訥なバラード表現、あぁコルトレーンだなぁと思ってしっとりと聴き入ってしまいます。





それでは皆様、来年の大コルトレーン祭おたのしみに。今年もありがとうございました。














”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:51| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。