2017年03月12日

ビッグ・ビル・ブルーンジィ ビッグ・ビルズ・ブルース

4.jpg
ビッグ・ビル・ブルーンジィ/ビッグ・ビルズ・ブルース
(ソニー・ミュージック)

ソニーがリリースした、¥1080のグレイトな企画「ギター・レジェンド・シリーズ」から、本日もお届けしております。

さてみなさん、いよいよお待ちかね、シカゴ・ブルースの大物中の大物、落語でいえば真打の師匠の師匠ぐらいの凄い人の登場でございます。

はい、ビッグ・ビル・ブルーンジィですよ〜!!!!!


887.jpg


え・・・?

今ちょっとモニターの向こうから、ブルースファンの拍手喝采の中に、かなりのボリュームで

「・・・誰?」

「知らん」

という声が混ざってましたが、ちょっとあーたがた本気ですか!?

・・・はい、そうなんですよ。戦前シカゴ・ブルースの王者とも言われるほどに、1930年代から40年代初頭にかけてのシティ・ブルースのスタイルの確立にはものすごーく貢献した人であり、バンド・サウンドにおけブルース・ギター(アコースティック)の集大成とも言える画期的な奏法を確立した凄腕のギター・レジェンドでありながら、ビッグ・ビル・ブルーンジィは実際ブルース好きの中でも

「うん、何かマディに影響与えた人らしいけど、実はあんま聴いたことないんだよね」

と、軽く扱われることが何故か多い。

その理由というのは、まぁ弟子のマディ・ウォーターズが作り上げた戦後の”電気ミシシッピ・ブルース”ともいえる”あの”シカゴ・ブルースのサウンドのインパクトが余りにも強すぎて、サラッとした都会流儀の戦前シカゴ・ブルースというのは、どうにも「あのシカゴ・ブルース」を期待して聴いた人にとってはアクやクセが思いのほか薄くてどうもガツンとこないとか、そもそも戦後シカゴ・ブルースの熱狂的なマニアであったストーンズやクラプトンの文脈からビッグ・ビル・ブルーンジィという人はちょっとだけ離れた孤高の存在なので、今のブルースファンの大体8割ぐらいを占める”ロック好きからブルースに目覚めたよ”な人達のストライクゾーンにはなかなかズバッと入ってこなかったという物理的な問題もあります。

実際我が国では、戦前モノまで聴いている重症なブルースファン以外に「ビッグ・ビル・ブルーンジィ」という名がようやく知られるようになったのは、エリック・クラプトンがアンプラグドで、ビッグ・ビルの「ヘイ・ヘイ」を演奏してようやく・・・といった感じでした。

でも、アタシは知っています。クラプトンの「ヘイ・ヘイ」でビッグ・ビルの存在を知った人が本人の演奏を聴いて

「いや素晴らしかった、あんな洗練されてるのにフィーリング豊かなギターを弾ける人はなかなかいない」

「ビッグ・ビルかっこいいね、戦前ブルースってロバート・ジョンソンだけじゃなかったんだね。いや凄いわ」

「1930年代だっけ?ブルースであんな風にジャジーなこと出来る人っていたんだ。ギターもいいけどコノ人のは雰囲気が凄くいい。酒が美味くなるブルースだ」

と、驚嘆の声と共に穏やかな顔で口々につぶやいていったのを。

5.jpg
(マディとの仁義あるストーリーはコチラをご覧ください。)


そう、ビッグ・ビルはとにかくギターの名手です。

戦前ブルースのギターといえば、南部の泥臭くパーカッシブなもの、或いはナイフ・スライドやプリミティヴな単弦奏法で、歌のニュアンスをグッと奥深く表現するものが主でした。

これが都会に行くと、当時娯楽音楽の最先端だったジャズとほぼ二人三脚で、テクニカルでダンサンブルな”ラグタイム・ギター”を軸に発展させた、洒落たものとして、シカゴやセントスイスなんかで独自の発展を遂げていたんですね。

ビッグ・ビルは、1890年代に深南部のミシシッピで生まれております。

サン・ハウスやチャーリー・パットンとは世代的にほぼ変わらない彼が幼い頃に影響を受けたのは、やはり深南部の泥臭くヘヴィなデルタ・スタイルのギターだったと思われますが、最初に手にした楽器がヴァイオリンだったことや、1920年代には早々にシカゴへ移り住んだことなどから、デルタ・スタイル”まんま”ではなく、根底に泥臭さを感じさせながらもどこか軽快な、シティボーイなプレイをレコーディング初期から身に付けておりました。

1920年代は”ラグタイムの名手”として大人気だったブラインド・ブレイク、”スライドの魔術師”タンパ・レッドなど、とにかく当時のシカゴで超一流と言われたギターの達人たちと親しくセッションを繰り返し、初レコーディングを行った1926年には、彼らと並び称される全米トップクラスのブルース・ギタリストになっておりました。

ここでビッグ・ビルが「戦前シカゴ・ブルースの立役者」と言われる1930年代がやってくるのですが、ビッグ・ビルの何がグレイトだったかといえば「バンド・サウンドを確立した」これに尽きます。

当時のシカゴ・ブルースのスタイルは、ソロかギター+ピアノのコンビが基本です。

もちろんこの編成があったからこそ、それぞれの個人技が磨かれた訳ではありますが、ちょいと目線を横に移せば、1930年代はジャズのビッグバンド黄金期でありました。人気といえば派手でゴージャス、ついでに躍れるビッグバンドが何といっても一番だったんですね。

そこに目を付けたビッグ・ビルは

「うん、ブルースでもバンド・スタイルでやればもっと人気が出るんじゃないか」

と、思い立ち、色々と試行錯誤を繰り返します。

いくらビッグバンドが人気とはいえ、ああいう編成をそのまんまやったらただの歌入りのジャズになってしまいますし、アンプのない時代、ギターの音が大編成のホーンやドラムの音に埋もれてしまうという問題がありました。

そこでビッグ・ビルが考えて編み出したのが「唄とギターを中心とした小編成バンドでの洗練されたブルース表現」です。

編成は大体ビッグ・ビルの唄とギター、そして腕のいいピアニストに、場合によってベースやドラム、必要最小限のホーン奏者が入るという3〜4,5人によるブルース・バンドで、少ない人数ではありますが、ビッグ・ビルならではのセンスの良さで、ブルースがグッとモダンで洗練された上質な音楽として、夜のシカゴで人気を盛り返すようになっていった訳であります。


(ギター・レジェンド・シリーズ)



【収録曲】
1.BIG BILL BLUES
2.YOU DO ME ANY OLD WAY
3.TRUCKING LITTLE WOMAN
4.BULL COW BLUES
5.SOUTHERN FLOOD BLUES
6.NEW SHAKE ’EM ON DOWN
7.NIGHT TIME IS THE RIGHT TIME
8.TROUBLE AND LYING WOMAN
9.BABY I DONE GOT WISE
10.JUST A DREAM
11.OH YES
12.MEDICINE MAN BLUES
13.LOOKING UP AT DOWN
14.WHEN I BEEN DRINKING
15.ALL BY MYSELF
16.NIGHT WATCHMAN BLUES

んで、そんなビッグ・ビルの全盛期、1932年から41年の音源を集めた、LP時代から親しまれている代表作がコチラ「ビッグ・ビルズ・ブルース」であります。

凄腕のギター・ピッカーとしてのビッグ・ビルを楽しみたいなら、Pヴァインから出ている「ファーザー・オブ・ザ・シカゴ・ブルース・ギター」がとにかく強烈ですが、コチラではトータルなブルース・アーティストとしてのビッグ・ビルを、極上の戦前シカゴ・ブルース・バンド・サウンドでとことん味わい深く楽しめます。

ギター、ピアノ、曲によってはドラムやコルネット、ウォッシュボードも入って(Aなんか華やかですよ〜♪)、その中でビルの「ちょろっと弾いてもカッコいいギター」と、カラッとしながら妙に深い余韻のあるヴォーカルがこれ、実に噛めば噛むほどに染みるんですよ。

どこまでもドロドロで荒々しいブルースはもちろん最高で、それなしでは生きて行けませんが、こういう最初から最後までとことん"粋"なブルースもいいもんです。本当にいいもんです。





ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

メンフィス・ミニー フードゥー・レディ

5.jpg

メンフィス・ミニー/フードゥー・レディ
(ソニー・ミュージック)

