2020年09月29日

ビル・エヴァンス ライヴ・イン・トーキョー

51SFgNVViFL._AC_.jpg
ビル・エヴァンス/ライヴ・イン・トーキョー
(CBS/ソニー・ミュージック)


9月は仕事(正業)の方の疲労と別件の短歌の方で色々とあり、すっかりブログも更新出来ないままに日々が過ぎておりました。読者の皆さん本当にすいません。。。

さて、奄美はまだ少し動けば汗が出るぐらいの気温ではありますが、それでも夕方の陽が落ちるのが早くなり、そして日差しが和らいで涼しい風が吹くようになりました。

えぇ、秋でございます。待ちに待った秋でございますよ。

秋といえば聴きたくなるものといえばビル・エヴァンスですよね。

まぁその「ビル・エヴァンス誰?」という人であっても、少し涼しくなって外を流れる空気の中に何かこう切ないものが混ざっているのを感じる方なら、彼の儚くも美しく、そしてどこか甘美なあやうさに満ちたピアノを耳にすれば

「あぁ...、良いね」

となってくれるものと信じて、毎年アタシはリアルでもネット上でもビル・エヴァンスの話題に触れますし、このブログでも毎年エヴァンスの作品を採り上げてなるべくそのニュアンスをお読みになってくださっている皆さんに伝えようと頑張っております。

エヴァンスといえば、これはもう何度も何度もあちこちで書いておりますが、最初はアタシも

「何だか綺麗でオシャレだな〜、聴き易いピアノだな〜♪」

と、割とユルい感じで付き合える。そんな優しさを感じていたのですが、ある日突然、その綺麗でオシャレで優しいフレーズの中に含まれた物凄い質量の「悲哀」や「どうしようもなさ」に惹かれるようになって、以来20年、ずっとずっと中毒です。

20年以上に及ぶキャリアの中で、彼はジャズマンとしては格別な人気があり、出したアルバムはそれこそたくさんありますが、そのどれもが美しさと悲哀を目一杯感じさせる素晴らしいものであります。時期によってメンバーが変わったり、編成もちょこっと増えたり減ったりはありますが、基本的にはトリオ編成が主で、そして彼のピアノが醸す切ない切ないニュアンスというものは、どの時期のどんな編成でもずっと変わらず感動を届けてくれます。

今日ご紹介するのは、エヴァンスのライヴ名盤として根強い人気の『ライヴ・イン・トーキョー』であります。

これは1973年に、ビル・エヴァンスが初めて来日した時に、東京の郵便貯金ホールで行われたコンサートを収録したものであります。

エヴァンスの本格的なプロデビューは1956年です。そして1959年にスコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)とトリオを結成し、それからトリオによる基本編成はメンバーを幾度か変えながら、70年代には3代目のベーシストとしてエディ・ゴメス、2代目ドラマーのマーティ・モレルが加入して、このトリオでの活動が最も長く安定したものとなるのですが、この時代のエヴァンスのプレイもまた、長い付き合いのメンバーと深い音楽の対話を重ねながら自己の音世界をどんどん研ぎ澄ませてゆく。そんな心地良い緊張感に溢れたものが多いんです。

で、日本でのエヴァンス人気というのは、1959年にマイルス・デイヴィスの名盤『カインド・オブ・ブルー』への参加から特に目覚ましいものがあり、多くの大物ミュージシャンが来日した1960年代半ばから後半にかけては特にレコードもよく売れ、ジャズ喫茶でもアルバムが頻繁にリクエストされ、エヴァンスがかかると大勢のお客さんが静かにうなだれて真剣に聴き入る光景が、全国で見られたというぐらいですから、やはりのめり込む人が相当多かったんじゃないかと思います。

さて、エヴァンスはトリオ最初期の名盤『ワルツ・フォー・デビィ』や『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』がライヴ盤であるように、ライヴアルバムで素晴らしい作品を残す人でもあります。

特に1960年代末からは『ライヴ・アット・ザ・モントルー』『モントルーU』『ライヴ・イン・パリ』『ジャズハウス』など、世界を股にかけての素晴らしいパフォーマンスをライヴ・アルバムとして残していた、いわば脂の乗り切った時期。来日が決定し、それを録音する事も決まった時、ファンや関係者の期待というか喜びはどんなものだったでしょう。想像するだけで胸に熱いものがこみ上げてきます。


