2020年07月15日

高崎怪談会 東国百鬼譚

51SFgNVViFL._AC_.jpg

 高崎怪談会 東国百鬼譚
(竹書房怪談文庫)


いやもう奄美はいつもならとっくに明けているはずの梅雨が明けないんですね。とはいっても大体梅雨といっても当地はザーッと大粒の台風みたいな雨が降る日とギラッと晴れて容赦ない日差しが照り付ける日が3日、4日起きぐらいに交互にあって、その一週間のサイクルが「雨2、照5」ぐらいになって安定すると、さぁ梅雨明けして本格的な夏(!)って事になるんだと思うのですが、今年は「梅雨明けでいいんじゃない?」と思ったら前線が張り出して雨が降る日がずるずると続いて、まだ梅雨です。

こんなおかしな気候が続いておりますものですから、気温と湿度が変な感じに高くなって、気分的なものもおかしな感じになります。

こういう時ってのは、無理矢理元気を出そうと思っても元気が出ない自分にイライラするばかりでよろしくありません。が、音楽を聴いたり本を読んだりすると、いつもよりリアルな感覚でそれを楽しめるなんてこともあるんです。

夏といえば怪談ですが、何で夏に怪談なのかというのは、単純にゾッする感覚を涼として楽しもうとか、お盆が近いからとか、そういうのばかりでなく、アタシはどうしてもこの高温多湿で変になる感覚によって、いつもより話が生々しく思えるようになるからなんじゃないかと思うんですよね。

そんな訳でこのムシ暑い季節に楽しんでおりましたのは、怪談といえば素晴らしい文庫シリーズを多く出しております竹書房から発売されました『高崎怪談会・東国百鬼譚』であります。

実はですね、アタシには短歌の繋がりがきっかけでTwitterなんかで楽しく会話させてもらっている方がおりまして、その方が「今度こんな本に参加しますよー」という告知を流してたんですね。

文章とか言葉のセンスが最高な方ですので、あぁこらもう面白いのは間違いない。で、何の本だい?えぇ!怪談!!??とびっくりして、というのも、その方が呟く内容というのは割と多岐に及んでいるけど、怖い事は言わない方なんですね。だから余計に楽しみになってしまって、あぁこらもうこの高崎怪談、文庫本を注文して買うしかないと早速地元の本屋さんで注文してワクワクで舞っていたのです。


先にネタバレギリギリなしの感想から書いておきます。結論から言うと

すっごい面白かった!

「高崎」という地名があるので、これは群馬県高崎市の怪異の伝説とかそういうものに因んだ話を集めたものかなぁと、読む前は思ってたんです。ところがところが、お話の舞台はほぼ現代。しかも私達の身近な場所がモチーフで、作家さん達の文章はどれも自分がまるで話の当事者になったような気分にさせてくれる「身近な恐怖」を心底感じさせてくれるものでした。


ハッキリと霊が姿を現さず、魅入られた人間の様子だけで何やらただごとじゃない出来事が進行しているお話(「金木犀」など)や、人間が狂って行く/狂っていた系のお話(「ほうたいさん」「ユウマさんの絞首台」など)や、たまたま住んだ家に強烈なモノが住んでいて、逃げるように引っ越した後は因果関係の分からない恐怖が襲うお話(「酒乱の地縛霊」)、禁足地の因縁と共に襲い掛かる恐怖のお話(「太刀魚と刀)、言い伝えや怪談など何も関係ない場所の関係ない行為から異界の翻弄が始まるお話(「河畔林の異界」)などなど、内容はバラエティに富んでおりまして、かつどれも「あれは結局・・・」という後味の悪い(もちろん怪談に対しては褒め言葉です)恐怖が読了後も続きます。

最近は怖い話もネットに行けば、文字としても映像としても簡単に楽しめますが、やっぱり紙の本でこうやってキチンと編集されたものには、格別の怖さと共に、怪談そのものよりももっと深い人間の心理とか人間界を取り巻く因果因縁とか、そういったものにまで思いを巡らせる、そういう特別な引力があるように思えます。





【目次】
〜まえがき〜

春南 灯
「焼きまんじゅう」
「炎」
「金木犀」
「モニター」
「姿なき読経」
「遺影」
「ドライブ」
「棲家」
「だるま」
「コード」

夜馬裕
「ほうたいさん」
「死猫三景」

マリブル
「雛人形の首」
「赤城山の夜道」
「蛙の置物」
「Lサイズよりも大きな紙コップ」

籠 三蔵
「改竄」
「病棟」
「どうもすいません」
「ユウマさんの絞首台」
「哀しみの行方」

北城椿貴
「酒乱の地縛霊」

しのはら史絵
「着信音」
「三本の腕」
「水子になる前」
「太刀魚と刀」

戸神重明
「蚕よ、飛べ」
「河畔林の異界」
「新田義貞の呪い」
「高崎郊外の古寺」
「守られた男」
「高崎の四つ辻」


高崎怪談会ブログ


さて、この『高崎怪談会』は、群馬県高崎市在住の怪談作家、戸神重明さんが主宰するリアル怪談会の書籍版という側面もあります。本を読んで更に興味を持った方には、Youtubeチャンネルもありますので、そちらの方も併せてぜひご覧ください。この夏には執筆陣の作家さん達も怪談朗読に参加する放送を流すとのことで、アタシはとても楽しみにしております♪


(戸神重明の怪談標本箱vol.1『高崎郊外の古寺』)








『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
ラベル:怪談 恐怖
posted by サウンズパル at 22:09| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。