カワイイ系の女の子がギターを持って自作の曲を唄うというのは、今やもう当たり前です。

我が国でも中島みゆき、藤圭子、椎名林檎、YUI、Miwaとか、いわゆる”シンガーソングライター”と呼ばれるジャンルでカッコ良くギターを持って唄う人は多く、このジャンル(?)の支持は40年ぐらい厚いものがありますが、こういった流れが出来たのって、もしかしたら戦後のフォーク・ブーム以降のことなんじゃないかと思います。

そのちょっと昔といえば「女性は歌を唄うかピアノを弾くものだ」という、まぁこれは古い時代の考え方なんで、そう目くじらを立てんで欲しいんですが、とにかく世界的にそういうのがあった。

戦前なんか女性アーティストのほとんどは、ヴォーカルかダンサーぐらいのもんで、例えばブルースの録音の一番古い年代になる1920年代なんかは、綺麗にドレスアップしたブルースウーマンが、楽器を演奏する野郎共を従えた”クラシック・ブルース”なるブルースがまず流行り「あぁ、ブルースってそういうもんだね」という認識が一般的で、ましてや女がギター弾くなんて考えられなかった。

あ、保守的な「女はどうこう」という考え方が色濃く残っていた戦前の話ですからね。

ところがそんな時代に、女だてらにカッコ良くギターを持って、いわゆるレコード向けのお上品な”クラシック・ブルース”ではない、パンチの効いたブルースを唄う人がおりました。

887.jpg


そのカコッコイイ姐さんが、本日ご紹介するメンフィス・ミニー。

これも今回ソニーから¥1080のスペシャル・プライスでリリースされた「ギター・レジェンド・シリーズ」からの再発なんですが、メンフィス・ミニーはまずはさておき、とにかくギターが上手いんです。

今回「戦前ブルースの単なるリイシューじゃなくて、ギター特集の一環としてメンフィス・ミニーの”フードゥー・レディが出るよ」という情報をキャッチしたときにアタシは

「ははぁ、流石ソニーさんはわかってらっしゃる。確かに戦前ブルースの”ギター名手”といえばたくさんいるけど、メンフィス・ミニーは文句ナシにその中の、しかもかなり上の方に入るもんね」

と、感心してムチウチになる60歩手前ぐらいまで激しく頷きました。

最初に聴いたのが19の時ですね。

小出斉さんの名著で「ブルースの世界」という本がありまして、コレ、初心者には丁度良いボリュームのガイドブックなんですけど、コレで「フードゥ・レディ」が紹介されてて

「む、コレはギターに関しての記述に何か力が入ってるぞ、小出斉さんもギタリストだから、コノ人がここまで絶賛するからには、単なるもの珍しさだけじゃなく、このメンフィス・ミニーって人は本格的に聴かせる実力派に違いない」

と、アタシもほれ、へたっぴぃですが一応ギターも弾きますので、その”楽器やる者の勘”みたいのが働いたんでしょう。すぐにCDを探して購入して聴きましたところ、その気風のいい唄いっぷりと、芯のあるギタープレイにすっかり魅了されました。



(ギター・レジェンド・シリーズ)



【収録曲】
1.DOWN IN THE ALLEY
2.HAS ANYONE SEEN MY MAN?
3.I HATE TO SEE THE SUN GO DOWN
4.ICE MAN (COME ON UP)
5.HOODOO LADY
6.I’M A BAD LUCK WOMAN
7.CAUGHT ME WRONG AGAIN
8.BLACK CAT BLUES
9.GOOD MORNING
10.MAN YOU WON’T GIVE ME NO MONEY
11.KEEP ON EATIN’
12.I’VE BEEN TREATED WRONG
13.GOOD BISCUITS
14.AIN’T NOUSE TRYIN’ TO TELL ON ME (I KNOW SOMETHING ON YOU)
15.MY BUTCHER MAN
16.MY STRANGE MAN
17.IF YOU SEE MY ROOSTER (PLEASE RUN HIM HOME)
18.MY BABY DON’T WANT ME NO MORE
19.PLEASE DON’T STOP HIM
20.I’M GOING DON’T YOU KNOW


これも偏見だったんですが「まぁ、ジャケットでギター持ってるけど、バックにはバンドがついてて、当然リードギター弾くような名手がいて、ミニーさんのギターは言っても唄に合わせてぶんちゃかやってる程度のもんだろう」と、アタシ完全にナメてたんです。

ところがどっこい、ミニーさんのブルースは、想像していた「何となくシティ・ブルース&和み系」のそれではなく、ブルースの泥臭さ、アクの強さも十分に感じられるけど、その演奏は実にしっかりしていて素人臭くない。

強いていえば”洗練されたカントリー・ブルース”或いは”泥臭さ絶妙なシティ・ブルース”とでも言える非常に個性的かつ媚びてない硬派なもの。

サウンドは、後半ちょっとだけバンド編成の録音があるものの、基本はサポートでギターやピアノ、ベース”だけ”を付けたものか弾き語り。ミニーさんのギターはどの曲でも”ザッザッザッ”としっかりとしたビートを親指で刻みながら、人差し指と中指でオブリガードを入れていくスタイルで、全編通してダテじゃないホンモノのギター・ピッカーぶりを披露してくれております。

特にタイトル曲「フードゥ・レディ」でのギターのザクザクぶりがいいですなぁ。固めの音で低音弦をガツガツ刻んでいるんですが、その規則正しいビートは途切れないしブレないし、楽曲はシティ・ブルース風ですが、そのノリにはやはり粘りのある南部のフィーリングが秘められております。

1900年前後(詳しい生年は不明)にルイジアナで生まれ、小さい頃からギターを持って唄っていたミニーさん。そのまま人口の多いメンフィスに流れて、そこで人気を博したかた”メンフィス・ミニー”。

人気も実力も確かだった彼女は、1930年代にはすぐに大都会シカゴに移住して、並み居る人気ブルースマン達と競い合って、その中で更に人気をかっさらっていたんだとか。

この”フードゥ・レディ”は、正にそんなミニーさんが、シカゴへやってきてすぐの頃から、最も勢いがあったとされる時期の音源をベストな選曲でまとめたものです。

洗練と泥臭さ、可憐さと逞しさが、どの曲どの演奏の中でも絶妙なバランスを取りながら渋い光沢を放っている彼女のブルースは、性別抜きにしても戦前ブルースという”人と違ってなんぼ”の世界の中でも一際個性的であります。




ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ブッカ・ホワイト パーチマン・ファーム

4.jpg

ブッカ・ホワイト/パーチマン・ファーム
(ソニー・ミュージック)

皆さんこんばんは、本日もソニー・ミュージックによります気の狂った¥1080で古今の素晴らしいギター・ミュージックを聴こう!という最高の再発企画「ギター・レジェンド・シリーズ」からのセレクトでお送りいたします。

昨日はサン・ハウスの戦後録音ながらこれはもう弾き語りブルースの作品としては恐らく歴史上5指に入るであろう名盤であります「ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース」を紹介しました。

本日もブルース、しかもサン・ハウスに負けず劣らずに濃厚でインパクトのある名盤をということで、これもLP時代から「コレは聴いとかんといかんでしょ」と、多くのブルースファンをして言わしめたブッカ・ホワイトの「パーチマン・ファーム」でございます。

これもまずジャケットに惹かれますよね。ドカーンと超アップで貼られたイカツいおっさんの顔、吸い込まれるような深い眼差しと、よく見ると折れ曲がってる鼻など、何も書かれてはおりませんが、この人の恐らくは相当にハードなものであっただろう人生が刻まれたジャケットです。

ちなみにアタシ"おっさん"などと言ってますが、このデカデカと写っている男こそがブッカ・ホワイト。

大好きなブルースマンであり、サン・ハウス、チャーリー・パットン、ロバート・ジョンソンらと共にわが国では「デルタ・ブルース四天王」と特別に称えられておりますが、実際にブルースの大源流であるミシシッピ・デルタ・ブルースを代表する一人であり、独自のパーカッシブなデルタ・スタイルを情感豊かなボトルネック・スライドで発展させた凄い人です。

その後のモダン・ブルースへの影響という意味でも、イトコのB.B.キングが

「幼い頃にブッカ・ホワイトのスライドをよく聴いてたね、本当に素晴らしいニュアンスのギターだったよ。でも私にはどうしてもボトルネックを上手く使いこなすことが出来なくて、チョーキングであのニュアンを再現しようと思ったんだ」

と、証言しているように、戦後主流になったチョーキング/スクィーズ・ギター奏法に与えた影響もかなりデカいということも特筆に価することでしょう。

さてこのブッカ・ホワイト、1911年にミシシッピに生まれ、十代の頃にチャーリー・パットンの演奏を生で観て「オレもこの人のようになりたい」と憧れ、そうこうしているうちに早いうちからパットンからブルース・ギターの手ほどきを受けるようになっていたといいます。。

