2020年07月17日

大コルトレーン祭2020はじまります(今年は50年代のコルトレーンから)

今年も7月17日、ジョン・コルトレーンの命日がやってきました。

ツイッターのハッシュタグ #大コルトレーン祭 で呟いていると

「何のキャンペーン?」とか「どこで特集してるの?」とか言われますが、これは元々サウンズパルが店舗のある地上のCD屋だった頃に始めたコルトレーン普及のための企画で、店頭にコルトレーンのCDを可能な限り揃えて、お店にある試聴機にもコルトレーンのアルバムをドカッと入れて、もちろん店内でもコルトレーンのアルバムをガンガン鳴らして、この素晴らしいミュージシャンを少しでも知ってもらおうという企画でありました。

ほんでもって、店舗を閉じて地下に潜っても「コルトレーンってやっぱり素晴らしいんだよね」という気持ちには変わりはないので、こうやってブログにコルトレーンに関する記事やアルバムレビューを書いてアップして、ツイッターでタグ付けて呟いておるという訳なんです。





51SFgNVViFL._AC_.jpg


今日は帰宅してすぐに一番好きな『ラッシュ・ライフ』を、そして一番面白いなと思っている『ダカール』を立て続けに聴きました。

いやぁ『ラッシュ・ライフ』は下のリンクにあるレビューにも書いてありますが、とにかく1曲目の最初のあのキュンとしたテナーの音でグググッと引き込まれる、というよりもアルバム全体はもちろん素晴らしいんですが、極端に言えばその最初のテナーの音だけでも延々と聴いてられます。

『ダカール』は、ブローイング・セッションを作るのが好きなPrestigeのアルバムらしく、2バリトンに1テナーという変わった編成で、コルトレーンの作品としてレコーディングされたものではありません。録音された1957年から何と6年も倉庫で放置され、コルトレーン人気が絶頂になった1963年に突如思い出したようにジャケットとタイトル付けられて、いかにも「コルトレーンの新作ですよ!」みたいな感じで売り出されたアルバムと、動機はほんとテキトーなんですが、コルトレーンとバリトンの2人(セシル・ペインとペッパー・アダムス)の個性溢れるプレイが本当に素晴らしく、決して駄作に仕上がっていない、何というかこの時代のジャズの凄さそのものも体現出来るアルバムなんです。















今年は初期50年代(というか2枚とも1957年だ!)のアルバムを聴く事から始まりましたコルトレーン強化月間。さて明日も深く楽しくコルトレーンを聴きましょうね。記事もどうぞお楽しみに♪














”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:19| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。