2020年04月15日

レッド・ガーランド グルーヴィー

51SFgNVViFL._A.jpg
レッド・ガーランド/グルーヴィー
(Prestige/ユニバーサル)

「ジャズの世界では言わずと知れた名盤なんだけど、何故かレビュー書いてなかったシリーズ第3弾は、レッド・ガーランド・トリオの『グルーヴィー』であります。

これはもうアレですね、モダン・ジャズ/ハードバップの時代を代表するピアニストの一人であるレッド・ガーランドを代表する究極の一枚にして

「おぅ、何かゴキゲンなピアノ・トリオのアルバムかけてくれい!」

という問い合わせがあれば

「ほいきた!」

と、つい流したくなってくる一枚です。

とにかくもうタイトル通りのジャズのグルーヴ感と、大人の上質なオシャレな雰囲気と共に底抜けにハッピーなジャズ・ピアノのカッコ良さを、とことん無駄のない編成とアドリブで、いつどんな気分の時でもしっかりと楽しませてくれるといいますか、本当に「ここぞ!」という時にガッツリ盛り上げて、しっとりと聴かせる時はとことん聴かせる上質なプロの技が無理なく楽しめるアルバムなんです。

個人的にはこのアルバム、親父所有のレコード棚の中にあり、このコンクリートに何やら英語で書いてあるデザインが4歳の頃のアタシの心をくすぐって、あの、アタシはこの頃ミニカーや飛行機のおもちゃで遊ぶのが大好きなちびっ子だったのですが、このジャケットのデザインが何となく空母みたいだなと思ったんですよ。

で、ジャケットの上にミニカーや飛行機を並べたり走らせたりして遊んでおりました。当然親父には「バカヤロウ!俺のガーランドに何てことしやがるんだ!!」と、こっぴどく怒られました。

そんな訳で「レッド・ガーランド」という名前とこのジャケットは、アタシの脳裏には長い事こびりついておりました。それから10年以上の月日が経ち、音楽雑誌とかでよくこのアルバムのジャケットを目にするようになるんです。

で「あ、これはジャズのとても有名な人の人気のアルバムだったんだな」

と気付く訳です。

例によって後期コルトレーン経由のフリージャズの底なし沼からジャズに入っていったアタシは、よく知られているモダンジャズの名盤というものを、大体1年ぐらい経ってからようやく聴き始める訳なんです。

最初は「ほー、これが名盤かぁ。まぁ確かにカッコイイかもね、でも今ひとつ心にグサッと来ないなぁ〜」とか生意気な事を思いながら、その頃のアタシの心境的に「フツーのジャズ」を何とか理解しようと思いながら聴いてた訳です。

レッド・ガーランド。この人は確か初期コルトレーンとかマイルスのバックでそういや凄く端正なピアノ弾いてたし、トリオか、まぁいい感じなんだろうな〜。と、何となーくナメてかかっていた『グルーヴィー』でしたが、いやいやコレが予想を遥かに上回るカッコ良さ、というよりも、無知なアタシに初めて「4ビートのスウィングするジャズのカッコ良さ」を教えてくれたアルバムになったんです。

まず、グッときたのがポール・チェンバースのベースです。

1曲目の『Cジャム・ブルース』。この曲はメインテーマのフレーズがたったの2音という恐ろしくシンプルな曲なんですが、ガーランドが右手一本指(シングル・トーン)でリズミカルに弾くこのフレーズのバックで「ブンブンブンブン♪ブンブンブンブン♪」と、物凄く弾力のあるリズムと音色で、ズ太いリズムを膨らませてゆく。

一言でいえばこの”ノリ”のズバ抜けた気持ち良さ。知識も好みの見栄も何もかも吹っ飛ばしてグルーヴに身を任せる心地良さに、この曲のチェンバースが浸らしてくれました。そして思ったんです「あぁ、コレがジャズの気持ち良さなんだ!」と。





グルーヴィー

【パーソネル】
レッド・ガーランド(p)
ポール・チェンバース(b)
アート・テイラー(ds)

【収録曲】
1.Cジャム・ブルース
2.ゴーン・アゲイン
3.ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?
4.柳よ泣いておくれ
5.ホワット・キャン・アイ・セイ
6.ヘイ・ナウ

【録音:1957年5月24日,8月9日】


そんなチェンバースのベースにグイグイ引き込まれているうちに、ガーランドのピアノにハマりました。

ガーランドのピアノは、さっきも言ったシングルトーンという右手の単音弾きでメロディを弾いて、ブロックコードと呼ばれる左手の和音弾きで、右手の旋律にアクセントと共に華麗な装飾を付けて行くという、手法としてはとてもシンプルで、複雑な事は何ひとつやっていない、とても分かりやすいものです。

そして、彼の弾くアドリブのメロディは、深刻さがひとつもありません。ノリの良い曲はひたすらハッピーに、バラードはひたすら可憐で美しくというのが身上です。とにかく弾き方も音楽性も、自分の内面をどうこうというより、聴いている人をどれだけリラックスさせ、楽しませるかに特化したような、良質なエンターティメント性に溢れたスタイルであります。

だから時としてガーランドのスタイルは「シリアスでないカクテルピアノ」とか揶揄されることもあったのですが、いやいやいや、そのちょっとしたフレーズも奥底からスウィングさせる技量というのは、中途半端なハッピーピアノには絶対に出来ない技です。

よく優れたお笑い芸人が、プライベートではほとんど冗談も言わない真面目な人だったという話を聞きますが、レッド・ガーランドは正にそういう人なんでしょうね。ステージではハッピーにさせること、難しく考えさせることなく聴いてる人にジャズを楽しんでもらうことを真剣に考え、恐らくは血のにじむような努力の末に、この無駄なく幸福なピアノ・スタイルを会得した。と言えるのではないでしょうか。

ガーランドのアルバムはこれ以外の作品も、トリオ物は大体同じ芸風で、しかも総じて高いクオリティでいわゆる”ハズレ”がないんです。アーティストとか表現者ではなく、根っからのジャズ屋なんだなぁと、彼のピアノを聴くといつもしみじみ思います。で、思っている頃にはその何でもカッコ良く転がすグルーヴに夢中になって聴いているんです。こういう人はいそうでなかなかいるもんじゃないですね。











『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:52| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。