ブッカがブルースに目覚めた1920年代後半のアメリカは大不況のまっただ中、食うために音楽を選んだブッカもその例外ではなく、より多くの場所で稼ごうと、貨物列車を乗り継いでの旅を続け、その行動範囲は北部シカゴにまで及ぶ広いものでした。

行く先々の街でブルースを歌いながら、ブッカはその強い腕っぷしを買われてボクサーとしても活躍。その日暮らしの典型的な放浪のブルースマンなライフスタイルを生きていたブッカですが、そういう生活に付き物の酒や女に関わるトラブルにやはり彼も巻き込まれてしまい、1937年ミシシッピのとある道で、恨みを持って待ち伏せし、襲ってきた男の膝をとっさに銃で撃ち抜いて逮捕され、刑務所に服役することになります。

この時彼が収監されていたのが、南部で悪名の高かったパーチマン農場刑務所であります。

887.jpg


そう、本日ご紹介する「パーチマン・ファーム」は、実際にチェインギャングとして服役していた経験を基に作られた、刑務所暮らしと酒や女、旅にまつわるハードライフのブルースを渾身の魂を込めたブルースで綴った作品なのです。



(ギター・レジェンド・シリーズ)



【収録曲】
1.パインブラフ・アーカンソー
2.シェイク・エム・オン・ダウン
3.ブラック・トレイン・ブルース
4.ストレンジ・プレイス・ブルース
5.ホェン・キャン・アイ・チェンジ・マイ・クローズ?
6.スリーピー・マン・ブルース
7.パーチマン・ファーム・ブルース
8.グッド・ジン・ブルース
9.ハイ・フィーバー・ブルース
10.ディストリクト・アターニー・ブルース
11.フィクシン・トゥ・ダイ
12.アバディーン、ミシシッピー
13.ブッカズ・ジターバグ・スイング
14.スペシャル・ストリームライン


録音は収監前の1937年の2曲と釈放後の1940年の12曲。

言い伝えによると、ブッカはこの発砲障害事件で無期懲役の判決を言い渡されておりましたが、刑務所内で演奏を披露して恩赦を貰えて釈放されたとも、レコーディングのために脱獄したとも言われております。

また、戦後の”ブルースの生き字引”とも言われている放浪の9弦ギター弾き、ビッグ・ジョー・ウィリアムス

「ブッカが逮捕されたのは1937年だ。確かヴォカリオン・レコードがヤツの曲を2曲録音している時にミシシッピの保安官がスタジオに乗り込んで、ヤツぁそのまんま持って行かれたのよ」

と、インタビューで答えております。

その真偽はともかく、ここで聴かれるブッカのブルースは、言われなくても間違いなくハードライフの苦悩や葛藤が、身もすくむような緊張感で刻まれた、特別なリアリティの溢れるものです。

1曲目の「パインブラフ・アーカンソー」では「フゥゥエーゲラップザモーニン・・・」と、裏声から入ってくるんですが、激しく高音をかきむしるスライドと相俟って、コレが何度聴いても鳥肌が立ちます。

また、伝統的なミシシッピのダンス・ソング(ミシシッピ・フレッド・マクダッウェルやR.L.バーンサイドも唄ってる)「シェイク・エム・オン・ダウン」も、軽快なアフタービートながら、どこか重くやるせない情感があります。

ブッカの”ミシシッピ・デルタ・スタイル”は、彼が多大な影響を受けたチャーリー・パットンやサン・ハウスから、ラフで荒々しいボトルネック奏法と、強靭なビートのキレは受け継いでおりますが、よくよく聴くとそのギターはとても繊細で、感情変化の微妙な”揺れ”をも、ボトルネックのちょっとしたフレーズの小技や余韻が捉えて表現しているようであります。

60年代に再発見されて以降、音源も映像もたくさん残っておりますが、戦後は豪快な味わいが増した感がありますので、本作での荒々しさと繊細さが独特の緊張感の中で混ざり合った演奏というのは、他で味わえない独自のものだと思います。

いずれにせよミシシッピ云々はこの際関係なく、戦前に残されたブルースすべての音源の中でも特異なリアリティに溢れたブッカ・ホワイトの「パーチマン・ファーム」。これは全てのブルース好きにサラッとでも耳を傾けて頂きたい珠玉の傑作です。

うん、全然”サラッと”は聴けないとは思いますが。。。




”ブッカ・ホワイト”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

サン・ハウス ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース

5.jpg

サン・ハウス/ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース
(ソニー・ミュージック)

とにかくもうジャケットが素晴らしくありませんか?

白いシャツに紐ネクタイをキッチリ占めた老ブルースマンが、ナショナル・スティール・ボディ・ギターを構え、歳月が深く刻まれた皺だらけの顔と尋常ならざる深い目付きで真っ直ぐに前を見据えている。あぁ、これがブルース。

いや、これがブルースのレコードのジャケットじゃなかったら、一体何をブルースだと言えばよろしいのかと・・・。

本音を言えばこのアルバム

「はい、このジャケにブルースを感じた人は買いなさい。あとはアタシがガチャガチャ言うまでもねーから」

とだけ殴り書きして終わりにしたい。

だって中身はジャケット通りの100%ピュアな、混じりっ気なしの見事なディープ・ブルース。

つうかこれがブルースじゃなかったら何をブルースと(以下略)なんでございますが、せっかく今からブルースの深い泥沼に沈み込んでやろうと思っているこのブログの読者さん(いるのか本当に)に対してあまりに不親切なので、はい、ちゃんと中身をご紹介します。

サン・ハウスは、俗に「ブルース発祥の地」とも言われるミシシッピ・デルタ地方にて"デルタ・ブルースの父"と呼ばれ、同じく"デルタ・ブルースの創始者"と崇められるチャーリー・パットンと共に、ブルース第一世代の傑出したシンガー/ギタリストとして、独特のパーカッシブで荒々しいスタイルのミシシッピ・デルタ・ブルースの基本型を作り上げました。

「バカバカ叩き過ぎて木製のギターだとすぐにボディが割れてしまうから」

という凄まじい理由で金属ボディのギターを持ち、弦を激しくバチバチ弾きながら背骨をえぐるかのような強烈なスライドを放ち、また、腹の底からブルースが溢れているかのようなパワフルなヴォーカルは、戦前南部では圧倒的な存在感を放ち、聴く者をことごとく引きずり込んでいたといいます。

ちなみに彼やチャーリー・パットンを直に見て引きずり込まれ、ブルースの道へと突き進んだのが、若き日のロバート・ジョンソン、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフらであります。

個人的には特にマディ・ウォーターズのとことん泥臭いタフなボトルネック奏法は、サン・ハウスの"直系"であると思っとります。

サン・ハウスは、1902年に生まれ(諸説あり)、熱心な教会信者だった両親の影響で、幼い頃から教会で唄い、やがて一人立ちしてからは、ギター片手にあちこちで神の教えを激烈なスピリチュアル(ゴスペルの原型)と共に解く説教師として活躍しておりました。

「えぇ!デビルズ・ミュージックの元締めみたいなブルースマンが説教師!?」

と、アタシも思いましたが、これには深い訳があって、実は彼は説教師時代にタチの悪い絡み方をしてきた男に殺されそうになり、反撃して相手を殺してしまいます。

正当防衛とはいえ、殺人は宗派的には大罪ですからサンは破門。同時に説教師としての職を失い、刑務所に服役します。

その時の態度がとても殊勝であると、なんとたった1年のお務めで釈放されたサンは、出所してしばらくは農場や鉄道工事などの肉体労働者として働いていますが、やはり音楽への想いは絶ち難く、ドッケリー農場で出会ったチャーリー・パットンやウィリー・ブラウンらと共に、さすらいのブルース人生を送ることを決意するのであります。

1930年代はミシシッピ近郊では「知らない人はいない」とすら言われ、パットンらとレコーディングも行います(「伝説のデルタ・ブルース・セッション」)。

更に1941年から42年にかけては国会図書館用のレコーディング・セッションもこなすなど、一見順調そうに見えた音楽人生でしたが、パットンとのレコードは結局リアルタイムで陽の目を見ることはなく、国会図書館用の音源も単なる資料であり、彼の存在を広く世に知らしめることはなく、ラジオから次々流れるレコード・ヒットの勢いに押し流される形で、ブルースマンとしてのサン・ハウスは、40年代後半にもなると、いつの間にか過去の人になっておりました。

いくらミシシッピの片田舎で唄っても唄っても、何ら報われない生活に嫌気がさしたサンは、故郷と音楽を捨て、ひっそりカタギとして生きていくことを選びます。これが1948年のことであります。

