2019年12月21日

エリック・クラプトン ハッピー・クリスマス

51SFgNVViFL._AC_.jpg

エリック・クラプトン/ハッピー・クリスマス
(Polydor/ユニバーサル)

うっかりしている間に今年もあと少しで終わり。っていうかもう10日を切ったんですね、早いです。本当に早いです。

と、まぁ年末はもうあれやこれやであわわうわわとしている間に終わってしまうというのが常なので、分かりきっていることではあります。

で、いきなりですが、そんなバタバタしたアタシの日常及び脳味噌の中身に、エリック・クラプトンの優しい優しいクリスマス・アルバムがとても良かったというのが、本日の記事内容であります。

サウンズパルは今は店舗ナシの個人仕入れ個人売買でやっておる地下CD屋です。

お客さんから「〇〇のCDほしいー」という連絡を受けて発注、入ってきたらお客さんに連絡して指定の場所(奄美市名瀬市街地エリア)にお届けするというスタイルです。


で、クラプトンのクリスマス・アルバムなんですが、アタシがお客さんからの注文でうっかりミスって1枚余計に仕入れちゃったやつなんですよコレ。

「お、これはかってラッキーだったかも知れん。買お。」

と、アタシは迷わず購入しました。

前にもちょこっと書いたかも知れませんが、ブルース大好きなアタシにとっての『エリック・クラプトン』という人は、やっぱりスーパーギタリストであり、世にブルースという素晴らしい音楽を広めた大功労者です。

ところがアタシの場合は最初に聴いて感動したブルースが、モダンなやつじゃなくて、ミシシッピ・フレッド・マクダウェルとかレッドベリーとか、そういう「ブルース以前」のプリミティヴな衝動をバリバリに感じさせる、何というか「アメリカ黒人の民俗音楽」のようなものだったので、クラプトンを正面から聴き込む機会ってのはずっと逃していた訳なので、アルバムを何枚も持っていて熱心に追っかけているというほどでもなかったんです。

だもんでアタシがエリック・クラプトンという人の音楽を、それなりに「おぉ〜、こういう感じだったんか〜」と、それなりに聴き込んで分かるようになったのはここ10年ぐらいのつい最近です。

それこそスーパーギタリストだとか、ブルースロックの大物とか、そういう風に「あのエリック・クラプトン」と意識せずに聴けるようになったのが、つい最近ということなんですね。

というのも、この数年の作品の中で、クラプトンの音楽や歌、そしてギターのプレイスタイルが、とても自然で気負いのない心地良い空気感を感じさせるものになってきたような気がするんです。







ハッピー・クリスマス

【収録曲】
1.ホワイト・クリスマス
2.飼い葉の桶で(ダビデの村に)
3.フォー・ラヴ・オン・クリスマス・デイ
4.エヴリデイ・ウィル・ビー・ライク・ア・ホリデイ
5.クリスマス・ティアーズ
6.ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ
7.ジングル・ベル (イン・メモリー・オブ・アヴィーチー)
8.クリスマス・イン・マイ・ホームタウン
9.イッツ・クリスマス
10.センチメンタル・モーメンツ
11.ロンサム・クリスマス
12. きよしこの夜
13. メリー・クリスマス・ベイビー
14. ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス


はい、それでアタシはクリスマス・アルバム、これはきっとそこはかとなく良いアルバムに違いないと思って聴いてみたら、これが期待以上に「そこはか」の部分がとても大きく良いアルバムでした。

解説には、クラプトンが「よく知られているクリスマスソングをブルースアレンジでやってみようよ」と言った事が制作のきっかけみたいに書かれておりました。

で、全体的なアレンジは確かにクラプトン流の洗練を感じさせるブルージーな感じです。

しかしこの”ブルージー”というのが、いわゆる「ブルースのブルージー」とはまたちょっと違って、上質なポップソングのエッセンスとして、内側からふわぁっと滲んでくるような、そんなあくまで自然なブルース・フィーリングだったりするものですから、これはブルースだとかあのエリック・クラプトンのだとか考える必要がまるでなく、もう単純に「心地良い大人の音楽」といて聴ける内容です。

何よりクラプトン、歌もギターも変な気負いがなく「やりたいことをやりたいよーにやってるよー」という感じで、実にのびのびなんです。ギターも大事な時にかっこいいフレーズをサラッと出して、全体のサウンドをしっかりと聴かせておりますし、特に70過ぎてからの程よくナチュラルな”伸び”と”和み”がブレンドされたリラックスした歌声、これが最高です。




”エリック・クラプトン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:12| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。