当時多くのジャズ・ミュージシャンにとっては日本という国は「たくさん稼げる良いマーケット」でありました。

ちょいと納得がいかない演奏であっても客は行儀よく鑑賞し、惜しみなく拍手を送る。

これはまぁ素晴らしい事なんですが、ミュージシャンによっては

「今の演奏良かったのかい?アイツらみんな拍手してるけどオレにはよくわからんなぁ」

とか

「まぁ日本だからどうせちょっとばかり気を抜いても有名なスタンダートとか”トーキョーなんたら”とかいう曲作ってやりさえすればウケるしいいんじゃね?」

みたいな考え方で、ちょいと小馬鹿にして適当な演奏をする人もおったとかおらなかったとか・・・。

それに日本企画のアルバムというのも割と短絡的な「そのミュージシャンの人気曲とかスタンダードの美味しい曲を入れれば売れるんじゃね?」的なものも、あったりするんですよね。特に大手メーカーが絡むとどうもそんな傾向が強いものも出ていたりしました。

で、エヴァンスのこのアルバムなんですが、企画制作はメジャー中のメジャーであるソニー・レコード、しかもエヴァンス自体が日本ではジャズファン以外も「オシャレだよね」と聴くぐらいの絶大な人気。

だもんでアタシは正直最初敬遠しておったんです。

「ん〜、エヴァンスは他のレーベルのやつ聴いてりゃいいかな。日本企画のライヴ盤なんてそれこそミーハーなノリだったら怖いし」

と。




ライヴ・イン・トーキョー(期間生産限定盤)


【パーソネル】
ビル・エヴァンス(p)
エディ・ゴメス(b)
マーティ・モレル(ds)

【収録曲】
1.モーニン・グローリー
2.アップ・ウィズ・ザ・ラーク
3.イエスタデイ・アイ・ハード・ザ・レイン
4.マイ・ロマンス
5.ホェン・オータム・カムズ
6.T.T.T.T.
7.ハロー・ボリナス
8.グロリアズ・ステップ
9.グリーン・ドルフィン・ストリート

(録音:1973年1月20日)



が、ちょっと待て。楽曲のクレジットを見る限りでは、ライトユーザーが喜びそうな有名スタンダードといえば『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』ぐらいで、エヴァンスの定番である『ワルツ・フォー・デビィ』とか『ナーディス』とかの人気曲すら入っていない。

これは、もしかしたらエヴァンスのライヴアルバムの中でも実はかなり硬派な部類に入るのではないか?そうでなくても「いやぁ、派手じゃないけど何かいいんだよね」ぐらいの味わい盤なのではなかろうか?と、何となく直感がザワザワ動いたんですよ。

で、聴いてみたらこれが・・・。

「ほ!!!!めちゃくちゃ良いではないか!!!!!!!」

なアルバムだったんです。

司会の短めのアナウンスから始まる『モーニング・グローリー』の、静謐な祈りのようなピアノが「シャン...」と立ち上がってから、もうたちまち深い、祈りのような哀愁がアタシを呑み込みました。

この時期の同じメンバーでのライヴ盤、特にアタシはライヴならではのダイナミックなタッチでエヴァンスがはちきれんばかりの耽美なフレーズと共に駆け抜けるかのような『モントルーU』が好きでしたが、この『ライヴ・イン・トーキョー』は、そんな”動”のエヴァンスとは対照的な、ひとつひとつの音を丁寧に慈しむかのように繊細に歌わせる”静”のエヴァンス。

もちろん曲によってはアグレッシブにピアノとベースとドラムが狂おしい火花を散らせる展開もあるのですが、ほとんどの曲はエヴァンスが内側の奥底にある底無しの悲哀の海にどんどん沈み込んで、それにメンバー達が美しいアクセントを付けながらムードにどこまでも深い色彩を加味してゆくという、高い芸術性という言葉を意識して聴かざるを得ない、そんな詩情そのものな内容です。

お客さんの反応も真剣そのもので、歓声や話し声はおろか、拍手以外の音を一切立てず、一音一音集中して聴き逃すまいとしながらエヴァンスと一緒に深い悲哀の海へと意識を沈めて行くような、そんな雰囲気に思わずスピーカーの前のアタシの意識を呑み込まれてしまいます。

あと、特筆すべきは録音の素晴らしさ。

70年代以降のエヴァンスのピアノは基本的にシャキッとした硬質なタッチであり、エディ・ゴメスのベースも固めの音で軽快に動いている感じの録音が多いのですが、このアルバムでのエヴァンスのピアノの音は、まるで初期60年代のトリオ時代のようにふくよかでしっとりとした余韻を湛え、エディ・ゴメスのベースもしっかりとした低音を気持ちよく響かせております。










”ビル・エヴァンス”関連記事 



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:07| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。