それからおよそ15年、サンはニューヨーク州のロチェスターという、およそブルースとは縁のない街で、日雇い労働者、調理人、動物病院の補助係などをしてひっそり暮らしておりました。

ここでやって来るのが、おなじみの60年代フォーク・ブルース・リバイバルです。

熱心な白人青年らが、アメリカ南部中を探し回って、活動休止中の伝説のブルースマン達を次々"再発見"してはライヴやレコーディングに引っ張り出していた、あのムーヴメントによってサンも1964年に再発見されるのですが、皆が「生きてるとしたらミシシッピ近辺に住んでいるだろう」と思い込んでいたために、彼だけがかなり発見が遅れたと言われております。

サンを発見した3人の青年達は、最初不審がって話も聴こうともしない彼に昔の演奏のテープを聴かせてこう言いました。

「ミスター・サン・ハウス、僕らはもう一度こういう素晴らしい衝動にうち震えたブルースが聴きたいんだ。そして僕らと同じようにこういうホンモノのブルースが聴きたいと願っている若者がたくさんいる」

サンの中で、必死に圧し殺し、無理矢理忘れ去ろうとしていたブルース衝動が沸き上がり

「オレに出来るかって?小僧共、目の前に誰がいると思ってるんだ」

と、鋭い目付きのブルースマンの顔になって言い放つのに、そんなに長い時間はかからなかったといいます。



(ギター・レジェンド・シリーズ)


【収録曲】
1.デス・レター
2.パーリーン
3.ルイーズ・マギー
4.ジョン・ザ・レヴェレーター
5.エンパイア・ステイト・エクスプレス
6.プリーチン・ブルーズ
7.グリニン・イン・ユア・フェイス
8.サンダウン
9.レヴィー・キャンプ・モーン


サン・ハウスがニューヨーク州ロチェスターから、3人の白人青年によって再びブルースの世界へ飛び出したその年の1964年、最大のコンサートである「ニューポート・フォーク&ブルース・フェスティバル」に出演。

"生きた伝説"の、伝説に違わない壮絶な演奏を目の当たりにした聴衆はもちろん大熱狂、サンは演奏の後のステージ裏で、満足に酒を煽り、煙草を吹かしておりました。

そんな彼を、一人の巨大な、多くのブルースマン達の中でも一際目付きが鋭く、凶暴なオーラをまとった男が立ち尽くして見ています。

サンは彼が、かつて南部で自分やチャーリー・パットンの周囲でちょこまかしていた若者だとすぐに気付き、緊張で固くなっている彼にスタスタ近付いて行って、ニヤリと笑って言いました。

「よぉクソガキ。俺達が夢中で追っかけていた南部の双子のべっぴんは今どうしてるだろうな?」

緊張していたその男、いや、今やシカゴブルースの一画を束ねるビッグボスとなっていたハウリン・ウルフは、最初緊張していましたが、サンのその言葉に満面の笑みを浮かべ、それからしばらく和やかに昔話で盛り上がったそうであります。

そしてそのステージ裏での話が

「あのハウリン・ウルフがそんな風になったサン・ハウスって一体何者だ!?」

と更に伝説となり、皆がアルバムを心待ちにしていた1965年、伝説のブルースマン、サン・ハウスの初めてのレコードである本作「ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース」が遂に世に出されました。

このジャケット、そして「フォークブルースの父」のタイトルの素晴らしさを凌駕するコレが素晴らしい内容なんです。

63歳という年齢に蓄積された深い深い、というよりも、どうあがいても体から剥がれずに、どれだけ逃げても逃げ切れない強烈なブルース・フィーリングがです。

全身から激しく振り絞った声、全力でブッ叩かれて弦とボディが「バカン!ビキン!」と硬い悲鳴を上げるギターによって弾き出されるモノホンのデルタ・ブルースは、もう息をするのもはばかられるような、重く濃密な空気を聴く人に突き付けます。

「お前のブルースはどうなんだ?」

と。

「朝起きたら"急げ急げ、お前の女が死んじまった"って書かれた手紙がきた」

と、ヘヴィな死を唄う「デスレター」や、恐らくは実体験に基づいているであろう日雇い労働と恋人との別れがえぐるようなスライドとともに切々と唄われる「レヴィー・キャンプ・モーン」等の看板曲はもちろん、伴走は手拍子だけの強烈なスピリチュアルソングの「ジョン・ザ・レヴェレーター」、キャンド・ヒートのアル・ウィルソンによるサイドギターとの絡みが重厚なデルタ・ビートを生み出す「エンパイヤ・ステート・エクスプレス」いやもう曲がどうとかではなく、この盤から叩き出されるサンの声、ギター、そして荒々しいブレスなどの全てが異様な程の緊迫感と生々しさに満ちています。

これ聴いた時、アタシは感動はもちろんしましたが、同時に聴いてはいけない類いのヤバいものを知ってしまったとも思いました。

奇しくもライナノーツにサン・ハウスの言葉があって、これがまたすごく一言でこのアルバムを言い表してる言葉にだったんで、シメに引用します。


『ブルースというのはひどく感情的な、ゾクゾクさせるスリルに過ぎない。君たち坊やがそれを一度も経験したことがないなら、絶対に知らないままでいた方がいい』

ーサン・ハウス










”サン・ハウス”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

V.A./スライドギター

4.jpg
V.A./スライドギター
(ソニー・ミュージック)

皆様お久しぶりでございます。

ちょっと体調を崩しているうちに、まぁ世の中というのは凄まじいスピードで動いておりますようで、ボーっとした重たい頭を抱えつつ、ツイッターなぞ見ながら養生しておった訳ですが、その中で看過できないある情報を目撃して「うぉう!!」となりました。

えぇと、ソニーがですね「ギター・レジェンド・シリーズ」と題しまして、ロックからジャズ、ブルースの、特にギターがカッコイイ名盤を、税込みで¥1080という狂った価格で一挙に50枚リリースしますよと。

ほうほうと思ってカタログを見てたら、流石にロックやジャズでは、これはもう誰にでもオススメできるヨダレものの超名盤(サンタナとかスティーヴィー・レイ・ヴォーンとかジョニー・ウィンターとかチャーリー・クリスチャンとかフリードウッド・マックとか)から「うん分かる!」と、ツウを唸らせる渋いところまでを流石に一流レーベルらしく綺麗に網羅していて感動したんですが、問題・・・いや、これはもう事件と言っていいのが「ブルース」のとこです。

何と、タイトル全部の5分の1にあたる10タイトルが戦前ブルースの復刻。しかも!そのほとんどが90年代前半にリリースされたっきりひっそりとカタログから消えてしまっていた幻の名盤なんですよ。

ロバート・ジョンソンはもちろん、ロニー・ジョンソンの「ステッピン・オン・ザ・ブルース」とかサン・ハウスの「ファーザー・オブ・ザ・デルタ・ブルース」とかブッカ・ホワイトの「パーチマン・ファーム」とか・・・あぁ全部書くとキリがありませんが、とにかく厳選10枚のタイトルのことごとくが、当時ブルースのガイドブックにはスペースをデカデカと取って「とにかく必聴」とかそういう言葉と共に掲載されていたものばかりで、90年代戦前ブルースの泥沼に足を突っ込み始めたアタシは、そらもう片っ端から少しづつ買い集めていたアルバムばかり。

もちろんこれらのタイトルは「これからブルースを聴いてみたい」という方や「今ブルースにハマッてやべぇ」となっておられます若い音楽好きギター弾きの皆さんにも、内容&値段の素晴らしさと共に、ホントにオススメしておきたいブツですので、えぇ、アタシさっきからちっとも冷静じゃありませんが、勢いでこれから気力の続く限りこの素晴らしいシリーズから、戦前ブルースの名盤をできるだけ詳しくわかりやすく皆さんにご紹介していきたいと思います。

一発目の本日は「そんなこと言ってもじゃあ最初に何聴けばいいんだよ」と、お思いの方に、とりあえずでもいいから耳を通して欲しいオムニバスです。




(ギター・レジェンド・シリーズ)



【アーティスト/収録曲】
1.Weaver & Beasley/Bottleneck Blues (Album Version)
2.Barbecue Bob/Untitled (Album Version)
3.Blind Willie Johnson/God Don't Never Change (78rpm Version)
4.Blind Willie Johnson/Dark Was The Night, Cold Was The Ground (78rpm Version)
5.Weaver & Beasley/St. Louis Blues (Album Version)
6.Ruth Willis & Blind Willie McTell/Experience Blues (Album Version)
7.Sylvester Weaver/Guitar Rag (Album Version)
8.Tampa Red&Georgia TomYou Can't Get That Stuff No More
9.Charlie Patton/High Sheriff Blues (Album Version)
10.Blind Boy Fuller/Homesick & Lonesome Blues (Album Version)
11.Leadbelly/Packin' Trunk Blues
12.Casey Bill Weldon/I Believe I'll Make a Change
13.Buddy Woods/Don't Sell It (Don't Give It Away) (Album Version)
14.Buddy Woods/Muscat Hill Blues
15.Robert Johnson/Traveling Riverside Blues (Album Version)
16.Bukka White/Bukka's Jitterbug Swing (Album Version)
17.Bukka White/Special Stream Line (Album Version)


じゃじゃじゃん!

スライドギターですよ皆さん、ブルースと言えばのスライドギターですよ。

しかもこれ、ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、ブッカ・ホワイトら、元祖ボトルネックのミシシッピ・デルタ勢からナイフ・スライドのテキサス・ブルース、ジャズとのオーバーラップ感も楽しい戦前シティ・ブルースの名手達から、アトランタの12弦使い、バーベキュー・ボブやブラインド・ウィリー・マクテル、更にはレッドベリー、盲目の説教師で戦前ゴスペル(ギター弾き語り部門)最強のスライドマスター、ブラインド・ウィリー・ジョンソンまで、本当に広く深く、戦前ブルースを地域やスタイル別に厳選して選曲/収録してあって、何度も言いますがスライドギターや、戦前ブルースの入門には最適。

名前を挙げた有名どころの演奏は、もう言うに及ばず聴きまくってください。重要なのは恐らくほとんどの人が「誰?」となるであろうシティ・ブルースのスライド名手達の隠れた名演。

冒頭の"Weaver & Beasley"は、戦前に南部と北部を結ぶ中継都市で、ブルースの都と言われたセントルイスで人気だったシルベスター・ウィーヴァーとウォルター・ビーズリーのゴキゲンなギター・デュオ。

軽快なリズムで唄うような小粋なウィーヴァーのギターに、絶妙にメロディーで絡むビーズリーによる「こんな風に弾けたらきっと楽しいだろうなぁ」と思うスライドギター×スライドギターの贅沢なインストであります。

Gのタンパ・レッドは戦前シカゴで"スライドの魔術師"と呼ばれたテクニシャン。敢えて太いビブラートを使わず、精密なフレットさばきとやや甘口の繊細な音色が実に都会的で、そのメロディアスな単弦フレーズとモダンな響きのコードを巧みに掛け合わせた技は、なるほど戦後のマディ・ウォーターズからエルモア・ジェイムスからB.B.キングにまで深い影響を与えただけのことはありますわいと納得です。

そして、スタイル云々はまず置いて素直な気持ちで聴いて頂きたいのが、スライドギターの音を世界で初めてレコードに刻んだだけでなく、弾き語り男性ブルース・シンガー&ギタリスト第一号として、後進に計り知れないデカい道を切り開いたシルヴェスター・ウィーヴァーのF。

奇をてらわない、むしろ素朴な味わいの軽妙な演奏の、噛めば噛むほど色々染みる味わいの豊かさはどうでしょう(!)

スライドギターだらけの贅沢な全17曲、コレ一枚あればあなたのブルースライフ、きっと深まりますよ♪



ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

B.B.キング ザ・ジャングル

5.jpg
B.B.キング/ザ・ジャングル
(KENT/Pヴァイン)

誰もが認める”キング・オブ・ブルース”B.B.キングです。

ブルースが好きとか興味があるとか以前に「洋楽が好き」とか「ギター弾く」とかいうレベルの人なら、実際音は聴いたことなくても名前ぐらいは知っているほどの凄い巨人であります。

ほうほう、じゃあB.B.って何がどう凄いの?

と、お思いの方にはコレです。数あるスタジオ盤の中でも多くのファンが「これこそ最高傑作」と愛して止まない「ザ・ジャングル」です。



【収録曲】
1.THE JUNGLE
2.5 LONG YEARS
3.EYESIGHT TO THE BLIND
4.BLUE SHADOWS
5.THE WORST THING IN MY LIFE
6.BEAUTICIAN BLUES
7.AIN'T NOBODY'S BUSINESS
8.BLUES STAY AWAY
9.I STAY IN THE MOOD
10.I CAN HEAR MY NAME
11.GOT 'EM BAD
12.IT'S A MEAN WORLD


B.B.の人気が、黒人コミュニティのみならず、ロックを通じて全世界に「アレは凄い」と沸騰し始めた1967年のリリースで、当時30代半ばの脂の乗り切ったB.B.の、力強い声とギターにはち切れんばかりのブルース衝動が乗っかった、勢いと熱気の塊のようなアルバムです。

この頃にほぼ完成したB.B.のスタイルといえば、タメの効いたスロー・ブルースでの『泣きのイントロ→堰を切ったように出てくるフルヴォリュームのヴォーカル→そこに思いっきり被せてくる入魂のギターソロ』であります。

このパターン、今ではもうすっかりブルースの”お約束”みたいになっておりますし、実にシンプルなんですが、問題はそのシンプルな構造の中にどれだけの情感をブチ込むことが出来るかということなんですね。理屈抜きでイントロの「キュイーン」が鳴れば、聴いてる側の魂がもう全身総毛立つような感覚が、どの曲のどの演奏を聴いてもリアルに沸いてきてもう大変なことになってしまう。

もちろんB.B.のアルバムは年代毎にそれぞれ素晴らしい味わいがあるし、聴き込めばそれぞれのアルバムならではの「ここ、たまらんよ」が出てくるんですが、これほど理屈や知識的なもんをぶっ飛ばしてダイレクトに「ガガガ!」ってクるアルバムはないでしょう。アタシの場合はアルバムとして最初にちゃんと聴いたのが「ライヴ・アット・ザ・リーガル」で、「あぁ、いきなりこんな凄いライヴ聴いたらスタジオ盤なんか退屈だろうなぁ」とすら思ってましたがとんでもない、ライヴの熱気とはまた違う、中心にギュッと集まった音がスピーカーからダイレクトに飛んでくる凄いスタジオ盤、ここにありました。

はい、確かに多くの人が「最高!」と言う通り、このアルバムには特別な「何か」があります。

実はレーベル移籍のドタバタのさ中に作ったアルバムで、音源は1961年と62年の、主にカヴァー曲を集めたもので、詳しいレコーディングの日にちとかの詳細が不明だとか、オーバーダビングしたホーンのキメのタイミングが1曲目から大胆にズレてたり、スタジオ盤の理屈では色々と”完璧”とは言えないアルバムではあるんです。

しかし、そういった”ちゃんとした部分”でのマイナスを全部帳消しにして余りあるB.B.の凄まじいヴォーカルと、艶のある力強いトーンで響くギター(ルシール)の圧倒的パフォーマンスゆえ、多くの人に愛される名盤中の名盤として、今日まで聴き継がれてきているんだと激しく実感します。




ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952

887.jpg
ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952
(Pヴァイン)


1月30日はライトニン・ホプキンスの命日!

ということで、このどうしようもなくディープでダーティでデロデロでブギウギでドロドロの”永遠の不良ブルース親父”はたまた”ブルースの権化”なライトニン・ホプキンスのCDを今日は1日中カーステにぶっこんで、そのどうしようもなく(略)なブルースに心地良く浸っておりました。

うぅ〜ん、ライトニン♪

やっぱり何をどこからどう聴いても、およそ「ブルース」って言葉に何か特別なものを感じる人間にとって、この人は格別なんですよ。

普通、ブルースマンといえば、その卓越したギター・テクニックや声の存在感とか個性とか、そういったもので後続に影響を与え、その影響力の強さがそのブルースマンの評価に、そのまんま繋がるのです。

たとえばエレキギターによるソロのスタイルを確立したTボーン・ウォーカー、ブリティッシュ・ロック勢に多大な影響を与えたマディ・ウォーターズやハウリン・ウルフ、ボ・ディドリーらのシカゴ・バンド・ブルース・サウンド、B.B.キング、アルバート・キング、フレディ・キングらの”泣きのチョーキング・ギター”とか、ロバート・ジョンソンやサン・ハウスのスライド・・・といった風に、偉大であればあるほど、それぞれの”必殺技”のようなブルースのプレイスタイルがサウンドと歴史の中でクッキリと浮かび上がってくる。

ところがライトニン・ホプキンスは、そのギター・プレイが誰かに物凄く影響を与えたとか、彼のスタイルに憧れた誰かが一大流派を築いたとか、そんな話は聞きません。

でも、ブルースを好きな人は「ライトニン・ホプキンス」といえば、ほとんどの人が「いいね」と返し、そしてライトニンが苦手だとか、ましてや嫌いだという人に、アタシは会ったことがありません。ついでに言うとたくさんあるライトニンのアルバムの中で「これはちょっと違う・・・」という作品に出会ったこともありません。

とらいえライトニンは、決して完璧なミュージシャンではありません。むしろ調子や機嫌の悪さがモロに歌や演奏に出ていたり、チューニングが微妙にズレていることだって結構あります。

カッコイイところはそこなんです。

どんなレコーディング・セッションやライヴだろうが、手前の気分や調子がどうだろうが、その時の"全部"を隠したり誤魔化したり一切せず、好き勝手、本能の赴くままにブルースする。そしてソイツが、もうアホみたいに様になってしまう唯一の超ブルースな存在、それがライトニン・ホプキンスというブルースマンなんですよ。

だからライトニンの歌やギターのスタイルは、誰にも真似が出来ません。やったとしてもライトニンの真似にしかなりませんし、大体コノ人はやってることは非常にシンプルなんだ。当たり前過ぎるぐらいのことでも、コノ人が目一杯の「オレ節」をまぶさしてやっちゃうだけで、とてつもなくディープなブルースになっちゃう。



【収録曲】
1.Hello Central (aka Give Me Central 209)
2.Coffee Blues
3.Long Way From Texas
4.Gotta Move
5.New Short Haired Woman
6.Tell Me Boogie (aka Mad As I Can Be)
7.Prayin’ Ground Blues
8.New York Boogie
9.My Heart To Weep (aka You Caused My Heart To Weep)
10.Tap Dance Boogie
11.I Wonder Why
12.Buck Dance Boogie (aka Papa Bones Boogie)
13.Home In The Woods (aka No Good Woman)
14.Lightnin’s Gone Again
15.Dirty House Blues
16.Bald Headed Woman
17.Everything Happens To Me
18.Freight Train (aka When I Started Hoboing)
19.I’ve Been A Bad Man (aka Mad Blues/Back Home Boogie)
20.New Worried Life Blues
21.Broken Hearted Blues
22.One Kind Of Favor
23.Down To The River
24.I’m Begging You
25.Contrary Mary (aka Crazy Mary)
26.Everybody’s Down On Me
27.You Do Too (aka I’ll Never Forget The Day)


例えば1951年から52年にかけて録音(前半8曲はニューヨーク録音らしい)のこのアルバム、実はライトニンが、何とジョン・リー・フッカー(この人もまたどうしようもなく個性の塊な人)を意識して、ジョン・リー・スタイルのブギーやったり、「Fright Train」という曲は、まんまジョン・リーのオハコのスロー・ブルースである「Hobo Blues」だったりするんですが、曲調もアレンジ(ライトニンのギターとベースのみのほぼ弾き語り)も"まんま"なのにライトニンが昔からの持ち唄を披露しているようにしか聴こえません。

そしてライトニンのギター。

このアルバムでは、アンプにブッ込んだアコースティックギターで、スローブルースとブギをほとんど交互に弾いとる訳ですが、特にブギでは、そんなにツマミ上げないセッティングで、右手のアタックだけで「グシャッ!」とキョーレツな歪みを繰り出すのを聴いて「あ、ギターの"いい音"って理屈じゃないな」と思うのです。

ちなみにこのアルバムのレコーディングは1951年。

この年代のブルースについて書く時ゃ毎回言いますが、アンプにゲインツマミが付いてない時代の音でコレです。。。






(入魂の「ニューヨーク・ブギ」手癖全開それがどうした!!)



”ライトニン・ホプキンス”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ジョニー・ギター・ワトソン ザ・クラシック・レコーディングス 1959-1966

887.jpg
ジョニー・ギター・ワトソン/ザ・クラシック・レコーディングス 1959-1966
(ACE/Pヴァイン)


え〜、こんばんは。2月3日生まれの水瓶座です。

まぁアレですね、血液型や星座占いで性格がどうだこうだというのなんか、若い頃は

「そんなもので性格が決まったら、血液型と誕生日一緒の人間は全部おんなじ性格になってしまうだろうが。そんなバカな話がありますか」

とか何とかムキになっておりましたが、最近では

「ほっほ、そうかそうか、まーそんなこともあるかもわからんね」

と、全部が全部信じないまでも、笑ってうんうん言えるぐらいにはなってきました。

というのもアレですよ、あるブルースマン・・・つうか、一応ブルースマンとしてデビューしたけれど、そっからR&B、ソウルファンクと無節操に音楽の幅を拡げ、とことんゴーイングマイウェイ、他人が何と言おうがオレの道を、ヘラヘラ笑いながら勝手に進化しつつ気持ち良さそうに歩いてきて、最後はオレ道を極めたかのようにステージで倒れ、そのまま帰らぬ人となった偉大な、でもかなり変わり者なアーティストと自分の誕生日が一緒だったことから

「あ、水瓶座って何か分かるわぁ・・・」

と、手前と照らし合わせて妙に納得したことがきっかけで、アタシは星座占いを前向きな気持ちで何となく否定できなくなっちゃったんです。

その偉大なアーティストの名はジョニー・ギター・ワトソン!

ギタリスト豊穣の地テキサスに生まれ、当然のことながら地元が生んだブルース・ギター・ヒーローであったTボーン・ウォーカーに憧れ、クラレンス"ゲイトマウス"ブラウンやアルバート・コリンズのギター・スマイルを学びますが、デビューして程なくブルースじゃなくてR&Bの、しかもかなりポップな方にフラフラ〜と行って、それから60年代にはメロウでアーバンなソウル路線、70年代にはでっかいグラサンにピッチリした衣装(ピンクとか紫とか)をまとって、イケイケのファンクにコロッと転向。

で、インタビューで

「あなたは何のプレイヤーなんですか?」

と、問われれば

「あ〜、俺?そうだね"プログレッシブ・ブルース・プレイヤー"だね」

と、金歯を輝かせながらニヤニヤ答える。まるで掴み所のない、アメーバみたいな人であります。


「ブルース弾くにゃアタックを強くするため相当に硬いゲージの弦を使うべし!」が、ほとんど常識の風潮の中で、使っているギターに貼る弦は、ナイロンみたいにペラッペラの柔らかいやつだったり、この界隈では誰もが忌み嫌うテクノロジーもきゃっきゃ言いながら何でも導入して、というより「面白いから」とりあえず使ってみて、挙げ句一人多重録音で全部の楽器を演奏しちゃうアルバムなんかも作ってみたり・・・とにかく人と同じ事は一切やらない人です。

でも、この人の音楽聴いてたり、インタビューなんか読んでいると、頑固だったりひねくれから我が道を行ってる訳では決してなく、自分がやりたいこと、たまたま興味を持ったことを突き詰めたら、誰もやらないような事に、何か至ってしまった。

ということのようです。

そもそもが他人のやることになんかハナッから興味がない本当の変人ですね。

そんな彼のやることなすことに大きく影響を受けたのが、ロック界の孤高のアレであるフランク・ザッパ。


・・・どう見ても変人です本当にありがとうございます。

しかし、この変じ・・・いや違う、素晴らしいワン&オンリーの個性を持つジョニー・ギター・ワトソンの音楽は、どの時期の音源も本当に自由でワクワクするような楽しさに溢れていて、何よりブルースとしてホンモノです。

彼の先輩であるゲイトマウスさんも、ブルースのフィーリングを生涯失うことなく、ジャンルの壁をブチ壊す事に余念がなかったパンクな偉人でありましたが、ジョニー・ギター・ワトソンもそういう意味で、方向性は違えどパンクな気骨を物凄く感じさせてくれるのです。





【収録曲】
1.THE BEAR aka THE PREACHER AND THE BEAR
2.ONE MORE KISS
3.UNTOUCHABLE
4.THE EAGLE IS BACK
5.LOOKING BACK
6.JOHNNY GUITAR
7.POSIN’
8.EMBRACEABLE YOU
9.BROKE AND LONELY
10.I JUST WANTS ME SOME LOVE
11.COLD,COLD HEART
12.THE NEARNESS OF YOU
13.SWEET LOVIN’ MAMA
14.CUTTIN’ IN
15.WHAT YOU DO TO ME
16.THAT’S THE CHANCE YOU’VE GOT TO TAKE
17.GANGSTER OF LOVE
18.YOU BETTER LOVE ME
19.IN THE EVENIN’
20.I SAY I LOVE YOU
21.THOSE LONELY,LONELY NIGHTS
22.BABY DON’T LEAVE
23.AIN’T GONNA MOVE
24.WAIT A MINUTE,BABY
25.OH SO FINE
26.BIG BAD WOLF
27.YOU CAN STAY (BUT THE NOISE MUST GO)


ジョニー・ギター・ワトソンは、1953年に"ヤング・ジョニー"の名前でブルースの世界に派手に登場しました。

テキサス流儀の派手なギター弾き倒し、実にチンピラ臭い、軽めの声を吐き捨てるような唄い方は多くの若者の心を掴み、そのまんまこのスタイルで行っても大成したかに思えますが、1954年にたまたま映画館で見た「ジョニー・ギター(邦題は「大砂塵」という西部劇の、女にモテてカッコいいヒーローに感銘を受けて、芸名をそのまんま"ジョニー・ギター・ワトソン"にした辺りから、破天荒に拍車がかかってきます。

このCDに収録された1959年から66年というのは正に「我が道を行きだしたジョニー・ギター・ワトソン」が聴ける最高の変則ブルース/リズム・アンド・ブルース集なんでこざいますよ。

のっけから当時流行のニューオーリンズスタイルの「おい、ギターはどこ行ったのよ」な、陽気な唄モノで始まって、かと思えばリトル・ウイリー・ジョンばりの都会的なA、銃声(マシンガン)の効果音がド派手に炸裂する、まるで40年後のギャングスタ・ヒップホップの先駆けのようなBと続き、ようやく渋いギターを披露するC、ソロもザラついたリフも素敵なD、かと思えばストリングス入りのしっとりとした正統ソウルなGなんか出て来て、前半からその余りの全ブラック・ミュージック丸呑みぶりにクラクラメロメロになってしまいます。

タイトルからして自己紹介曲のEなんかも、ケロッとした唄いっぷりとノーテンキなコーラスが逆に凄味を出しているというカオスぶりです。

より洗練と訳の分からない凄味が充満した後半は、ギターもガンガン弾きます。

バラードでもかなりドスの効いたI、ジャリジャリしたイントロから、ファンキーな曲展開におろっとなるけど、唄もギターもどこか明るい狂気を感じさせるLなんか、もうこの人にしか出せない味ですね〜。


書いてるうちに、はて俺は今、ブルースを聴いているのか、それともR&Bのオムニバスを聴いてるのか?と不思議な気持ちになることこの上ありませんが、「軽くてワルい」という筋が一本ピシャッと通っていて、ジョニー・ギター・ワトソンってハマッてしまうんです。


ブルースが好きだけど、何かワンパターンじゃないやつ聴きたいなと思ってる人で、ジョニー・ギター・ワトソンまだ聴いたことない人はぜひこの辺りのアルバムから聴いてみてください。

この人らしい吹っ切れたオカシさがあるのはやっぱり一人多重録音からヴォーコーダー、インチキ日本語まで飛び出す70年代以降のがイカレてて最高ではあるんですが、そっちは底無し沼だから今度ゆっくりね。。。







(いきなりこのウキウキな感じですからね、他の曲も推して知るべし!)



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

テキサス・ナイフスライド・ギター・ブルース

5.jpg
ランブリン・トーマス、オスカー・ウッズ/テキサス・ナイフスライド・ギター・ブルース
(Pヴァイン)

ブルースギターの尽きせぬ魅力のひとつがスライドギターでありますね。

今はほとんどが指にボトルネックをはめたスタイルが主流になっておりますが、その原型を辿ると、ギターを膝の上に置いて、ナイフを滑らせる「ナイフ・スライド」というスタイルに行き着きます。

ナイフ・スライドがどれぐらい古いのか?誰が最初に始めたのか?というのは今もってブルースの歴史の藪の中でありますが、少なくとも弾き語りブルースマンのレコードとしては一番古いシルヴェスター・ウィーヴァーという人が、1923年には「ギター・ブルース」のタイトルでレコーディングした曲で、その頃には既に奏法として定着してたと言えるでしょう。

さてさて、このナイフ・スライド、最初の頃どこで拡がったのか?といえば、これはテキサスです。

「え?スライドといえばミシシッピ・デルタでしょ?テキサスって意外だなぁ」

と、思われる方も多いかも知れませんが、どうやらスライドギターは、テキサスにほど近いルイジアナ州のシューヴリポートという街で盛んになり、そこから西へ行ってテキサスで一気に拡がり、東へ行ってミシシッピのデルタ地域で進化したという見方が出来そうです。

今日ご紹介するのは、そんなルイジアナ州シューヴリポートで流行り、テキサスに広まったその当時の空気を感じさせるナイフ・スライドの名手二人のコンパイル盤。

スタイルとしては至極シンプルで、やや陰影の濃い味のあるブルースを聴かせるランブリン・トーマスと、ブルースからラグタイム、ジャズバンドとの共演まで多彩な芸を持つオスカー・ウッズ。

特にランブリン・トーマスに関しては、残された全録音ということもあり、歴史的にも貴重な音源なんですが、それだけでなくやはり戦前ブルースの"ナイフ・スライド"という独自のスタイルの楽しさがギッシリ詰まった素晴らしいアルバムなんですよ。




【収録曲】
(ランブリン・トーマス)
1.So Lonesome
2.Hard To Rule Woman Blues
3.Rock And Key Blues
4.Sawmill Moan
5.No Baby Blues
6.Ramblin'Mind Blues
7.No Job Blues
8.Back Gnawing Blues
9.Jig Head Blues
10.Hard Dallas Blues
11.Ramblin'Man
12.Poor Boy Blues
13.Good Time Blues
14.New Way Of Living Blues
15.Ground Hog Blues
16.Shake It Gal
(オスカー”バディ”ウッズ)
17.Red Nightgown Blues
18.Davis's Salty Dog Blues
19.Evil Hearted Woman Blues
20.Lone Wolf Blues
21.Don't Sell It-Don't Give It Away Blues
22.Baton Rouge Blues
23.Jam Session Blues
24.Low Life Blues
25.Token Blues
26.Come On Over To My House Baby Blues


まずは前半16曲収録のランブリン・トーマス。

戦後90年代まで活躍した、ジェシー・トーマスというブルースマンがおりますが、そのお兄さんです。

1902年(頃)にルイジアナ州ロンガスポートという街に生まれ、ほどなくシューヴリポートに行き、こことテキサス州のダラスとを行き来しているうちに、ブラインド・レモン・ジェフアソンやテキサス・アレクサンダーら、同地のブルースマンらと交流を深め、1928年から32年にかけて散発的にレコーディングを残しております。

その短い生涯(1940年代に旅先のメンフィスで病没)のほとんどを放浪の旅に費やした彼のブルースは、芸名通り"旅"にちなんだ苦悩や悲哀を朴訥な唄い口と、ヴォーカルに静かに寄り添う内省的なギターに、じんわりくる個性を感じさせます。

「職を求めてぶらぶらしてたら放浪罪で捕まった」

など、生活者ならではのブルーなテーマを扱った歌詞を、語りかけるように唄えば、ギターがそのメロディを追いかけるように、シンプルなコール&レスポンスの繰り返しが、この人の唯一ともいえるスタイルです。

しかも唄っている間は派手なバッシングは鳴らさず、場合によってはギター弾かないことすらありますので、かなり原初的といえば原初的、聴きようなやよっては相当にヘヴィ。バンドブルースに鳴れた耳には、いきなり喉元に錆びたナタでも突き付けられたような戦慄を覚えるのではないでしょうか。

一方、後半の10曲で、打って変わって派手で華麗なナイフさばき(?)で楽しませてくれるのが、オスカー"バディ"ウッズ。

この人は1900年頃、シューヴリポート生まれとされておりますが、正式な事は判っておりません。

しかし、1930年に白人ヒルビリー歌手、ジミー・デイヴィスのバック・ギタリストとしてレコード・デビューしてから、自己名義での録音の合間にグループでの録音もちょこちょこ残していることなどから、戦前のテキサス〜ルイジアナ近辺では、かなり名の売れたギタリストであり、放浪生活で何とか食っていたランブリン・トーマスとは対照的に、そこそこ羽振りの良い生活をしていたんじゃないかと思われますが、1940年に民俗学者のアラン・ロマックスに発見され、インタビューを受けた時には

「街角やジューク・ジョイントで演奏して生計を立ててるヨ。景気?良くないね、こんな生活をもう15年は続けてるなァ・・・」

と、語っていたようで、実際のところはよく判りません。

しかし、軽やかでどこか都会的な洗練と華やかさを持つ、例えば同じ30年代に活躍した、大都会シカゴのタンパ・レッドなんかにも通じそうな音楽性と、カラッとした明るい唄いっぷりは、なかなかどうして景気の良い感じがします。

ジミー・デイヴィス名義の「ミッドナイト・ガウン・ブルース」なんかもう、軽快なラグタイムですし、曲の展開に合わせて速度を上げて演奏をリードするところなんか、なかなか斬新ですし、管楽器(コルネット)も入るジャジーな後半もかなりセンスよく、この人の尋常でない芸の広さと懐の深さを感じさせます。


しかし、ランブリン・トーマスとオスカー・ウッズ、ほぼ同じ時代の同じ地域を中心に活躍した人ですが、こんなにも正反対&ほとんどスタイルに共通点が見られないというところがまた戦前ブルースの"ひとり1ジャンルぶり"ですね。本当に素晴らしいです。










(内へ内へ沈み込んでゆくランブリン・トーマスと)



(明るく豪快な味わいのオスカー・ウッズ♪)




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ

4.jpg
ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ
(Chess/ユニバーサル)

ブリティッシュ・ロックとブルース、特にシカゴ・ブルースの関係というのは、切っても切れないものがあります。

言うまでもなくローリング・ストーンズやクラプトンは、デビュー前からチェス・レーベルのレコードを買い漁って、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、ボ・ディドリー、リトル・ウォルターなどなどなど、黄金期のシカゴ・ブルース/R&Bの演奏を熱心に聴き込んで、またはコピーにいそしんでおったことは、これはもう有名を通り越して常識な話。

もちろんブルースが大好きだったのはストーンズやクラプトン周辺だけでなく、この年代のイギリスの若者達にとってはブルースやR&Bというのは何てったって、それまで自分達の国にはなかった、とっても刺激的で斬新で不良でカッコイイ音楽だった訳ですから、50年代後半から60年代のイギリスでは、アメリカ以上にブルースがトッポい若者の間で大人気だったんですね。

一方でブルースにとっては、イギリスのロックの人達というのはこれはもう大恩人な訳です。

何故ならその頃まだアメリカではブルースやR&Bというのは「黒人の音楽」だった。

チャック・ベリーやエルヴィス・プレスリーの登場によって、ようやくブラック・ミュージックが一般に知られるようにはなったのですが、既に時代はブルースから誕生したばかりのロックンロールに人気の軸が移り、彼らが主なターゲットにしていた黒人の若者層は、そり都会的で洗練されたソウルの方に興味が移っていて「ブルースは一昔前の音楽」とまで言われてたところに、英国勢が「んなことねぇよ!こんなイカシた音楽あるか!!」と、海の向こうで盛り上がって、その盛り上がりがやがてアメリカの都市部のロック少年達に逆輸入みたいに伝わって、ブルースは息を吹き返した。という流れがあるんですね。

そんなこんなで1960年代には、ブリティッシュのミュージシャン達による「ブルースお陰参り」的な企画がライヴやレコードでは次々と誕生します。

また、ブルースの側からも積極的に若手ロックミュージシャン達とセッションしたアルバムなんかが出たりしまして、それぞれ良い感じに話題を提供し合っていた訳です。

そして遂に1970年、チェス・レコードで一時代を築いた大物ブルースマン達をロンドンのスタジオに招いてアルバムを作ろうという話があり、「イン・ロンドン」というタイトルで、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、ボ・ディドリー、チャック・ベリーといった、横綱級の4人がロンドンのスタジオで彼らを尊敬し、崇拝するロック・ミュージシャン達とスタジオアルバムを製作します。

以前チャック・ベリーのアルバムは解説したかな?という訳で、本日はわれらがハウリン・ウルフ親分のアルバムをいってみましょう♪



【収録曲】
1.ロッキン・ダディ
2.アイ・エイント・スーパースティシャス
3.シッティン・オン・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド
4.ウォリード・アバウト・マイ・ベイビー
5.ホワット・ア・ウーマン!
6.プア・ボーイ
7.ビルト・フォー・コンフォート
8.フーズ・ビーン・トーキング?
9.ザ・レッド・ルースター (誤った出だし&ダイアログ)
10.ザ・レッド・ルースター
11.ドゥ・ザ・ドゥ
12.ハイウェイ49
13.ワン・ダン・ドゥードゥル
14.ゴーイン・ダウン・スロウ (Bonus Tracks from London Revisited)
15.キリング・フロア (Bonus Tracks from London Revisited)
16.アイ・ウォント・トゥ・ハヴ・ア・ワード・ウィズ・ユー

1970年5月に四日間かけてレコーディングされたこのアルバム、まぁまずは豪華この上ない参加メンバーからご紹介いたしましょう。

ウルフと片腕のヒューバート・サムリン(ギター)そして若手ハーモニカ奏者のジェフリー・カープが、シカゴからやってきたブルースマン達。

そして英国勢が、まずこのセッションの人選やら何やら任されて、実質的にイニシアチブを取っているエリック・クラプトンを筆頭に、ビル・ワイマン(ベース)とチャーリー・ワッツ(ドラムス)、イアン・スチュワート(ピアノ)のストーンズ勢。

そして英国ブルースロックの雄、セッションには参加しなかったのでブ厚いホーンセクションと共にオーバーダブ参加、名手スティーヴ・ウィンウッドのピアノとオルガンも入ってます。

更に更に、初日のセッション(A)に間に合わなかったビルとチャーリーの代わりに、何とリンゴ・スターがドラムを叩き、クラウス・フォアマンがベースを弾いていたり、まーおっそろしいほど豪華、さながら「ブルース祭りイン・ロンドン」のごつなっとりますねこれ。

とにかく英国勢は、ガキの頃からウルフ親分大好きで「親分ようこそロンドンへ!」と、そりゃもう大歓迎モードだったでしょう。

しかし親分は機嫌が悪い。

「何でワシがイギリスくんだりまで来て、こんなロックのセッションに参加せにゃあいけんのじゃ。大体最近こんな仕事ばっかでやれんわい」

地元ではシャレじゃなく本気で命のやりとりスレスレの、やっばい現場で場数を踏んできたウルフ親分です。美学として「ブルースは和気藹々でやるもんじゃないどぉ!」という気持ちを人一倍持ってます。

更にこの時期は持病の心臓病と交通事故の後遺症によって、体調もかなり悪かったので、それこそ変に気を遣われたり、妙に優しい扱いを受けたり、そういうのも気に入らなかったんでしょう。当初和やかなムードだったスタジオは、親分登場と共に、かなり気まずく重た〜い空気になり、セッションはそのまんまスタートしてしまったとか。。。

しかし、音が鳴って演奏が始まれば、親分も「本気」が発動します。タイトでシャキッとしたブリティッシュ・ロックのノリとシカゴ勢の持つザラついた引きずるようなフィーリングは、本質的に溶け合うものではありませんが、親分は吠え、クラプトンは遠慮なしにガンガンソロを弾きまくり、ヒューバート・サムリンは一歩引いて絶妙なサポートギターで間を取り持つ、この緊張感溢れる空気はどうでしょう。素直に「カッコイイ!」と思える刺激かスピーカーからはビシバシ飛んできます。

圧巻はウルフ親分屈指の、重く引きずるスローナンバー「リトル・レッド・ルースター」です。

演奏がスタートするものの、やはりノリが合わず、一回ストップしてバンドに指示を出した後に再開するところもそのまんま収録されてますが、この時クラプトンが「親分すいません、自分らにはこのフィーリングがなかなか掴めないので教えて下さい!」と素直に教えを乞うたらしいんですね。

これでウルフ親分機嫌が直って、セッションは徐々に和やかなものになったみたいです。素直に本音でぶつかってくる若者に優しい親分、最高なんですが、実は最初から仲良くやりたかったけど「ブルース背負ってる」という意気込みもプライドもあって、頑なな態度取らざるを得なかったのかも知れません。それを見通して絶妙なタイミングで行けるクラプトンも流石です。

バックがほとんどこの時代の王道ブルースロック・サウンドなので、いきなりギトギトなのはちょっと・・・。という向きにはとにかくオススメですが、そうでなくとも元々ロッキンなウルフ親分、不自然さも妥協もなく、いつも通りノッております。

いや、本当は最初から案外楽しんでたんじゃないですかね?

あと、このアルバムのもうひとつの聴きどころはビル・ワイマンのベースです。

ストーンズではミックやキースの盛り立て役に徹している、やや引いたプレイのビル・ワイマンがこんなにブイブイ攻めるベースを弾く人だとは、コレ聴くまで思ってなかったです。


”ハウリン・ウルフ”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする